« 小笠原にUS-2を | トップページ | 元気なリフレ派 »

2011.08.16

戦犯呼称がよくない

※ Nスペ・日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編 果てしなき戦線拡大の悲劇
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110815.html

 陸軍と政府は、1942年の年明けの時点で、南洋を取ったらもう後は守りに徹しようと主張したのに、アホな海軍がオーストラリア、セイロン、ワイハまで取らなきゃアメリカは折れないと主張して講和の機会を逸した挙げ句に(とは言え、陸軍も大陸では戦線が拡大していた)、魑魅魍魎な利権屋が南洋に進出して、占領地経営は乱脈を極め、資源確保所か、ただの国力の消耗に陥ってしまい、ミッドウェイの後ですら、海軍は拡大政策を引っ込めなかったと。そういう内容でした。概ね、海軍が悪役w。

*野田佳彦財務相「靖国A級、戦争犯罪者ではない」
http://japanese.joins.com/article/816/142816.html?servcode=A00&sectcode=A10

 ニュースになった時点では、確かに「戦争犯罪人」と言われると、東條ですら抵抗はある。何より、それ無罪だろうという人々も何人か入っているしで……、と思ったけれど。でも上の番組とか見た後だと、「戦犯」と言うから、日本人は抵抗があるのであって、せめて国を滅ぼした罪という意味で「亡国罪」とかいう呼称に代えたら良いのに、とか思ったわけですが。

※ サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で
http://www.nikkei.com/money/features/31.aspx?g=DGXNMSFK1002N_10082011000000

>現役時代は賃貸 資金をためて「終の棲家」を

 夫婦二人の終の棲家なら、2DK程度のマンションで十分だけれど、人生設計という意味で言えば、子供もいるのに、そこに辿り着くまでずっとマンションで子育てというのも辛いでしょう。うちもそうするしか無いけれど。

※ 日本向け価格は1機50億円 F35でロッキード幹部
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/amr11081609550003-n1.htm

*米ロッキード社、次世代ステルスF35工場を公開=日本に組み立てラインを
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011081600095

 わかんないなぁ。この人たちは、いったい何を根拠に50億だとか、2016年とか言っているんだろう。1ドル50円になるとかそういう話だろうか。

※ 老人「お前が借金返して、俺の面倒を見て、敬え。ところで、お前元気ないな」
http://news.ameba.jp/20110815-182/

 このニュースを最初に読んだ時には、誠にえげつないけれど、でもそういうことだよな、と感心しました。でも、もっと正直に「俺の面倒を見て」ではなく「俺の下の世話をして」とはっきり言うべきだと思う。

※ 空襲被災者・遺族の救済法案、12年提出へ 超党派議連
http://www.asahi.com/national/update/0815/OSK201108150043.html

 こんな法律が通ったら、うちみたいにすでに未亡人も亡くなっている遺族はどうなるんだろう。
 そこに憲法の平等理念があったとは思わないけれど、平等理念を持ち込むべき問題でも無いでしょう。何で今更年寄りに金をばらまこうなんて話が出て来るんだろう。

※ 韓国大統領「日本は正しい歴史を教える責任が」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110815-OYT1T00688.htm?from=top

 いやいや、他人のことは良いからw。

※ 【社説】独島に海兵隊を送って自衛隊に口実を与えてはならない
http://www.chosunonline.com/news/20110815000007

>独島問題は日本国内でも一部の右翼勢力しか関心を持っていなかった。ところがいつの間にか日本国民の多くがこの問題を認識し、関心を持つ重要問題に浮上した。これには韓国が「独島を守る」と声を高めたことが大きく影響している。<

 こういうことをあの国で冷静に書ける人間がいるというのは実に手強いですね。

※ 空中の電波から微量の電力回収 紙使ったアンテナで成功
http://www.asahi.com/science/update/0815/TKY201108150077.html

 そんなことより、この技術が進化したら、どんなにRCSが大きい航空機でも、対レーダー・テスルスが可能になる。ミノフスキー粒子要らず。

※ 「医療ミスで次男が死亡」 政治評論家の本澤二郎さんが東芝病院を刑事告訴
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110815/crm11081517300016-n1.htm

>死因は、たんがのどに詰まったことによる窒息死

 医療ミスがそこにあったとしても、これは民事でやるべきだと思うけれど、痰の吸引は、こういうケースではデフォじゃないんだろうか。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 父も容疑認め「病院に行くべきだった」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110815/crm11081514470011-n1.htm

※ 追い抜かれ立腹、土下座し謝る妊婦の顔や腹蹴る
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110815-OYT1T00839.htm?from=main7

※ 結婚式場から被災地に赴いた衛生隊員「式中断に悔いはない」
http://www.news-postseven.com/archives/20110815_27800.html
※ 日本のモノや公共の料金は高い? 安い?/外国と比較すると…
http://getnews.jp/archives/135805
※ コンビニでクラシック音楽を流してみたら……
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1313274193959.html
※ ゆるキャラ発言に苦情相次ぐ=「日本の侵略全てのはじまり」―長万部町ツイッターで
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-15X263/1.htm

※ 前日の空虚重量72.8キロ

 月曜朝、暑くならないうちにと、第三京浜沿いの靴流通センターまでチャリを漕ぐ。でも、まだ10時台だというのに、信じられないような暑さorz。
 ウォーキング用と書かれたインナーソールが二種類ある。一つは分厚くてきつい。もう一つがそこそこ良い感じなので1200円で買う。
 夕方、それを宛がって歩いてみると、ちょっと良い感じ。サイドのサポートが合っていないのでは? というご指摘がありましたが、まさにそうです。ブカブカとは言わないまでも、両サイドがゆるめなことがフィット感が悪い原因の一つです。
 で、インナーソールを入れた上で、靴紐をきつく締めて、やっと滑りが止まったのですが、今度は、足がキツキツで辛い。
 私の場合、レディース用の運動靴を買えば良かったのかなと思っている所ですが。

*昨夜、日テレでスターウォーズ・ファントム・メナスを前編後編で放映していたのですが、地デジで見ると、まるで別な映画のクオリティで驚く。でもこのクオリティを欲する視聴者がどのくらいいるんだろう。

※ 有料版おまけ Master and Commander

|

« 小笠原にUS-2を | トップページ | 元気なリフレ派 »

コメント

>南洋を取ったらもう後は守りに徹しようと主張したのに、アホな海軍がオーストラリア、セイロン、ワイハまで取らなきゃアメリカは折れないと主張して講和の機会を逸した挙げ句に

アメリカがそんな段階で講話に応ずると思っている段階でどっちがアホやら。
ワシントンまで行って直談判する覚悟が無けりゃ開戦するなって言った五十六など海軍のほうがよほどアメリカという国を正確に捉えている。

投稿: SUS304 | 2011.08.16 11:28

>>五十六など海軍のほうがよほどアメリカという国を正確に捉えている。
まぁ、山本五十六に関してはそうですけど、海軍の参謀連中がどこまでその意を理解していたかというと……ねぇ。
結局、政治・軍事の中枢では、あらゆるレベルでガバナンスが崩壊していたということでしょう。
昨今の政治状況とあんまり変わらんので、簡単に陸軍海軍を罵倒すればいいというものでもないのが残念ですが。

投稿: 義忠 | 2011.08.16 11:38

>地デジで見ると、まるで別な映画のクオリティで驚く。

「硫黄島の手紙」もそうだった。
地デジ>DVD>映画館

>山本五十六

ミッドウェイもこいつのせいだったのか。w

投稿: | 2011.08.16 11:43

>南洋を取ったらもう後は守りに徹しようと主張したのに

米はすでに開戦前から海軍大建造計画をスタートさせて
1943年以降はエセックス級空母やらアラバマ、アイオワ級戦艦が
ガンガン竣工するのに、その間せいぜい正規空母一隻つくるのがやっとな日本で
「絶対国防圏で守りに徹する」で勝てるわけがない・・・・

それが分かってたからこその早期講和のための戦線拡大ですが、

まぁ海軍の無理な戦線拡大が破綻したのは事実ですが、陸軍が正しいわけでもなし。

結局「そもそも外交失敗で戦争をする段階でほぼ負けていた」ってことですけどね。

実際永野軍令部総長も「戦うも亡国、戦わざるも亡国」と明言してたわけで。

投稿: | 2011.08.16 11:43

> 東芝病院を刑事告訴

他の病院で植物状態になった患者さんだそうで、その時点で締めて貰うしかないですよね<その病院そのものへの民事は当然かも知れないが、東芝病院へはお門違い。

下手にこれが勝訴されると、今後受け入れ先が無くなっていきますよ。
既に救急でのハイリスク患者の受け入れに関して万全な大勢がないのに受け入れるのは違法という判例があります。

投稿: 一般書店で | 2011.08.16 11:58

>>※ 日本向け価格は1機50億円 F35でロッキード幹部

>わかんないなぁ。この人たちは、いったい何を根拠に50億だとか、2016年とか言っているんだろう。1ドル50円になるとかそういう話だろうか。

F-22の時の既視感バリバリなんですけど。
あの時も、機体価格がこれだけ安いです。とか、新しいステルス構造使ってるから整備維持コストもF-15並かそれ以下ですとか、これでもかと議会受けのいいセールストークをメーカーが行って、配備に持ち込んだではないですか。
で、実際に配備してみたらステルス性を維持するためのコストが「予想外」に上昇して、調達打ち切りが早められたと言う。
「予想外」なんじゃなくて、メンテコストが高く付くのを口先三寸で言いくるめてまんまと装備化に持ち込んで行っただけとしか思えない感じでしたが。

F-35もそういう感じで売りつけようということでしょう。売りつければ整備部品もアップデートもLMに依存しなきゃいけなくなるからとことん搾り取れる。大昔問題になった富士通の「1円入札」と同じですよ。
実際にFMSやライセンス国産でその調達価格を実現できたとしても、アレが足りないこれが足りないとなって、すぐにアップデートしなきゃいけなくなったり整備部品が馬鹿高かったりしてLMが元を取るんじゃないですかね。

特に、米国よりも装備品に対する議会の追求が格段に緩い上に、F-22に絡むそこら辺の事情に詳しくはない日本はいいカモだと思われてるかも。

投稿: 業界インサイダー | 2011.08.16 12:05

>ブカブカとは言わないまでも、両サイドがゆるめなことがフィット感が悪い原因の一つです。
甲からサイドにかけてやさしく包み込む感じがないと足が靴の中で動く→靴擦れになるので。私は靴買うときに必ず甲からサイドへかけて靴の上から手で触ってホールド感を確認してます。きつすぎると今度は足が痛いだけだし。
でサイドから甲にかけての形が足にあっていませんから中敷きだけでは改善出来い(中敷きで甲に押しつけられてもサイドのゆるみが残る)。靴の内側に張り付けるパッドとか売っていたと思うのだけど。いっそフエルトでも縫いつけちゃったほうが早いか?(笑)
あと靴紐は締めたいところで本結びに結んで部分部分で締め具合を調整するという方法もあります。

投稿: ロック | 2011.08.16 12:15

>※ コンビニでクラシック音楽を流してみたら……
非常に納得できる結果ですが、日本だとやらなそうですね。
店前に屯するような客層こそ、店に金を落としてくれますから。

投稿: 銀次 | 2011.08.16 12:37

>コンビニでクラシック音楽を流してみたら……

選曲にもよるんじゃ?
ホルストの火星とか、ショスタコーヴィチの8番とか、ブリテンのレクイエムとか
諸々のミサ曲なんぞ、大音量で流されたら、たまったもんじゃありやせんぜ。
それに、件のコンビニでは、店の外「この通りではどこにいても」聞こえる
ってのがミソなんじゃないですか?
日本では、そういうのは騒音の範疇であって、
クラシックに限らず「とんでもねぇ」ってことになるんじゃないでしょうか。

ところで、パチ屋でクラシック、使ってる店、あります。
行きつけの店のBGMが、
以前、開店5分前に入場させてたときの入場開始の音楽が「歌の殿堂を讃えよう」
開店(打ち出し開始)の音楽が「カルメン前奏曲」(こっちは今でも)。
打ってる間は、BGM聞こえてませんけど
トイレなんかで聞こえるのは、J-POPのインストだったかな?
そもそも、パチンコ/スロット台が吐き出す雑多な音が、相当の音量なので
BGMがそれを上回る大音量だと、単なる騒音かと思いますが。

投稿: | 2011.08.16 12:46

> 山本五十六に関してはそうですけど、海軍の参謀連中がどこまでその意を理解していたかというと……

たしかその通りで、海軍でも彼1人が浮いていたんじゃなかったでしょうか?

投稿: | 2011.08.16 13:01

>東京ガスって同族企業でしょう。昔は同族批判がメディアに時々載ったのに、
>最近は全く見なくなりました。なんでこういう独占的公益事業で、未だに同族経
>営が許されているんだろう。

大石さんの中ではまだ安西浩が存命なんでしょうか?まあ安西自体長期政権だったけど平入社してトップまで上り詰めたサラリーマン社長ですけどね。息子を社長にしたから同族経営批判もありましたが、その息子すらとっくに相談役ですよ。

投稿: SUS304 | 2011.08.16 13:09

※ サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で

これは買い方によります。お金を渡してお任せならそれでもできます。ですが、一般にアウト。
打合せだ、引越しだ、ショールームで実物検分とかなんだかんだで最初ってわからないことだらけもあってすごく大変なんですよ。妥当なところでよく言われるのは45歳前後、遅くとも50までに家は買うべきですね。エネルギーがものすごい必要。金額だけの話ではないです。
それに、家の環境が仕事の原動力になるように設計するのであれば(いつまで自分の生活を借物の中で頑張るのかということ)、あるいは事務所代わりでもいいですけど、引退したあとでは遅すぎます。そういうのは特に設計士との打合せでエネルギーが必要です。

投稿: | 2011.08.16 13:10

>35歳で貯蓄1000万円を持ち、年収600万円の夫と専業主婦の妻、未就学児2人の世帯が将来を考えて広めの一戸建てを5000万円で購入した場合の推移
仮定が恣意的ですね。
5000万の一戸建てってなんて贅沢な...
35歳で貯蓄1000万円を持ち、年収600万円の夫と年収300万の妻、未就学児2人の世帯が将来を考えて中古のマンションを2800万円で購入した場合の推移
(場所か広さで妥協が必要な額。ポスティングで入ってくる中古マンションの価格がこれくらい)
であれば、買えばいいんじゃね?となるかとw
俺は35歳で貯蓄1000万というのが... 貯めれなかったがなw
ただ、今の35歳ってもっと収入も貯蓄も少ないんだろうなぁ...

投稿: Nori | 2011.08.16 13:52

>そんなことより、この技術が進化したら、どんなにRCSが大きい航空機でも、対レーダー・テスルスが可能になる。

電波を電力に変換するんだから、エネルギー保存の法則からいって、熱になって出る。RSCがでかいほど放熱が必要。
赤外線センサーはラクになりますね。
電波的なデコイ(クエイル、だったか)はちっこくて済むけど、赤外線デコイ、ってのは長距離ほど難しくなる。
見つかってホーミング撃たれてからならフレアで回避できるけど、あの熱量を巡航中に『化け続ける』てのは難しいでしょうなぁ。

投稿: | 2011.08.16 13:54

>熱になって出る。
変換された熱が、エンジンの排熱や空気との摩擦熱に比べて十分に小さければ、有効ではないでしょうか。

投稿: ikekenji | 2011.08.16 15:03

※ サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で

よい波及効果となると、銀行の儲けがなくなりますから、あまりに流行った場合は利率は落ちていくかもしれません。借りる側は助かりますね。

投稿: | 2011.08.16 15:52

対米戦は太平洋を挟んでの戦争だから、敵国の中枢を地上軍で一気に制圧なんて作戦は端から無理。
適当な段階で講和と言ってもそれに乗るかどうかは百パーセントアメリカ次第。
やらないほうが良かったと言うのは簡単ですが、やらずに済ませることが出来たのかどうか。
そもそも当時の日本国で開戦の意志決定をする最高機関てどこだったんですか。
政府?議会?陸軍?海軍?それとも杓子定規に言ったらやっぱり天ちゃん?
他国だったら「政府が」とか「大統領が」とか、わりかしはっきりしてるけど、
日本の場合、どうも最高責任者がはっきりしてないような。

投稿: 川副海苔 | 2011.08.16 15:59

何処って政府に決まってるでしょ。
なんでそこで悩むんだか。
天ちゃんなんて言ってるし。
極左?バカ?無政府主義者?

投稿: | 2011.08.16 16:55

天ちゃんはちょっと馴れ馴れし過ぎましたかね。確かに友達じゃないんだし。昔なら不敬罪ですな。じゃあ天皇陛下に修正しときます。

投稿: 川副海苔 | 2011.08.16 17:19

>野田佳彦財務相「靖国A級、戦争犯罪者ではない」
先日のNスペ「円の戦争」を見るに、板垣や東條、勝田まで万死に値するレベル。だけど日本人には彼らを吊るせなかったろうと、今の東電の上層部に対する扱いから類推すれば明らかで。

>サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で
いざ60になって買ったら津波が来て家流出なんて事になったらどうするんだろう、と価値観が変わった。二重ローンならお助けがあるかもしれないが、現金ではそれもない。30代ならまだやり直しがきくけどねえ。日本に住むのなら買うならさっさと買う、地震が怖いのなら死ぬまで賃貸と割りきりが必要。

>空襲被災者・遺族の救済法案
当方の祖父の家も機銃掃射を受けてるんですが、そういう敵機の単独攻撃で死者が出たのと差をつけるのは文字通りの不公平。結局は震災で一日停電があった所でも被災証明書を発行した自治体があったように、より広範囲に発行するしかなくなるのを分かっているのだろうか?

>「医療ミスで次男が死亡」
胃ろうを拒否したと言われてますが、その段階で危険性はあったでしょう。

>欠格期間を無期限にして、二度と車を運転させない、みたいな方向へ行くべきではと思うのですが、
そうなったらそうなったで無免で乗るから意味なし。目ん玉ツブすか一生牢屋で隔離する以外の根本的解決策なし。

>式中断に悔いはない
発言小町なら「私なら離婚します」「もともと結婚する相手ではなかった」「まだやり直せます」等のレスが殺到するレベル。

投稿: 剣 | 2011.08.16 18:05

>そうなったらそうなったで無免で乗るから意味なし。目ん玉ツブすか一生牢屋で隔離する以外の根本的解決策なし。

答えを自分で書いてますよ。捕まっったらぶち込まれるわけですから。罪を重くすればなお有効じゃないでしょうか?

投稿: | 2011.08.16 19:13

>彼らを吊るせなかったろうと
ちなみに現在の戦犯法廷(ICC、ICTR、ICTY)では、最高刑は終審禁錮、たとえヒトラーだろうと東條だろうと吊せません・・・。

投稿: | 2011.08.16 19:15

>適当な段階で講和と言ってもそれに乗るかどうかは百パーセントアメリカ次第。
やらないほうが良かったと言うのは簡単ですが、やらずに済ませることが出来たのかどうか。

あくまで後知恵ですが、南方作戦は対英、仏、蘭、豪でよかったのではないですか。なにもアメリカに宣戦布告する必要なんてなかったはずです。当時の海軍の意志すべてが対米戦で構築されていたものだから、それ以外の選択が最初から頭になかったのでしょうかね。
その場合、フィリピンのアメリカ軍は、日本への嫌がらせをこれでもかってくらいやるでしょうし、日本軍の攻撃を受けたなんていう謀略も仕掛そうですね。それでもヒトラーのように、「いかにアメリカに挑発されようとも、絶対に手出しするな」と厳命し、隠忍自重に徹する方策はあったかと思います。

投稿: ペンチ | 2011.08.16 19:49

>先日のNスペ「円の戦争」を見るに、板垣や東條、勝田まで万死に値するレベル。

この調子でNスペに乗せられつぶやいて、某自治体ユルキャラはとうとうツイッター禁止になっちゃいましたよねw
別に天下のNHKの取材力・演出力にいちゃもんつける気はありませんが、最近のNスペを見てると「うまいなぁ」というのが正直な感想ですね。

投稿: | 2011.08.16 20:01

>家を買うなら
子供が中学から県庁所在地に越境入学するような風潮があれば、子供部屋が不要ということ。さぁ、鶴丸目指して、実績がある中学校ってどこだ(嘘)

投稿: pongchang | 2011.08.16 20:07

>ガス
自国で産出したりロシアあたりからパイプラインで輸送する欧米と違って、液化してタンカーで運んでくる日本は輸送コストが高いんですよ。

>追い抜かれ立腹
追い越しはいろんな意味でリスクが高いという認識なので安易に追い越した方にあまり同情する気になれませんが、札幌では当たり前の行為なんですかね?

投稿: | 2011.08.16 20:40

>紙使ったアンテナ
携帯の電磁波がどうとか言うなら紙で包めばよいということか‥‥!

投稿: jaguar | 2011.08.16 21:12

>>追い抜かれ立腹
事故現場は高速道路下の片側2車線で普通に追い抜いたと思います。(追い越しとの違いは分かりますよね。蛇足ですが家からも近いので良く通ります。)
犯人特定にはDNA鑑定が行われたとの事ですので、前科でも有るのかと話題になっています。でもこんなに短時間にDNA鑑定が出来るとは知りませんでした。

投稿: ganba | 2011.08.16 21:15

>*野田佳彦財務相「靖国A級、戦争犯罪者ではない」
このリンクをクリックしても「助けあいジャパン」へのリンクしか表示されません(Firefoxでは)・・・(^_^;)
IEやFirefoxのIETabでは読めるようですが。

投稿: ganba | 2011.08.16 21:43

>それでもヒトラーのように、「いかにアメリカに挑発されようとも、絶対に手出しするな」と厳命し、隠忍自重に徹する方策はあったかと思います。

そんな方針一つで政府が統制出来る軍隊だったら、日中戦争なんてしてないと思う。(^^;)

投稿: | 2011.08.16 22:27


>南方作戦は対英、仏、蘭、豪でよかったのではないですか。
>フィリピンのアメリカ軍は、日本への嫌がらせをこれでもかってくらいやるでしょうし

いつ米側から宣戦布告してくるか分からない状況で在比米軍を放置して
南方資源輸送の船団や護衛の南遣艦隊をフィリピン近海で航行なんてできませんよ・・・・

マレー近海で英蘭豪連合のアジア艦隊と対峙してるときに後ろから攻撃されたら壊滅です。

「アメリカ世論は開戦に反対だからこちらから手を出さなければ大丈夫」なんて
軍の作戦会議じゃ通用しないでしょう。


投稿: | 2011.08.16 23:01

ドイツ人は全ての罪をナチスに負わせた。

投稿: | 2011.08.16 23:01

>海軍でも彼1人が浮いていたんじゃなかったでしょうか?

というか、山本長官の悪い癖、「言わなくても分かるだろ」

真珠湾にしろミッドウェーにしろ、南雲司令部に対する戦略目的の
周知徹底の不十分さを見るに、部下(現場)を信用しすぎというか・・・

山本長官の方針を分かってたのは山口多聞二航戦司令だけだったという。

投稿: | 2011.08.16 23:06

もはやただの詐欺集団w

「子ども手当は存続」=民主がビラ配布、自公反発も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110816-00000068-jij-pol
廃止を存続と「強弁」する背景には、12年度に導入される新制度の名称が決まっていないことがあるとみられる。ただ、民主党内には「無理があり過ぎる」と戸惑う声が出ている。

投稿: | 2011.08.16 23:29

*野田佳彦財務相「靖国A級、戦争犯罪者ではない」

亡国の徒を再評価して靖国参拝を実現しようなんてネトウヨや産経系保守以外には総スカンですよね。
松下政経塾出身者は頭が固いというか似た性格を持ってしまいますな。

投稿: | 2011.08.17 00:48

対米戦を回避して南方作戦をやるのは無理っぽいみたいですね。かといって先手を打って米海軍主力を壊滅したとしても、後の幕引きはやっぱり米国世論まかせだし。
「日本の勝利の行方は、ひとえにアメリカ国民のやる気の無さにかかっている!(キリッ)」
ううっ、やだなあこんな戦争。て言うか、そもそも開戦当時の日本に国としての戦争の全体像を責任持って描いていた部署や機関って存在していたんでしょうか。
海軍は太平洋艦隊潰した後のことは考えてねえし陸軍は対米戦自体直前まで準備してないし政府は軍部のやることは統帥権がアレして事後追認だし天皇陛下は善きにはからえだし。
どうも責任主体がはっきりしないような。
もっともはっきりしてたらどうにかなったとも思えないから、この際どうでもいいことなのかなあ。

投稿: 川副海苔 | 2011.08.17 00:58

>亡国の徒を再評価して靖国参拝を実現しようなんて

現代人が過去の人間を亡国の徒だの戦犯だのということ自体が失笑ものですよ。
少しは歴史に対して謙虚になりなさいな。

投稿: ほる | 2011.08.17 01:51

開戦の意志決定をしたのは当時の政府だし、政府に責任があるというのはその通りでしょうね。

しかし、ではその政府が誰もが納得のいく公正なルールに基づいて機能していたかと言うと、それは違っていただろう。

日米開戦ではなく、満州事変以後の話題ですが、インフレを抑えようとして軍事費の縮減を考えていた高橋是清が暗殺されたのは、高橋財政に当時の軍部が反発したからのようですね。

問答無用の暗殺が起きるという社会状況では、特定の誰かの責任を明らかにするのは困難でしょうね。

対米開戦時の日本の経済力では、とても戦争には耐えられないということは、経済学者などはわかっていたはず。大陸での戦闘に収拾をつけないまま、アメリカとも交戦を始めたら、どうやっても勝ち目がなかったでしょうね。軍部の経済音痴も敗戦の大きな原因としてあったでしょうね。

日本の経済学者、柴田敬(1902~86)が終戦直前ごろに撤兵案を考案したのをご存知でしょうか。以下は柴田敬の『経済の法則を求めて』からの引用

とりあえず日本軍を黄河の線まで撤収して、日本の指導者を平和主義的な人たちに交代させ、そのうえで東亜諸国の民族解放運動の指導者たちに呼びかけ、欧米の帝国主義的支配からの東亜の解放と東亜の平和の実現を図る―というものだった。それが軍人に受け入れられるかもしれないというのは、詔勅による戦争目的が、東亜の解放と平和を実現することであり、それが実現できれば武力によろうがよるまいが、戦勝には変わりないということになるからである。(92ページ)

中略

私の撤兵案が航空兵器総局長官、遠藤三郎(1893~現平和憲法擁護国民連合代表委員)陸軍中将の耳に入ることになり、それに興味をもたれた長官は、私を中島飛行機の仕事からはずし、支那派遣軍の資料に基づいた撤兵案を、日本全体の資料を土台にして練り直すよう要求された。書きかえが終ったのが終戦の年の三月下旬だったと思う。タイプしたものを10冊だけつくり、岡村司令官、清水経理部長に2冊を送り、他は遠藤長官が陸海軍大臣、参謀総長、軍令部総長、東久邇宮稔彦(1887~、戦後最初の首相)殿下などに直接、持参して渡されたが、一冊は長官が私を帯同して木戸幸一(1889~)内大臣を訪問して、天皇陛下に差し上げてもらうようお願いした。(93ページ)

当時少尉だった柴田敬の作成した撤兵案です。なんとも苦しい案ですね。

柴田敬は1941年の11月に高木惣吉大佐に意見を求められ

「日本の経済力はとても対米戦争に耐えない。今日でもすでに日本は経済的に極めて危険な状態にある。中国との戦争をなるべく早く収拾、日本の経済体制を根本的に改めて、国論が本当の意味において統一できるようにしなければならない。それすらしないで、いたずらに戦線を広げていくのは無謀すぎる」(88ページ)

と意見を表明していたのです。その柴田敬が、うえに引用したような非常に苦しい撤兵案を作成しなければいけなかったと言うのは、つらいことだったのだろうな。柴田敬のような才能のある人びとにこそ高い地位を与えて、引用文のような意見を実現させていたら、日本が負けることはあったとしても大敗はしなかったでしょうね。当時の日本が優秀な人間に地位を与えず、あまり優秀とは言いがたい人間が上層部に居座っていたというのは、当時の敵国であるアメリカの視点から見たら非常に有難かったでしょうね。アメリカと交戦して勝ち目がないなどということは、誰でもわかりそうなことだったと思いますが、なぜ開戦に踏み切ったのかわからないですね。

柴田敬は、フリードマンの書いたものをも知りながら、流行を追わず、それらの人びとの思想にかぶれずケインズ研究に一生を捧げた経済学者です。もっと広く知られればいいのに。なんだか散漫なコメントになってしまい失礼しました。

投稿: まえやま | 2011.08.17 01:51

>当時の日本が優秀な人間に地位を与えず、あまり優秀とは言いがたい人間が上層部に居座っていたというのは

それは占領後の調査で判明したこと。
アメリカの上層部も優秀とは言えません。戦後に朝鮮戦争やソビエトとの冷戦を勃発させて無駄に米国を疲弊させ、ベトナムにも勝てない国にしてしまったのですから。

投稿: | 2011.08.17 02:12

>F35
「上手い話には裏がある」って言いますからねぇ。

とりあえず、ロッキードマーチンはFXをライノへ持って行かれたくないって事なんでしょうけど、そこまで必死になるにはまだまだ何か不味い事でもあるんじゃないの?
と考えるとさっさとFXはライノに決めちゃうのが正解な気がしますね。

投稿: ロック | 2011.08.17 02:55

>「亡国罪」

いいですね。菅・与謝野・財務省・日銀・マスゴミetc...に適用しましょう

投稿: | 2011.08.17 03:23

>と考えるとさっさとFXはライノに決めちゃうのが正解な気がしますね。

そう考えさせるのが目的で本当の正解はタイフーンでしょう

投稿: | 2011.08.17 03:26

>「A級戦犯 犯罪人でない」 野田氏「考えは不変」

この人は変、総理にしてはいけない。以下ウィキペディア。

小泉純一郎内閣総理大臣の靖国神社参拝が論争となっていた当時、民主党内ではA級戦犯合祀を理由に参拝を批判する見解が多かったが、2005年10月17日提出の質問主意書で「A級戦犯と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は破綻しているが、小泉総理の見解ではその論理を反駁できない」、「参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので、誤ったA級戦犯理解に基づく是非論はA級戦犯とされた人々の人権侵害であり、人権と国家の名誉に関わる問題である」「東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば、裁判における南京大虐殺20数万や日本のソ連侵略といった虚構も含め、日本が満州事変以降一貫して侵略戦争を行って来たという解釈を受け入れることになってしまう」と、いわば保守派の立場から、政府の戦後史観の対応の甘さを批判した

投稿: 五臓六腑 | 2011.08.17 07:48

>参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので

要するに中国や朝鮮のご機嫌が大事!ということですね。


>東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば

判決を受諾したからといって、判決内容のすべてを受け入れたと考えるほうがおかしい。
えん罪でも微罪などですむなら判決を受諾する例は枚挙に暇が無い。

投稿: ほる | 2011.08.17 08:43

>現代人が過去の人間を亡国の徒だの戦犯だのということ自体が失笑ものですよ。

なんで?

>少しは歴史に対して謙虚になりなさいな。

非論理的で意味不明。
歴史に学ぶなと?

例えば、東条が無能で私利私欲に走った人物なのは、同時代人でよく見られる見解だと思いますが。

投稿: | 2011.08.17 21:27

>投稿: | 2011.08.17 21:27

"東条"は"東條"の誤記です。

投稿: | 2011.08.17 21:28

東條さんが私利私欲に走ったというのは聞いたことがないなあ。
むしろその逆だろう。他の軍人達が財閥紐付きで毎日のように料亭通いしていたのとは違う。
東條逮捕の時は赤堤の東條家では夫人がもんぺ姿で畑を耕していたんだぜ。
東條というのは人事の東條というように、いささか小心者で批判者に不寛容。
東條を批判した松前(東海大)は40すぎてから招集が掛かったんだよ。
松前は形だけだったが、東條は根にもつタイプなので気に食わない軍人は外す、飛ばす。
それで、「戦犯」だが、野田擁護の佐藤優がいっていることが正しいのだろうけど、世間様的にはやっぱり極東軍事裁判で死刑にされた人たちは戦犯だね。
石原慎太郎だって、自国民を無駄に死なせた東條らは許さないといっているくらい。

投稿: | 2011.08.17 23:20

>東條さんが私利私欲

関東軍時代に夫人の主催する団体のために機密費を流用したり、実弟のために憲兵を使って川崎造船所の株売買に介入したりしてます。

投稿: | 2011.08.17 23:40

松前はバシー海峡渡らされて形だけないわw
形だけだったのは竹槍事件の記者の件でしょ。
東條かつ子の軍用車私用を拒否して前線送りになって
戦死したのは多田少佐だっけ?

投稿: | 2011.08.17 23:55

>例えば、東条が無能で私利私欲に走った人物なのは、同時代人でよく見られる見解だと思いますが。

同時代人の尻馬に乗って、自分の勧善懲悪欲を満たすのは歴史に学ぶとはいいません。

過去の人物を自分の正邪の判断で「悪いやつだ、良いやつだ」と評するのは、歴史ではなく、あなたが歴史をネタにして自分の内心を吐露しているだけにすぎないのですから。

投稿: ほる | 2011.08.18 02:19

>国論が本当の意味において統一できるようにしなければならない。
これができてなかったんだよね。
いっちゃえば、国家の体をなしていなかった。

投稿: | 2011.08.18 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦犯呼称がよくない:

« 小笠原にUS-2を | トップページ | 元気なリフレ派 »