« 野田政権誕生 | トップページ | 労災と因果関係 »

2011.08.30

平民+政経塾

※ 野田氏、手堅く泥臭く 4年近い浪人生活など挫折も
http://s.nikkei.com/nqxCsU
*松下政経塾出身議員 一番熱心に競うのは政策ではなく演説
http://www.news-postseven.com/archives/20110829_29647.html

>「仕えやすい上司」とは財務省内で定着した評価。

 ものは言い様w、「うちのリモコンです」という意味です罠。政経塾出身としては、初の総理ということになりますが、「使えない」と批判されてきた政経塾出身者が果たして使えるのかどうかの試金石になるのでしょうか。
 野田さんの勝因は、やはり昨日のスピーチに限る。あの浪花節と、安定したスピーチで、態度を決めかねていた人々が動いた。
 内容的には、貴方が財務大臣として実際にやってきたこと、主張して来たことと、そのご立派な理想との乖離はどうなんですか? という疑問は多々あれど、その演説自体を評価するなら、出色の出来と言える。
 韻を踏んだ短いフレーズを多用し、一つのテーマが適度な長さを持ってしつこくもなかった。
 ただ、ちょっと訓練臭が鼻につく部分があって、そこは政経塾だなと思った。政治家が本来備えている天性のコミュニケーション能力ではなく、あのお喋りは訓練によって身につけた才能。もちろん、日本の政治家はそれすら身につけていない人が多いので、そこはあまり批判されるべきではないけれど。政経塾が演説に重きを置くのは間違った教育じゃない。

* 為政者の個人的資質でどうにかなるという部分を超えた問題をこの国は抱えています。後ろに仙谷さんやイラ菅の影が見えるし、そう期待するものではないけれど、何か新しい体制が始まる時には、どんなに否定的なポジションにいても、若干期待したくなる部分はどうしてもある。
 たとえば彼は、イラ菅と正反対のことを口にするだけでも、だいぶ点数を稼げる。寒いギャグは口にするけれど、失言は無い人です。財務官僚の言いなりということは、少なくとも、財政規律に関するメッセージは強く出せるということです。
 彼は、政経塾の西郷隆盛と評されるそうだけど、高杉晋作でも龍馬でもない所が大事なんでしょうね。パフォーマンスには興味が無いという所でしょうか。個人的には、大久保であって欲しいけれど。

 ただ、選挙の顔にはなれないし、早速今日は幹事長人事を決めなければならない。恩讐を超えてとかノーサイドと言ったからには、小沢グループへの配慮があるんだろうけれど、それがあればあるで、また不満を漏らす勢力が出て来るし。

* 所で、日本で、全くの平民階級の政治家が総理大臣になったのは、イラ菅が誕生するまで確か村山さんが最後でした。シンキロウ総理を二世と言って良いか疑問はありますが、村山さん以降はずっと二世議員でした。その頂点が鳩山さんです。その反動か否か、次はプロ市民に国を委ねたら、このザマになりましたorz。
 政経塾は、単なる手段に過ぎない。それは永田町では、「二世議員」と似たフレーズを持つけれど、組合活動とも縁が薄い平民宰相が、雇用問題等どう扱うか興味がある所です。

*民主代表選:野田新代表「ドジョウの政治をやり抜く」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110830k0000m010104000c.html

 浪花節で国政が動くような状況じゃないから、そこはただのパブリシティと割切って貰うしか無い。

*民主代表選:野田氏 原発再稼働に前向きも依存度低下踏襲
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110830k0000m020126000c.html

 このメッセージを早めに打ち出して、再生可能エネルギーの熱病から社会を目覚めさせないと。

※ 小沢G、猛烈な多数派工作…ポスト約束に反発も
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110830-OYT1T00020.htm?from=main3

*勝敗分けた鹿野陣営の動き「ワイシャツなら野田氏」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/30/kiji/K20110830001514720.html

 終わって見ると、選挙自体は、全くシンプルな構図だった。まず野田-前原の競争が、中選挙区時代に複数候補者を立てる自民党の競り合いと同じ効果をもたらして、票の掘り起こしや第三陣営の追い落としに貢献した。これは、候補を一本化せずに突っ走らせた仙谷総統の読みが見事に当たった。

 逆に、小沢グループは、何だかんだ言っても鹿野陣営の扱いに失敗したことが決定的な敗因になった。当初から、嘘か本当か、「なんで彼が立ったのか解らない」という小沢さんの冷淡な反応が漏れたり、いざ決選投票になったら、鹿野陣営が自動的に海江田票に乗っかるみたいな分析が平然とメディアで語られて、陣営の反感を招いた。
 余所の陣営を取り込むということに関して、繊細さが少し欠けていたのでしょう。
 選挙コンピュータとしての小沢さんの勘が鈍ったということなのか、それとも小沢さん自身が、そもそもこの党首選にたいした関心が無かったのか。
 小沢さんは後継者を育てなかったと言われる。鳩山グループは、いざという時に立てる人間が何人もいるのに、やっぱり小沢グループはいないんですね。本人に代わって、その理想を実現する人材を育てることをしなかったのは、個人的には小沢さんの判断ミスだなと感じます。

* 民主代表選:馬淵氏の対応、NHKが誤報 決選投票中継で
http://mainichi.jp/select/today/news/20110830k0000m010136000c.html

 今後問題になりそうだけど、それで結果が動いたということは無いと思う。

※ 日本問題専門家が語る、「誰も知らない1.8個分の日本」―中国紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=53909

>この20年、日本の海外における経済力は国内の1.8倍にも膨れ上がった。海外資産は40倍、海外純資産は60倍も増加。世界中のすべての市場、業界で日本マネーを見ることができる。こうした状況の下、日本国内の経済成長も緩慢ではあるが、20年間ほとんどマイナス成長が見られなかった。これだけですでに奇跡だといえる。<

 人口が減っているのに、とりあえずプラス成長を維持できているというのは評価すべきだけれど、それを国民が今ひとつ実感できないのは、その富がどこかに偏在しているということなのでしょう。

※ 動画:走るうちに膨らむ自転車タイヤ PumpTire
http://japanese.engadget.com/2011/08/29/pumptire/

 こういうのの発明って初めてじゃないですよね。で、写真を見て感じたのですが、タイヤの内径部分の空間て、こうして見ると無駄に見える(^_^;)。これが車だと、電気自動車で発電機をタイヤ内に組み込むみたいなことが出来るけれど、自転車のタイヤの内径部分って、何か使い道が無いだろうか、とふと思ったのですが。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 島田紳助メールのやり取り詳細暴露 週刊誌報道で「黒い交際」浮彫に
http://www.j-cast.com/2011/08/29105646.html?p=all
※ 朝鮮学校に高校無償化適用へ 菅首相、文科相に指示
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082901000322.html
※ <レコチャ広場>無能首相のクビが次々とすげかわる日本……その擬態にだまされるな―中国
http://news.livedoor.com/article/detail/5816914/
※ 落とし穴夫婦死亡、1・5m超の穴掘り「違法」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110830-OYT1T00002.htm?from=main7

※ 【訃報】ドクロベエや「ぶらり途中下車の旅」で知られる滝口順平さん死去
http://gigazine.net/news/20110829_jyunpei_takiguchi_pass_away/

※ 前日の空虚重量72.8キロ

※ 有料版おまけ 戸建ての経済合理性

|

« 野田政権誕生 | トップページ | 労災と因果関係 »

コメント

>1・5m超の穴掘り「違法」

許可もいるし、建築基準法では、1.5m以上の掘削を行う時は山留め(法面崩壊を防ぐ板)をしなくてはならない。
つまり素人が自分の目線より深い穴を掘るとこは禁じられている。
海岸で適用除外の可能性もありますが...。

投稿: nao_c/w | 2011.08.30 10:19

> 1.5m以上の掘削を行う時は山留め(法面崩壊を防ぐ板)をしなくてはならない。

正確には建基法施工令。第136条の3ですね。しかし、この掘削は「建築工事等において」というものに該当するのかどうか。
それに、建基法は建築が認められる敷地でないといけないので、その海岸地域が宅地造成等規制法上、宅地となっているかどうかが重要でしょうね。
海岸法は知りませんが、一般的には基礎を打ちにくいので、許可を得るのが大変かもしれません。液状化対策とか。すぐに崩れて人間の手でも埋め戻せるということを考えると建築対象の土地として該当するのか疑問です。どなたかご存知でしょうか?

投稿: | 2011.08.30 11:02

>>民主代表選:馬淵氏の対応、NHKが誤報

民主党代表選は公職選挙法に縛られない選挙ですので、
別に構わないと思います。

投稿: 猫大好き | 2011.08.30 11:05

>>小沢軍団
小沢さん本人の問題もさることながら、今回は洩れ伝わる配下の連中の言動がことごとく無神経だった辺りが、勝敗を分けたんじゃないのとか見てますが。
海江田さんを自分たちで傀儡扱いして、あっさりマスコミに拾われてるんだもの。
ミッドウェー直前の帝国海軍士官か、おまえらは。
兵隊があれじゃ、戦争勝てんですよ。

投稿: 義忠 | 2011.08.30 11:20

> 落とし穴夫婦死亡

法律云々よりも、公共の場である海岸に穴を掘ること自体危険なのでは?
馬鹿夫婦が落ちるだけならいいけど、赤の他人(特に子供)が落ちたらどうするつもりだったのか。
プライベートビーチなら他人(第三者)が入り込む危険はないので勝手にやればいいけど。

それにしても本当に「いたずら」だったのか疑問。
2時間ドラマなら友人達による夫婦殺人になりそうな話ですね。

投稿: | 2011.08.30 11:20

おまけ 山崎直子さん
>ただ彼女としては、自分の前後の飛行士が長期滞在なのに、なんであたしだけ観光旅行なの? という不満はあったでしょうね。
 こういうことだと、当分、女性飛行士は採用できないでしょう。

 人が地上で80年間に受ける放射線量を、宇宙では40日間の滞在で受けてしまうので(40年+80年で120年分)、お子さんをお産みになるんだったら、結果的にご本人にとってはスペースシャトルでの1飛行で良かったんでしょうね(^_^)

投稿: プレーリードック | 2011.08.30 11:33

>野田さんの勝因は、やはり昨日のスピーチに限る。あの浪花節と、安定したスピーチで、態度を決めかねていた人々が動いた。
>小沢グループは、何だかんだ言っても鹿野陣営の扱いに失敗したことが決定的な敗因になった。

鹿野陣営がオザーさん憎しで事前に煮えくりかえっていた、というのが本当なら、スピーチ云々はいくらか効果はあったにせよ、
決定打ではないと言うことになると思います。(前原・馬淵グループは、決選投票では野田氏、と予め決めていたそうだし)

ブログ主は、スピーチがお好きなようですが、上記2行は内容的に矛盾しないのでしょうか・・・?

投稿: | 2011.08.30 11:54

>パナ政経塾
松下幸之助存命中と死後では塾生の質が違ってきていると聞いてますが。設立直後は今の議員予備校となったのとは違って、当初の理念はあった。

>戸建
スカ線止まれば即陸の孤島と化す地域はちょっと。

>山崎直子
やはり「あのダンナがねえ」と思ってしまう。向井さんはダンナが一種の仙人だから務まった。

投稿: 剣 | 2011.08.30 11:59

先生、村山、海部首班指名決戦投票をネットでご確認下さい。

投稿: YT | 2011.08.30 12:28

>穴掘り
縦横2.4m、深さ2.5mといったら、砂の量だけで10㌧以上になるやん。とても冗談ではあり得ない大きさなんですが。第一、深さ2.5mいうたら、いくら下にマットを敷いても頭から落ちればケガは必須。悪けりゃ頸椎骨折ですよ。とても悪意がないとは言えない大きさです。嫁さんが知っていたというのはまだ浅いうちで、嫁さんが夫を迎えに行ってる間に掘り下げたんちゃう?

>自転車
既に、リム部にポンプを仕込んで、走っていれば自動的に空気が補充される自転車はありますけどね。また、値段が高い自転車は、リム部が発電機になっていて、以前の発電機より楽に発電できるようになっています。

投稿: | 2011.08.30 12:47

>※ 動画:走るうちに膨らむ自転車タイヤ PumpTire

これ、多分日本では売れません。
タイヤ空気圧をキチンと管理する、ってのは、営業マネージャー(所長)さんみたいに、趣味としてバイクを使う人。副次的に通勤にも
使うかもしれないけど。
そう言う人は、まず必要が無いし、バルブが重くなるのでホイールバランス崩れでシミー(振動)起こすこととか、回転部の重量増を嫌う。

このバルブが有効になるのは、普段からタイヤ空気圧に無頓着なママチャリ層だけど、ママチャリが8000円内外で買える昨今、このバルブ
付きのチューブの価格がいくらになるか・・・ 今でも26インチのチューブは800円内外(@アマゾン)、前後輪併せてまぁ1500円。
更に取付工賃が最低2000円はかかるから、ペイしないでしょう。特に、外装式変速器でない後輪の場合はチェンカッター必須の作業だし
テンション調整も微妙だから、自分で作業できる人ならキチンと工具を揃えてなきゃダメ。そう言う人は空気圧チェックくらいマメに
やるから、デメリットの方が先に来る。

米国辺りのデカバイクなら、売れるかもしれないけど・・・

投稿: | 2011.08.30 12:55

有料版のオマケについては、ぜんぜん問題ないでしょう。
テニアに全員なれるわけではないのは、大学教員も一緒。任期制で新規の課題に取り組むのも大切。必ずテニア(終身身分保障)で取るより、やったのちの転進が出来る制度というのは、公務員も含めて必要。
キャリアパスとして、あれをやりこれをやり、新たな現在無い新規の課題が出来たら、それを解決する。
逆に言えばキャリアだから楽勝というわけじゃないでしょ。
グレンだって爺になってからも飛んだジャン。子供と2人、あるいは3人揃って飛ぶ日も来るかもしれない。

投稿: pongchang | 2011.08.30 13:10

政経塾は日本の癌。
だいたい当のパナソニックからして松下幸之助の主義主張をとっくの昔に放棄しているというのに。
私が自民党よりも民主党が大嫌いな理由のひとつに政経塾出身者が自民党の2倍以上もいるというのがあります。

投稿: SUS304 | 2011.08.30 13:20

> 法律云々よりも、公共の場である海岸に穴を掘ること自体危険なのでは?

法律というのをこの際おいておくとして、この夫婦が落ちた穴は半端ではないので、これが危険だというのは理解できる。しかし、この一時を持ってして海岸に穴を掘るのが危険と拡大するのは行き過ぎでは?

投稿: | 2011.08.30 13:30

5年ほど前にブリジストンのエアハブというのに乗っていました。
ただ、90kgの私には何の意味もなく、順調に空気は減り続きました。
普通に空気を入れようにもハブからのエアチューブを取り外したり、空気入れの金具が壱番普及しているモノでは使えなかったため買い直したり、かえって手間がかかりました。
末期には(最終的に盗まれました)、チューブをぶっちぎり使用することに・・・。

投稿: | 2011.08.30 13:31

確かに内径部分は空いてるけど
タイヤチューブ内の空気と、内周部にめぐらしたスポークで接地部に掛かる衝撃をリム&タイヤ全周に伝えて分散させてるんですよ。

投稿: | 2011.08.30 13:59

作業員が急性白血病で死亡=収束工事「因果関係なし」-東電・福島原発
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011083000368
東京電力は30日、福島第1原発事故の収束作業に従事した40代の男性が、急性白血病で死亡したと発表した。
同原発での被ばく放射線量は累計で0.5ミリシーベルトで、東電は「収束作業との因果関係はない」としている。
東電によると、男性は8月上旬から7日間、同原発で休憩所の出入りや放射線量を管理する業務に従事。
勤務を終えた後に体調を崩して入院し、東電は16日に死亡の報告を受けた。
勤務前の健康診断で異常はなかったという。被ばく量のうち、内部被ばくはゼロだった。


「たまたま」急性白血病になったのでしょうか?

投稿: | 2011.08.30 14:11

>NHK
怖ろしいことだと思う。誤報の訂正を知らずにいる人のなんと多いことか。結果が動いたということの有る無しの検証はできない。影響を受けた人間はゼロかもしれないし、20人かもしれない。

投稿: 痴本主義者 | 2011.08.30 14:19

>(前原・馬淵グループは、決選投票では野田氏、と予め決めていたそうだし)

いや、だからね、馬淵は2回目は海江田に入れたんだって。
小沢一派に誘い込まれたのが鹿野についていた山田元農水相。
決戦になって海江田に入れると約束していたのが馬淵と言われている。
で、足しても野田に勝てないので小沢は朝から連絡が取れなくなったというウワサ。

投稿: | 2011.08.30 14:34

>「たまたま」急性白血病
長崎の時「過剰白血病は被爆後約2年で発生し始め、被爆後約6-8年の間にピークに達した」。
なお、高名な永井博士は職業被曝の後遺症でピカドンではありません。原爆前の昭和20年6月に発症診断されたものです。
以前の職業被曝によるものがあったかについて記事に言及がありません。今回の発症に結びついたかは、追って発表があるでしょうが、今回の事案で5ヶ月で発症するのは無理があります。

投稿: pongchang | 2011.08.30 14:50

>「たまたま」急性白血病になったのでしょうか?

外部被曝線量0.5mSV(500マイクロsv)で
内部被曝ゼロという発表が正しければと言う前提で
医学的には「たまたま」としか言いようがありませんね。

0.5msvならCTスキャン1回分程度ですから。

仮に放射線被曝で1週間で急性白血病で死亡になるなら
10000msv(10シーベルト)以上の
超高線量被曝です。その場合同時に脱毛や出血なども伴うはずです。
JCOバケツ臨界被曝レベルです。

(それ以下の高線量被曝なら少なくとも
2ヶ月は症状が出ても生存しているはず)

http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/hosyaeis/hibakuguide.pdf

あとはもう陰謀論しかありません。

投稿: | 2011.08.30 15:03

なんとかサイダーさんの出番ですな。

投稿: 元県税職員 | 2011.08.30 15:17

>たまたま
「ちっ。なんだって、そんなヤツを……」

投稿: あえて名無し | 2011.08.30 15:45

次の総選挙がいつになるかわからないが政党の体を成していない民主党からどのような演説のお上手な御仁が総理になり挙党一致を喚こうがおそらく論評にも値しないお粗末な政権運営を繰り返すであろう。
ともかく民主党の政策のデタラメ度をさらに国民の前に鮮明にして二度と斯様なデタラメ偽善無能政党に政権運営させてはならない。民主党の存在そのものが政治の最大の時間と金の無駄である。
15%の民主支持者の方々よ目覚めよ学習せよもう騙されるな。

投稿: きびなご | 2011.08.30 16:11

幹事長に輿石w
もしかして小沢大勝利?

投稿: | 2011.08.30 16:50

>落とし穴夫婦死亡

これ、やり過ぎ観とか違法とか、いろいろあるけど・・・

ダンナはともかく、嫁の遺族は、どういう顔して葬式に出りゃいいんだろうか、途方に暮れてる気がする。
娘を亡くしたのに、ダンナ殺し(殺意はなかったにせよ)の片棒担いだことになるし。

掘り出した時に二人とも死んでたみたいだけど、検死の結果でダンナの死亡の方が早い、って出たら、相続で修羅場、
葬式の場で、ダンナ側の遺族と乱闘になりそう。

投稿: | 2011.08.30 17:39

嵐の番組に似たような掘った穴が出ているんだって。
桜井と二宮だったかな、ふたりでその穴に入っているキャプが2ちゃんにアップされていた。
もしかすると、嫁はその番組を見ていたのではという推理。

置き石は小沢Gにあらず。先週発売の週刊誌に野田と輿石はツーカーだって載っていたぞ。
さっきテレ朝に出ていた伊藤惇夫の話でも代表戦の間に野田と輿石は3回は会っているという話だ。

笑っちゃうのは仙谷。野田はバカだといって切り捨てて前原を立ててが、この有様。
世論の人気なんて所詮はマスコミによって造られたものなのに、前原人気に民主の国会議員が乗ってくると思っていたようだ。

投稿: | 2011.08.30 17:59

昨日もどなたかが書いてましたが野田は今のところ落ち着いていていいですね。前任者、前々任者があまりにもウーパールーパーだったっていう対比もありますが。ただ心配なのは今日あたりあっちこっちの番組に出てる野田グループ若手たち。民主党バカ手はどこも同じですが凱旋気分で言葉の軽いこと。ある番組で自民党議員と同席したバカ手。自民党は野党らしくなってきたwとひとりではしゃいでたんだけど、別に自民党と対決姿勢の小沢グループが言うなら良い。でも司会者はそのあと、野田さんは自民党との丁寧な話し合いで与野党協調の国会を・・・と話を振らなければならなかったんでちょっと困った顔してましたよ。もちろんその場で自民党議員との融和的な話は一切なし。だから輿石と聞いてちょっと安心しましたね。バカ手は副大臣あたりに閉じ込めておくつもりなのかなって。これでレンホーを官房長官にしたらまたあっさり短命政権ですよ。

投稿: | 2011.08.30 18:37

>>民主党バカ手
この辺は小沢配下の連中も同じなので、やはり民主全般の体質なのか。
大将以下みんな一兵卒という下士官のいないフラット構造だしなー。

まぁ、耳で聞いた話、全部口にしないといられない石原のボンボンみたいなのが幹事長やってる自民党も、似たり寄ったりだけど。

投稿: 義忠 | 2011.08.30 19:58

落とし穴…
サプライズでやったとかいいながら落ちる現場を誰も見ていないなんて奇妙すぎる。
こいつら、わくわくして観察しているはず。みんな何か口裏合わせをしている感じ。

死人に口無し。ほんとは首謀者は別にいて、奥さんは発案者にされてしまっているのではなかろうか、と想像してみる。

投稿: | 2011.08.30 21:55

>※ 動画:走るうちに膨らむ自転車タイヤ PumpTire
凄いなとは思いました。技術的には興味深いです。
ただ私には必要性は無いです。高い金出して軽量化に努めているのに、たかがエアを横着するために「重くて高い(と思われる)」コイツを装備する必要性は感じられません。
まあママチャリ8,000円っていうのを基準にするのはどうかと思いますが、国産で3段内装&オートライトモデルでも18,000円前後でしょう。それを基準にしても装備するには高額になりすぎると思いますよ。エア圧表示のあるポンプだって2,000円しませんから。

>落とし穴
想像していたより巨大な穴だったようですね。
記事には危険防止に目印を付けていたと書かれていますが、結局仕掛け人も落ちているので目印は役に立たなかった訳ですよね。
無関係な人が被害に遭わなかっただけでも良かったと言えるでしょう。

>ドクロベエ
ヤッターマンを見た子供たちは、ヤッターマンよりも「悪」を気に入りますね。私もかつてそうだったし、長男もやっぱりそうです。
「おしおきだべえ~」
今でも、つい口から出てしまうセリフの一つです。
もちろん「ポチっとな」には敵いませんが。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2011.08.30 22:01

お医者さんの詳しい見解

今回報道された急性白血病と福島原発作業の因果関係は?

>報道されている情報が事実だとすると、現在得られている医学的知見からは
>「原発事故後の作業と急性白血病での死亡の因果関係はない」と言わざるを得ません。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110830#p1

あるとすると、
「事故前に原発作業員としてすでに被爆していて、それが今発症した可能性」ですな。

投稿: | 2011.08.30 23:54

>野田氏 原発再稼働に前向きも依存度低下踏襲
>このメッセージを早めに打ち出して、再生可能エネルギーの熱病から社会を目覚めさせないと。

たまたま江川詔子のツイッター見たら

「原発に対して善悪二元論は良くない」

「理性的科学的に考察してる学者すら
原発推進派とか御用学者とレッテル張りするのは
結果的に脱原発を遅らせるだけ。」

という感じでまともなことを言っていた。

案の定、脱原発派からヒステリックな攻撃受けてましたけどねw

脱原発だけじゃなく、普天間の在日米軍論議や
元をただせば自民か民主かの二元論もそうだけど、
0か1かのヒステリックな対応は
本質の問題提起をなくし、自分の意見と反対なものは抹殺しろ
というテロリストの論理に走ってしまう。

今の脱原発派の言動はかなりそっち方向に走りすぎている。

で、結局何も進まず「最悪の現状維持」の結果になる。

投稿: | 2011.08.31 00:16

福島の小児科医の叫び

にわかジャーナリストやら、似非専門家は
これ以上、親や子ども達に不安を与えるのは、やめて欲しい

http://blog.goo.ne.jp/yi78042/e/ea58a61ac2d71229337cd1ba226487ef

>サーバリックス(子宮頸がんワクチン)は
>接種したほうがいいのか、今更どうなんでしょう、
>どうせ、いずれがんになるかもしれないのに、
>と、真面目に質問なさるお母さんもいた。

ここまで来るともう狂気としかいいようがない・・・・

チェルノブイリでもさんざん指摘された
「放射能の直接被害よりも報道による精神的被害のほうが問題」
というのが日本でも繰り返されている。

投稿: | 2011.08.31 00:41

>野田

そもそも、財務省のリモコンじゃなかったら今増税なんかしないでしょ?
松下云々じゃなくて民主党に政権担当は無理。小沢が言ってたろうに。
また緊急事態が起きたら悲惨だぞお…絶対こなせないからな。おっかないったらありゃしない

投稿: | 2011.08.31 01:46

みんな、ポスト団塊世代(1957年生まれ)が総理大臣になったんだから、ちっとは喜ぼうよ。岸信介の価値観が乗り移った安倍元総理と違い、正真正銘、昭和30年代の現代っ子ですよ、野田総理は。
右とか左とかそういうのは細かいことで、初めて年寄りの価値観から脱却した総理なんですよ。年寄り(定義は団塊世代以上)は、はっきり入って右も左も害悪ですから。若者のことを考えていないのは同じですよ。

投稿: YT | 2011.08.31 02:47

未だに弊害の多いポリオ生ワクチン接種しやがる小児科医どもの言うことなぞ信じられんわ。

投稿: | 2011.08.31 06:19

いつ生まれようが財務省の犬は犬

投稿: | 2011.08.31 12:38

世代論で人を切るのはよくないかも知れませんが…。
50年代から65年くらいまでの生まれの人間は、親が戦前の教育を受けた最後の世代であることが多いので、案外保守的ですよ。自分が属してるのでよくわかります。団塊の人たちの方が新しもの好きで大胆で楽天的(無責任?)です。
50年代前半、つまり団塊に間に合わず、ずっとやんちゃな団塊の踏み荒らし焼き払った後を歩いてきた人達は、被害者意識があるのか、三無主義の名の通り白けきってる人が多いです。最もミーイズムが強く「世のため人のため」という気持ちが極端に薄いように思います。
野田新首相は50年代後半生まれ、国民のために我が身を顧みず力を尽くしてくれると良いですが。

投稿: 彼岸過迄 | 2011.09.01 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平民+政経塾:

« 野田政権誕生 | トップページ | 労災と因果関係 »