« 元気なリフレ派 | トップページ | pH管理 »

2011.08.18

対米戦争は回避できたのか?

※ 圓の戦争・Nスペ
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110814.html

 昨日、電車の中で、「mamoru」という雑誌のバックナンバーを読んでいたんです。去年の秋の号で、当然震災前だから、今になって読むと、「あんな平和な時代もあったんだなぁ」と感じたりもします。
 この雑誌は、防衛省の全面協力による雑誌なので、他の軍ヲタ雑誌に先駆けて一次情報が公開されることが多いのですが、たまたま防衛研究所の研究員が、いわゆる「経済封鎖」に関する興味深い論文を寄稿していました。一口に経済封鎖と言うけれど、歴史的には、用語用法的な区別があるのだそうです。

 で、上に紹介したNスペは日曜日の放映でしたか、「圓」という、日本以外の満州、台湾、朝鮮等で流通していたマネーを巡るレポートで、蒋介石が、すんでの所で、自国通貨の統一に成功し、それを欧米が全面的にバックアップすることで、勝利を得たことなど、つまり太平洋戦争に至る直前の通貨戦争に関する面白い話でした。
 アメリカは当時、日本の通貨事情を子細に調べていて、このままでは日本が石油や資源を買う金は半年で尽きるだろう、それで日本の戦争は終わるとたかをくくっていた。
 ところが、日本は、アメリカに持ち込んだ金を交換する過程で出た莫大なマネーをNYの銀行口座に隠し持っていた。アメリカはそれを知って驚くわけです。なんとむこう2、3年、資源を買い漁るだけのマネーを貯め込んでいる。
 日本は日本で焦る。このマネーの存在がアメリカ側に知れ渡ったら、資産凍結措置を喰らって藻屑の泡になる。日本は急いで、そのマネーを外国通貨に代えようとする。

 大東亜戦争の枠組みを考える時に、アメリカとの戦争は避けられなかったのか? それは必然だったのか? アメリカは果たして何処までやる気だったのか? 何処かでアメリカと講和できるチャンスはあったのか? という疑問は尽きません。
 敗戦になった瞬間、日本は180度転換して、アメリカとの同盟関係を築いたせいで、アメリカに不都合な歴史的事実の検証はおざなりにされてきた部分は決して少なくないでしょう。

 止める算段をすることなく戦争に突っ走るのは、実はアメリカも同様です。朝鮮、ベトナム、イラク、アフガン、全部そうでした。止める算段をして機能したのは、ブッシュパパのイラク侵攻くらい。ただそれも結局は息子による報復戦争を招いた。
 今からでも遅く無いから、日米で人を出し合って、何処かで立ち止まるチャンスがあったか否かを検証すべきでしょう。次の戦争への備えとしても役に立つ。

※ 観光協会ブログ炎上、イベント中止… 「まんべくん」騒動が広がる
http://www.j-cast.com/2011/08/17104650.html?p=all

 まんべくんの騒動を巡る過程で、「日本の犠牲者三百十万人。日本がアジア諸国民に与えた被害者数二千万人」こういう数字が出て来たわけですが、アジア全体での死傷者数というのは、客観的に見てどのくらいの数字が妥当打倒なのでしょうか。
 というのは、たとえば中国大陸での死者数で、最初は300万くらいだったものが、これも南京大虐殺と似たような過程と理由で、中共では、今では1000万は当たり前w、2000万なんて言う数字も出て来ているそうで、本当はどのくらいだったのか、日本としての筋を通しておかないと、今後ともどんどん膨れあがる危険がある。

※ 天竜川転覆事故、2人死亡…2歳児含む3人不明
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110817-OYT1T00671.htm?from=main1

 これは当然、業務上過失致死に問われるんだろうけれど、救命胴衣の着用義務が無く、それが任意だったとなると、法的には自己責任原則の範囲内ということになるでしょう。
 他人が操縦する舟で、しかも見ず知らずの人間と乗り合わせる時、そこに救命胴衣があるけれど、今日は風もないし暑いよね……、という時に、着用するか否か。私は躊躇わずに着用します。泳げないから。

※ FRB議長はテキサスでひどい目に遭う…州知事
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110817-OYT1T00843.htm

>景気の底上げを図る量的緩和はインフレにつながるとして警戒感が強い

 アメリカはまだインフレ基調を維持できているから、日本から見ると、こういう贅沢な心配も出来る。

※ 金賢姫元死刑囚、韓国で9年の逃避生活
http://www.chosunonline.com/news/20110816000064

 全部で10頁くらいのインタビューが付いていますが、面白いです。とりわけ面白いのは、前政権時代、大韓航空機爆破事件を、さかんに「無かった」ことにする勢力が韓国内にあったというニュースは日本でも知られていたけれど、今ひとつ、何が起こっているのがよく解らなかった。

 つい昨日起こった大事件ですら、捏造しようと為政者が躍起になって、その御輿を担ぐ連中がいる。隣国はそういう国だということをわれわれは肝に銘じないと。

*「日本とは時々悪縁」 韓国首相のメモ公表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/kor11081622070005-n1.htm

 いや全く隣国を選べないってのは辛いです罠w。

※ ロシアの最新鋭ステルス戦闘機、初の一般公開
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110817-OYT1T01094.htm?from=main5

*'Russian Stealth' 1st public flight: Sukhoi PAK FA T-50 at MAKS airshow
http://www.youtube.com/watch?v=QKj-gX7Q2X8

 このYoutube の動画は、始まったばかりのモスクワエアショーでのPAK FA T-50のデモフライトの様子らしいです。
 デモ自体は、ユーロタイフーンが初めてFarnboroughで飛んだ時のデモ内容とそっくりですね。タイフーンは長らくエンジンが間に合わずに、4Gオーバーの機動飛行を禁じられていた時代がありました。これは見た所、3Gオーバーですら無いように見えます。初物として価値ある映像ですが、この開発段階としては、こんなものだろうな、という感じです。

*ロシア、次世代ステルス機を初公開 米F22に対抗
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/erp11081809160005-n1.htm

 産経は、フカシ過ぎw。

※ 全教員ストレスの検査 心の病早く発見 休職増の都教委
http://www.asahi.com/national/update/0817/TKY201108170172.html

 昨日の、ペーパー版の朝日夕刊に掲載された記事で、本紙の方はもっと長い記事です。一つは、子育ての全てを学校に委ね、それを学校がクリアできて当然だと考える平均的親層のモンペ化と、何の必要があってだか解らないけれど、紙の整理に追われまくる現場教師という二つの要因が教師を痛めつけている。ここをセットで改善しないと、今ですら都市部は質の良い教師の確保に苦労しているのに、いよいよろくな人材が集まらないということになる。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 「納得いかない」「首くくるしかない」 安愚楽牧場説明会で怒号
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110817/bsg1108171429003-n1.htm

※ 韓国軍:対艦巡航ミサイル開発へ
http://www.chosunonline.com/news/20110817000022

※ 飛行中、JAL機長が女性副操縦士をパチリ 業務停止に
http://www.asahi.com/national/update/0817/TKY201108170485.html

※ 鹿児島工・大茂さん初V 電子回路組立で99・5点
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20110816-OYT8T01069.htm

※ 正解者が3~5%の超難問パズル! Googleが公開したブラウザゲームが難しすぎる
http://rocketnews24.com/2011/08/17/122520/
※ パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110817-OYT1T00833.htm?from=main3

※ 相内アナ、二股?!卓球王子と長ネギ愛 (1/2ページ)
http://www.sanspo.com/geino/news/110818/gna1108180506000-n1.htm

※ ビフィズス菌で寿命3割延びる 京大などマウスで成功
http://www.asahi.com/science/update/0817/OSK201108170214.html

※ 前日の満腹重量72.1キロ

 水曜。夏のイベント一件。要フォーマル・スタイルだったので、ブレザーを抱えて12時半の電車に飛び乗る。こんな暑さでもスーツを着ているリーマンは偉いorz。
 終わったのは17時過ぎ。18時渋谷通過の電車に乗る。普段、網棚に荷物を置くなんてことは絶対にしないけれど(忘れるから)、荷物を抱えていたので、やむなく網棚に載せる。所が、慣れないせいで、その荷物を上に上げる時に、つり革も一緒に持ち上げてしまうorz。当然、つり革の輪っかが、弾かれたように顔面を直撃する。まっぽし眼鏡を弾く。割れたかと思ったけれど、さすがプラレンズは強力。
 ヨーロッパの電車は、つり革ではなく、フレキシブルな金属棒が主流のように思えるけれど、時々、日本の電車のつり革は危険だと思う。

※ 有料版おまけ ホームドアは駄目だと思った。

|

« 元気なリフレ派 | トップページ | pH管理 »

コメント

>アメリカに不都合な歴史的事実の検証はおざなりにされてきた

『なおざりにされてきた』の方が、全体のエントリの論調からすると相応しい気がします。

・「おざなり」 に済ますというのは、適当にいいかげんに済ましてしまうということだ。しかし、「なおざり」 というのは、そのレベルまでも行かない。成り行きに任せるだけで、まともに着手すらしないことを言う。

参考:http://homepage3.nifty.com/tak-shonai/intelvt/intelvt_028.htm

上記記事では「なおざりは死語に近い」という意見もあるけど、『等閑に付す』というのは今でも書籍では良く見ますね。

投稿: | 2011.08.18 11:06

>たとえば中国大陸での死者数で、最初は300万くらいだったものが、これも南京大虐殺と似たような過程と理由で、中共では、今では1000万は当たり前w、2000万なんて言う数字も出て来ているそうで

数字にはちゃんと根拠があり中共じゃなく蒋介石国民党の集計で既に1700万人ですが。
当初の150万人が国民党軍人のみの犠牲者数。
その支配地域を皮切りに大陸においての犠牲者数を集計したのが1947年でこの時点で既に軍民で1278万。これに共産党の支配地域での犠牲者数を推計して1700万。
ベトナム200万、インドネシア200万、フィリピン100万、ビルマ5万。
まっ、こんなもんです。
中国共産党は1700万を2100万と主張し今じゃ3500万ですけどね。

投稿: SUS304 | 2011.08.18 11:20

>日米開戦の回避
アメリカは、ヨーロッパへ出たくてたまらなかったので、日本を出汁にした訳ですから、何を置いても回避できなかった可能性が高いです。唯一の方法は、戦争をせずに英米と同盟関係になることだけ。実際、ハルノートには、日米と関係ない三国同盟の破棄とかあったでしょ。これは国家主権に対する干渉ですよ。これらの要求は、事実上米国の傘下に入れと言うのと同じこと。ハッキリ言って、ケンカを吹っかけてます。
でも、私が戦争回避の命を受けた全権大使だったら、ハルノートを受け入れると表明します。実際に中身は、外交交渉によって「あれはダメ、これはこう変えて」と言えると思います。そうやって、あと1~1.5年交渉を長引かせれば、イギリスがアボーンしたと思います。その時点で、米はヨーロッパ戦線への参加を見送らざるを得ない。もう、日本のことなんかどうでも良くなる可能性があったかも。

>韓国の対韓巡航ミサイル
ロケットエンジンならスピードは出せると思うけど、射程が短くなる。ジェットエンジンなら、今のエンジンでは難しいのでは?ラムジェットとか、技術的にかなり難しいと思う。
どっちにせよ、低空での空気抵抗もさることながら、先端のカバーや翼の先端部分の材料が熱に耐えられるか疑問。

投稿: | 2011.08.18 12:38

アメリカに屈服したら日比谷焼き討ち事件のような事になっていたかもしれません

投稿: | 2011.08.18 12:40

>>ところが、日本は、アメリカに持ち込んだ金を

せんせいは「ところで」を漢字の「所で」とすることが多いのですが、
私はひらがなの方が自然に感じます。

投稿: | 2011.08.18 12:42

>あと1~1.5年交渉を長引かせれば、イギリスがアボーンしたと思います。

どうやってドーバー海峡超えるんですか?
それにヨーロッパに米は他の方法で参戦するでしょうよ。
史実でもドイツは三国同盟に参戦義務無いのに自分から対米宣戦布告したんだし。

投稿: SUS304 | 2011.08.18 13:28

>私はひらがなの方が自然に感じます。

>資産凍結措置を喰らって藻屑の泡になる。

この「藻屑の泡」も自然なかたちにして下さい。
きょうはこんなのばっかなのでついでのついで。

投稿: | 2011.08.18 13:44

> この「藻屑の泡」も自然なかたちにして下さい。

書いた人とは別ですが。
「ところで」は接続詞でそれに漢字をあてると、そこに視覚的に引付けられます。力点がおかれた感じになります。逆に名詞や形容詞をひらがなにすると読みにくいです。試しにひらがなでべたで書いてみたらわかると思います。漢字にすると、英文の単語的な分離性と同じ視覚的効果が得られるので、ここはやはりひらがなは不適切です。

投稿: | 2011.08.18 14:03

>イギリスがアボーンしたと思います。

あぼ~んどころかシンガポール中心に配置したZ部隊の他、インド等の部隊も本国へ回航できますね。
ますます強固になり駆逐艦もドンドン増えドイツは制海権完全に喪失しますな。

投稿: | 2011.08.18 14:12

「然し」「猶」など、戦前の文章で接続詞に漢字を使うのはごく普通ですね。
最近は確かに使う人が少なくなりましたが、現代でも小説家は割と多用する傾向にあるかと思います。

大石先生は小説家ですし、個人的には特に違和感はありません。

投稿: 銀次 | 2011.08.18 15:24

でも大石さんはいつも「例の」じゃなくて「れいの」って書くんだよね。

投稿: | 2011.08.18 15:37

日米戦回避の可能性を探ると言ってもあまりに不確定要素が多すぎて、わたしの真空管オツムではとてもついていけません。
ただ、ハルノートを一旦受け入れて引き延ばし工作をやるというのは難しいと思います。
その過程で大陸の既得権益が一部でも損なわれたら陸軍が黙っていないでしょうから。
当時の軍は天皇直属で政府と横並びだから、政府が外交交渉で駆け引きやっても軍に不利益な内容だったら統帥権を楯に横槍入れてくると思います。
軍が政府のコントロール下に無い状況での外交交渉は非常にしんどいでしょう。
しかし、統帥権を楯に軍が暴走する可能性というのは、明治憲法を作った時点では考えていなかったのでしょうか。

投稿: 川副海苔 | 2011.08.18 16:00

私は山縣(に代表される軍)が、暴走可能な様にわざわざ仕立てたものだと理解しています

投稿: | 2011.08.18 16:08

 すんません。今日も外出用事があって、ちょっと時間に追われました。

>「例の」じゃなくて「れいの」

 これを私が敢えて開くのは、誤用が多い漢字だという認識があるからです。
 他の漢字に関しても、用語用法的なミスを防ぐために、出来れば開いた方が良いなとも思っているんですが……。

投稿: 大石 | 2011.08.18 17:33

>藻屑の泡

でも、これは誤用というか、新造語?

「水の泡」、「海の藻屑」ってのは常用句ですけど・・・ 
「頭痛が痛い」とか、「歯ぐきを噛んだら、リンゴから血がでませんか」なんてCM絡みのギャグでボケてみせるのは言葉遊びだけど
そういう文脈じゃなさそうだし。

投稿: | 2011.08.18 18:30

「対米戦争は回避できたのか」これを思うたびに、特に平和論者にいいたくなるのです。
「ほれタイムマシンと狙撃銃。これで止めてみてくれ」

投稿: Chic Stone | 2011.08.18 19:36

>対米戦回避

ハルノートが出た段階で不可避ですな。

仮にハルノートを受諾して臥薪嘗胆しても、
大阪城の堀を埋められたのと同じで
丸裸にされたうえにフルボッコでしょう。

さかのぼれば大陸進出した日清日露戦争、
いや、石原莞爾が言う
「黒船ペリー提督をつれて来い!奴が鎖国を止めさせたのが悪い!」
とかいう話になります罠。

投稿: | 2011.08.18 20:21

>おれはパッションフルーツを体内で
ケトン体(アトキンスダイエット)は体内時計を早める
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090724/pr20090724.html
「大石先生」の研究室の発表か!

投稿: pongchang | 2011.08.18 20:58

>ビフィズス菌
別のソースだとコントロールに問題がある
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110817/scn11081720470002-n1.htm
食塩水を与えたマウス20匹の生存率が約30%だった
減塩が健康に良いじゃねぇかぁ(稾)
ぺろグリする配偶者によって腸内細菌も変わるわな。

投稿: pongchang | 2011.08.18 21:11

>アメリカはまだインフレ基調を維持できているから、日本から見ると、こういう贅沢な心配も出来る。

別に米国の景気が戻っても構わないけど(ちょっとカチンとは来るがw)、先生がこういう言い方してると「製造業gdgdだろ無理すんなよww」と嘲りたくなる。

そういえば今日、週刊文春を立ち読みしてたら別々の記事で2度も【ギリシャより債務残高比率が高い日本は破綻する!】と書いてありました。必死だねぇ...ページ戻っちゃったのかと思って読み直しちゃったよw

投稿: | 2011.08.18 21:53

日垣隆氏の『週刊現代』の連載が、ついに「休載」になったようです。
ま、形式上は「休載」ですが、おそらくこれで「打ち切り」なのでしょう。
最近のTwitter等での大暴走からみて、やむを得ないことかもしれません。
ワニブックスから出す予定だった『デジタル総痴呆化社会の空気を読め!(仮) (ワニブックスPLUS新書)』 も発売中止になるし、もう日垣氏が紙媒体で新しいことを発信することは不可能になったようですね。

http://www.zassi.net/mag_index.php?id=230

投稿: 無名草子 | 2011.08.19 01:57

なにか、既視感が・・・ ずっと矮小なレベルだけど。

・「復興ビジョン、首相に握りつぶされた」 松本健一内閣官房参与が激白
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110819/plc11081900010000-n1.htm
『「原発を止めろ」というのは思いつきなんだけど、その先の電力の手当てをどうするか。』
『オレはものすごく原子力に詳しい」と言っていたけれど、あれも30年前の状況を言っているだけ。素人ではないとはいえ、現在の原発が
どうなっているかなんてあまり知らないと思いますよ。』
『だから政策をどうするとか、人脈を築くとか、具体的なものもない。結局外堀を埋められ、そして誰もいなくなった。それでは政治はできない。』

「原発を止めろ」⇒「コマンド一斉蜂起」、電力⇒風呂敷の畳み方。原子力⇒ミリタリー・政治、経済。政策⇒作品、政治⇒作家活動。

そんな読み替えすると、どっかの作家先生≒イラ菅さん のメンタリティにダブって見える。ずっと矮小なレベルだけど。

投稿: | 2011.08.19 04:00

>つり革
三角のは角が頭に当たるとかなり痛いのでイヤですね。
あのデザインを考えた奴と採用した奴を木刀で(ry

手すりの位置を下げてつり革廃止ってわけにはいかないんでしょうかね。

投稿: | 2011.08.19 08:24

>手すりの位置を下げてつり革廃止

今度は手すりに頭をぶつける人が続出でしょうね。

投稿: | 2011.08.19 08:31

バネで入っていて、人が持ってないときは跳ね上がるつり革ってのがあるけどね
ウィキペディアによると京阪が特許を持っているらしい

投稿: | 2011.08.19 10:50

投稿: | 2011.08.19 04:00

お前早朝4時から何言ってんの?
知ってる?他人に嫌味いったらストレス解消になるのってキチガイだけなんだよ?
普通の人は他人に嫌味を言うこと自体がストレスの基になるの。

だからストレス解消ならやめた方がいいし、キチガイなら来るな。

投稿: | 2011.08.19 11:04

>日垣氏

本当ならめでたい話ですね。
政治家や企業から相談を受けたとかホラ吹いたり、色んな事に無知なまま上から目線で適当な事書きまくって恥かいたり、あちこち他人に噛みついたり、いくらなんでも酷すぎて目も当てられない状態でしたから……。

しかしまあ、何であんなになっちゃったんでしょうね。ボケたのかな。


投稿: | 2011.08.19 11:11

>お前早朝4時から何言ってんの?

お説はともかくとして・・・
今、節電のための深夜操業等で生活時間帯が否応なしにシフトしている人も多いですよ?

投稿: | 2011.08.19 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対米戦争は回避できたのか?:

« 元気なリフレ派 | トップページ | pH管理 »