« 日本社会は複雑怪奇ナリ | トップページ | 子孫の懺悔という自己満足 »

2011.08.06

財政出動の覚悟を

※ 「菅降ろし」8月困難 閣僚集団辞任論も…
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110806/stt11080600160000-n1.htm

 そんなに辞めさせたいのなら、国民生活に影響が大きい閣僚でなく、まず党三役が辞表を提出すべきでしょう。どうしていきなり閣僚辞任という話から始まるんだろう。

※ 米雇用統計、市場予想上回る 就業者数11万7千人増
http://www.asahi.com/business/update/0805/TKY201108050548.html

*円再び上昇 「半端なカネを刷っては負ける」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110805/fnc11080523040020-n1.htm

 良かったですね。ただ、株安は止まらないし、円高を押し返すほどの力も無かったのが残念です。月曜日はどうなるか。

 所で、アメリカではまた量的緩和の話が進んでいます。で、欧米でこれをやると効果は見込めるんです。なぜなら、欧米には需要があるから。他国から借金してまでお金を使いたいという人々がいる。
 日本で量的緩和をやっても効果はありません。需要が無いから。せいぜい、銀行は国債を買うか、ファンドマネーに回すしかない。ファンドマネーに金が流れたら、結局は行き場なく資源高に拍車を掛けて自分の首を絞めることになる。
 私が財政出動派だと言ってもなかなか信じて貰えないのですが、日本に民間需要は無いわけです。銀行に金は余っている。だったら、個人に貸せ、日本型のサブプライムを作れ、というのが従来の私の主張ですが、所が、個人の資金需要なんて知れている。企業にお金を使って貰わなければどうにもならない。でも企業は、少子高齢化で消費のパイが縮小すると解り切っている国で、投資なんか出来ない。
 私は人口回復こそが唯一の脱出口だと書いて来たけれど、残念ながらそれには若干ながら時間が掛かる。世間も政治家もメディアも即効性のあるマジックを期待している。
 個人が使う金は知れていて、しかも人口は減っていく。企業も金は使えない。だとしたら、残るセクターは政府しか無い。本来なら、政府が商売すべきだけど、国営企業なんてろくなものじゃない。しかもこの借金の山です。

 必要なことは何か? 
1.民間に代わって国がお金を使うことの強い意志と国民合意。
2.それが従来型の公共事業無駄金投資ではなく、国民合意が得られる支出であることの裏付けや検証。
3.それが日本の将来に役立つことの立証。
4.高度技術のみではなく、速やかに裾野まで行き渡る直接投資。
5.できれば、回収可能性のある、けれど民間が手を出したがらない事業への投資優先と順位付け。

 ↑即席なのでブラッシュアップが必要です(^_^;)。

 これまでの地方でのバラマキは、限界集落になることが解り切っているのに、道路を作ったりでした。これを止める。
 公共事業は、メンテナンスを主とする。高度成長期に作られた橋が全国で痛んでいる。限界集落を畳んでコンパクトシティに老人を集める。昨夜のWBSで流していましたが、集合住宅の耐震補強を加速する。
 電気料金に上乗せせずに済むような形での再生可能エネルギーへの投資も良いでしょう。不幸にして、今回、被災地の復興に巨額な予算を否応なく使うことになりましたが、それでも観光業の壊滅的な打撃等を見ていると、日本全体の景気を上げないことにはどうにもならない。
 それはそれとして、人口回復も含めて、国がお金を使います! ということを明確に政府は宣言して、国民で議論をすべきだと思う。
 世界経済の現状では、小泉型の規制緩和政策のみで、世界の繁栄を呼び寄せてどうにかなるレベルを過ぎているような気がします。もちろん規制緩和も不可欠ですが。

 一つの問題は消費税です。消費税を上げるだけでは、社会保障費は賄えても、借金を返すまではとても税収を上げられない。1%の値上げで2.5兆円の税収増があると言われているけれど、今年発行する赤字国債だけで30兆円にもなる。その消費税増が上手く行ったとしても、恐らくその年に発行する赤字国債の半分も賄えないでしょう。借金を返す所じゃない。
 結局は、税収を上げるには、是が非でも景気回復と経済成長を獲得するしかない(あるいはインフレという禁じ手)。
 私たちは今一度、世界経済の牽引役になる覚悟を持って挑むべきでしょう。それにまず必要なのは、国民をリードできるカリスマ性のある指導者ですが。

※ 民主党・橋本議員 事故通報せず 道交法違反容疑で書類送検
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/05/kiji/K20110805001353930.html

 たぶんその場で、怪我してないことを確認してのことだろうけれど、立場を考えると、110番すべきだったでしょう。こういう状況で、110番するかどうか、ドライバーとしては判断に迷うかも知れないけれど。

※ EVリーフの電池切れシーンを演出、英BBC人気番組に日産激怒
http://www.afpbb.com/article/economy/2818292/7600040

>クラークソン氏は3日の英紙タイムズ(Times)で「テレビというのは、そういうものだ」と述べ、

 Top Gear にマジギレするなんて格好悪いw。しばらく前に、この番組がCBSドキュメントで紹介されて、その時のことをちらとおまけで書いたのですが、とにかく凄まじいです。Youtube には「Killing a Toyota」なんてトヨタ車をいじめ抜くこの番組の動画も上がっていますが、またこのクラークソンて男が情け容赦無い!
 大型トラックを運転しながら、トラックドライバーの日常はこんなもの、と連呼するんですが、その台詞が凄まじい。「チェンジギアチェンジギアチェンジギア! チェックミラー、売春婦の殺害、チェンジギアチェンジギアチェンジギア! 売春婦の殺害、チェックミラー……。全く忙しい仕事だ!」。
 こんなことをあのBBCで堂々と言っているんですよ(^_^;)。どんだけこの番組が常軌を逸しているか。ただ、それだけに、これはBBCの看板番組になっているんですね。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 東北電力、電気使用率98%に 豪雨で供給力低下
http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201108050488.html

※ [FT]中国が航空機で攻勢、高速鉄道から重点シフトか
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819584E2E7E2E2E38DE2E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2
※ 世界の雑記帳:NYのスタバで長居客対策、一部店舗でコンセントふさぐ
http://mainichi.jp/select/world/newsinbrief/news/20110805reu00m030001000c.html

※ “自分で原子炉造る”男拘束
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110805/t10014723641000.html

※ 前日の空虚重量72.8キロ

 運動を止めるとすぐこれだもんorz。
 本日、都合により早朝セットのタイマー更新です。

※ 自衛官募集cm
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/

http://www.youtube.com/

 先日、12chを見ていたら、自衛隊の募集CMが流れていたんです。これが音楽がなかなか良いんですよ。なぜか防衛省のサイトで探し出せなかったのですが、Youtube に、3部隊のCMがそれぞれ2パターンずつ上がっています。Youtube で「自衛官募集cm」で検索した後、アップロード日順に並べ替えて下さい。あまり知られていないらしく、まだダウンローンは少ないです。

※ 有料版おまけ 子供の前でバカを装う時

|

« 日本社会は複雑怪奇ナリ | トップページ | 子孫の懺悔という自己満足 »

コメント

>4.高度技術のみではなく、速やかに裾野まで行き渡る直接投資。
に含まれるかもしれませんが、国産比率が高いことも必要と思います。

投稿: oka | 2011.08.06 10:30

週刊新潮2011年7月28日号の"復興予算「20兆円」で東北がゴーストタウンになる!"は面白かったですね。原田泰さんの記事です。要するに被災者に直接金を配るべきであって復興と称して公共事業をやるとゴーストタウンができるという趣旨を阪神大震災をはじめとする例で説明しています。国民に直接バラマけば政治家や行政の裁量による利権にならず好ましい、裁量行政あるところ既得権あり、政治家や官僚に先まで見通して必要な所に金を出す能力などないという話の一環です。でも国民は"バラマキ反対!"なんですけどね。

投稿: | 2011.08.06 10:54

おまけ
>大騒ぎするようなことじゃない
大騒ぎでしょう。内輪ネタでも危ないネタを公に出しちゃったんだから。しかもチェック段階がある(はず)なのに。組織が機能してない。
twitterの個人の失言とはわけが違いますよ。

投稿: lor | 2011.08.06 11:40


政商批判や電力不足を突っ込まれたら、またとんでもないこと言い出したなwwww

>(孫氏は)「電力の不足分だけ、安全性の高い原発から再稼働すべきだ」とし、
>「僕は脱原発ではなく、原発ミニマム論者だ」と述べた。

>「事業で得られる利益や配当は少なくとも40年間は1円もいらない」
>と語り、ボランティア的に自然エネルギー普及に取り組む姿勢を強調した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110806/trd11080610050008-n1.htm

原発反対派は菅の時と同じように梯子を外されましたか。
再稼働容認なんて普通に原発推進派じゃないですかw

まぁ別の場所では「私は脱原発!」とか言うんでしょうけどね。

投稿: | 2011.08.06 12:09

>細田氏は通商産業省(現経産省)出身。特命委は法案の賛否で激論をかわしてきたが、顧問としてマイクを握った細田氏は「結論から言うと、どっちでもいい。政治家が何かを考えても当たったためしはない」と語り、
>「実態が合わなくなったら民主党のせいに(すればよい)。こだわらず気楽に決めましょう」。

「実態が合わなくなったら民主党のせいに」

通産省出身だからクズなのか、
官僚の神輿に乗っていただけの閣僚経験者だからクズなのか、
はたまた「ミンシュガー」を連呼する熱心な自党信者にならったのか、
非常に興味深いところです(www。

投稿: | 2011.08.06 12:28

「石炭火力発電所をすべてLNGコンパウンド発電所に建て替えれば原発20基分の電力が増える。現在稼動中の原発は16基。同じ場所に建てるならアセスメントも簡略化できるはず。CO2も大幅に削減できる。」孫正義
これができあがるまでは原発をいくつか稼動させなければならないだろう、と言っているのでしょ。自然再生エネルギーに幻想を抱いているわけではないことがわかって少し安心しました。

投稿: 痴本主義者 | 2011.08.06 12:28

>なぜなら、欧米には需要があるから。他国から借金してまでお金を使いたいという人々がいる。

その人々って、生活保護や失業手当で生きている貧困層です。
貧困層は金を使いますから一時的な景気浮揚の効果はありますが、政府が働かなくても金をくれるのだから
就労意欲も低下し、やがては国家の生産力を落とし、借金を借金で返す自転車操業に…


>1.民間に代わって国がお金を使うことの強い意志と国民合意。

国が金を使うことは市場のイノベーションを妨害し、政府にすり寄った企業が事実上の独占を行うことで景気回復と経済成長を妨害することになります。
国は金を渡すだけで、その使い道は国民と市場に任せるようにするべきです。
例えば↓

>限界集落を畳んでコンパクトシティに老人を集める。

限界集落に割り振られている地方自治予算を、住人達に頭割りで渡せば、老人達は自分で新たな居住地へ移動するでしょう。
自治体が限界集落を維持したいと考えるなら、その老人達を説得して出資してもらえばよい。

同じように被災地の復興も、被災者に復興予算を頭割りで渡して、その地域を復興したいと考える被災者に出資してもらって復興すればよい。出資者がいなくて地域が復興できないなら、それは復興する価値がないということで放っておきましょう。


>借金を返すまではとても税収を上げられない。

そもそも日本政府の借金を、日本国民が返済する理由はどこにもありません。
日本政府の借金は、日本国民が貸しているのだから、貸し手である日本国民が「今すぐ返せ!」と騒いでもいないのに返済を急ぐ必要はありません。
日本国民は自分たちが貸した金を、天下りや無意味な公共工事に使っていることに怒っているのです。
増税をするなら、税収や借金がどのように使われ、政府が提供するサービスがどれだけ効率化しているかを国民に示して、借金返済の猶予をもとめるべきでしょう。

投稿: ほる | 2011.08.06 12:47

>「事業で得られる利益や配当は少なくとも40年間は1円もいらない」
>と語り、ボランティア的に自然エネルギー普及に取り組む姿勢を強調した。

また、口からでまかせのテキトーなことを。株式会社だぞ?ただでさえ配当が少ないと不満の株主になんて説明する気だ?仮に孫個人が利益を受け取らないという話だとしても、孫の資産なんてほとんどはSB株なんだから、事業で値上がりして結局個人に利益がいく仕組みだろ。だいたいこの人の発言は前から思うけど、株式会社は創業者の手を離れた社会的な存在で、創業者のオナニーの場所じゃないってことを理解してんのかね。例の孫の個人的資産の寄付の話をいちいちSB広報部が発表するなんて、ジョブスやゲイツじゃありえない話(どっちも個人資産の寄付の為の組織を別に作ってる)。

投稿: | 2011.08.06 13:06

>ジョブスやゲイツ
寄付税制が大違い。

投稿: | 2011.08.06 13:17

>税収を上げるには、是が非でも景気回復と経済成長を獲得するしかない
>(あるいはインフレという禁じ手)

そんなイロハのイを最後の切り札とばかりに言われてもズッこけるだけなんですが…
ましてやインフレターゲットなんて先進国ならやってどこもやていること。
禁じ手と思っている時点で財務省&マスコミからの洗脳ばりばりです。
そんな大石先生が今後、どんな主張を何行書いたって、これから先も厳しい突っ込みが入るだけでしょう。
それなら日頃の生活、たとえばマックで何食べたとか、安い靴はやっぱりウオーキングに向いてないやとかの先生の日常を綴られた方が、よっぽど読んでいて楽しいです。

投稿: | 2011.08.06 13:18

巨額の財政出動をしても、景気が上向いて、物価が上昇し始めたところで、日銀が火消ししちゃいますよ。つまり無駄になるだけです。

過去二度行われたゼロ金利解除(つまり、金融引き締め)のタイミングがまさにそうでした。結果は見ての通りですが、二度あることは三度あるで、またやりますよ。そもそも彼らにはミスであったという認識がないですからね(大石さんもそうでしょう?)。当然もう一回やります。

日銀にとってはそれが正しい道なんですから。

投稿: fugahoge | 2011.08.06 13:29

>禁じ手と思っている時点で財務省&マスコミからの洗脳ばりばりです。

 正直、読者を選別できないのがネットの困った所でorz。
 それが採用されない理由は、たぶん、別に誰かが洗脳しているからじゃない。

>結果は見ての通りですが

 後から見て、原因を探せばそれもあったかも知れないという程度の話で、国民も経済界も日銀に多くを期待し過ぎていると思います。

投稿: 大石 | 2011.08.06 13:34

横ですが

>それが採用されない理由は、たぶん、別に誰かが洗脳しているからじゃない。

財務省への信頼感が半端じゃないですね。
まぁ、『禁じ手(世界中でやってるけど)』とでも書いておけばバランスあるのかな

投稿: | 2011.08.06 14:03

>> 後から見て、原因を探せばそれもあったかも知れないという程度の話で、国民も経済界も日銀に多くを期待し過ぎていると思います。いや、日銀のこの20年間の動向を見てると、「ゼロ成長」を狙ってばっちり成功させてきたとしか思えないんですが……。
まぁ、その意味で恐ろしいほど優秀な組織だということは認めざる得ませんけど。

投稿: 義忠 | 2011.08.06 14:08

>それが採用されない理由は、たぶん、別に誰かが洗脳しているからじゃない。

そんなぼやかして言われてもわかりません><
インフレターゲットを世界中の先進国が採用して、日本国だけが採用しない理由を先生なりの解釈で説明して頂けるとありがたい。
というかそこを説明しないまま日銀、大蔵省がのたまうストーリーとおんなじ事をおっしゃるから「あれ?この人ほんとに判ってるのかな???」というのがずっと付きまとうんだと思いますが。

投稿: | 2011.08.06 14:15

訂正

財務省への信頼感が半端じゃないですね。
    ↓
日銀への信頼感が半端じゃないですね。


まぁ、財務省への信頼感も半端ではないんでしょうが

投稿: 投稿: | 2011.08.06 14:03 | 2011.08.06 14:16

>>※「菅降ろし」8月困難 閣僚集団 辞任論も…
>そんなに辞めさせたいのなら、国民 生活に影響が大きい閣僚でなく、
>まず 党三役が辞表を提出すべきでしょう。
>どうしていきなり閣僚辞任という話か ら始まるのだろう。

国民生活がかかってるからではないですかね?
仙谷の院政の御輿 ・被害担当艦にしてた菅総理が自我を持ち出して、スポンサーの原発マフィアや経団連に楯突き始めたから...
で、仙谷達としては三役の絶大な権力にしがみつくしかないのでやめられない。

それ故に、国民の生活を人質にしてる。それこそ、茶会運動と同じやり口ですよ。
もしくは、独裁がくずれだしたら国全体を巻き添えにしだしたカダフィ大佐。

国民生活がかかってるからではないですかn

国民生活がかかってるから。じゃないですか

投稿: 業界インサイダー | 2011.08.06 14:26

>あれ?この人ほんとに判ってるのかな???

 いや、普通は、どうしてこの人はたちはこんな幻想を持っているんだろう? で終わりだと思いますが。
 もちろん私はマイノリティは好きだし、インタゲが成功するならやれば良いと思ってはいるけれど、残念ながら、それをやるべきだと主張する人々のご意見を聞いても成功するかも知れないと感じたことは一度もございません。

投稿: 大石 | 2011.08.06 14:29

前の書き込みがおかしくなりましたm(_ _)m
下二行は無視してくださいm(_ _)m
申し訳ございませんでしたm(_ _)m

投稿: 業界インサイダー | 2011.08.06 14:31

>インタゲが成功するならやれば良いと思ってはいるけれど、残念ながら、
>それをやるべきだと主張する人々のご意見を聞いても成功するかも知れないと
>感じたことは一度もございません。

インフレターゲットを世界中の先進国が採用して(ごく普通に成し遂げて)でも日本国だけが採用しないのは絶対に成功しないからという主張ですね?
それは何故ですか?世界主要先進国と日本はどこが違うのですか?

投稿: | 2011.08.06 14:52

>>※ “自分で原子炉造る”男 拘束

自宅に核融合や原子炉作るアメリカのマニアがとうとう逮捕されたのか!
と思ったら、スウェーデンだったんですね_| ̄|○

投稿: 業界インサイダー | 2011.08.06 15:10

チェコ軍の募集がなかなか。
http://www.youtube.com/watch?v=SC82v3qgAhQ

投稿: | 2011.08.06 15:47

>チェコ軍の募集がなかなか。

まんま、サイレントコアシリーズ宣伝用に使えそうですね。
ただ、装備を最新式の秘密兵器に変えて。

投稿: | 2011.08.06 18:29

介入する金でいっそのこと、日銀が輸出関連企業の
持ちドルを、適当な相場で直接買い取ってあげる、
ってのはダメなんでしょうか?
円が高くなって困るのは結局、輸出で稼いでる
企業ぐらいなのでしょう。

投稿: 麿 | 2011.08.06 21:53

>>※ “自分で原子炉造る”男 拘束

沢田研二かよ!

投稿: | 2011.08.06 21:53

>円が高くなって困るのは結局、輸出で稼いでる企業ぐらいなのでしょう

誤解

http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09b01020.html
●いずれの国でも自国通貨高は景気にマイナス

投稿: | 2011.08.06 22:30

沢田研二w
でも、時代の違いかネット入手というのが何とも
なおほぼ同時期の特捜最前線のプルトニウム爆弾の消えた町(西田健さんでしたね)も太陽を盗んだ男もプルトニウムは強奪なんですよね

投稿: ted555 | 2011.08.06 22:38

ついでに言うとあの金融立国スイスも必死でフラン高を是正しようとしていますね。通貨高がそんなにいいことならスイスさえも困っている事をどう考えるのか。

投稿: | 2011.08.06 22:40

記事を読むと大石先生はマクロ経済政策がいまの日本に必要だとは理解しているように読めます。

ただし周到に計画を用意してからでないと経済政策はするべきないという趣旨なのでしょう。

そして、実行力がある指導者が必要と言うことですね。

経済政策については、経済に詳しいという自負がある人こそが、丁寧な説明をするべきなのでしょう。説明をうまくできなければ、納得してもらえないでしょう。私はとても詳細な説明はできません。

一時的に、大型の減税に匹敵する財政政策を実施してからのインフレターゲットならば、とりあえず、いまの日本には有効でしょうね。経済学的にはそのはず。

しかし、以下の疑問も消えない。

日本は、貧困率が高めである、それから女性の雇用が十分に保証されないという問題がある。

マクロ経済政策を実施しても、時間給やそれに近い形の雇用に就かざるをえない女性の比率が高いままでは、日本の高めの貧困率の緩和もあまりうまくいかないような気がする。

雇用政策の整備が不十分なままでは、マクロ経済政策の恩恵があまり及ばない女性たちが多く出るのではないだろうか。そういう疑問が消えない。

それから、日本は都市のつくりも他の先進国と比較すると、劣っている地域が多い。これも忘れてはならない。ヘリコプターマネーのようなバラマキをしたら、国民がてんでばらばらに金を使うだけで、都市の利便性はあまりよくないままの現状が維持されるだけではないのか。この疑問も消えない。

投稿: まえやま | 2011.08.07 00:22

>それが採用されない理由は、たぶん、別に誰かが洗脳しているからじゃない。

日銀は物価を上昇させないことが使命だと思っているからでしょう。
日銀が消費者物価指数を0%という異常値にコントロールした結果↓
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20110806/1312619582

>日本は、貧困率が高めである、
その貧困率って、相対貧困率?

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4654.html
『 確かに日本は米国に次いで貧困層が多くなっている。
 別の角度から取られている所得格差や貧困度のデータ(図録4652、4653、1305参照)と食い違っている点をどう考えたらよいのか。
これをもって日本は先進国の中で2番目に貧困度の高い国といってよいのか。』

>日本は都市のつくりも他の先進国と比較すると、劣っている地域が多い。

具体例を出して貰わないと説得力無し。
他の先進国のように都市部にスラムを作らないと駄目なの?

投稿: ほる | 2011.08.07 01:33

>日曜大工で作れるかどうか興味がある所ですが、これまで完成したというニュースがないからやはり無理? それとも北朝鮮ですら作っているから可能?

無理。できあがった頃に癌なり皮膚がただれるなりじゃないですかね。JOC事故と同じですよ。核融合と違って反応は起こせますよ。でも制御できない。そういう装置は大掛かりで日曜大工レベルにはできない。
隔壁容器と実際の原子炉用高密度コンクリートは情報を開示してないはず。どちらも特別注文品ですから、個人入手はできないはず。変に人手に渡ると困りますから。金積めばできるという条件では特別に試験原子炉級を作ることになるから電力会社用原子炉とも違うので素材は完全フルオーダー。小さいのにかなりの割高になりそう。容器だけでも1億じゃできないんじゃないでしょうか。
それと試験機の場合と実発電用は寸法が違うので炉心設計は全く別ですので、実発電仕様で作っておけば大丈夫なんてことはないですから。

投稿: | 2011.08.07 10:10


JOCはJCOのタイポ。失礼。

投稿: | 2011.08.07 10:11

> 具体例を出して貰わないと説得力無し。

ほるは外国に行ったことがないのか?

投稿: | 2011.08.07 10:18

>日本は都市のつくりも他の先進国と比較すると、劣っている地域が多い。

東京で私が劣っていると思うのは、
・首都高の狭さと環状線の不足(上海は3本あります)
・地下鉄等通勤電車の遅さ

あたりかと思います。

以下は私の妄想です。

国がお金を使うに、昔みたいに戦艦つくるわけにもいかない。そこで
・まず、リニア。東海道と成田、関空
・輸送密度の下がった新幹線で高速貨物運用
 (長距離トラックからのシフト)
・首都圏、大阪圏の環状線(高速道路)
・在来線(幹線)の標準軌化による高速化

このあたりかと思うんですが、実現の可能性の非常に低いのもあるんで、やはり妄想です。

投稿: oka | 2011.08.07 10:26

>ほるは外国に行ったことがないのか?

具体例を出せないキミが、外国に行ったことがないのはよく分かりました。

投稿: ほる | 2011.08.07 10:45

> 具体例を出せないキミが、外国に行ったことがないのはよく分かりました。

出せるが君に教える必要性はないのでね。何かにつけ「具体例は?」と訊く輩はえてしてそんなもので。そして、当然のこの反応。君は基本的に口先だけだからね。残念ながら30ヶ国(自治地域含む)近くは行ってるよ。最初に意見を述べた人とは全く同じ意見ではないけどね。

投稿: | 2011.08.07 11:59

> 後から見て、原因を探せばそれもあったかも知れないという程度の話で、国民も経済界も日銀に多くを期待し過ぎていると思います。

当時の日銀が緩和を行っていた、と言う事なら、この線もアリだと思います。つまり、アクセルと言う判断自体は正しかったが、踏み込みが足らなかった、と言う状況です。しかし、過去二度のゼロ金利解除は、アクセルとブレーキを踏み間違えている訳です。逆に張ってしまっている。これを影響が小さかったら不問にする、と言うのは無茶でしょう。

率直に言って、なぜ大石さんがこれほど日銀に甘いのか理解に苦しみます。根本的な判断ミスあり、しかも、それを繰り返してしまっているのです。

インフレ目標を導入し、インフレ率の下限と上限を設定していれば、この手のミスは防げるんです。何より官僚に対し、明確な数値目標を内外に公示する事で、彼らの優秀さが本来の方向に発揮されるインセンティブを作ります。

飯田泰之氏の「モデレートなリフレ政策」なら、従来の日銀の主張とも矛盾せず(緩和に対しては今まで通り。ただ、下限に達していない段階での引き締めには責任が伴う)に導入できますし、やらない理由は無いでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20091112#p2

そもそも財政出動と金融政策は別に排他的な政策では無いのですから、他国の様に両方やれば良いだけの話です。財政出動で需要を作るんですから、やがて金融政策も有効になるはずです。それぞれにタイムラグがあり、それらを正確に計りタイミングを合わせるのは難しいっつーことで、同時にやるのです。戦力の逐次投入は…、ってこれは釈迦に説法ですね。

投稿: fugahoge | 2011.08.07 12:19

>何かにつけ「具体例は?」と訊く輩はえてしてそんなもので

そんなものとは、どんなものなのですか?
他人を揶揄するばかりで具体例を出さない輩は「出せるが君に教える必要性はないのでね」といって誤魔化すばかり。

>残念ながら30ヶ国(自治地域含む)近くは行ってるよ。
具体例を出せないなら、こんなことを書き込んでも信用されません。
そんなことも理解出来ないあなたが出す具体例はどうせ意味をなさない感想程度なのでしょうね。

投稿: ほる | 2011.08.07 13:38

そろそろほるに質問というか相手にすることが無駄だということがわからんか?
もうほっとけw

投稿: | 2011.08.07 14:39

> そろそろほるに質問というか相手にすることが無駄だということがわからんか?

そろそろ?彼に向って書いたのは2回だけだけど。
意図があって書いたことがわからんか?w

投稿: | 2011.08.07 14:50

あ、でももう書く気はないよ。ご安心されたし。w

投稿: | 2011.08.07 14:53

過去ログ見てみ
もうすぐ、朝鮮人のポエムを書き込まれるぞ

投稿: | 2011.08.07 15:03

大石さん
先に個人核分裂炉について書いた者ですが、電力用については正確な仕様までわからなくてもほぼ様子は把握できるんです。でも原潜とかジョージ・ワシントンなんかのは想像がつかない。どんな構造と遮蔽をしているのか。そういうのを私なんかは期待してしまうわけです。わかりますでしょうか?まあ、超極秘なんでしょうけれど。軽水炉なのかなぁ。。。
大石さんが何大学の何学部を出られたのかは知りませんし、それが重要とも思わないですが、でも、作家の人というのは圧倒的に理系に弱い。そういうところで覆すのかという期待になるわけですが、上記のような質問が出るというのがこう力が抜けてしまうというか何というかなんですよ。
アク禁かなぁ。。。

投稿: | 2011.08.07 15:15

投稿: | 2011.08.07 15:15さま

jcoがダメって前提誰が置いてるんですか?

投稿: たつや | 2011.08.07 15:51

前提も何もあれは事故です。
処理の間違いや杜撰な管理なんてどこにでもあるので(大学でだって杜撰で問題になったこともあるなぁ)、まして個人で扱うなんてもってのほかではないですか?
ガソリンが高騰したとき、同じ「軽」という字があるというだけで平気で軽自動車に軽油を入れる人が続出するという現実に核燃料を個人でなんて無理ですよ。日曜大工でってことの前提でいけば。
個人用原子炉をどこかが設計して汎用品として開発するなら別ですが、今回の話題はこれではなく、個人でやってみたらということで試行錯誤前提(セルフビルドってそういうものですから)で考えると非常に危険。まあ、こればっかりは家庭用は許可されないでしょう。管理大変だし。

投稿: | 2011.08.07 17:44

連投ですんません。
原子炉設計ってのはもともと個人でどうのこうののレベルにない複合総合技術です。携帯をみんなはもってますが、個人では作れるレベルのものではないのと同じレベルの話といえばわかりやすいでしょうか。

投稿: | 2011.08.07 17:54

>>残念ながら30ヶ国(自治地域含む)近くは行ってるよ。

結局、嘘だったということですね。

投稿: ほる | 2011.08.07 19:33

投稿: | 2011.08.07 17:54さま

いえ、くどくどとご説明頂かなくても「制御前提」なら分かりますよ。また「原子力発電前提」とか。
もともと違法前提の元ネタからどうやってその前提を導いたのか理解できませんし、「個人で扱うなんてもってのほかではないですか?」という疑問をお持ちになることが理解できません。

投稿: たつや | 2011.08.07 19:39

>軽水炉なのかなぁ。。。

原子力艦船の原子炉は、基本的にPWR(加圧水型軽水炉)です。これは、動揺が避けられない艦船では、BWR(沸騰水型軽水炉)が使いにくい
ことが理由です。ただし過去には、液体金属冷却炉を搭載した原潜が実在しました。(ナトリウム冷却炉:米、鉛・ビスマス合金冷却炉:旧ソ連)

大石先生の作品には、これらの液体金属冷却炉の次世代型とか、またはもっと凄い秘密動力炉(ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉、N機関とか)
が搭載された艦船が秘密兵器として登場するかもしれませんね。文系だの理系だの学歴などヤボは言わずに、エンターテイメントを期待しましょう。

投稿: 原子力艦船 | 2011.08.07 21:26

> もともと違法前提の元ネタからどうやってその前提を導いたのか

大石さんの疑問は違法かどうかの話を取り払ってるではありませんか。それを無視してのあなたの疑念を言われてもそれはそちらの勘違いでしょうとしかいえません。
技術論的視点とそれを実行に移す場合に実際に出る問題をあげていっただけです。

投稿: | 2011.08.07 21:29

> ナトリウム冷却炉:米、鉛・ビスマス合金冷却炉:旧ソ連

あ、やっぱりありましたか。それに加圧水型ね。まあ、そうでしょうね。でも造りは違うでしょう。そこなんですよね。

> 文系だの理系だの学歴などヤボは言わずに

言いたくはないですよ。でもね、そんなまともな作家っていました?これでもかというぐらい技術の微細に入り込んだ非のうちどころのない作品なんて。もうそんな話の以前のものばっかりだと思いますけど。まあ、逆に理系の作家で文才が図抜けてるなんてのも知らないのですが。

投稿: | 2011.08.07 21:36

>これでもかというぐらい技術の微細に入り込んだ非のうちどころのない作品なんて。

佐藤大輔氏辺りは、例えば『地連』のレーザー兵器に関して徹底的に調べて描いてましたけどね。元ネタはちと古いマイクロ波の専門書でしたが。
あと、大藪春彦氏は晩年かなりオカしくなってたけど、『傭兵たちの挽歌』辺りまでは、クルマのドライビング、射撃、狩猟、軽飛行機の操縦等まで
『自分で体験したことしか描かない(書けない)』という、徹底した緻密なディティールの描き込みをして、エンタメトンデモの筈のストーリーに
圧倒的なリアリティを細部細部毎に感じさせることによって、読者を引きずり込む力技の筆力でしたね。『アス虎』以後は、なにか老残の乱心状態で
残念でなりません。

>理系の作家で文才が図抜けてるなんてのも知らないのですが。
『パラサイト・イヴ』『BRAIN VALLEY』の瀬名 秀明氏はどうでしょう。最近作はあまり読んでませんが、少なくともこの2作は『リング』『らせん』
シリーズがグダグダになっていったのに比べれば、なかなかイケてる、と思ったんですが。
(遺伝子ホラーでは、『イエスの遺伝子』も面白かったですね)
あと、『スカイ・クロラ』シリーズの森博嗣氏は工学博士ですし、SF界の異能者的カリスマ(と、思ってます)神林 長平氏もロボコンで名高い
長岡工専の出身です。あと、好みの問題もありますが、数学者の藤原 正彦の数学者エッセイは図抜けてますよ。(「国家の品格」で評価が分かれるかな)

投稿: | 2011.08.07 22:11

でほるは、外国に行ったかい。バ~カ。

投稿: | 2011.08.08 00:00

>投稿: | 2011.08.08 00:00

何を言いたいのか意味不明。もう少し、日本語を勉強しましょう。

投稿: ほる | 2011.08.08 00:46

>違法かどうか取っぱらっている

なら違法前提でもかまわないんですね。

投稿: たつや | 2011.08.08 08:32

投稿: | 2011.08.07 22:11さん

ありがたいです。エッセイはやっぱり文学作品と呼ぶにはちょっとと思うので藤原さんのは対象から外れるかな。
工学博士はねぇ。あれほど博士のよう思われていて博士でないのもないから。博士としての質というかレベルが。瀬名さんは厳しいかもですね。でも、今度読んでみます。今は暑いから涼しくなったら。

>>違法かどうか取っぱらっている
>なら違法前提でもかまわないんですね。

何故にここまで捻じ曲げて自分の方に引き込もうというのか理解できないなぁ。こっちが話している前提を勝手に変えて持っていかれてもねぇ。私は大石さんの筋に乗って書いたまで。これでやられたらそりゃそっちからは理解できんでしょう。
ということでもうスルーです。

投稿: | 2011.08.08 08:47

ほるには読解力がない。小学校で国語をやりなおせ。

投稿: | 2011.08.08 09:19

>投稿: | 2011.08.08 08:47 様

少なくとも、『パラサイト・イブ』は暑いうちに読むのがよろしいですよ。『BRAIN VALLEY』もかなりキます。

また、ちょっと変わり種ですが、北杜夫氏も医学博士ですね。小説も初期のシリアスなものからマンボウシリーズ、『輝ける碧き空の下で』や
大人の童話『王様シリーズ』と幅広いですが、父親の斎藤茂吉の評伝等も出しているし、『どくとるマンボウ医局記』などは、精神科医の面目
躍如といった圭作です。精神病理学や療法等は流石に古いですが。

また、星新一氏は化学者(薬学者)としての業績もありますね。父親の尻拭い的な立場ではあっても理系上場企業の代表を務めた方は極めて稀。
(文系なら辻井喬(≒堤清二)氏がられますが)
『これでもかというぐらい技術の微細に入り込んだ』作品を描いた方といえば、あとは小松左京氏でしょうか。『復活の日』のマクロファージ
の記述などは、利根川進氏と立花隆氏の対談を読むまでは、聞き(読み)かじりとはいえ、遺伝子モノの草分け的存在だったでしょう。

小説でなくエッセイでよければ、佐貫亦尾先生の一連の作品は、航空機に限らずエンジニアとしての矜持やノウハウの宝庫です。図解にのみ安易
に頼らず、徹底した『コトバ』を厳格かつ大切にしたメカニズムの解説は、工学系文書を描く者(マニュアル等)としては必読でしょう。

そういえば、本多勝一氏も薬学を学んで薬剤師資格を持った方でしたね。(実家の薬局を継ぐ、という約束で千葉大に行ったのではなかったかと)

投稿: | 2011.08.08 09:50

ここまで寺田寅彦なし。
(´・ω・`)ショボーン。

いま話題(w)の円城塔も東北大学理学部物理学科卒ですよ。
あと、たまには石原藤夫博士と堀晃氏のことも思い出してあげて下さい。

投稿: y | 2011.08.08 10:16

もうすぐ、ほるから質問に答えろ!と問われるぞ
もちろん、ほるが質問に答えないことはスルーだw

投稿: | 2011.08.08 11:27

>ここまで寺田寅彦なし。

それを言うなら森欧外もw 医学博士にして帝国陸軍軍医総監・陸軍中将。ただし脚気の土着病説で大味噌付けて、海軍に嗤われたマザコンだけど。

投稿: | 2011.08.08 15:33

> 投稿: | 2011.08.08 09:50さん

たびたび詳細な情報ありがとうございます。質問してみてよかったと思ってます。

投稿: | 2011.08.08 16:56

昨日名目成長率=物価の変動を加味した成長率=名目GDP・実質成長率=物価を除いた成長率=実質GDP
一昨日夜政府はこれからの10年間で平均成長率を、名目で3%、実質で2%にする方針を打ち出した。
この様な成長率にするためには民間に求めても、個人に求めても、達成できるわけは無い。
一番頼れるのは、トヨタ、キャノンなどの巨大輸出産業が栄え外貨をもたらしてくれる事だと思うが
現在は円高で4期連続の赤字であっては頼れるところが無い。
よって復興支援として復興債を出したように、民間に財政出動して、民間の労働力を失業者も雇えるようにし、
眠っている設備も動けるようにしなければ、名目平均成長率3%を達成する事は難しい。
嘗てアメリカは強いドルを誇示してきた。現在は安いドルに益々しようとしている。
アメリカももう世界の覇者ではなくなった。これから新興国が台頭してくる中,輸出産業も技術開発に先んじていかなければ、
生き残れないであろうが、それと共に使い勝手の良い安価な商品提供も必要である。
では財政出動するお金は何処から出すのですか。国債に頼れば国債の金利は上がり国は又借金が膨らむ.何処にお金があるのですか?銀行にはお金がジャブ付いていると言う事ですが、銀行は貸す相手の財務状況を調査しますから、優良企業にしか貸しません。
TPPが入ってくれば、それによって被害を受ける人は大きい。野田首相は国益の為にやる。と言っているが全ては経産省のシナリオだから、野田は何も考えてはいない。この国は官僚主導だから、官僚は自分達の既得権益を守るだけ。国歌の為を思う志の高い人なんて0に等しい。昔のように族議員がいたら、官僚たちとも渡り合えて、政治主導の政治が出来たが今はいない。こう考えると暗澹たる気持ちになって生きていけないから、私の好きなジャズ、ビートルズ、RobbenFord、徳永英明、石井竜也、の音楽を一日中流しています。

投稿: BURANZU | 2011.12.24 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財政出動の覚悟を:

« 日本社会は複雑怪奇ナリ | トップページ | 子孫の懺悔という自己満足 »