« たった四杯で夜も眠れず | トップページ | タイフーンを推す »

2011.11.13

外交に於ける perspective

※ オバマ大統領「TPP交渉遅らせない」 日米会談前に
http://www.asahi.com/politics/update/1113/TKY201111130068.html

>来年に(合意を)達成することだ」と述べた。

 これはオバマとしては、来年は来年でも大統領選の投票日までにということでしょう。ちょっと露骨です罠。日本は、これから各省庁の担当部局や官僚を割り振って、業界団体との調整を始めるわけだから、他の国内案件が皆無でも、その期間内にはちょっと無理でしょう。

 オバマ政権の外交を見ていると、共和党政権のそれと比べるとやっぱり稚拙なんですよね。基本は鞭と飴。それだけ。普天間では鞭を振るい、米韓FTAでは、成功したら飴を与える。外交に付きものの洗練さがない。外交はしばしばアートだと言われるけれど、そんなものとは全く無縁。
 ただ、それと付き合う日本もダメダメで、ホワイトハウスがちょっと邪険な態度を取ると日米関係を損ねたと政府を批判し、TPPみたいなのが出て来ると、今度はアメリカの陰謀だと言い始める。アメリカがくしゃみをしただけで深読みして飛び上がる。他国とお付き合いするために必須の perspective が存在しない。
 何を言うにしても両極端に陥る傾向がある。しかも相手はいつも完璧な戦略のもとに挑んできているかのように錯覚して身構えてしまう。
 でも実際は、TPPがアメリカで全くニュースになっていないように、彼らだって徒手空拳なわけで、こちらも主導権を握る気満々で行けば良いんです。
 一年で纏めるなんていうオバマには、「米経済に貢献したいけれど、でも貴方の再選のためにこの交渉をやるわけじゃないんですよ」とやんわり言ってやればいい。

* TPP、首相さっそく厳しい洗礼 加盟国会合招かれず
http://www.asahi.com/politics/update/1112/TKY201111120192.html

 外務省よ、ご褒美に根回しくらいしてやれよ。

※ 米自動車業界団体、日本のTPP参加に反対声明
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111112-OYT1T00291.htm

*「牛肉・車・日本郵政」 米、二国間協議で見直し提起へ
http://www.asahi.com/business/update/1112/TKY201111120598.html

>米国産牛肉の輸入規制撤廃や自動車市場の規制の改善、

 牛肉は、ちょっと日本の規制はやり過ぎだと思う。郵政は、アメリカの本音がどこにあるのかちと不明。郵貯マネーが欲しいのか、ここは何か思惑がありそうですが。自動車は、この人たちは何をアホなことを言っているの?w 右ハンドルはけしからんとか、環境基準がけしからんとかそういうレベル?

 アメリカって国は、そもそも外国のことには関心ない人々だけど、国内ですら、金持ちは欧州車、中流層は日本車韓国車となりつつあるのに、まだ自分たちの欠点に気づけない。ただ、アメリカの自動車産業の状況というのは、製造業に於いては、一度競争力を失った業種が、それを回復するのは並大抵のことではないという戒めにしないと。

※ 陸自、島しょ防衛で訓練 海上の敵艦想定/奄美市
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=36282
http://www.asahi.com/national/update/1112/SEB201111120005.html

>陸自は本年度、SSMを18基導入、今後5年間で100基程度配備し

 これは改良型が完成を見て、それを導入するという理解で良いんだろうか。これはネットワーク化しないと、長射程化した意味があまり無いような気がしますね。確か改良はそこもテーマになっていたはずですが。

※ オリンパスに課徴金、法人の刑事責任は見送りも
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111112-OYT1T00442.htm

 刑事責任見送りとかあり得ない話だけど、そこが老舗の力でしょうか。ただ冷静な見方をすると、所詮虚業なライブドアと違って、こちらは本業は極めて堅いわけで、上場廃止しなくとも、放って置けば株価はいつかは戻る。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 来年3月でスタッフ全員解雇 「朝日ニュースター」事実上消滅
http://www.j-cast.com/2011/11/12112795.html?p=all
※ “造反”巨人代表、実はしょ~もない人…クビになれば巨人再生か
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20111112/bbl1111121449004-n1.htm

※ 難病の妻と介護の夫死亡、無理心中か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111112-OYT1T00714.htm

※ 「"ネトウヨ"というレッテル貼りをするな」 フジテレビ番組が「ネトウヨ」特集
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/ncn-20111112-nw144695/1.htm
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1891.html
 ←動画

※ 前日の空虚重量71.5キロ

※ 昨日の報道特集で、混合型血管奇形という難病のレポートがありました。もう生まれた時には血管奇形の症状が出ていて、それが気管内にもあって、小学校に上がった時点で、喉に呼吸器を付ける手術をしなければならない。次男と同じ年頃の子が何度も病院に入院するのは見ていて辛かったです。
 レポートの舞台は北海道でしたが、母親が毎日痰の吸引のために学校にいかなきゃならない。
 引退したナースさんは多いけれど、病院に復帰するには荷が重いという人も大勢いるでしょう。そういう人を必要に応じて学校に配置できるように出来れば保護者の負担も減るのにと思いましたが。
 にしても、自分の子供が健康に恵まれたのは、奇跡のような出来事だったのだなとつくづく思います。親は我が子が五体満足で健康だと、ついそれを当たり前のこととして過大な期待をかけがちだけれど。

※ 有料版おまけ 地球意識-第六感は存在するのか

|

« たった四杯で夜も眠れず | トップページ | タイフーンを推す »

コメント

>フジテレビ
これが、60才以上の出演者で、ネクタイしめていれば、少しはネタになったのに、スルーしちゃったわね。
>TPP
すでに批准国もあり動いている、アメリカが加入出来ない様に邪魔するのもありだったのにねorz
http://www.jbfa.or.jp/news_data2010/2010111001news.html

投稿: pongchang | 2011.11.13 10:13

>>※ 陸自、島しょ防衛で訓練 海上の敵艦想定/奄美市
>>陸自は本年度、SSMを18基導入、今後5年間で100基程度配備し
>これは改良型が完成を見て、それを導入するという理解で良いんだろうか。
>これはネットワーク化しないと、長射程化した意味があまり無いような気がしますね。確か改良はそこもテーマになっていたはずですが。

SSM-1(改)自体は既に完成して制式化を待ってる状況のようです。
で、ネットワーク化は考慮されてるんじゃないですかね?陸の指揮系統や防空系統の海空のLINK16との連接とか真面目に取り組んでるようだし、偵察機やUAVが無いと水平線越しの射撃は無理だし。

>>※ 来年3月でスタッフ全員解雇 「朝日ニュースター」事実上消滅
>パックインはともかく、デモクラシーナウ! が見られなくなると非常に辛い。
 ニコ生でデモクラシーナウ!の放送が始まりましたよ。
 今の所旧い奴のセレクションだけど、オンデマンド配信してる http://democracynow.jp が直接やってるので、朝日ニュースター改テレ朝チャンネルがダメになった場合はこちらで放送する気なのではないかと。
 ニコ生は録画できないと思われてますが、ニコ動の某コミュが公開してるあるソフトを使うと非公式ですが録画やタイムシフトの保存ができますので。

>このチャンネルは、ニュースバードなど他の地上波系のチャンネルと比較するとちょっと独自番組が多過ぎて、いかにも金が掛かっている感じでした。

3月の地震の少し前まで電事連やその他電力業界のCMがたくさん出てました。が、反原発の論客が出始め、地震が起きたら反原発一色になって、そのあたりから完全にその筋のCMがなくなった。これが大打撃になってる感じがしますね。

投稿: 業界インサイダー | 2011.11.13 10:48

> 難病の妻と介護の夫死亡、無理心中か

 現状としては(おそらく)介護保険も使えていたでしょうし、ケアマネやMSWなどの相談相手はいたんだろうと思います。
 ただ、同居者がいなくなれば自宅にいるのは困難ですね。無論、特定疾患ですから、(進行の程度にもよりますが)自己負担最小限で入院できます。

 制度的には、日本の現状では比較的恵まれた状況にある人々で、もうちょっと厳密な心理学的剖検が行われるべきと思います。

 記事を読む限り、行政が積極的に関与するタイミングはなかっただろうと思います。また、高齢者福祉に対しては近年風当たりも強く、予算は自然増するものの単価は下がっていて、人員を割いての具体的対応は難しいだろうと思います。国民が負担増を甘受しない限り、こういう事例はどんどん増えていくことになるでしょう。

投稿: rijin | 2011.11.13 11:06

>ただ、アメリカの自動車産業の状況というのは、製造業に於いては、一度競争力を失った業種が、
それを回復するのは並大抵のことではないという戒めにしないと

「円高万歳!製造業は出て行け!」という主張だったと思うのですが。あと↓こういう話もありますね。

http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/111107/top_01_01.html
>超円高の猛威が、意外な企業を直撃している。
セブン-イレブン、イトーヨーカ堂などを擁するセブン&アイ・ホールディングス。海外から安く商品を仕入れることができるため、小売業は円高ではトクをするというのが定説だったが――。

「米国セブン-イレブンインクが100%子会社であるため、決算への影響を避けられない。業績好調ですが、当社は年間の想定為替レートを1ドル=79円としており、年間で1200億円の為替差損を織り込んでいます。営業利益の9割超を国内で稼いでいるのに、円高の影響を受けているんです。4兆~5兆円規模の年間売り上げがあるので、全体に与える影響はそれほど大きくはないのですが……」(セブン&アイ・ホールディングス広報センター)

投稿: | 2011.11.13 13:39

>米国産牛肉

BSE問題以降、日本人は井の中の蛙。
未だに全頭検査やってるような、もんぺに竹槍状態ですからどうしようない気がする。
TPPも似たような話。農本主義的ナショナリズムって、箸にも棒にもかからないw


投稿: nao_c/w | 2011.11.13 15:10

あ書き忘れた。(今日は少ないからいいかw)

>ナベツネ

この人口悪いしわがままだしかばうつもりもはないけど、
球界はいつもこの人が悪役引き受けてくれる(必然)から助かってるよなぁ。
ナベツネを批判すると正しい人間みたいな評価がついてくるんだもん。

なんだか米国さんみたいですねw

投稿: nao_c/w | 2011.11.13 15:15

※会談では野田首相が、TPP交渉参加問題について、「慎重論も強かったが、日本を再生し、豊かで安定したアジア太平洋の未来を切り開くため、自分自身が判断した」と強調し、交渉参加に向け、関係国との協議に入る方針を伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111113-00000457-fnn-pol

他にも消費税率の事等、いつから日本は大統領制になったんでしょう。
大統領でも勝手に政策を決めるのは無理か。
独裁制?

投稿: ganba | 2011.11.13 15:56

条約の交渉など外交関係の処理は内閣の専権事項だとTPP推進派の岡本行夫が報ステで説明していました。
憲法のにもそう書いてあるんだって。条約の批准は議会でするのでイヤならそこで拒否すればいいこと。

投稿: | 2011.11.13 17:03


>いつから日本は大統領制になったんでしょう。

外国との交渉を始めるかどうかという判断は、
首相が決断すればいいだけの話であって、閣議決定も不要だそうですよ。

投稿: | 2011.11.13 17:57

>>ganbaさん
>他にも消費税率の事等、いつから日本は大統領制になったんでしょう。
>大統領でも勝手に政策を決めるのは無理か。
>独裁制?

総理はチリで暴虐無人に振舞ったピノチェトを目指してる感じがどうしてもしますね。
半ば古典化しつつある「ショック・ドクトリン」著者による解説
http://democracynow.jp/video/20070917-1

自分の都合いいことを言っておいて、外国で約束しんだから通せ。と言うのは、普天間問題でも児童○ルノ問題でも繰り返しやられて、実際なしくずしが通用してきた強弁ではあるんですが…なんで、こういう強権使う輩に限って(エア国民ではなく、生の)国民と向きあおうとせずに既成事実の積み重ねで押し切るような姑息な真似をするんだろうか(-_-#)

投稿: 業界インサイダー | 2011.11.13 18:49

マスゴミのメディアスクラムに乗っかって政権交替・民主党政権を煽り、『政権に着けば民主党を批判しますよ』とか言ってた結果がこのザマだw
全くの無力

投稿: | 2011.11.13 19:26

内閣総理大臣なのである程度の独断や先行はあると思います。でも、民主の行ったそれらはあまりにも思慮が浅すぎるというか・・・
勿論、自民が政権担当していたら民主の様なボロボロか全く無かったとはおもいませんが。せめて、帰国したらきちんとした報告が欲しいです。そして自民も準備をした白熱した内容のある討論をして欲しいものです、公明はどっかにいっていてもらい。
昔の春日節とかが懐かしい。

投稿: ganba | 2011.11.13 21:35

>日本は、これから各省庁の担当部局や官僚を割り振って、業界団体との調整を始めるわけだから、他の国内案件が皆無でも、その期間内にはちょっと無理でしょう。

『調整』て議論の事?ヲイヲイw
三橋blogによるとあしたのタックルで賛成派vs反対派で議論するそうですが、
>タックルは一応、TPP反対派、賛成派の二派に分かれて討論を行ったのですが、ポイントは賛成派であってもネガティブリストやISDの危険性、医療(公的医療サービス)の問題については「これはダメだ」と認めているところです。さすがに、
>「ISD条項があってもいい。ネガティブリスト方式はいい。日本の公的医療サービスがどうなってもいい」
>などと主張する人は誰もいませんでした。
> というわけで、賛成派の主張は、
>「日本の政治力で、上記の問題点について解消することができる(TPPのルールを変えればいい)」
> というもの「のみ」だったのです。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/


時間も無いし主張も通らないしもう降りるしかないでしょ。ベストは交渉参加しない事だったけどね、また日米関係を損ねたけどしょうがないんでしょ?w

投稿: | 2011.11.13 22:34

>アメ車
車の好みが違うので無理だと思います。
あちらはピックアップトラックが販売台数ナンバー1の国です。多分、カテゴリーとしてもフルサイズピックアップが最も強いカテゴリーのはずです。
うちは軽自動車が1位のはずです。カテゴリーでも軽のはず。
お互いに「ガラパゴス」なんですよ。国民が購入する車が。
うちで軽の次に売れるカテゴリーが「コンパクト」と「2L級BOX型ミニバン」です。前者はともかく後者は軽に匹敵するガラパゴスな車種です。
アメ車でこれらに適合する車は存在しません。無いのだから売れる訳がない。EU車に「コンパクト」はありますけどね。
私自身は好きなのでアメ車に乗っていますが、新車で購入する際に検討したライバル車(同価格帯)は国産やEU等様々ですが、車としての出来は我が愛車が一番低いです。外観だけで決めました。

フルサイズピックアップトラックなんて、アメ車がやっぱり一番カッコいいです。日本メーカーも出していますが、やっぱり野暮ったい。
ただ・・・右ハンドルになろうが価格が半値になろうが売れる訳がない。全ての日本の道路を、もう1車線増やしてプラス幅を50cm拡げないと。

まあ私の次の愛車はガラパゴスな「2L級BOX型ミニバン」から選びますが。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2011.11.13 22:39

tppに踊って、日本の経済が活性化するなどとくだらない妄想に取り憑かれる人々は、日本の輸出の最大の問題の円高から現実逃避する人々だろ!

投稿: たし | 2011.11.13 23:40

>※ 「"ネトウヨ"というレッテル貼りをするな」 フジテレビ番組が「ネトウヨ」特集

津田っての今までと言ってる事違うな?
ホリエモンの「尖閣あげちゃえ」と同じでやっぱりバックが居るんだな

投稿: | 2011.11.13 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交に於ける perspective:

« たった四杯で夜も眠れず | トップページ | タイフーンを推す »