« 外交に於ける perspective | トップページ | 無意味なテスト »

2011.11.14

タイフーンを推す

 TPPの話が延々続いて、しかも今日は新聞休刊日です。たまには別の話もしましょう。

 F×です。省内的にはもうF35で決まりでしょう。外務省が口を出す筋合いではないけれど、野田政権的にも、ここで非米機を選んで米政府のご機嫌を損ねるようなリスクは冒せない。空自はもとより米製戦闘機以外眼中にないし。
 私は今でも何も考えずにライノで良いと思っています。今後とも確実にアップデートは続くし。これも繰り返すけれど、日本の航空機産業を守るためにというテーマを優先させることも本末転倒だから。
 ただ、この下に書いた製造業を巡るテーマとも関係することですが、何を守って、何を捨てるかという選択をしなければならない。航空機産業は、これからまだまだ伸びる分野です。トヨタは放っておいても、海外進出しつつ生き残るでしょう。以前ほどの隆盛は維持出来ないにしても。日産やホンダも同様です。ソニーやパナソニックはどうだろう。

 ただし、TPPや円高があろうが無かろうか、日本の製造業は今後とも少しずつ海外に出て行くでしょう。シェアも少しずつ落として行かざるを得ない。ここでもし国家が製造業を守るという部分で貢献でき、かつ将来にわたって、そこそこシェア拡大が期待できる分野があるとすれば、それは先端技術の塊である航空機分野です。機体にしてもエンジンにしても。
 F-2戦闘機の製造に携わったメーカーは1.100社ですか。そのラインはもう閉じられた。ボーイングはライノのライセンス生産を認めると言っているけれど、それでも5割とかいう話に留まっている。
 問題のポイントの一つは、日本が次世代戦闘機を開発するとなった時に、誰となら組めるかです。アメリカは、やっと最近になって、「一緒にやろう」みたいなことを言い始めました。これは嘘か本当か、ただのリップサービスか? もちろん嘘です。単なるリップサービスです。アメリカに日本と組んで次世代戦闘機を開発する意志は露ほどもないと覚悟するしかない。
 それが第5世代機だろうが、5.5や6.0世代機だろうが、アメリカが日本と組むことは絶対にありません。なぜか? アメリカは、すでにあるラプターすら売ってくれなかった。契約書を交わし、資金を出し合い、開発を分担しているイギリスに対してですら、F35の製造は認めないなんて無茶を言ったこともある。
 そのアメリカが、ボーイングの立派なパートナーとして民航機部門で成長著しい日本にさらに技術力を付けさせるために、一緒に組んで戦闘機開発をやるか? その時、戦闘機開発に不可欠な過去の膨大な戦闘データを気前よく出してくれるか? そんなことは絶対に起こりえない。
 彼らは今度、F35を日本に買わせることで、日本の戦闘機開発の野望を、半世紀かかってとうとう潰したと万歳することでしょう。そんな連中が、この後の共同開発など応じるわけがない。

 そのことは、実は今後の英米関係に関しても言えることです。いくら戦闘機開発に金が掛かると言っても、また将来、アメリカが多用途戦闘機の開発を世界各国に呼びかけて行うかどうかは非常に疑わしい。F35が国際共同開発の最後になる可能性が高い。しかも、これまでの経緯を考えると、アメリカが将来単独で、F48とかの第六世代戦闘機を独自開発した時、それを他国に売ってはくれないだろうことは火を見るより明らか。
 米ソ冷戦時代とは環境が激変したのだという事実を直視するしかない。

 イギリスは財政緊縮で次世代戦闘機所じゃない。EUでも旧大陸に至ってはさらに深刻な状況にあって、F35の次なんてことを大っぴらに言える状況じゃない。しかし、メーカーは、技術力を維持するために、社内では当然研究開発を続行しているでしょう。ドイツにしてもフランス、イタリアにしても。EUの経済危機が一段落して、タイフーンの配備も完了、F35がやっとものになって配備が始まる頃、じゃあヨーロッパの次世代機をどうしようかという話になるでしょう。その時に、きちんと彼らと組める体制を整えておくべきです。
 そのためにもタイフーンを買いましょう。

 私がタイフーンに心変わりした理由がもう一つ。取得も遅れました。それに、震災があり、この急激な円高もあり、日本経済の先行きはますます不透明になりつつある。ということは、F-15の次、つまりF××が、さらに押す可能性がある。その時に、仮にF35が入っていたとしましょう。
 選定作業をやっている余裕も、新規で戦闘機を入れる余裕もしばらくないから、F×機をちょっと余計に調達して減損するイーグル部隊の穴埋めにしようという時期が必ずやってきます。
 もちろんF35でもアラート任務はこなせる。その頃、F35が持つステルス性はもう打ち破られているかも知れないけれど。タイフーンも、トランシェ3がものになっていたとしても(F2開発時の諸々の苦労を考えればトラぶって当たり前)、もうロートル機の仲間入りしているかも知れない。ただ私は、前回書いたように、シングル・エンジンには不安があります。任務内容にせよ、アップデートにせよ。
 もし中国を巡る状況がさらに悪化して、海自がヘリ空母を持つとなったら、それはそれでF35はそのタイミングで買えば良いんだし(タイフーン、イーグル、F2、F35の4機種で中国にプレッシャーを掛けられる)。
 そこで、タイフーンを買っておけば、タイフーンを継続生産して時間稼ぎしつつ、うちと一緒に双発の次世代戦闘機を開発しませんか? と言える関係を英国との間に築くことができる。

 いずれにしても、われわれはF××を睨み、対中戦略を睨み、日本の航空機産業をどうするかを加味した上で国家戦略として、四半世紀を超える長期のロードマップを描いてそれを選定しなければならない。
 私はTPPでアメリカを助けてやれと書いたばかりですが、航空機分野に関して言えば、これまでそうだったように、われわれは今後ともアメリカの最良のお得意さんで居続けるでしょう。ただ、どこを取ってどこを開くかの戦略的判断を下すなら、民航部門でしっかりとアメリカと組みつつ、戦闘機ではヨーロッパと組んで自主開発できる余地を残すのが、有効な選択でしょう。

※ トルコ地震で死亡の宮崎さん、無言の帰国 成田空港
http://www.asahi.com/national/update/1113/TKY201111130147.html

 トルコ政府は空港に儀仗隊まで出して見送ってくれました。ご本人がそれを望んだかどうかは解らないけれど、せめて成田にも儀仗隊を出せるような体制を整えるべきだと思います。

※ TPP交渉への参加表明、7割超が評価
http://s.nikkei.com/vjVmyJ
*野田内閣支持率40.0%~NNN世論調査
http://www.ytv.co.jp/press/mainnews/194396.html

>日本経済新聞 電子版(Web刊)が11日夜から12日にかけて実施した読者アンケートで

 日経さんの数字はここが味噌で、ログインしてまで普段から日経の記事を読んでいる読者層を想定すると、たぶん製造業でも調子が良い方の人々だろうから、この数字は普通でしょう。
 砂のような消費者が、TPP問題で政権の支持率を上げてくれるとはそう思えない。

※ 米が発表の野田首相発言、日本政府は否定
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111113-OYT1T00394.htm?from=top

 いわゆる確信犯的という奴ですね。オバマは焦っているんですよ。いざ入ってみたら、途端に終わってしまったな話もあるけれど、主役はもちろん日本です。日本に輸出出来なきゃ、こんな集まりは意味ないんだから、連中は主役がその気になるまで一年でも二年でも待ちますよ。この手のプロパガンダに乗せられちゃ駄目。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 堺屋太一氏 旧ソと同じ手法取る野田政権により日本衰退指摘
http://www.news-postseven.com/archives/20111113_69521.html
*ITによる連携をいち早く取り入れた北海道・函館市の医療現場を取材しました。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00211482.html
*外国人患者増へ中国に「院内医院」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111114/t10013937871000.html

*プリウスPHV、320万円から発売 トヨタ
http://www.asahi.com/business/update/1111/NGY201111110036.html

※ 「超円高」定着がもたらす深刻なデフレスパイラル
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/28491
※ 砂場入れ替えの業者、汚染砂40t無断持ち帰り
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111113-OYT1T00461.htm?from=main2

※ Webブラウザを銃に例えて比較してみた
http://www.toychan.net/archives/2011/11/14_0310.php

※ DARPAの空飛ぶ車がダサい / お世辞にも「カッコいい」と言えないレベル
http://rocketnews24.com/2011/11/13/151270/
※ コンコルドの後継、未来の旅客機技術
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011111102&expand#title
※ 巨人軍内紛、テリー伊藤は清武代表に苦言
http://news.livedoor.com/article/detail/6022786/
※ 一斉に飛び立たれ…ツルの数、カウント出来ず
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111113-OYT1T00614.htm

※ 前日の空虚重量71.4キロ

※ 有料版おまけ モスキート音

|

« 外交に於ける perspective | トップページ | 無意味なテスト »

コメント

今日のメルマガですが、Thunderbirdで自動的に迷惑メールフォルダ行きになっていました。
もしかすると何かのワードがフィルタにヒットしているかも知れません。
不着の場合の情報として。

投稿: | 2011.11.14 10:57

ちょっと待て。その3割は本当か?

国民皆保険制度では自己負担は3割と言われているけど、実際には保険点数などで調整している。糖尿など生活習慣病患者はかなりの恩恵を受けている。混合診療になれば検査費用など自己負担分がドンドン増えて現状の10倍は支払うようになるでしょうね。それが嫌なら国民皆保険範囲で検査もロクに受けずに安い投薬だけ。

投稿: | 2011.11.14 10:58

>※ TPP交渉への参加表明、7割超が評価

円高で吹っ飛ぶような関税撤廃を喜ぶほど製造業の人間もバカじゃないでしょう。ただの捏造ですよ

投稿: | 2011.11.14 12:19

>>おまけ
>10.000Hzまでは聞こえたけれど、そこから上は見事に聞こえない。ただなんとなく不快な感じはします。それを聞かされているんだと解っていると。

…流石に、10,000Hzから上が聞こえないのは拙いと思います。
 15,000Hz以上であればわかるのですが…
 耳鼻科行かれて聴力検査などされたほうがいいでしょう…予想外の病気があるかも知れない。

>>タイフーン
今のアメリカ経済の状況だと、予算的にF-35自体満足に配備できずに生産打ち切り・もしくはメーカ自体がバタバタ倒産してライン閉鎖。と言う惨状が待ってる気がします。
ライノであれば、そういう窮状に付け込んで日本側での生産分を多くするかわりに95%を国産化できるようにするという事ができるでしょうが、今の防衛省にも外務省にもそんな駆け引きのスキルはない。
タイフーンが性能的にもメーカ維持のためにも妥当だと私も思います。

対ステルスレーダにしても、中国は不明の所が多いですがロシアは多分旧西側の五年以上先を進んでいるはずです。ユーゴ戦争でのNATO介入の時点でF-117相手に相当なデータを蓄積したようですし、PAK FAもその試験に使用できる。
中露にアドバンテージを持てる国というとアメリカ程度ですが、ステルス機自体以上に秘匿したい技術でしょうから、日本であっても易易と売ることは考えられない。

そもそも、今の空幕の連中は横田での統合運用の件も含めて、外患誘致で塀の中に突っ込まれておかしくない真似をアメリカとの一体化という名目で繰り返してる。

投稿: 業界インサイダー | 2011.11.14 12:19

>予防医療をもっと普及させ、自然増が避けられない所をいかに抑制し
>世の中には、未だに円高が政府の努力で何とかなると思っている人々がいて、
>中国で、その分野の製造業がそれなりの信頼とマーケットを手にしたら

脂肪税や塩分税を導入しましょう!(^▽^)/
牛丼やラーメンは人類の敵!(*´∇`*)

中国を持ち出しながら為替は動かせないってどういうことでしょうか?スイスも中銀が通貨安にしていますね。昔の日本を見てもいいです。今のアメリカを見てもいいです。アメリカは信用不安でドル安になっているわけじゃないです。7月から8月にかけて債務上限問題で揉めましたが、米国債の金利は変化しないどころか急低下です。ユーロドルを見てもいいです。2002年頃には1ユーロ0.98ドルだったのに、今は1ユーロ1.38ドルぐらいのレンジ相場です。ギリシャやイタリアがあれだけ揉めているのに。

元モルガンの藤巻健史も為替は動かせると力説していますね。自国通貨高に誘導するには売るための外貨に上限があるけれど、自国通貨安に誘導する場合は自国通貨を無限に刷って売ればいいだけだから当たり前です。円高は止められないと言うのはどこ向けのポーズなんだろう。ポンド危機やアジア通貨危機を誤解しているんだろうか。オリンパス問題を見てもアナリストって何の役に立っているのか分かりませんね。デフレも円高も自然災害じゃないです。祈っても恵みの雨は降りません。灌漑が必要です。

デンマークで脂肪税導入、バターや牛乳、精肉も対象に
http://gigazine.net/news/20111003_denmark_fat_tax/
米10年国債
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^TNX&ct=z&t=1y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=
ユーロ/ドル 長期月足チャート
http://www.forexchannel.net/realtime_chart/usd_monthly.htm
藤巻健史
http://ja.wikipedia.org/wiki/藤巻健史
>「為替は動かせる」と30年間マーケットにいた人間として主張している。

投稿: | 2011.11.14 12:44

>迷惑メールフォルダ行き

 むむっ。何が拙かったんだろう。
 FXも、ちゃんとと言っては何だけど、Fバツにしたし。

投稿: 大石 | 2011.11.14 12:47

4年も前のことなのに、今更謝罪って。
謝罪するならマスコミ連れて行くなよ。本当にパフォーマンスの好きな政党だな。

平岡法相が遺族に謝罪 リンチ死のテレビ発言で
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111113/waf11111320370019-n1.htm
大津市で平成13年、高校1年の青木悠君=当時(16)=が少年2人に暴行され、死亡した事件をめぐり、
平岡秀夫法相が19年にテレビ番組で「悪いことをした子供たちはそれなりの事情があってそういうことに
なった」などと発言したことについて、平岡氏は13日、同市の遺族宅を訪れ謝罪した。
当時、ホームページ上で謝罪文を掲載、電話でも謝罪したが、自宅を訪れるのは初めて。


ランキングに入っていたが、昔の記事(産経ならよくある)かと思ったら、昨日なのね。

投稿: | 2011.11.14 12:49

>私はTPPでアメリカを助けてやれと書いたばかりですが

そもそも何で日本破綻論者が「米国を助けてやれ」とか言い出すのか意味不明w

投稿: | 2011.11.14 12:54

もともと復興のふの字もない民主党政権&信者だけどTPPでそんな皮肉すら吹き飛ばすとは売国どころか死ね死ね団みたいな連中だな

投稿: | 2011.11.14 16:02

前にも言ったけどTPP論議と低線量放射線論議とが
まったく同じに見える件。

慢性的に情報が少ない状態で安易な楽観論を言う安全厨

目的の為には手段を選ばない「極論オンパレード」の危険厨


どっちも論議が噛み合わないで罵倒しあうだけ。

ちなみにTPP参加のデメリットでは↑だけど、
「参加しない場合のデメリット」では双方の立場が逆転する。

投稿: | 2011.11.14 16:43

>モスキート音
>10.000Hzまでは聞こえたけれど、そこから上は見事に聞こえない

有料版を取っていないので、詳細が分からないまま書きます。
モスキート音を聴いた環境はなんなのでしょうか。そもそも専用オーディオ環境でもないかぎり、10KHz超は再生できていないでしょう。TVとか、PC周りの安いスピーカーで再生は無理ですよ。あるいはダラ下がりで音圧が低いため、聴き取るのは無理ということもあるでしょう。
大石様は50歳前後とのことなので、高域が聞き取り難くなっていても不思議ではありません。聴力の低下具合は個人差や環境差が大きく、40歳あたりで10KHz超が聞こえなくなる方は珍しくありません。
工場などの騒音下で年中仕事をしている方、小さい頃から大きなTV音量で聴き暮らした方などは、早めに聴力が劣化します。
ちなみに私は中年ですが、未だに20KHzをクリアできています。クリアできなくなったら、そのときはオーディオ趣味を止めるつもりです。

投稿: ペンチ | 2011.11.14 20:02

モスキート音
http://itsd210.s24.xrea.com/ja/mosquito_sound/

 モニターのスピーカーですから、さほどの精確さは求めないということで。

投稿: 大石 | 2011.11.14 20:06

今流れてるテレ東の海賊VS自衛隊がオモロイ!

投稿: | 2011.11.14 20:32

>モスキート音

紹介ありがとうございます。
私の使用モニタには結構いいスピーカーが使われていますが、所詮オーディオに無縁のフルレンジです。
13KHzまでで、14KHzは再生不可でした。大石様もきちんとしたスピーカーでスィーブ信号音を聴けば、もっと高い音域まで聴こえることと思います。

投稿: ペンチ | 2011.11.14 20:49

>極論オンパレードの危険厨

何をもって『極論』と判断してるの?

投稿: | 2011.11.14 22:00

2年前は「政権交代で日本は良くなるんです」って言い張って、
去年は「事業仕分けで日本は良くなるんです」って言い張って、
今年は「TPPで日本は良くなるんです」って言い張って、
そこまで連中のいう事を信じる事が出来る理由が分からん。

投稿: | 2011.11.15 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/53241507

この記事へのトラックバック一覧です: タイフーンを推す:

« 外交に於ける perspective | トップページ | 無意味なテスト »