« 無意味なテスト | トップページ | 国会による仕分け »

2011.11.16

小泉路線踏襲へ

※ 社説:視点・TPPと政党 再燃する「小泉路線」闘争=論説委員・人羅格
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/archive/news/20111116ddm005070109000c.html
*水説:比較優位とTPP=潮田道夫
http://mainichi.jp/select/opinion/ushioda/news/20111116ddm003070118000c.html

 比較優位の話って、本当に受けないですよねorz。「グローバル経済」というフレーズも受けない。今更それ持ち出すかよw、みたいな反応が戻って来るだけ。
 昨日の国会審議とか見ていると、ラブホテルの入り方で男女が揉めているような感じでうんざりする。車で駐車場にインするのか? それとも歩いて入るのか? やっぱりその時は時間差を作って別々に入らなきゃまずいよね? みたいな話で、はたで聞いていると、思わず「要はやるかやらないかだろうが!」と一喝したくなる。

 までもこれが小泉路線の踏襲にあるか否かは事実で、国民はそれに一度ノーと言っちゃったけれど、それしか無いことにいずれ気付くでしょう。

 所で、私が「アメリカを助けるべし」と書いたことで、自分たちが苦しい時になんでそんなことをする必要があるんだ? というベタなご意見が多数寄せられました。経済的に苦しいのはお互い様です。
 日本製品を気前よく買ってくれたお得意様、という部分をいったん置いても、今後ともアメリカは日本の良いお得意さんでいてくれます。将来はともかく、今でも世界経済の牽引役です。
 私たちは、戦争謝罪の意味もあって、この半世紀、東南アジアに莫大な投資と援助を行ってきました。いまそれがようやく市場として花開こうとしている。その開いた市場は韓国メーカーや中国に食い散らかされてはいるけれど、そこが成熟市場として今後とも発展することは間違いない。いろんな意味で世界経済のパイを拡大することに東南アジアの経済発展は貢献するでしょう。国際間での人助けは、いずれは自分に戻って来る。中韓への援助は日本のためになったのか? という議論はあるだろうけれど。
 中華経済の隆盛と向き合うためにも、われわれには日米間の経済連携が必須です。アメリカを助けるという部分で躊躇すべき理由は何もない。それは心情的に云々ではなく、我が国の安全保障戦略上の、単なる合理的な結論に過ぎない。

*経団連「自民のTPP反対は理解が難しい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000534-yom-bus_all

 自民党は名実共に小泉路線に決別したってことだよね。

※ イレッサ訴訟 国・企業の責任認めず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011111602000039.html

>国と企業の責任を否定する極めて不当な判決で、これではおよそ薬害を防止することなどできない。

 イレッサが現に効果を上げていることを考えると、極めて妥当な判決。「薬害防止」なんてことを前面に出すなら、抗がん剤なんてどれも使えないでしょう。
 弁護士は依頼人を金銭的に救うことは出来るかも知れないけれど、多くの患者はそれで見殺しにされる危険がある。

※ W杯予選北朝鮮戦 冷静だったレフェリー、活かせぬ日本代表
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1115&f=national_1115_243.shtml

 どうしてこんなことになったの? 本田がいなかったから?

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ サイバー攻撃:「対応遅すぎ」…参院へ情報提供に2カ月
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20111115k0000m040105000c.html

※ 痴漢で起訴の競艇選手に無罪 巡査証言「信用できず」
http://www.asahi.com/national/update/1115/OSK201111150113.html

※ マイコプラズマ肺炎、史上最大の流行が半年近く続く
http://kenko100.jp/news/2011/11/15/01
*抗生物質効かない肺炎が流行
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111116/t10013989031000.html

※ どんなインフルにも効く万能ワクチン登場!
http://www.gizmodo.jp/2011/11/post_9592.html
※ 生活指導で口論→女性上司の髪つかむ 女性自衛官を停職
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111116/waf11111608100004-n1.htm

※ ガストまさかの「39円」、キッズプレート5種類を完全制覇してみました
http://gigazine.net/news/20111115_gusto_39/

※ 前日の空虚重量71.5キロ

 火曜午前、宮前平駅前のホームセンターまで歩いて往復。キョリ測で地図を確認し、Google アースで道路を確認して出かけたのに、途中二度も間違えて持参のポケット地図を開く羽目に。
 にしても鬼のようにアップダウンが多い街。ここに住んでいる人々は通勤だけで鍛えられそう。宮前平駅の西口って、成城石井なんていうこじゃれたお店があるだけで何にもないんだけど、車が入ってこないので静かで良い感じ。駅からすぐ南西側は土橋という、鷺沼の高級住宅街になるわけですね。東名インターが近くなので、芸能人が一杯住んでいるらしい。

※ 有料版おまけ 包装戦略

|

« 無意味なテスト | トップページ | 国会による仕分け »

コメント

 宮前平は東口側の目の前が尻手黒川道路で、あらゆるクルマがスピードを上げてびゅんびゅん走ってるんでかえって落ち着かないと思いますw

 その宮前平の成城石井に、できたばかりの頃に一度入ってみたんですが、恐ろしいことに店内の出入り口は一方通行で、出ようとするとレジを通らないといけない。気の弱いワタシは仕方なく牛乳1本買って出ましたけど、店内の品物は東口側にある いなげや に比べて2-3割高い感じでした。想定顧客であらう小台(こっちのほうが土橋なんかよりはるかにアッパークラスの、川崎でも一、二を争う高級住宅街です)のやんごとなき方々は、それでも気にも留めないのでせうね。

投稿: KWAT | 2011.11.16 10:27

> 本当かなぁ。

これは効きますよ。症状の抑制の程度はわあkりませんが。いい視点です。場合によってはノーベル賞級かそれに準ずる賞をもらう可能性もあります。
日本ではワクチン製造の期間短縮の開発を盛んにやってますが、こっちの方が断然いい。

投稿: | 2011.11.16 10:40

>比較優位の話って、本当に受けないですよねorz。

比較優位説を信じて特定産業に特化した国はすべて衰退しましたから当然です。

そもそも産業の種類が3つ以上に増えると、それぞれ何が何に対して比較優位なのか判定できなくなります。

投稿: | 2011.11.16 10:44

そんな感じですね。>通勤で鍛えられる
毎日宮崎台から溝口までチャリなんすが、坂を下って上ってまた下って自転車置場入ったら4Fまでまた登ってというかんじ。結構快感になりまっせ。

確かに駅前は高いので、買い物は野川くらいまでいきましょう。あるいは新城

投稿: | 2011.11.16 10:50

>アメリカを助けるべし

同意したいのですが、TPPとか小泉路線は、アメリカの雇用に貢献しませんよね?
アメリカの資本家を助けること=アメリカを助けるのでは無いと思います。

現状どおり、現地化(工場進出)こそが、アメリカを助けることでしょう。
いっそTPPを逆手にとって、アメリカの2次産業を再興すべきなら賛成できますが。(アメリカの投機家どもは規制すべき)
どのみちほとんどの日本企業は、最終製品のアメリカ輸出に依存していないのですから

投稿: おかだ | 2011.11.16 11:30

>自民党は名実共に小泉路線に決別したってことだよね。

いや、単に名実ともに「与党に反対するだけの無責任野党」
になっただけです。

与党になったら「野党とは立場が違う」と賛成するでしょう。

民主も野党だったらTPPに猛反対してたでしょうしねw

そんなもんです。

投稿: | 2011.11.16 11:49


TPPの問題は「賛成」「反対」以前に

「絶望的に民主党の外交交渉が素人以下」

って事でしょうね。

反対派の極論は多くは杞憂ですが、
そりゃ各国の国益がかかっている交渉の場ですから
当然隙あらば少しでも自国に有利になるように圧力をかけてきます。

それに対して対抗戦略も無く
総理はじめ閣僚も右往左往してる状況が
すでに始まっているわけで

結果的に「得られたはずの国益をドブに捨てる」ことになりかねないので

経済論的に「TPPに参加するのは当然」という論客も
「おいおい大丈夫かこいつら・・・」と不安になってしまうのも頷ける。

かといって「政府がアホだから参加しないでいい?」なんて選択枠も無い。

「戦うも亡国、戦わざるも亡国」

「兵や下士官は強いが上級統帥部がアホだらけ」

とか大東亜戦争そのものですなぁ。

投稿: | 2011.11.16 12:02

>どうしてこんなことになったの? 本田がいなかったから?

予選突破した後なんだから、怪我しない事だけ・・・・イタリア人の監督なら当然そう考えるのでは。

拉致被害者も結果を知るのだから、日本に勝ってほしかったけど、日本選手に怪我人がでなかったことはご同慶の至り。
独裁国家なんか真面目に相手にする必要なしでしょう。

それより、北朝鮮のラフプレー、異様な観客、異様なお国柄を外務省は、欧米、特にサッカーが盛んなヨーロッパ諸国にもつともっと、宣伝しなければ。
外交は、潜在的味方を常日頃増やしておいて戦争等の非常時に備えるものだと思う。
外務省、さぼるなよ!!

投稿: MI-6 | 2011.11.16 12:31

普天間の鳩山
消費税の菅
TPPの野田
といわれなければいいですね。(棒読み)

投稿: 九頭竜 | 2011.11.16 12:33

>どうしてこんなことになったの? 本田がいなかったから?

日常、国内レベルの体験しかない選手が多くなればこんなもんでしょう。
局面を打開しようとする意欲も工夫も感じられなかった。

投稿: 今昔 | 2011.11.16 12:35

>サッカー

 FIFAもお怒りのようです。

北朝鮮、サッカーやる資格なし!“ダメ国家”スポーツでも孤立か - スポーツ - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20111115/soc1111151233001-n1.htm via @zakdesk

投稿: KWAT | 2011.11.16 12:35

>比較優位の話って、本当に受けないですよねorz。「グローバル経済」というフレーズも受けない。今更それ持ち出すかよw、みたいな反応が戻って来るだけ。

比較優位って純理論的な話であって現実に成り立っているかは別問題ですよ。例えば毎日の記事で言えば、「日本は乗用車生産を中止し輸入したほうがよい」という主張は、アメリカも途上国に対して比較劣位だからやめたほうがいいことになるが、実際は政治力でアメリカ国内で現地生産させている。日本は輸入車に関税をかけていないが、アメリカは関税をかけているし、EUもかけている。左右のハンドルが制限なく認められている日本は世界でも稀な市場開放された国。もし一万田や西尾が言ったとおり1950年代に乗用車生産を中止していたら日本は関税撤廃していなかったでしょうね。

理想的な自由貿易が実際に本当に存在しているなら、日本がTPPに参加するまでもなくアメリカもEUも輸入関税を撤廃すべきことになる。日本が撤廃しても欧米は撤廃していないのだから、ノビーの話を借りれば、現実には日本は一方的に損な状況を受け入れていることになる。経済学者って理論と現実の区別がつかないからしょうがない。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51751717.html
>さらにこの問題は、世界的にみると囚人のジレンマになっている。他国が関税をかければ自国もかけないと損をし、他国が市場開放すれば自国だけ関税をかけて輸出を増やせるので、双方とも関税を上げることがナッシュ均衡になるからだ。

投稿: | 2011.11.16 12:44

>上朝鮮戦雑感

まあ、北と書くべきなんでしょうけど、国歌斉唱時ひょっとしてやるかなと思っていたブーイングを本気でやっちまう辺り土人国家面目躍如といった感じで開始前から頭抱えてしまいました。

ゲームに関してはザッケローニがぼやいていた様にカード&怪我リスクを全力で無視している相手がキック&ラッシュやったらあんな攻め方になるのだろうなぁという見本通りな展開でした。ただ日本は本田や長友の様にフィジカルで当り負けしないプレーヤーが不在でしたし、遠藤の様な(鹿児島県桜島町出身で鹿実OBだったりします)中盤で溜めたり裁いたりが出来るゲームメーカーが不在だった事もあり、開始直後からの攻勢に対処しきれずに混乱がハーフタイムまで続く事になってしまいました。

でハーフタイムで選手交代なり行うのかな?と思ったのですがそのままのメンバーだったので、個人的にザッケローニはこの試合ではバックアップメンバーの経験の場を割り切ったのかな?と思いました。
後半早々に失点した事で日本は前に出て行かざるを得なくなったのですが後半10分位まではそれでも相手のプレッシャーで前を向く事が困難で有効な攻撃が出来ない状況に思えました。

17分に中村憲剛から内田に選手交代を行う事によりシステム自体を343に変更、バテ初めて来た相手のサイドで起点を構築し押し込んで行こうとしました。でこれは相手が前半から飛ばしていた事もあり結果として前半ほど酷く押し込まれる事は少なくなったのではないかな、と思います。

ただ要所要所でファールで潰されたりパスミスで自滅したりで見ていてスッキリ出来ない時間が過ぎていく事になります。後半31分前田に代えてハーフナー投入、前線でのポストプレーよりもダイレクトアタックを重視するように切り替え、後半32分の相手選手の退場以降相手が逃げ切りを狙ってきた事もあり日本が相手陣地でボール保持する時間が長くなって来ましたが、最後のゴールが届きませんでした。

個人的には最後のカードは清武>李では無く、テストの意味合いを込めて岡崎>原口の方が面白かったかな?と思ったのですがまあ結果はあまり変わらなかったのかな、とも思います。

今回ボランチで長谷部と一緒に出ていた細貝ですが遠藤とタイプが余りにも違うのでその辺り他の周りの選手がケア出来ていればなぁと思ったんですが、同時にもう一寸中盤の肉弾戦で負けていなければここまで酷くはならなかったかもとも思っていたりします。川崎の稲本だったらもう一寸いけたかな?ゲームメーカーを望むのだったら清水の小野や鹿島の小笠原辺りならある程度の事は出来た気もします。

GKの西川にしても折角のロングフィード能力がことごとく無駄になってしまったのは不運で残念だったのですが、あの失点シーンでは直前のファールアピールと思われる挙手が結果としてアクションを1テンポ遅らせ失点する原因となり、悔やまれる所です。

CB、SBの栗原、伊野波については「良い経験になったでしょ?今度はもっと上手くやろうね」といった感じでしょうか。バックアップメンバーに甘んじるつもりは無いんだ、というヤル気は感じられたのですがもう一寸なぁとも感じていたりします。

でも実は一番の収穫は誰も無傷で済んだ事だったりして(w

投稿: 北極28号 | 2011.11.16 14:04

比較優位が成り立たない世の中には住みたくないなぁ
それこそ勝ち組以外には存在する理由が無いってことなんだから
これにケチつける人間が格差反対とかいうとか意味が分からない

投稿: | 2011.11.16 14:40

>それこそ勝ち組以外には存在する理由が無いってことなんだから

それ、比較優位を全く理解していませんよ。
比較優位は財の生産に限った理屈。存在意義を説明しているわけではありません。

投稿: | 2011.11.16 15:01

>日本製品を気前よく買ってくれたお得意様、という部分をいったん置いても、今後ともアメリカは日本の良いお得意さんでいてくれます。

これ、自己矛盾じゃないですか? 今まで良いお得意様、という部分を外していまったら、『【今】後とも』ってのは嘘ですよ。
『これからは』なら判りますが。

投稿: ヘンな日本語 | 2011.11.16 15:02

>自民党は名実共に小泉路線に決別したってことだよね。

 当然でしょう。小泉路線は、アメリカの輸入過多という外需環境があってこそ成立していたのですから。
世界的に外需が縮小しつつある現状で、小泉路線を踏襲したらアホです。

>弁護士は依頼人を金銭的に救うことは出来るかも知れないけれど、多くの患者はそれで見殺しにされる危険がある。

 同感です。でも、これが理解できるのなら貿易自由化マンせー路線はおかしくないでしょうか?
国民所得/雇用増加につながる貿易振興が正しく、そのためには適切な管理貿易が必要です。
実際、世界を見回すと保護貿易を貫いている国は相対的に、自由貿易を唱えている国よりも成長率が高いです。

それから、アメリカの製造業が衰退した要因として、過度の製造物責任訴訟が挙がっています。
TPPで、アメリカの訴訟文化が蔓延したら嫌ですね。

投稿: おかだ | 2011.11.16 15:06

> http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51751717.html

「比較優位の世界」を主張しているのに、関税の話を出したら混乱の元。
「比較優位の世界」なら自国の弱い産業を保護する必要はないので、わざわざ関税を掛ける必要はない。
何故なら、各国が他国に比べて優位な物しか製造していないから。
「比較優位の世界」の行き着く先は「その国しか製造していない」状態になる。
そのため、関税を掛けて自国の産業を保護する必要もない。

更に言うと、TPPの協定国同士の経済活動は、関税は存在しない。(例外品目はあるかも知れないが)
存在しない物を持ち出して議論に持ち込むのは卑怯と言わざるを得ない。

投稿: 関税? | 2011.11.16 16:59

>経済的に苦しいのはお互い様です。
アメリカには現状で国土の一部が破壊された大災害や原発事故もないのにお互い様もないでしょう。

>北朝鮮戦
勝った場合スタンドがどういう状況になるのか怖いものみたさもあったけど、あの国がらみでは「サポーター含めて成田に無事に帰るまでが試合」だからやむなし。つうか対戦相手の国歌冒涜、先がないもんだからイエロー上等!の試合ぶりなのは即FIFAに抗議を挙げるべきレベル。結果的に本田を温存できたのは不幸中の幸い。
全く影に隠れてますが、個人的にはアイルランドのユーロ2012本大会出場決定の方が重要。ユーロも国が増えたからかなかなか勝てなくて、あの国の代表でも24年ぶりとか。

>イレッサ
TPP後、この手の判決が連発される事が予想される。一種の環境整備的判決か。

投稿: 剣 | 2011.11.16 17:52

>アイルランド!!アイルランド!!

>アイルランドのユーロ2012本大会出場決定の方が重要
by剣様

アイルランドキターーッ!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
やっぱりファーストレグで4-0が大きかったですね。
個人的に2002年の時に「ハマった」口でして、2010年の予選の時には怒りの余りディスプレイに中指おっ立てピー音叫んだもんです(w

やっぱり彼らの魅力は総合力では中位レベルなのにどんな格上な相手で後半終了間際まで負けていたとしても、
「へ?あきらめる?なにそれ食えんの?」
を地で行くしぶとさと良い意味での負けっぷりの良さ、そしてサポーターの気持の良い奴さ加減でしょう!

http://www.youtube.com/watch?v=7BiJ3fmXZA4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=WWGIyIfsyM4

そう言えばこの間ベッカムが鬼クロス上げていたのがテレビに出ていましたけど、実はロビーキーンが現役バリバリでLAギャラクシーで暴れているのも確認出来て嬉しかったですね。

投稿: 北極28号 | 2011.11.16 18:28

>「比較優位の世界」の行き着く先は「その国しか製造していない」状態になる。

こんな馬鹿な想定で議論しているの?w
そりゃ人々を納得させられないわけだw

投稿: | 2011.11.16 18:38

比較優位とは。すでにいくつか指摘がありますが、比較優位とは個人や企業や国等のそれぞれの内部の得手、不得手をあらわすものです。

以下は、わかりやすく説明するための仮定です。産業が自動車産業と自転車産業の二つしかないとします。そして、国が日本と中国しかないとします。

日本は自動車産業の生産性(市場で消費者にあてにされる度合い)が100だとする。そして自転車の生産性も100だとする。

中国は自動車産業の生産性が30だとする。そして自転車産業の生産性が60だとする。

この場合、中国は自転車産業のほうが自動車産業よりも比較優位にあるので、自転車産業を手放してはいけないということです。この仮定の中では自動車産業の生産性が高くならないうちに中国で自転車産業を手放すと収益が低くなります。自動車産業も自転車産業も生産性が100の日本は、自転車産業を手放すことができます。この場合日本が自転車産業を手放しても、自動車産業だけでも十分な収益が望めます。そういうことです。この仮定のもとでは日本が中国にたいして絶対優位にあります。であるから中国は日本にたいして絶対劣位にあります。比較優位と絶対優位を混同しないように気をつけるべきなのでしょうね。私がいま書いたようなことは、ミクロ経済学の教科書に載っている簡単なことです。

投稿: まえやま | 2011.11.16 18:49

> ガストまさかの「39円」、キッズプレート5種類を完全制覇してみました

ソースの記事を見てみると、
 「ハンバーグ、意外に本格的な味。というか、ガストのあの味」
 「フライドポテトも塩味がきいていてナイス」
 「このカレーもちゃんとしたカレー」
と、大人でも満足の味だそうですが、子供さんにはいかがなものかと思います。
コストを削るためには大人のメニューを流用するしかないのでしょうが、特にフライドポテトの油分と塩分は大人でも多すぎるくらいで、子供のうちからこの味になれちゃうと、若年性生活習慣病まっしぐらです。
「たまのおでかけ、たまの外食だから子供の好きなものでいいだろう」
という親御さんの気持ちもわかりますが、子供にとっては一食一食が体を作る大事な糧であることを考えて欲しいと思います。
39円の高脂肪、高塩分、高カロリー食よりも、割高でも子供の体を考えた子供のためのキッズメニューを作って欲しいと思うのですが、無理ですかねぇ。

投稿: | 2011.11.16 19:06

>普天間の鳩山
>消費税の菅
>TPPの野田
>といわれなければいいですね。(棒読み)

 ああ、先に言われてしもうた。orz
 ネトウヨネ申の弁を拝借すると、歴代(と言ったって、たった三代だが)民主党政権のズッコケかたは、見事に共通しているんですよね。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11079089554.html
「要するに、鳩山政権以来の「思い付き発言」「ノリで進行」「議論は拒否」「先送りと誤魔化し」「結末がグダグダ」という、民主党政権の伝統を今回も忠実に守っているわけです。」

 で、今日、有賀誠という防大教授の書いた物を読みましたが、それによるとTPPは中長期的には米国の対日輸出を減らします。TPPで日本国内のありとあらゆる制度を「非関税障壁」だと訴え、それらを尽く撤廃させたとしましょう。短期的には米国製品(といったって、恐らくは農産物程度しか輸出できないが)は、怒涛のごとく日本市場に雪崩込んできて席巻するかも知れません。しかし、それはデフレ不況の深刻化を意味します。当然、デフレスパイラルは一段と強化され、日本人の可処分所得は減り、購買力を低下させ、米国製品も含んで消費全体を縮小させます。かくして、TPPで日本市場を獲得するという米国の目論見は、日本人を更に不幸にするというオマケ付きで挫折します。それでも、「かつて日本は米国市場で儲けさせてもらったんだから、今度は米国に儲けさせてやろう」ですか?

投稿: 土門見人 | 2011.11.16 19:14

まさか『ベタな意見』で切り返されて同じ話繰り返されるとは思わなかった。
『苦しいのはお互い様』で何で日本が米国を助けるのかはいまだに解らないがw

投稿: | 2011.11.16 20:57

>まえやまさま
 経済学は素人ですが、
日本と中国しかなく、産業が2種類しかない状況で、
両国とも働いて、両国とも消費すると考えると、
絶対優位というのは意味がないのではありませんか?
日本だけが働いて中国は何もしないってことはあり得ないんですから、
中国には自転車作りをさせるのがマシってことで、
これが比較優位ってことでしょ?

投稿: | 2011.11.16 21:27

>「比較優位の世界」の行き着く先は「その国しか製造していない」状態になる。

ある国に対しては比較優位でも、ほかの国に対しては比較劣位の場合はどうすればよいのでしょうかね。

比較優位論が成立するのは、(生産物が2種類しかないような)単純きわまりないモデルの内部だけです。
複数の生産物・複数の国家間では自国の優位性が何なのか把握するのすら一苦労ですし、その優位性に特化したからといって、その優位性がもたらす利益が未来永劫約束されるわけでもありません。

モデル内の財の生産を増やすだけなら比較優位な産業に特化するのが一番です。
しかし、現実世界で生き残り続けたいならば特化するよりも、多様な状況変化に対応できるように多種多様な産業を維持しておくべきでしょう。


投稿: ほる | 2011.11.16 21:36

>中国には自転車作りをさせるのがマシってことで、
これが比較優位ってことでしょ?

まえやまさんのモデルの状況は次の通り。
自動車生産は日本が絶対優位。
自転車生産は日本が絶対優位。
中国の自動車生産は日本と比較して30%。
中国の自転車生産は日本と比較して60%。
このとき、中国の自転車生産は自動車生産に対して比較優位がある。


投稿: ほる | 2011.11.16 21:50

>1千万円「被災地に」=男性、鹿屋市役所窓口に-鹿児島
さすが、大石さん。名乗らずに立ち去るとは‥

投稿: ブリンデン | 2011.11.16 22:02

>それしか無いことにいずれ気付くでしょう。

TPPに参加しないと自由貿易できない訳でもあるまいにアホらしい。
TPP関連で”極論””ヒステリー”と言えるものがあるとしたら賛成派の”自由貿易できなくなる論”くらいでしょ、かさねがさねアホらしい話。

投稿: | 2011.11.16 23:59

>女性自衛官停職

そういえば自衛隊屋さんって人殴っても停職処分で済むけど、
コンビニの万引きで捕まると懲戒免職なんですよね。
他の役所もそうなのかしらん。

投稿: 川副海苔 | 2011.11.17 00:01

>まいこプラズマ肺炎
なんかのヒロインの必殺技のように聞こえてしまいます。ウルトラやライダー、戦隊のDVDの見すぎなんだと思います。出張でビジホに泊まっていても、「ロケット オン」「ドリル オン」の幻聴が聞こえます。

さて、マイコプラズマ肺炎です。幼稚園のママ友達の間で、最も関心が高いのがコレです。あの鉄の防備に守られているであろう愛子様を蝕んだ病です。

カミさんに言わせれば
「愛子様の同級生だったら、我が子が咳してたら学校に行かせないよ。うつしたら●●の怖い人になにされるか判らないじゃん。多分学習院の同級生も同じようにしているはず。しかも買い物で混雑したスーパーなんかに行かない方々でしょう?しかも家族に一人じゃなくて個人毎に主治医がいるような人なのに・・・・うつされたんだよ?」
要は愛子様ですら防げないのであれば誰も防げない。という事らしいです。
放射線よりも余程恐ろしい。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2011.11.17 00:24

> どうしてこんなことになったの? 本田がいなかったから?
サッカーのコンビネーションは、ある選手が「パスの受け手の首の傾げ方でどういうパスが欲しいのか解る」と言っているくらい精妙な事なので6人も先発メンバーが変われば上手くいかなくなるのは当たり前の話。
ましてや代表チームは練習時間もテストマッチの数も限られたなかでチーム作りをしていかなければならないので、3次予選の突破が決まった後のこの試合ではサブメンバーの底上げを計って最終予選に備える為に使うのはリーズナブル。
しかも決して手抜きなんてしないチームですから、非常に良い相手です。最終予選になればもっと厳しいボディコンタクトしてくる相手は一杯いますから。
もちろんせめて引き分けくらいに持ち込めれば良かったのだろうけど、この試合では勝ち負けよりも個々の選手が何を掴んでくれるかが大事なので。
底上げって言っても実際には個々の選手が所属のチームに戻って練習や試合で頑張ってそれぞれの力を高めるとか、あるいは代表に呼ばれていない選手が「俺の方が出来るよ」と活躍して代表に呼ばれるようになるしか無い訳で、代表監督はそういうモチベーションを与えるのも仕事です。
ワールドカップ予選はブラジルやアルゼンチンのような優勝候補になるようなチームでも苦戦するような戦いで、日本でもアジアの中で必ず通過出来る程の実力差を持っている訳ではないです。

投稿: ロック | 2011.11.17 04:16

最終予選に進めるので勝ち負けはどうでも良いですが(嘘です…)なぜザックはベトナム戦で機能しなかった長谷部と細貝を並べて使うのでし…色々と言いたい事はありますが北極28号さんが言ってくれているので自重します。

話のネタで「中国戦はブーイングで君が代が聴こえなかった」と誇張して言った事がありますが本当に全く聴こえなかったのは初めてでした。君が代斉唱直後のTBS実況アナ「これが現実です」は改めてヤバい国だなとサッカーを越えて心に響きました。

ウズベキスタンは勝ちながらイエローカード貰い捲ってました。日本ホーム戦は主力6人がカード累積出場停止で最終予選は真っ白な状態で挑みます。本当に強かですね。

Aグループの中国は早々に姿を消しましたが本来ならそこに北朝鮮が入っているべきだっ…いいえ全然悔しくなんかないですよ…。

投稿: | 2011.11.17 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉路線踏襲へ:

« 無意味なテスト | トップページ | 国会による仕分け »