« ドクターヘリは無駄遣い | トップページ | 台湾有事という絵空事 »

2012.01.15

人間対コンピュータ

 本日都合により、早朝セットのタイマー更新。

※ 将棋ソフト、米長元名人に勝利 公式対局で初
http://www.asahi.com/culture/update/0114/TKY201201140228.html

 やっとか……、という人と、とうとうこの日が来たか! という人に別れるんだろうけれど、私は、意外に時間が掛かったな、というのが正直な感想です。
 でも一抹の寂しさはありますよね。いつかその日が来ると解っていたとは言え。あとは、コンピュータがある日自我に目覚めないことを祈るのみw。
 あとその「ボンクラーズ」というプログラムのネーミングは、批判されてしかるべき。開発者としては謙遜したのかも知れないけれど、それが歴史に名を残す可能性を考えると、もう少し考えて欲しかった。それに負けるということは、人間はそのボンクラ以下かよ、という話にもなりかねない。

※ 日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000672-yom-bus_all

 アメリカは、その規格を廃止したら、日本の消費者がアメ車を買ってくれるなんてマジ本気で考えているんだろうか?

*月間維持費1万円を実現せよ――「若者のクルマ離れ」を考える
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1201/11/news055.html

 むしろアメリカのビッグスリーは、こういう所を構造協議の議題に乗せれば良いんですよ。若者が車を持てない社会にしていることこそが問題だと日本政府に突きつければ良い。そうすれば日本の消費者もウエルカムな態度を取るのに(でもアメ車は買わないよねw)。

※ 米国元高官「日米同盟の役割理解できなかったの鳩山氏だけ」
http://www.news-postseven.com/archives/20120114_78418.html

>リチャード・アーミテージ元国務副長官
>鳩山政権時代に日米関係が最悪の状態になったことが示すように、それらに対する理解が、日本では不足していると思う。

 恫喝外交の元締めですな。幸いなのは、アーミテージの年齢を考えると、この手のバカが日米外交の表舞台に出て来ることはもう無いだろうということです。自民党がポチ外交を半世紀繰り広げた結果が、仮にも民主主義国家に於ける政権与党へのこの無礼千万な台詞ですよ。
 たかだか海兵隊基地一つに執着して、同盟国の政権を潰してでも守り抜こうとした横柄さへの反省は微塵も無い。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 大河ドラマ「平清盛」における「王家」をめぐって
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000008-zdn_n-inet

※ 日航機:成田発シドニー行き 座席から炎で引き返す
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120115k0000m040086000c.html

※ 座礁の客船横倒し、3人死亡…1邦人確認とれず
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120114-OYT1T00404.htm?from=navlp

※ 前日の空虚重量72.3キロ

 土曜午後、次男を連れて等々力緑地公園へ。ラジコン四駆で遊んでいる親子連れがいる。なるほど、こういう起伏がある場所で走らせると面白いかもと思ってググッてみたら、ラジコン四駆もそんなに高くないのね。10式戦車とかも出ているけれど、さすがにこれは数が出ないのか、出たばかりだからかまだ高い。ラジコン軽装甲車とかよさげ。未だに送信機用の電池が006P型 9Vだったりするのはどうかと思うけれど。
 所で、1万円以下のラジコン戦車の無限軌道は、室外の荒れた地面で走らせても外れないんだろうか。
 帰りに府中街道沿いのサイゼリアに寄る。次男はピザとドリンクバー、親父はイカリングとドリンクバーでトータル千円。もうマック並に凄まじく安い。ガストみたいに安いけど不味い、不味いけど安いんじゃないんだもん。安くて美味いが当たり前のサイゼリアに出てこられちゃ、近隣のファミレスはマジで潰れますね(にしてもガストの不味さは異常)。
 16時台、なぜかそこいら中をパトカーが走り、制服警官が立っている。何か事件だろうか。
 帰宅してから津田山-霊園-久地駅往復で歩く。昨日より30分ほど遅い時間帯。れいによって、真っ暗闇の復路は誰ともすれ違わず。絶好のウォーキングコースなのに。なんで暗くなったというだけで誰も歩かないんだろう。駅に近くて利便性も最高なのに。暗い霊園て、そらどう考えても楽しくはないけれど(^_^;)。やっぱり都会の人って、暗いというのは駄目なんだろうか。

※ 炭酸塩硬度

 水槽用に、テトラの総硬度(GH)試薬と炭酸塩硬度(KH)試薬を購入したのですが、どうも上手く計れない。まず総硬度試薬。最初試薬を垂らすと赤くなるんですね。それがある瞬間に、まるでマジックみたいに、その赤が一瞬で抜けて緑色に変わるんです。その瞬間は、思わずおお! ですよ(^_^;)。所が何が拙かったのか、どんどん赤が濃くなる。12滴垂らして止めました。でその水を捨てて再度測り直したら、今度は総硬度7で変化した。
 問題は、KH。説明書には、「色が黄色くなった時が、その硬度数値です」とある。所が、試薬の一滴目を投じた瞬間に、もう黄色っぽいんですよ。薄いけれど。それを7滴投下した時点で、その黄色い色は濃くなるでなし、薄くなるわけでもない。試薬が勿体無いのでそこで止めました。ちなみにこの水槽のPHは、6.7前後です。
 さて、この水槽のKHは1以下だったのでしょうか? それとも7以上あったのでしょうか?

※ 有料版おまけ 政府が主導した少子化社会

|

« ドクターヘリは無駄遣い | トップページ | 台湾有事という絵空事 »

コメント

>米自動車会社の軽ダメ
出来ない事を言って売れない言い訳にしているだけです。
だってハリウッド映画のNYの路地なんて、日本の3桁国道よりも広いんですよ!
アメ車好きな私が断言します。
列島を文字通り全面改造しない限り無理です。アメ車がドイツ車レベルで売れるのは。
実現の可能性はタイムマシンの実用化と同じくらいだと思います。

>維持費1万円
上記に関連して米軍による再占領ですよ。やる為の手段の一つは。
特に駐車場問題については私有駐車施設を禁止して、国家管理の下で駐車場運営をするしかないでしょう。
つまり宇宙人との戦争なみのSF話という事です。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2012.01.15 10:24

>履帯
外れて、治してが、タンキストの宿命という学習機会を奪っては、理科教材としての立ち位置がなくなるのでは?
http://www.higashi-nagasaki.com/c2009/C2009_22_135.html

投稿: pongchang | 2012.01.15 10:29

>>「ボンクラーズ」というプログラムのネーミング

宮部みゆきさんが「ぼんくら」を書いたら担当者が
「ぼくもとうとう“ぼんくらの担当者”ですかぁ…」と言ったとか。

投稿: 猫大好き | 2012.01.15 10:34

>私は、意外に時間が掛かったな、というのが正直な感想です。でも一抹の寂しさはありますよね。

失礼ですが大石さん、よくわかってないでしょ。
米長将棋連盟会長は、引退した棋士ですよ。現役がボンクラーズに負けたわけではありません。
米長さんとしては、将棋界のパブリシティーとして企画に乗ったのでしょうが内容が悪すぎで逆効果。
昨日もどなたかが、渡辺竜王のコンピューター対戦を取り上げていたけど、こちらは素人目では
どちらが優勢なのかわからないほどの接戦で面白かった。
昨日のは、フルボッコで負け。米長さんは一度も王手が掛からなかった。

投稿: | 2012.01.15 10:47

>月間維持費1万円を実現せよ――「若者のクルマ離れ」を考える

馬鹿馬鹿しい。乗用車保有台数は昔よりはるかに増えている。そして乗用車保有台数は増え続けたにもかかわらず景気はよかったわけではない。シンガポールを見ても経済成長に乗用車は不可欠ではない。むしろ都市部は交通網が発達しているのだから、乗用車は高率の税金かけるぐらいでちょうどいい。脱モータリゼーションですよ。いまだに自動車なんて言っているようでは金持ちにはなれない。

自動車保有台数の推移
http://www.airia.or.jp/number/pdf/03_1.pdf

バフェットの投資戦略を真似るなら鉄道株を買え!
http://markethack.net/archives/51703274.html

投稿: | 2012.01.15 11:28

>人間対コンピュータ
>私は、意外に時間が掛かったな

私は逆に、意外に早かったなです。IBMの『ディープ・ブルー』とチェス世界王者との対戦が勝ったり負けたりの互角に至ったときも、将棋は遥か先の話だろうと思っていました。
『ボンクラ』も、『ディープ・ブルー』並みのデータサーバを抱えれば、プロ棋士側も難しくなるんじゃないですか。
でも、囲碁ばっかりは、当分大丈夫でしょう。なにせ、囲碁には“ぼんやりした手”ってのもあるくらいですから。

ところで、『ボンクラ』は『ボナンザ』と『クラスタ』との合成ネーミングでしょう。洒落の効いたネーミングだと思いますけど。もし私がネーミング担当者であっても、同じことを考えましたよ。

>日本の「軽」規格廃止を

軽自動車が圧倒的に売れているのは、やたら安い軽自動車税と車庫証明不要に由来しているはずです。ですから、アメリカ側も規格廃止というより、ここのところを言わなければいけません。
もし、税制と登録時のメリットをなくした場合、たしかに軽自動車の売り上げは縮小するでしょう。でも、縮小該当部分は、コンパクトカーに流れるでしょうから、結局アメ車にメリットはないと思いますよ。

>米国元高官「日米同盟の役割理解できなかったの鳩山氏だけ」

“海兵隊の抑止力”を評価していなかったことを指しているのでしょうか。もしそうなら、大勢いますよ。私もそうですし。
台湾総統選の総括を見ていると、小川和久氏の「中台有事の際の抑止力」論がピンと外れに見えてきます。小川氏のことを評価していたのに、今はもう、私の中では長谷川慶太郎氏と同じ棚に収納しています。

投稿: ペンチ | 2012.01.15 12:05

>ところで、『ボンクラ』は『ボナンザ』と『クラスタ』との合成ネーミングでしょう。
という建前になってますが、実際には漫画「あずまんが大王」の人気キャラ3人組の事です。

投稿: | 2012.01.15 12:16

謙遜というか、あずまんが大王じゃ? >ボンクラーズ

投稿: | 2012.01.15 12:17

かつて日本政府は海外の日本食レストランを評価しようと目論んで、スシポリスと呼ばれました。

日本に軽規格の廃止を呼びかけるAAPCをカーポリスと呼称するべきではないでしょうか。

日本の軽自動車は、日本の狭い生活道路を走ることを想定して発達した規格だろうから、日本の生活道路で自動車を使用するという慣習が壊れない限り軽規格はなくせません。あるいは、形式だけ軽規格を廃止しても、実質的には軽と同様のサイズの自動車の需要は消え去らない。

『交通安全白書』を見ると日本では生活道路での交通事故の割合が高くなっている。歩行者が自動車事故の被害者になるケースが多いのですが、なぜそういう現象が起きるかというと、やはり自動車が生活道路を走行するからです。だから生活道路に自動車を走らせないような規制をかけることが可能ならば、歩行者が自動車事故に巻き込まれるケースは激減するでしょうね。

生活道路に自動車を入れないという規制を成立させられるならば軽規格の廃止もありでしょうけども、それは無理でしょうね。アメリカ製の車が生活道路に頻繁に入ってくるようになったら、自動車事故が急増するかもしれない。

日本独自の軽規格というものはガラパゴス的な規格なのは間違いないですが、生活道路で事故が起きる可能性を考えると廃止するわけにはいかないでしょうね。繰り返しになりますが、もし軽規格への税制上の優遇策が廃止されても軽と同様のサイズの自動車への需要は消えない。

日本人でも軽など自動車ではないというふうに否定する人もいますが、自動車が狭隘な生活道路を走行するという日本独自の交通文化には軽自動車が必要でしょうね。

投稿: まえやま | 2012.01.15 12:27

>アメリカは、その規格を廃止したら、日本の消費者がアメ車を買ってくれるなんてマジ本気で考えているんだろうか?
>恫喝外交の元締め

大石さんみたいな『困ってる米国を助けてやれ、儲けさせてやれ』みたいな日本人がいればそりゃ米国の態度もこうなる。韓国も同様な。
こうやって自動車産業とか解りやすい所で騒いでゴリ押ししちゃえば後はウォール街が美味しい所いただいて終了w
日本国民が全員大石さんみたいな人なら自業自得なんだけどねえ


>オバマ大統領も就任前の選挙キャンペーンでは
>Trade agreement should not just be good for Wall Street but should also be good for the mainstream.
>貿易協定は、ウォール街だけに良いものであってはいけない。大多数の国民の利益と両立すべきだ。
>We've got make sure that our agreements are good for everybody.
>我々は、貿易協定をすべての人々にとって良いものにしなければなならない。
>Because the globalization right now is creating winners and losers.
>現在のグローバリゼーションは、勝者と敗者を創り出している(つまり、格差を助長している)
>と発言しています。
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-450.html

投稿: | 2012.01.15 12:47

>シンガポールを見ても経済成長に乗用車は不可欠ではない
シンガポールに自動車生産はないでしょう。それに、保有台数より新車登録台数の方が
経済が回っているかどうかには重要では。

投稿: ikekenji | 2012.01.15 12:48

※ 日本の「軽」規格廃止を…
いいじゃないですか、これぞ「外圧」ですよ。
軽は車じゃない、税金ももっと安くして所有コストも下げる...

もちろん、妄想です。

#次のシリーズを楽しみにしています。>大石先生

投稿: Hz | 2012.01.15 13:30

>ボンクラーズ

私も「ボナンザ」+「クラスタ」と理解してましたが、おっと。

http://d.hatena.ne.jp/mkomiya/20100505/1272997005

あずまんが大王も読んでましたがまさかこっちとは。でも、もちろん底流ではボナンザの並列処理だから、ボンクラ・・・でも、それじゃひねりがないから「ボンクラーズ」ってことになったんでしょうが。アメリカのディープブルーに対抗して、ボンクラーズ。日本らしくていいんじゃないかと。

投稿: モチキセキセキ | 2012.01.15 14:15

>>日本の「軽」規格廃止を

>でも、縮小該当部分は、コンパクトカーに流れるでしょうから、
>結局アメ車にメリットはないと思いますよ。

多分、アメリカの自動車業界も自分ところの車が売れるとは思っていないでしょう。どうせ日本が絶対に軽の規格を廃止できないことを見越して、無理難題を押し付け、TPPを少しでも先延ばし、できれば流産させて少しでもまだ関税の高いトラックなどの完成車の輸入を防ごうという目論見と見ました。

それにしても、そんなことをし続けている業界は繊維に始まって、鉄鋼などすべて最終的に駆逐される憂き目にあってきたということをいまだに理解していないですからかわいそう、というか、愚かというか。

逆に、カリフォルニアあたりでのEV車の販売の押しつけだったり、独自の排ガス規制だかが非関税障壁だ、と言われれたどうするつもりだろうか<アメリカ

投稿: モチキセキセキ | 2012.01.15 14:22

在沖縄海兵隊の抑止力ですが、アメリカが戦争する時には陸海空海兵の米四軍が
それぞれの役割を担って戦争するわけでしょう。
それもアジア方面の米軍だけでなく、米本土の部隊も関わって来る話ですよね。
それら全部がいわば抑止力であって、在沖縄海兵隊はあくまで抑止力の一部に過ぎない。
在沖縄海兵隊単体で抑止力の有無を論じても、本来見当違いと言うかあまり意味がないんじゃないかと思います。
だけど実際には「在沖縄海兵隊の」抑止力がしばしば議論になっています。
普天間問題であちこちのブログや記事を覗いて思ったのですが、
議論の前提となる軍事知識や状況認識が人によってずいぶん差があって、
話が全く噛み合わない場面を多く見かけました。
たとえば在沖縄空軍と海兵隊の区別、海軍と海兵隊の区別、在沖縄海兵隊の戦力・能力、
これらが人によって判っていたり判っていなかったり。
かといって体系的にこれらの知識を得る場があるかというと、ネットの内外ともに無いでしょう。
趣味にするならともかく、普天間問題に関心を持った人達に今から10年かけて
軍事書籍をかじり歩きなさいと言うわけにもいかない。
(そもそも独学でやったら知識に偏りが出そうだし)
こう言っているわたしにしても、たぶんなにか勘違いしていたり大事なことを
知らなかったりしているのでしょう。なんかうまい方法はないものですかねえ。

投稿: 川副海苔 | 2012.01.15 15:12

セカンドカーに買える状況に成ったならマスタングとかカマロとか欲しいけど、軽自動車規格には関係無いですね。
規格廃止するとスズキやダイハツからサイズは軽そのままで800〜1000位のエンジン積んだ新興国への輸出にピッタリな車が出て来そうな。

投稿: | 2012.01.15 16:12

>人間対コンピュータ

まあ米長の色々あるみたいで、週刊新潮の件からの話題逸らしにわざと負けたとかw
こいつの人間性の底の低さは今上陛下が証明してくれたし。

投稿: | 2012.01.15 17:01

軽自動車の前に5ナンバーというのがあったが、衝突安全対策もあったけど、諸税が非関税障壁という事で、旨味がなくなると、日本車が焼け太りした。
http://damasareruna.blog65.fc2.com/blog-entry-609.html
それを考えると、軽自動車は恵まれているよね。やっぱり、無くした方がいいんじゃないか。
無くさなくても、360ccに先祖返りさせてね、それで社会活動家としてのオバマに、格差社会でも買える国民車を米国の草の根は必要としているだろう!って逆手に取るのも一興だよね。

投稿: pongchang | 2012.01.15 17:10

>投稿: | 2012.01.15 17:01

今上陛下をだしにして他人をDisるお前が一番そこの浅い人間だけどな。

投稿: | 2012.01.15 17:30

>360ccに先祖返りさせてね

でもね、360ccはうるさいし燃費も悪いしで、イイとこなかったよ。車体もペコペコだったので、事故ればそのまま棺桶になる車だったよ。

投稿: | 2012.01.15 20:23

>軽免許
これで運転できる自動車を供給し無いのは交通弱者虐待だ(藁
http://ihan.jp/blog/2009/03/26-keimenkyo.html

投稿: pongchang | 2012.01.15 20:39

>今上陛下をだしにして他人をDisるお前が一番そこの浅い人間だけどな。

じゃあ常務理事でも出そうか?屑の支持者は屑だねえ。

投稿: | 2012.01.15 20:48

>じゃあ常務理事でも出そうか?屑の支持者は屑だねえ。

支持者って何のこと?
本人の前で直接Disれない臆病な卑怯者は周りがすべて敵に見えるようですね。
他人に迷惑にならないところで自分の妄想と戦っていてください。

投稿: | 2012.01.15 20:54

>やっとか……、という人と、とうとうこの日が来たか! という人に別れるんだろうけれど、私は、意外に時間が掛かったな、というのが正直な感想です。<

私は思ったより早くて驚いてます。数年前から終盤の即詰めならソフトのほうがプロを上回る読みができるようになっていたので、その時点で驚いてましたが、中盤という曖昧な部分で人間の方が上回っていると思っていたからです。

「囲碁には“ぼんやりした手”」があるとおっしゃっている方がいますが、将棋にもあります。私はボナンザとしか指した事がないのだけど、お前ほんとは人間なんじゃないの?という手を指されて驚きました。

攻めるでもなく、守るでもなく、待ちの一手。どういうアルゴリズムであんな手が指せるのかさっぱりわからない。昔のアルゴリズムはコマに点数を付けて、相手の駒を取って点数が増える方向を目指すみたいなものだったはずですが、今やほんとに人工知能みたいだ。

投稿: ピンちゃん | 2012.01.15 21:10

>本人の前で直接Disれない臆病な卑怯者は周りがすべて敵に見えるようですね。

お前の自己紹介はいらないね。だから裁判にも負けるのさ。

投稿: | 2012.01.15 21:36

>だから裁判にも負けるのさ。

支持者の次は裁判ですか。ワケワカメ。
あなたが何を主張したいのか全く理解できませんが、ご自分の日記はチラシの裏にでも書いた方がよいでしょう。

投稿: 投稿: | 2012.01.15 20:54 | 2012.01.15 22:03

とっくに引退した70歳近い老人が勝ったの負けたのって縁台将棋の話しかね。
次はA級とは言わないからPCソフトなれしている山崎か橋本などの若手でやってみたらいい。
まあ、棋士が勝ってもニュースにならんから、有名人が負けたほうが宣伝効果はあるかもな。
橋本崇載7段は連盟に無断でボナンザと対戦して負けそうになったことがある。
あとで、老人におしかり受けたから、今度はちゃんとしたイベントでね。

投稿: | 2012.01.15 22:10

馬鹿がいるようだな。

投稿: | 2012.01.16 01:39

>テトラの総硬度(GH)試薬と炭酸塩硬度(KH)試薬を購入
で、大石さんは、その測定をして異常値または飼育している生物に不適合だった場合、どうするのでしょうか?

投稿: 九頭竜 | 2012.01.16 10:30

>軽自動車
5ナンバーコンパクトカーと比べ、燃費は大差なく(逆に高速巡航では劣っている)、衝突安全性も低いし、小さくもない(規格サイズ目一杯のバンタイプが主流)のだから、優遇する必要があるのか。(高速道まで安くする必要はないだろう)

なので、4ナンバー(商用バンや軽トラ)のみ優遇を残して、後は普通車も含め燃費別課税とかにすれば自然消滅だと思う。

投稿: Za | 2012.01.16 10:36

「ボンクラーズ」というプログラムのネーミングは、批判されてしかるべき。

名前の変更を提案して、将棋連盟のほうが「そのままで」と言っているんだから、こんな批判は成り立たない
http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-479b.html

投稿: | 2012.01.16 11:09

>生物に不適合だった場合、

 同時にペーハーも高ければ、換え水作業でペーハーと一緒に少しは下げられるけれど、うちの場合、ペーハーがそこそこ良い所で安定しているので、今以上総硬度を下げるのはちと難しいかと。
 ただ総硬度等を気にするのは、TDSを下げようと頻繁な換え水を行う上での保険だと考えています。

投稿: 大石 | 2012.01.16 13:51

いつも拝見させて頂いております、ありがとうございます。
軽自動車の件ですが、国沢光弘さんという自動車関係の評論をなさっている方がいらっしゃって、この方によるとTPPと絡めた話を一部部分だけ、報道関係が拾った様な状態のようです。
外圧を使って税収確保に利用する等では、困った話だと思いますが。
米国の方にも、日本以外に見る場所は無いのかと聞いてみたいものです。

投稿: S | 2012.01.16 18:40

どうしても自動車がないと生存不可能な地方の人たちが軽自動車から小型車にスイッチすると仮定すると、スズキとダイハツがウハウハいうだけでしょう……。
台数売ったり実用上不必要な装備をてんこ盛りにして辛うじて収益を出している状況なのが現状。それを発展途上国向けの小型車と共用できるとなれば万々歳ですわ。
現状リッターカーの方が安いのに(原価も)、軽規格が無くなったらしれっと値上げして収益確保に走るでしょ。
明日、軽自動車規格が禁止になっても明後日には現在の軽自動車のラインナップをすべてカバーしたラインナップのリッターカーが用意できる。
軽自動車規格がなくなって一番喜ぶのは日本メーカーじゃないかな。
次に喜ぶのは韓国メーカーからな?
安かろう悪かろうでよければ、韓国メーカーの自動車も視野に入ってくるでしょう。
家電見たく「悪すぎた」でなく「まあ、この値段だから仕方ないよね」と思わせる売り方ができれば何とかなるかもね。
購入した人は「マツダ地獄」と同じ道に突き進むかもしれないけどケナンチャヨ

投稿: 名無し | 2012.01.18 05:13

投稿: 名無し | 2012.01.18 05:13 さま

リッターカーの原価って軽より安いですか?
販売台数考えても軽の方が量産効果がでて安いと思いますが。

ざっと価格を見てもこんな感じでしたが。
マーチ12X 123万
ワゴンR 102万

投稿: 森のクマ | 2012.01.18 12:59

全世界規模で売ってるのがリッターカーですから。軽自動車はガラパゴスして久しいんです。
少し前までなら軽自動車をそのまま売ってましたが今はワールドワイドスモールカー≠軽自動車。日本で言うと「~ワイド」とか言う車とか「~7」とか(ちょっとたとえが古いか)。アノ手の車は日本国内販売が壊滅状態だけどカタログ落ちしないのはそのあたりの事情があるのネン(営業車に軽を認めていない会社が少なからずあるのも原因ですが)。その辺は例えばその手の車はセダンでないといけませんという意味フな法律がある自動車先進国とかも一緒かな。優遇税金で囲ってガラパゴス化しているのはアメリカのピックアップも同じだけど(FFプラットフォームしかないのにそこに食い込んでいるホンダは何?っていう話はあるけど。他の日本メーカーは問題なくそこに食い込んでそこそこ収益を上げているし。なんでアメリカも軽の市場に食い込もうとしないのかしらっていう言い方は卑怯か)。
もう、リッターカーのシャシーをぶった切って(たとえ話ですよ。あくまでたとえ話)造るような設計なのが今の軽自動車。生産ラインが一本化できれば万々歳でしょ。既に軽とリッターカーは混在ライン化しているけど(プリウスとサイオンが同じラインに流れているトヨタもどうかと思うけど)。

実勢販売価格上の店舗利益やメーカー収益上で考えると軽自動車は3%を切っているし(今はもっと酷いかも)、市場価格だけ見ても原価は出てきませんぞ。メーカーの利益なんてのはもっと出てきませんぞ。5パーセントを切ると原材料費やら災害リスクやらの部分を吸収できなくなるからギリギリな状況ですな。混在ライン化で何とかしているけど。現行のマーチはぼったくりでうはうは価格になってますし(結果論だけどね。原因はアレですけど、メーカーも予想外でしょう)。

投稿: 名無し | 2012.01.18 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間対コンピュータ:

« ドクターヘリは無駄遣い | トップページ | 台湾有事という絵空事 »