« 努力は報われない | トップページ | ホルムズ海峡封鎖に備える »

2012.01.09

自主財源比率を給与基準に

※ 橋下徹大阪市長が“古巣”の『たかじんのそこまで言って委員会』に凱旋
http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/2005510/full/

  その番組で、マンセーマンセー! と落涙して将軍様を仰ぎ見たコラムニストがいらしたんてすって?w
 昨日の、朝のテロ朝の番組の冒頭で、大阪市交通局のサラリーに関して、レーン監視員というのを紹介していましたがびっくりしましたね。バスレーンを監視する人がいらして、一日4時間のレーン監視と1時間の乗客案内で平均年収1千万円(^_^;)。しかも、一人で済むだろうに、同じ場所に3人も立って誘導している(恐らく組合側には言い分があると思う)。

 私の知り合いに、とある市バスを抱える市役所勤務の人がいまして、いわゆるラインに乗った人間です。ある日、異動になったと聞いて、場所が交通局なんです。所がその説明が「とにかく一度は交通局に行かなきゃならないだよねぇ」という口ぶりだったので、組織の外にいる私は、ちょっと首を傾げたことを覚えています。つまり役場の中でも、現業部門というのは、行かずに済ませたい部門として認識されている。

 それで、橋下さんは、組合の支持がなければ首長に当選しない、だから組合に対して誰も強く出られない、みたいな話しをなさってますが、私としては、やっぱりメディアとの関係を指摘したいです。地元のメディアが、そのことをしつこくレポートしてキャンペーンを張れば、首長だって議会だってそう無茶は出来ないでしょう。所が、日本では昔から、そのマスゴミさんも懐柔されていたから、そもそも問題を住民が知る手立てがなかった。
 そういう現象は、実はネットに押されて地方紙がバタバタと倒れているアメリカですでに加速していて、日本でもこれから地方紙が潰れる。全国紙の地方取材が縮小相乗り化して行く中て、さらに酷くなるでしょう。
 それに対して、ネットを使って地方自治体を監視するNPO等を立ち上げていくべきだと思います。

*所で、地方公務員のサラリーの策定基準として、自主財源の割合で決めたらどうだろうかと思いついたのですが。
 たとえば、鹿児島県は、自主財源比率が3割を切っています。3割を300万円と規定した上で、比率掛ける1.3X程度を、その自治体の平均給与額とする(政令指定都市は別途ご自由に)。自主財源3割だと、390万円が平均年収ラインになる。この割合をどのくらいに設定するかは、議論することにして。
 これを基準とすることで、何が達成されるかと言うと、自治体は県にしても市町村にしても、当然、可能な限り自主財源比率を上げようというモチベーションが必死に作用し、同時に、野放図に交付税を欲しがる体質に歯止めが掛かるでしょう。

※ 福島の18歳以下医療費無料化、首相が検討の意向
http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201201080330.html

 本来は全国一律でやるべきことでしょう。被曝に関する検査は当然無料で構わないけれど、福島だけそこを特別扱いするのはどうかと思います。たいした金額では無いとは言え。

※ 「国民と思っているか」 野田首相を福島・双葉町長が問い詰める
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120108/plc12010820490010-n1.htm

 半分は地元の有権者へのパフォーマンスなんだろうけれど、行政の長がこういう発言をするのはいかがと思う。いずれにしても、その廃棄物は、処理コスト等を考えると、地元で処理するのが一番安く上がるわけで、ただ最終処分ということになったら、東京湾の埋め立て地とか検討すれば良いでしょう。

※ 千葉県、初の人口減少 東京圏1都3県も人口減時代に
http://www.asahi.com/national/update/0108/TKY201201080360.html

 これは深刻ですね。神奈川も政令都市以外は軒並みマイナスに転じている。ことここに至っても、この国には年寄りのことしか頭に無い。自民党さんは親の敵みたいに子ども手当を止めさせましたが、それで良かったのでしょうか?

※ 日本大使館に火炎瓶 ソウル 中国人「靖国も放火」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012010902000019.html

 もしこの二つの犯行が事実なら、不思議なのは、中国人って、今そんなに自由に旅行できるんだろうか? たとえば日本への旅行の場合、収入証明や保証金を出して、なおパック旅行で無ければ来られないんじゃなかったの?

※ 福島第1原発:「子供守りたい」…苦闘する母子避難者
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120108k0000e040140000c.html

 こういう一般的な親を科学的な教育で納得させるのは無理よね。たとえば一週間なり二週間なり使って何処かの学校に集めて、放射線医学とやらを教育したとしても、学校の外では、それを全否定して煽る人々がいるわけでしょう。
 母性本能として、「安全だ」という声より「危険だ」という声に敏感になるのは致し方無い。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 反捕鯨支持者が日本の捕鯨監視船に乗り込む 豪州沖 シー・シェパード「拘束」主張、海保は否定
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120108/crm12010811460004-n1.htm

※ 「女性リード型の描写が進むとホモセクシュアル的な傾向が出てきて、心理的にノーマルな性交渉が難しくなる」という偏見に満ちた議事録の存在が明らかに
http://gigazine.net/news/20120108-miyazaki-kenzenikusei/
※ 日本兵の少女暴行は許せない!「日本人くそったれ」発言の歌手が反論―中国
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20120108010/1.htm
※ 海自幹部候補生、ロールケーキ万引き
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120109-OHT1T00001.htm

※ 前日の空虚重量71.5キロ

 昨夜、テロ朝の洋画枠でAVP2を放映するというので、地デジで録画したんです。所が、いざ見てみたら、なんかAVP2じゃなく、南極ピラミッド編の1じゃないですかぁ。しかもやたらカットされまくり。あれ? ラテ欄を勘違いして見てたかなぁ……、ととりあえず見続ける。それにしてもカットが酷い。したら、なんと映画は1時間で終わって仕舞う。
 まさか!? と思っていたら、そのままAVP2が始まってしまう(^_^;)。しかもこちらもカットされまくり。2に至っては、誰が主役なのかすら解らない。こんな無茶なことを誰が思い付いたんだろう。

※ 有料版おまけ スーパーで売っているRO水がたいして綺麗でなかった件。

|

« 努力は報われない | トップページ | ホルムズ海峡封鎖に備える »

コメント

>野放図に交付税を欲しがる体質
私も東京・大阪・名古屋・横浜しか税金納めてない(政令市なら±0かな)現状は改める必要があるとは思うのですが、少し補足します。
詳細は地方財政計画でググってもらうとして、粗っぽくまとめると地方の支出総額を総務省が地方財政計画で定めて、足りない分が交付税で補填されます。地公体に欲しい欲しい体質があるのは事実ですが、別な誰か(メーカー・ゼネコンやら議員さん?)が地方に勝手に計画押しつけて地方交付税につけ回すこと可能で、地方が全て望んでいる案件でもなかったりします。

投稿: | 2012.01.09 10:28

>一般的な親を科学的な教育で納得させるのは無理よね。

今回の事故で「科学者が当てにならない」と思い込んでますからね。


だとしても、デタラメばっかりの似非専門家や扇動ジャーナリストを
信じ込むのはカルト宗教にハマってるのと同じ。

科学的な教育=御用とかレッテル貼ってる扇動者を信奉して
効果の怪しい民間療法やサプリとか売りつけられる羽目になってますしね。

投稿: | 2012.01.09 10:54

>福島の18歳以下医療費無料化、首相が検討の意向
>本来は全国一律でやるべきことでしょう

こういう意見もある。ただでさえ供給が不足している時に、需要を増やせばどうなるか。経済学的な見方だと当たり前ですが。

http://www.higashinihon-group.com/jichitai_topics/000820.html
>全国の自治体が競いあって小児医療費無料化を進めている。  美濃部都政 老人医療費無料化で何が起こったか。病院が老人のサロン化し、殺到する健康老人のために老人病院が跋扈し、医療費が急上昇し、医療の質が著しく低下した事の反省がない。 地方公共団体の長も議員も住民に耳あたりの良い迎合政策を病院の意見にまったく耳を貸さず、条例制定している。 この結果、小児科診療の夜間軽症患者が急増し本当に必要な重篤の小児患者まで診療の機会を奪われる事になったと言える。

公立病院改革で小児科医師不足の結果責任は、院長にはなく、知事・市町村長にあると法制化された理由の一つである。 小児科医不足の自治体は誤りを認めて、条例改正すべきである。 無料化廃止で浮いた税金を小児科医招聘費用・産婦人科医確保に全額をただちに充当すべきである。 小児科医の不足を国に訴える自治体は自らが井伊雅子教授の労作を読んでからにして欲しい。<

こども医療費無料化と小児科勤務医不足
http://blogs.yahoo.co.jp/kqsmr859/23796477.html

投稿: | 2012.01.09 10:58

>科学的な教育

生き方の問題かと

投稿: たつや | 2012.01.09 11:15

>3割を300万円と規定した上で、比率掛ける1.3%程度を、その自治体の平均給与額とする(政令指定都市は別途ご自由に)。
>自主財源3割だと、390万円が平均年収ラインになる。

これ、130%じゃないでしょうか・・・ 

投稿: | 2012.01.09 11:50

> こういう意見もある。ただでさえ供給が不足している時に、需要を増やせばどうなるか。
> 経済学的な見方だと当たり前ですが。

確かに。
その点では、高齢者も負担割合を3割に統一することが望ましいのでは?

高齢者の負担正常化(負担増と言うと反発もあるので、一般と同じにするという意味で正常化)、
子どもの医療費無償化の廃止などで浮いた財源で、
少子化対策を進める方が将来のためだと思います。

投稿: | 2012.01.09 12:02

>これ、130%じゃないでしょうか・・・

 1.3×と書くべきだすたorz。

投稿: 大石 | 2012.01.09 12:23

>自民党さんは親の敵みたいに子ども手当を止めさせましたが、それで良かったのでしょうか?

極論ですが、子ども手当を支給されないと子どもを産めない、育てられない、そんな親は生まなくて結構だと思います。自分で産んだ子、産ませた子くらい、自分の財力・知力で育てろよ。

よく豚骨・ギタギタを売物にしているラーメン屋に土・日の朝から茶髪・金髪、ピアスの両親が、幼稚園児くらいの年齢の、これまた茶髪・金髪、えりあし伸ばした子どもを連れて食べに来ているけど、「バカか!!」と殴りたくなってしまう。
もちろん、真面目に働いても給料安い若い親もたくさんいるのは知っているけれど。

制度としては、公立小学校・中学を無料、高校・大学奨学金拡充で十分でしょう。、

投稿: 通りすがり | 2012.01.09 12:36

>半分は地元の有権者へのパフォーマンスなんだろうけれど、行政の長がこういう発言をするのはいかがと思う。
小さな町の行政の長たるものだから余計に必要。全てがパフォーマンスのどこかの政府を見習っているのかもしれぬ。今の政府では最後には条件闘争に持っていくか、強制的に施設を造るかしかなくなるでしょうが、マジ普天間と同じ構図になる。

>RO水
ポイントカードを持っていればRO水一本タダという某スーパーがありまして毎度使ってますが、コーヒーを入れるとメイカーにカルキが付いてこないだけももらってくる理由になる。何せ家庭用浄水器はフィルターカートリッジ代が交換目安三ヶ月で五千円とかしますので。

投稿: 剣 | 2012.01.09 13:02

>「バカか!!」と殴りたくなってしまう。

たまの土日に何を食べようがそれで貴方に蔑視されるいわれはありません。
平日の昼間からジャンクフードならともかく。
貴方のは理解できない文化を見下しているだけなんじゃないの?

投稿: 班目 | 2012.01.09 13:35

豚骨に罪は無い!w

あなたもそこで食べてるの?

投稿: nao_c/w | 2012.01.09 14:17

つか、子ども手当に少子化を止める効果なんてありませんけどね。最近になって、民主党政権は「子ども手当のおかげで出生率が上がりました!」とかデマ飛ばしてるけど、出生率は小泉政権の好景気の頃の方がはるかに高い。子ども手当に使う無駄な金があるならその金を素直に景気対策に回した方がはるかに効果的。ましてさんざん揉めてた年収1000万円以上に月一万だの五千円だのとか何も考えてないとしか思えない。

投稿: | 2012.01.09 14:37

>美濃部都政 老人医療費無料化

美濃部都政に批判があって当然だが、当時の状況を考慮すると悪くない政策だな。
老人の多くは無年金、無収入で殆どが健康保険の被扶養者になっていた。
3割自己負担していた時代は、老人本人ではなく息子や娘がかわりに払っていただけ。子供の扶養になるということは国保でなく政管か組合健保なので無料化されても医療費の7割は健保持ち。だいたい、老人の数が少なかった。

両親を養いながら子育てもする。これが標準だったので、老人医療費無料化は都民から指示され、強力な内務官僚上がりの鈴木都知事でもここだけはいじれなかったな。今は状況が違うのでどんどん自己負担させてください。

投稿: すっぽんスープ | 2012.01.09 15:02

>貴方のは理解できない文化を見下しているだけなんじゃないの?
>たまの土日に何を食べようがそれで貴方に蔑視されるいわれはありません。

豚骨・ギトギト・ラーメンを幼児に食べさせるのが文化なのかな?
土日に成長半ばの幼児にそんなもの食べさせる親が平日にまともな食事を用意しているとお思いか?


>豚骨に罪は無い!w

もちろん、無いさ。自分で何を食べるべきか判断できる大人は、豚骨だろうが油ギトギト・ジャンクだろうと自由さ。

投稿: 通りすがり | 2012.01.09 16:40

今日は成人の日ですね・・・

秋元康 - 8:01 -
Mobile - 一般公開
新成人のみなさんに、僕の好きな言葉を贈ります。
「人生、無駄なし」
一見、無駄のように見えることも無駄じゃないってことです。
寄り道や遠回りも、何か意味がある。
人生は一筆書きだからね。
10年後の君は、今日の寄り道や遠回りの先にあります。
失敗を恐れないでください。

だ、そうです・・・

投稿: | 2012.01.09 17:08

>こういう一般的な親を科学的な教育で納得させるのは無理よね。
放射線による健康被害は大人より子供の方が深刻であるって情報は一瞬で広まったからなあ。それこそ光より早かった感じがする。

しかも、核分裂の概念は難しい。姿の見えない得体の知れない毒とかウイルスみたいな印象ではなかろうか。大学の実験で、Co60が入っている鉛箱の蓋を開けてガイガーカウンターで計測したのだけど、正直怖かった。大学で物理の勉強をしている学生でも怖いのだから、そういう知識がない人はもっと怖いに違いない。

一番の問題は、専門家の話が信用されないことでしょう。私も(やや畑違いとはいえ)元専門家として、事態を軽視しすぎていたことを反省しているけど、原子力村、御用学者だなんだと煽りまくった人々の罪はもっと重い。野田首相が軽率に終息宣言を出したのも悪い。

それにしても、流言飛語が広まる過程を研究しているひとにとっては、非常に興味深い実例になるでしょう。

投稿: ピンちゃん | 2012.01.09 18:02

>流言飛語が広まる過程を研究しているひとにとっては、非常に興味深い実例になるでしょう

典型的な流言蜚語のパターンで、特に目新しいポイントはないと思います。
デマの法則は、一般的に
・情報の受け手側に、重要な影響を及ぼす
・情報が比較的に曖昧である(明確に否定できない)
この2点がポイントで、副次的に
・社会状況に不安定な要因がある
・情報の発信者が不明である(不明-曖昧になる)
私はこのように整理しています。人によっては、整理の仕方が異なるでしょう。
今回の放射能への危惧もまた、典型的なコミュニケーションギャップでしょう。

ネットやツイッターでの情報拡散のあり方を否定的に語る方がいますけど、むしろ、それらのツールはデマを起こり難くしていると思います。
関東大震災時の「朝鮮人が飲み水に毒を入れた」などと比べると、濃密な情報によって状況が明確であり、デマの消火が容易に行われていると思います。
放射能については、そもそも意見の違いによる由来じゃないですか。煙草や酒を忌避する方もいるし、私のように煙草上等の人間もいるし。中には、離れた位置で煙草を喫っていてさえ、ヒステリックに許せない人間もいるわけだし。

投稿: ペンチ | 2012.01.09 19:14

>>自分で産んだ子、産ませた子くらい、自分の財力・知力で育てろよ。
まぁ、その根性論の結果が、今の出生率だし、結婚どころか恋愛すら端から諦めている今の若者なんですけどね。
移民も嫌だって言うし、誇りを持って衰弱しましょうというのが国民世論だっていうんですから、それもしょうがないですわね。

投稿: 義忠 | 2012.01.09 19:14

>土日に成長半ばの幼児にそんなもの食べさせる親が平日にまともな食事を用意しているとお思いか?

それがもう偏見だっての。平日からならともかく、たまの休日に家族がそろってファストフード食べたっていいじゃないか。
豚骨だろうがマクドナルドだろうがお好み焼きだろうが焼肉だろうが濃い味付けって意味合いなら同じだろ。

投稿: 斑目 | 2012.01.09 20:21

>科学的な教育で納得させるのは無理よね

東大 早野核物理学教授

>1974年に中国が大気圏核実験を行い,東京に雨とともに放射性物資が降った.
>学生だった私はガイガーカウンターで人々の頭髪や衣服などを測定.
>その数値は,福島の病院で被曝された方々と同程度以上,
>都民の多くが被爆したはずだが,それによる健康被害は現在にいたるまで報告されていない.

http://twitter.com/#!/hayano/status/46978697999286273

1974年あたりは私も幼児でしたが、毎日外で遊んでたから
当然これで被曝したでしょう。(もちろん先生も)

でも私の世代でがんや健康被害が
ことさら高いなんて話はぜんぜんありません。


こういう実録のデータは無視して、逆に「御用学者」などとレッテルを貼り
妄想レベルでデータも根拠も無い恐怖扇動者のことは信じてしまう。

彼らの精神構造は、安全安心を求めているのではなく
自分の不安を他と共有したいだけ。
怖がっている自分を肯定したいだけ。

そういう心の弱さを扇動者がつけ入り
自らの政治運動に利用したり、
怪しい薬やまともに計測も出来ない
ガイガーカウンターなどを
売ろうとしている。

投稿: | 2012.01.09 20:51

早野さんは自分の記憶ではなくデータの出典提示できるのだろうか。

降下セシウムは核実験時代の3倍 「早く沈静化を」と専門家
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032501000755.html
>福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の21~22日に、1960年代前半まで行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが25日、分かった。

投稿: | 2012.01.09 21:15

>降下物

近くで低い高度から一気に降下する場合と
遠くから高い高度からだらだら落ちる場合

http://kotobukibune.at.webry.info/201104/article_10.html

これも好み?

投稿: たつや | 2012.01.09 22:06

>典型的な流言蜚語のパターンで、特に目新しいポイントはないと思います。
ふ~む、よくわからない分野のことを思いつきで書いてしまったのですが、そう言われてみるとそんな気がしますね。節操がなくて申し訳ありませんが。

>ネットやツイッターでの情報拡散のあり方を否定的に語る方がいますけど、むしろ、それらのツールはデマを起こり難くしていると思います。

この指摘は興味深いのですが、電脳空間に限定すると、流言飛語(≒陰謀論?)がはびこりやすい属性もあるように感じます。受け取る側のリテラシーに依存するのかなとも思いますが、同じく匿名だとすると、正しい情報を発信しようとする人は抑制的で、ある種愉快犯的な匿名はどんどん誤った情報を書き込み、混乱を助長することができる。

私が悪意ある匿名だった場合、かなり巧妙に事態を煽ることが出来るような気がします。

投稿: ピンちゃん | 2012.01.09 22:09

何かホルムズ海峡がきな臭くなってきた様子で。
イランが封鎖を実行した場合に、早期解決は望めるんですかね?
封鎖が長期化すれば、震災でも備蓄に影響が出ている日本は、数ヶ月から半年で発電関連に影響が出そう。
回避できればと思いつつも・・・。
現在放射能危機を言い募って原発即時廃止を煽っている方々が、原発再開と熱中死の危機のどちらを選択するか、見てみたい気もすると。
根性が悪いとは思うんですが、あの連中を見ていると思ってしまう自分がいる。

投稿: ヒグマ | 2012.01.09 22:37

○福島のセシウム濃度上昇に関する小考察
http://sekihin.jugem.jp/?eid=3821

他人様のブログで拙ブログのエントリを宣伝する形になることを許してほしいのですが、ネットで話題になっているセシウム濃度上昇の件について書いてみました。大石さんのブログ読者にはこの方面で私より詳しいひとが多くいるみたいなので、もしも間違ったことを書いていたら指摘していただきたく、不調法なことをしました。

間違いの指摘などは、勝手ながら私のブログのコメント欄でお願いします。

投稿: ピンちゃん | 2012.01.09 22:42

>一般的な親を科学的な教育で納得させるのは無理よね。

この記事に載せられている方々は「相当に特殊な事例」なのではないでしょうか?
福島県民ならいざしらず、千葉県民が無職の状態で離婚してでも九州に逃げるってのは、耳にしたことはないです。
今は仙台に住んでおりますが、地元という事もあり、仕事で県全域を担当していた事も有って、年末年始の際には県のあちこちの方と接触する機会は多かったですけど、「避難」という話は出ませんでした。
ですから「一般的な親」というよりも「特殊な親」とした方が良いような気がします。
まあ、どう呼び方を変えても「科学的な教育で納得させるのは無理」という結論だけは全面的に支持致します。

だって車のディーラーが言ってましたもん。
「エアコンのフィルターでセシウムやそういった放射性廃棄物を防げるのはないのか!」って怒られる時があるって。
タンクやIFVくらいですよねえ。そんなもん付いているのは。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2012.01.09 22:55

>>何かホルムズ海峡がきな臭くなってきた様子で。
さすがに地上戦はないとは思いますけどねぇ……。

投稿: 義忠 | 2012.01.09 22:55

>まぁ、その根性論の結果が、今の出生率だし、結婚どころか恋愛すら端から諦めている今の若者なんですけどね。

それ、何の根拠も無いですよ。
今の若者は過去のように人が大勢死ぬことがないから、結婚や子育てに積極的にならないだけです。
人間以外のほ乳類や鳥類などと同じで、個体数が増えれば出生を控えるという動物的な本能です。

また、人口が減ると国が衰退するというのは根拠が薄いです。歴史では人口の増加が原因で滅びた国の方が多いわけですし。

投稿: ほる | 2012.01.09 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自主財源比率を給与基準に:

« 努力は報われない | トップページ | ホルムズ海峡封鎖に備える »