« 理解されない電力危機 | トップページ | 天道是か非か »

2012.04.03

NW「普天間と日本」を読む

 遅くなりました。先週発売のNW日本語版の特集記事です。メイン記事を書いたのは、カーク・スピッツァーというあちらの軍事ジャーナリストです。
 要点は4つ
1.国防総省が発表する1万を超える在沖海兵隊という数字と違い、実際の戦闘兵はせいぜい2千前後である。ほとんどは司令部要員と情報関係であり、在沖海兵隊の戦闘能力は実は限定的である。
2.その実戦部隊は沖縄を留守にしがちで、しかも海兵隊が沖縄にいることが、必ずしも任務の効率化に貢献していない。彼らは、中東の戦地に赴く時は、必ず西海岸へいったん引き揚げ、数週間の訓練を経た上で沖縄を経由することなく戦場へと向かっている。「沖縄の基地に駐留していることで時間を節約できるどころか、むしろ遠回りを強いられている」。朝鮮有事には在韓米軍が、台湾有事には第七艦隊がおり、海兵隊の出番はない。
3.エア・シー・-バトル構想の実現化で、国防総省は空軍力と海軍力で脅威に対応する戦略を進めており、そこに海兵隊の居場所はない。
4.沖縄戦で莫大な犠牲を払った海兵隊にとっては、沖縄は特別な意味を持ち、また議会に強力なロビーを繰り広げる海兵隊は、いざ撤退となっても象徴的な部隊を沖縄に遺すことに固執する可能性がある。

 この後の記事は、「ひゅうが」がまんま空母になるとか、ちと首を傾げる部分もあるのですが、全体として、そもそも在沖海兵隊が存在しなければ、アメリカの戦略は達成できないのか? 軍事技術も進歩している今、海空でカバーできる。そろそろ引き揚げることを考えてもいいんじゃないの? という論旨です。
 こういう発想がアメリカ国内、国防総省や軍、議会で広まってくれれば、あとはむしろ日本側の問題です。人質としての利用価値があるからいて貰わなければ困る、そのためには沖縄県民の心情は無視して構わないとする日本側の問題です。
 恐らく、司令部機能の岩国移転の先には、本体の沖縄脱出という絵柄もあったはずで、日本側からその芽を摘んだというのは残念ですね。
 こういう記事を読むと、頑迷な海兵隊や米政府を口説く前に、まず日本国内で海兵隊が沖縄に必要か否かの議論を行って結論を下さなければならないということを痛感します。人質は多いに越したことは無いという議論から前進しないと。

※ <大飯原発>大阪府・市が再稼働の前提に8条件
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0401/mai_120401_7568229753.html

 昨日発売の週刊エコノミストの巻頭コラムで、古賀さんが、この8条件というのを書いています。いちいちもっともな条件なんだけど、それはどう読んでも、今後とも原子力依存を続けるとしたら必要な条件であって、明日大飯原発を動かすための条件としては、あまりにもハードルが高すぎる。だって、使用済み核燃料の処理問題に目処を付けるべきだなんて条件も入っている。こんなの数ヶ月や一年で結論が出せる問題じゃないでしょう。

 野党時代の民主党もマスゴミも、こんな無茶苦茶なお人を改革派官僚と持ち上げていたのかと絶句する。

※ 不規則発言で枝野氏が参院予算委退席
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120402-OYT1T00474.htm

*枝野経産大臣「帰っていいのか」
http://www.youtube.com/watch?v=oEUP3I6HKV4&feature=player_embedded

 政府側の椅子に座っていてこの発言は無いと思う。問責するとしたら防衛相ではなくこっちでしょう。

※ フォークランド領有権譲らない キャメロン英首相
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120402/amr12040220130004-n1.htm

*フォークランド紛争から30年、海底油田めぐり緊張高まる
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2012/04/69715.php

 正直、時代錯誤な悪しき植民地主義としか思えない。

※ 社会活動に取り組む人になぜ「聖人君子像」を求めるのか
http://diamond.jp/articles/-/16860

>元内閣府参与で反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん

 湯浅さんの場合、政府の中に入って、いろいろやってみたら、やっぱり非正規雇用は無くせない現実に気付いたということで、責められないでしょう。もっとも、彼の周囲にいる連中は原理主義者だから許せないだろうけれど。
 一般論として言えば、悪党の秘密を暴いてもつまらないけれど、善人の秘密を暴くのは面白いからですよ。それは人間の性みたいなもの。

※ 三菱重工、 主力戦車 「10式戦車」を13両納入
http://www.nikkan.co.jp/news/photograph/nkx_p20120402.html

 凄い! これで中共にも勝つる(>_<)。一年で13両も買って貰えるなんて! 我が軍は圧倒的じゃないか。てことは、10年で130両も揃うんだぜ。ええと、仮に600両を10式でリプレースするとなると、46年もあれば、最新鋭戦車が揃うだでよorz。
(てこたぁ、20年で更新となると、260両入れた所で30式戦車と交替かと思ったら、中期防では戦車は400両に削られたから、90式をある程度代替するにしても、毎年20量以下の発注でも、調達はあっという間に終わるのねorz)

※ 平家の末裔?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0401/495834.htm?from=yoltop

 黙っていたけれど、実はおいらも……、てな話があればいいんだけど(^_^;)。うちの田舎は、この手の、何とかの末裔伝説はほとんど無いですね。薩摩半島の方は、れいの秀頼の薩摩落ち伝説等があるけれど。
 でも罪は無いよね。「だから、今は貧しくとも誇りを持って生きなさい」、とか、「いつかはお家再興のために頑張ろう」、という戒めや励みにはなる。

※ 警視庁が20人の「2ちゃんねる特捜班」 読売新聞も応援
http://www.news-postseven.com/archives/20120402_98672.html

 当ブログは、本件に関して全力でお上の提灯を持ちます!

>一部のユーザーの不届きな行為で

 そういうレベルじゃないでしょうがw。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 外務省警備員:死亡は過重労働による労災と認定
http://mainichi.jp/select/today/news/20120403k0000m040070000c.html

※ 隣国の神経を逆なでする日本 その思惑は?
http://j.people.com.cn/94474/7776736.html
※ 処置怠り薬物中毒死と提訴 両親、産業医科大病院を
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120402/trl12040212130000-n1.htm

※ 日本でも上映禁止の危機、問題作「ムカデ人間2」の行方
http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=951232

※ 陸自、広報用パンフレットと写真広報誌「ARMY」公開中
http://news.militaryblog.jp/e314955.html
※ 「トータル・リコール」予告編フルバージョン公開、あのシーンはどうなるのか?
http://gigazine.net/news/20120402-totalrecall-movie/
※ 米軍が支援する「ハチドリ・ロボット
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120402/wir12040215010002-n1.htm

※ 北朝鮮、“人工衛星”打ち上げにJAXAを招待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00001134-yom-int

※ 重体選手に「死にやがった」 差別的発言の学生に実刑
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120403/scr12040309210002-n1.htm

※ 「朝マック」で新聞無料サービス 6日から先着100人
http://www.asahi.com/business/update/0402/TKY201204020520.html

※ 前日の空虚重量73.3キロ

 土曜日は頑として出されなかった強風警報が朝から出ている。関東地方はまだまだ静かですが。かき入れ時なのに、京葉線が止まることは解り切っているから、舞浜の皆さんも辛いですね。

※ 有料版おまけ この流通革命で生き残れるのは誰なのか?

|

« 理解されない電力危機 | トップページ | 天道是か非か »

コメント

>だって、使用済み核燃料の処理問題に目処を付けるべきだ
それ以前に、今ばら撒かれて除染(と称して)集められた放射性物質の処理問題すら目途が立っていないのに。
焼却炉でガレキ燃やしたら、セシウムは気化して煙突から再度広域拡散するだけです。
(焼却温度はダイオキシン対策で800~850℃以上、セシウムの沸点は670℃内外)

被曝ガレキじゃ「ない」ガレキは、津波で潮被ってても焼却処理はできますけど塩素分が高いから中和石灰を
入れる。これをヤルと、塩化カルシウムで炉の煉瓦がメタメタになる。ダイオキシンは出ないけど、長い目で
見りゃ焼却施設のランニングコストはバカ高になりますね。

投稿: | 2012.04.03 12:47

>中期防では戦車は400両に削られたから
現中期防での戦車の調達予定は68両ですね。
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2011/chuuki.html

投稿: | 2012.04.03 12:48

> 平家の末裔?

別に秘匿しておくような話ではありませんから小町質問者は的はずれ、もしくは作り話か。
壇ノ浦合戦で捕まり能登に流された平時忠の子孫、時国家は有名で金田一モノや旅情ミステリーの題材にされていますね。
東京の代議士、平将明議員なんか説明入りませんね。実際が末裔か否かは関係ない、有権者が勝手に想像してくれる。落選すると平家の落ち武者なんて笑われる。
それにしても、NHK大河の清盛だが視聴率的には惨憺たる状況。一部で松山ケンイチの顔と演技が杉村太蔵に酷似していると言われているが、なるほど納得。

投稿: | 2012.04.03 13:32

>処置怠り薬物中毒死と提訴 両親、産業医科大病院を

・医者がわざわざ駐車場まで見に行った?
・治療していなければミスはない罠
・119番へは電話しなかったの?

投稿: | 2012.04.03 14:12

記事の通り 海兵隊の実戦部隊が留守にしがちで ほとんど沖縄にいないのならば沖縄の負担軽減とか 普天間の騒音問題とか解決していると沖縄に説明できる
 あとは嘉手納の部隊が留守にしがちになってくれれば 沖縄の基地問題は解決の方向に・・・ 

投稿: | 2012.04.03 14:14

>NW「普天間と日本」を読む

買いました。(こんな薄いのが450円もすんのかよ。エッチなグラビアもついてねえ)
記事の内容はネットでよく見かける県外移転派の意見の集大成って感じですね。
自分としては正直目新しい内容ではなかったのですが、これが記事になると言うことは、
日米とも大多数の人達はこういった事情を知らないということなんでしょうね。

>まず日本国内で海兵隊が沖縄に必要か否かの議論を行って結論を下さなければならないということを
痛感します。

おっしゃるとおりだと思います。ただ、仮に沖縄に常駐する必然性が無いと政府が認めたとしても、
それで県外移転が実現するかどうか。現実に県外で海兵隊を受け入れる自治体がそう簡単に見つかるとも
思えないし(私みたいに海兵ウェルカムなんて人間はスキモノらしいし)あったとしても今度は大小の
演習場を抱える自治体の説得が必要になる。水陸両用車の自走ビーチング訓練で砂浜が必要だしそこの
漁協のハンコもいる。ヘリが飛ぶから騒音対策で周辺自治体のハンコもいる。演習場から弾かれた自衛隊の
訓練も手当てせにゃならないし、それで沖縄の演習場を使うならフネの手配もいる。
仮に海兵隊が佐賀空港とその周辺に移転したとしても(懲りないね俺も)、説得先は佐賀県と佐賀市だけに
とどまりません。恐らく九州全部の県とそこに所在する数十以上の自治体や団体の説得が必要となる。
10年かかっても出来るかどうか。(これが中国なら1ヶ月くらいで「説得」するんでしょうけど)
結局沖縄に「現実問題として県外は無理です。勘弁して下さい」と泣きを入れることになるんじゃないですか。
「試合には負けたが勝負には勝った!」と仲井真知事が言うのかどうかは知りませんが。

投稿: 川副海苔 | 2012.04.03 14:19

 >平家の末裔?

 たしか大隅半島の太平洋側って、平家の落人伝説って、残っておりませんでしたっけ?
 「辺塚(へつか)」なんて、モロイメージさせられる地名ですし。
 内之浦大浦には、平家の落人伝説が残るのに、八幡神社(源氏の守護神)が祀られているのも、
妙にソレっぽかったり・・・・

 島津の殿様が、源氏の末裔であることを盛んに喧伝されたおかげで、その家来衆は・・・
 実は英司先生の預かり知らぬところでは、大石家でも一子相伝で・・・・

                       ・・・・おや?。外に誰か、来たような・・・・

投稿: ごろごろ | 2012.04.03 15:46

種子島氏は平氏です。
武士は源平どちらかを名のるので執権北条氏も織田信長も平氏。

投稿: | 2012.04.03 15:59

 志布志方面はそういうのがあったかも知れませんね。ただ、親父の田舎の高山とかは、後に島津に占領されて歴史自体を島津が抹殺というか、島津に都合良く書き換えられたので、私自身は聞いた記憶は無いです。

 所で、コメント欄にシステム上のトラブルが発生しています。

 スパム・フォルダーに落ちたコメントをサルベージしようとさっき「公開」設定のボタンを押したら、頂戴したコメントがそのまま行方不明になりましたorz。川副さんのコメントです。申し訳ありません。
 何が起こったのだろうと思っていたら、何と三日前に投稿されたままスパム・フォルダーに落ちていたらしいコメントが突然ぞろぞろと(スパム・フォルダー内に)出て来ました。
 反映はしているのですが、反映されるものとされないものがあるみたいです。今後は、反映ボタンを押す前に、テキストとハンドル名をコピーしてから作業したいと思いますが。

 ここしばらくココログからのお知らせで、サーバーがトラぶっている様子が窺えるので、恐らくそれが原因だろうと思います。

投稿: 大石 | 2012.04.03 16:11

>焼却炉でガレキ燃やしたら、セシウムは気化して煙突から再度広域拡散するだけです。

そんなに心配なら煙突や施設敷地内にモニタリングポスト置いて
1時間ごとに常時観測すればいいだけの話。
仮に数値の異常上昇があれば焼却を停止させれば拡散は最低限で済む。

静岡島田市ではすでにやっている。
(焼却前と焼却後の煙突排気測定と
敷地内および近隣小学校での空間線量測定)
http://www.city.shimada.shizuoka.jp/mpsdata/web/7576/sokuteikoumoku.pdf

>津波で潮被ってても焼却処理はできますけど塩素分が高いから

いきなり被災瓦礫だけを一気に焼却するのではなく
一般ゴミと混ぜて割合減らせば良いだけの話。当然島田市も以下略

http://www.city.shimada.shizuoka.jp/mpsdata/web/7576/sikensyuryo_info.pdf

「一般ゴミ85% 災害廃棄物15%を混合攪拌後に焼却」

反対のための素人のイチャモンなんて焼却施設側はとっくにお見通し。

投稿: | 2012.04.03 17:53

>野党時代の民主党もマスゴミも、こんな無茶苦茶なお人を改革派官僚と持ち上げていたのかと絶句する。

結局、「反体制派やマスゴミに持ち上げられた」結果、「手段」が「目的化」しちゃってるわけですよ。

最初は問題点の改革や是正のための意見具申だったのが
シンパが増え持ち上げられた結果、「とにかく反対のための反対」になって
上げた拳を降ろせなくなってきている。

ちょっとでも迎合すれば「裏切り者」「変節漢」扱いです。

ありがちなモンスター化です。
問題の指摘から始まったはずが、極端な先鋭化とカルト化の果てに内部分裂と粛清合戦です。


今の反原発派もネトウヨも、古くは左翼活動なんかも同じ道を行ってます。

反原発派の「裏切り者粛清」は酷いモンですよ。

ツイッターとかで、ちゃんと測定して汚染の少ない瓦礫処理に賛成しただけで
「原発推進派」「エア御用」のレッテル張りで総攻撃ですよ。

なんで瓦礫処理と原発推進が一緒なのか理解不能ですが。

投稿: | 2012.04.03 18:08

>まず日本国内で海兵隊が沖縄に必要か否かの議論を行って結論を下さなければならないということを
先生の話の趣旨からすると「日本国内で海兵隊が必要か否かの~」としたほうが。

投稿: | 2012.04.03 18:22

セシウムが気化して云々というなら、ここを読むことをお勧めします。

http://ruby.kyoto-wu.ac.jp/~konami/Diary/?date=20120328

投稿: フロレスタン | 2012.04.03 19:43

>投稿: フロレスタン | 2012.04.03 19:43 様

煙突から拡散、というのはありがちなデマというかレトリックだったのですね。安心しました。ご指摘ありがとうございます。
また、柏市等、被災地から離れたホットスポットの焼却炉の被曝灰が出ているところで、フィルタの被曝が問題になっている
というのも得心がいきました。ちなみに、柏市ではシャフト式高温溶融炉も使っているのですが、ここでも処理後の残存メタル
よりスラグの方が高線量で参っているとのこと。減熔率が高いから、必然的にそうなるわけですね。
(アルカリ金属塩の溶融物というとひっくるめてガラス(みたいなもの)ですから、そっちに吸収される)
しかしまぁ、長野でも少量ではあるけれど被曝焼却灰が出ているとのことで、厄介なものをばら撒いたもんです。

>投稿: | 2012.04.03 17:53 様
>反対のための素人のイチャモンなんて焼却施設側はとっくにお見通し。

今、国がやろうとしてるのは、双葉郡に各地の老朽焼却炉をもってきて、移築再稼働させよう、ということなんですよ。
まず、住人の合意形成手続きが物理的に付加(全国に分散避難している)上に、今あるガレキに見合った処理能力の焼却施設
を造っても、元々の住人数からしたら完全にオーバースペック。イチャモンと言われりゃまぁソウでしょうけど、ガス分解炉
なら低温処理だからダイオキシンも出ないし燃料も不要、煉瓦も不要。減熔率も高い。それをゼネコンと組んだお役人サン達
が、超法規措置でも焼却炉をもってこようとしてる、ってのが現状です。ご参考までに。

あ、被曝してない広域分散焼却そのものは急務と思ってますよ。なんせ既に発酵してメタンガス発生してますからね。

投稿: 被曝ガレキ処理従事者 | 2012.04.03 21:08

>陸自、広報用パンフレットと写真広報誌「ARMY」公開中

拝見しました。防衛省はデザインの発注に当って、どのような手順を踏んでいるのか興味があります。防衛省の広報ともなれば、結構なお値段で発注していることと想像します。
地方公共団体だと、厳しい財政事情と厳しい会計手続きのため、格安で発注します。今回の冊子程度であれば、それぞれ十数万円から数十万円といったところでしょう。

値段だけじゃないだろ、パンフレットとともなればデザインの良し悪しが問われるべき、との反論もあるでしょう。いえいえ、そのデザインが問題なのです。
このパンフを見ると、防衛省は随意契約をやったのではないかと疑ってしまうのです。だって、ひどいデザインなんだもん。数社から案を募ったら、もっといいものが提示されますよ。

PRパンフの方は、まっさきに背景のグリッドが気になります。グリッドが目立ちすぎるのです。もっと淡い色調あるいは薄い色調にすべきです。このグリッドが肝心の内容を見せる邪魔になっています。また、写真とキャプションの間隔が不揃いという低クオリティです。それと個人的には、頁ごとの主写真に配したドロップシャドウ(落した影)を煩く感じます。
写真パンフの方は、これはもうプロの仕事とは言えません。ひょっとしたら職員自身の手によるものでしょうか。それなら文句はありません。経費削減のため、こうやって内部で制作するのは、企業も含め、今や一般的に行われていることですから。
う~ん、なんとなく2つの冊子には似た感性が感じられるので、やはり同じデザイナーが担当したのかなあ。
この感想は私の偏狭な感性によるものです。

投稿: ペンチ | 2012.04.03 21:17

〉ペンチ


自衛隊パンフの残念さは同感。。


けど、地方公共団体が効率的なカネの使い方をしてるかね?


いきなり総論とか、マジで笑わせないで(笑)
偏狭というより、構造的な問題を感じます。

投稿: | 2012.04.03 23:33

>スパム・フォルダーに落ちたコメントをサルベージしようとさっき「公開」設定のボタンを押したら、
頂戴したコメントがそのまま行方不明になりましたorz。

あー、そういえば二、三日前に携帯から投稿したコメントが載ってなかったけど、
やっぱりシステムトラブルだったんですね。コメントと言っても世間話程度の代物なので
あまりお気になさらずに。

ところでNWの普天間記事を読んでいてふと思ったのですが、よく海外の米軍基地の
維持はコストがかかると言いますよね。他国はともかく、在日米軍基地の場合は
米本土に基地を置いた場合と比べてコスト的にはどうなんでしょうか。
基地のショバ代は要らないし、光熱水料もタダ。基地従業員の給料も日本持ちだし
施設の建設維持費用も場合によっては日本が肩代わりするでしょう。
米国側が負担するのは、軍人軍属の人件費、糧食費、被服費諸々、消耗品各種、
装備品の調達維持費用(部品代含む)、燃料費、福利厚生経費、旅費等々。
でもこれって米本土に居ても出て行く金ですよね。人件費は海外基地の場合
海外赴任手当とか付くのかしら。付くとしたらその分は費用がかさむなあ。
消耗品など恒常業務で使う品物は日本の業者から入れるとして、やっぱり
円高で割高になるのかしら。よく判らんなあ。訓練経費については、陸海空とも
日本の訓練エリアは狭いし、しょっちゅう米本土に移動してあちらでやるとしたら
その分は油代がかさむなあ。人事異動で赴任旅費なんかは海を越えてくるわけだから
相当掛かるだろうし、業務調整でハワイや米本土に移動するにしても金が掛かるでしょうね。
兵器などの純正部品は米本土から取り寄せだろうし、これもカネ。

いろいろ考えたら、在日米軍基地内にジッとしている分には米本土とあんまりお金は変わらないけど、
教育訓練などで人間やモノが動いた途端、油代がウンと掛かるみたいですね。
でも日本に中継基地があるおかげで、紛争地域まで一々米本土から出向かなくても済むわけだし、
かえって油代が節約できるケースもあるでしょうね。

うーん。やっぱりわかんねえや。お酒で頭もまわんねえし、今日はこれまで。おやすみなさい。

投稿: 川副海苔 | 2012.04.03 23:53

>セシウムが気化して云々というなら、ここを読むことをお勧めします。
http://ruby.kyoto-wu.ac.jp/~konami/Diary/?date=20120328
投稿: フロレスタン | 2012.04.03 19:43<

このブログ主が誰か存じませんが、化学の専門家みたいですね。文章も分かりやすいし、というか、達意の文章といってよい。ただ、反原発派のひとがこの文章を読んで、どれだけの人が理解できるのか。反原発派の人を馬鹿にするわけじゃないけど、こういうレベルの文章を読んで理解できる人なら、極端な反原発派にはならないんじゃないかと思うんですよね。

投稿: ピンちゃん | 2012.04.04 03:57

投稿: ペンチ | 2012.04.03 21:17

http://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/PDF/koukoku/41-240227.pdf
http://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/PDF/zuiikeiyaku/2304.pdf

朝食のヨーグルト食べながら検索して5分で発見。
いろいろ書く前に、これくらい調べてみましょうよ。

投稿: 敢えて名無し | 2012.04.04 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NW「普天間と日本」を読む:

« 理解されない電力危機 | トップページ | 天道是か非か »