« オバマ辛勝 | トップページ | 人権擁護法案の詭弁 »

2012.11.09

尖閣、比例の原則

※ 首相、年内解散を検討…TPP参加表明の直後に
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121108-OYT1T01763.htm?from=top

 良いんじゃないの。国民が望んでいるのは、新年度予算を、捻れのない国会で通すことだから。選挙が終わって保守側が自民を核に烏合する時に、「でも参議院はやっぱり捻れたままで」ということが無いようにして欲しいです。
 維新が頑張るとなると、数を取って首班指名した側がすぐ分裂して、衆議院すらがそうあり得ない捻れを起こしそうな気がするけれど。

※ 「尖閣諸島で挑発行為を続ける中国の狙いは海上自衛隊をおびき出すことだ」海上自衛隊幹部学校長インタビュー
http://blogos.com/article/49806/

>「先に手を出さないというか、比例の原則というのがあって、(現段階で日本が海上自衛隊を出すというのは)それを大きく超えています。国際的にみても大きな力を出した方が手を出した、お手付きをしたということになります。日本が海上自衛隊を出してきたら、中国も海軍を出してくる口実になります。日本が先にエスカレートさせたという印象を国際社会に与えることになります」<

 比例の原則に関しては、ここでも石破さんが国会で質問した時に取り上げましたが、ちと現役幹部のこの発言は問題になりそうな気がします。
 そもそもこれは、比例の原則を持ち出すべきケースなのだろうか? 尖閣の主権を無条件に保有している我が国が、それを侵害している他国を排除するについて、比例の原則に囚われるとしたら、これは海外に対して、双方はイーブンな状況下で喧嘩しているという誤ったメッセージを送ることになる。
 原住民が刀を出した所に、インディ・ジョーンズはピストルを抜いてズドンとやったのはけしからん! みたいな話とはちと次元が違う。歩兵が血みどろの闘いを繰り広げている所に、戦術核を撃ち込んで決着させるのはいかんというレベルの話でもない。

 そもそも、中国側には、その比例の原則という概念があって軍艦を入れてこないのか? という動機の確認もないまま、日本がそれに囚われると、実効支配の実態が宙に浮くことになる。
 日本の対応戦略を練る上で、比例の原則をどう捉えるかは避けて通れない話ではあれど、現役の海自幹部が外へ向けてそれを口にすると、中国に対して誤ったメッセージを送る危険がある。

※ 「海洋権益断固守る」胡氏…中国共産党大会開幕
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121108-OYT1T00682.htm?from=ylist

 今回、軍部も大幅な若返りをしたのですが、こちらももう見事な世襲、太子党揃い。やっていることは、北朝鮮と全く同じなのね。太子党が私腹を肥やしつつ、利権とポストをたらい回ししているだけ。
 普通ならとっくに共産党政権は倒れているはずなのに、好景気と西側の承認が、それを永続させてしまった。鄧小平時代から始まった中国の高度成長がいよいよ終わるとしたら、この政権も倒れるでしょう。
 多少、経済が減速するという程度なら持つだろうけれど、日本型の衰退に入ったら、もう駄目だと思う。

※ 都知事選 宇都宮氏が出馬へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012110802000232.html

 当選出来ないと解っていて、なんで出るんだろう。反原発や左翼の票を結集できるということなのだろうか。で、この人が出るということは、湯浅さんは出ないということになるけど。

※ 時速 100 km で 30 分間飛行が可能なヘリコプター!電動式のためエンジン式に比べて騒音が少ない
http://www.nikkan.co.jp/saisai/121107.html
http://www.youtube.com/watch?v=HE8dMmcbnV0

 これは凄い! 各国の特殊部隊から注文殺到でしょう。ただ、エンジンを使わないから、騒音が無いということはないんですね。ブレードの風切り音は結構大きいです。
 それでも、極めて騒音が低いだろうことは言える。
 時速100キロで30分間ということは、航続距離は50キロということだから、地平線の向こうから侵入して来て、地平線の向こうへ脱出できるということです。
 そういう性能に近いものとしては、パラグライダーがあるけれど、あれは翼を広げる空間がある程度必要になる。モーターとして使う原付バイクのエンジンを電動化できても、パラグライダーはその問題からは逃れられない。
 それを考えると、これは将来性ある運搬用具です。

※ 「真紀子爆弾」が突きつけた大学倒産時代の現実
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36502

 この騒動で、大学の入り口を縛ったら、既存の大学の地位が安泰になり、駄目大学がのさばり続けるという意見があって、それも確かに一理はあるんだけど、新設大学が増えるということは、また野放図に私学助成金が出ていくということでしょう。そこは何処かで歯止めを掛けなければならない。
 歯止めと同様に、何処かで、既存大学を潰すための国の審議会みたいなものも必要だろうと思います。
 たとえば、偏差値の下から切り始めて、お宅へはもういかなる助成金も出さないから、勝手にやってくれ、みたいな突き放し方は必要でしょう。

※ 3人に1人、「結婚できないかも」=経済力に不安、20代男性-生保調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012110800097

 これは甘い。滅茶苦茶甘いと思う。大学に行って、まずは2/3が就職にありつけたとしても、まあこの会社は大丈夫だろう、という所に就職できただろう学生はまたその数の何分の一かという話になるわけでしょ。
 そうすると、将来設計に不安無く働ける若者は、よくて三人に一人ということになる。さらにその中に、そもそも結婚に意義を見いだせない若者も出て来るだろうことを考えると、とうに日本民族の種は、オワコンなレベルの話だと思う。
 だから、人口維持という部分では、正社員だとか一流会社だとかにセーフティネットを張っても駄目なんですよ。零れた側のマジョリティを救えるネットを張るしかない。

※ 慰安婦問題、日本の反省求める インドネシアで韓国大統領 世論形成狙いか
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121108/kor12110812060001-n1.htm

 トップの乱暴に関してはもう黙殺ですよ。で、実利面で反撃する。通商交渉や外交レベルの格下げで、明確に、お前のその態度が気に喰わん! という意思表示をしてやれば良い。

※ 「成長率1%なら消費増税可能」 民主・藤井税調会長
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121108/fnc12110821570024-n1.htm

 財務省は0%でもやっちゃうでしょう。きっとその時になったら、自民党は推進、消費税を通した側のミンスは大反対するんだろうけれどw。野田さんすら反対するかも知れない。

※ 大統領選でニューヨークタイムズのネイト・シルバーの数理モデル予測が全50州で的中―政治専門家はもはや不要?
http://jp.techcrunch.com/archives/20121107pundit-forecasts-all-wrong-silver-perfectly-right-is-punditry-dead/

 要は、固定している内陸部州に対して、選挙毎に揺れ動く沿岸部のSwing stateの票を読むということだから、異様にハードルが高いというほどのことでもない。たぶん予測する人間が100人いれば、3、4人は当ててもおかしくない。

※ 念じて、家電を操作する家 京都で報道陣に公開
http://www.asahi.com/science/update/1101/OSK201211010217.html

 道のりは遠そうだけど、良い研究です。何かを動かすも良いけれど、まずは、ALS患者用に、キーボードを動かすみたいなことに集中すべきでは無かろうか。そうすれば、そこから何でも操作できるようになるし、意思疎通も楽になる。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 「褒めれば伸びる」は間違っていなかった!!人間は褒められることで上達することが科学が証明される!!
http://commonpost.info/?p=53693
※ マクドナルド、10月既存店売上高前年比7.2%減 7カ月連続減
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL080M0_Y2A101C1000000/

※ 万里の長城遭難:事故当時、体寄せ励まし合う
http://mainichi.jp/select/news/20121109k0000m040095000c.html

※ 県警警察犬:クエスト号、また“手柄” 山中で行方不明女性発見 /鹿児島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121108-00000258-mailo-l46
※ 中国で開催された「アニメまつり」のオブジェがヤバイと話題に
http://rocketnews24.com/2012/11/08/264974/
※ 2分で満タン、圧縮空気で走るバイク 最高時速は140km
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121108/wir12110814010004-n1.htm

※ 「エ口過ぎる」シーンてんこ盛り! フジテレビ系昼ドラが話題
http://www.j-cast.com/2012/11/06152925.html

※ 前日の空虚重量74.3キロ

※ 有料版おまけ 自分探しの若者

|

« オバマ辛勝 | トップページ | 人権擁護法案の詭弁 »

コメント

>比例の原則

パラオやベトナムの事例に比例させて、海上保安庁に実弾使用許可と撃沈許可を出せばいいでしょう。

中国の出方に応じるのでは無く、国際社会で許されている手段を積極的に使用していくべきです。

投稿: | 2012.11.09 10:30

>鄧小平時代から始まった中国の高度成長がいよいよ終わるとしたら、この政権も倒れるでしょう。

高度成長というか、貧富の差で不満爆発寸前みたいですね。尖閣での官製ガス抜きがそっちに向かった
という見方もあるから、一度内乱のタネが出たら、今度は天安門程度じゃ済まないかも。

・危機にひんする中国社会 胡政権の失敗と不作為
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2012/11/post-798b.html#comments
『全国で発生した暴動などの集団的抗議活動が年間9万件に上ったのは胡政権中盤の2006年のことだったが、
 政権末期の11年になると、暴動・騒動事件の発生件数が18万件を超えた。さすがの「胡温新政」、ただの
 5年間で「国民所得倍増」ならぬ「国民暴動倍増」を見事に実現させたのである』

投稿: | 2012.11.09 10:48

>胡政権
内部が腐敗しているといった旨の発言には驚きました。
火薬満載の置き土産だなと

投稿: | 2012.11.09 11:01

>国際社会で許されている手段
国際法では、軍艦及び政府公船に手を出すことはできません。
手を出せるのは、基本、自衛権行使の場合です。

投稿: | 2012.11.09 11:05

>比例の原則

現場はヒヤヒヤものでしょうね。ニュース記事を読んでいるこっちがドキドキする。日中ともどんな人物たちが対峙しているのか気になります。

>「真紀子爆弾」が突きつけた大学倒産時代の現実

リーダーとしてダメな人物として何か事が起こったとき、さもリーダーシップがあるがごとき真っ先に口出しする癖がある人というのがあります。何も考えてない。この大臣様、典型ですね。それも目に付いたものを右から左へ動かす。ボケが入ってます。生まれた時からかもしれません。文科省の大臣になられたのなら、そして現在の大学に問題があると考えるのなら将来を見据えて小学校からの学制に手を入れることくらいやらなきゃ。任期が短くて無理と思うのなら黙って椅子に座っていて欲しいもんです。海外視察にでも行ってりゃいい。

投稿: k-74 | 2012.11.09 11:23

中国で大学が作られるペースって、どのくらいなんでしょうね…。
内田先生が
「企業が「大卒の能力もないのに大卒の給料なんて、払えるか!」と言い出す」
と書いたら、
「いやぁ、今では高卒でも中卒でも、東南アジアレベルの給料までは落とせないでしょ」
と書く人がいるのですが、
中国の大卒のレベルが本当に高いのか、ちょっと興味があります。
(日本でも、'60年代の学生運動とは質の違った大卒問題が明確になるかな)

投稿: 猫大好き | 2012.11.09 11:27

>「先に手を出さないというか、比例の原則というのがあって、
>(現段階で日本が海上自衛隊を出すというのは)それを
>大きく超えています。

確かに軍艦こそ来ていないかもしれませんが、公船を出して領海侵犯を繰り返しているのは中国です。比例の原則に基づき、警察を尖閣に上げればいいんですよ。向こうが掛け金を一方的に上げているのに、こちらが乗らない手はありません。

>パラオやベトナムの事例に比例させて、海上保安庁に
>実弾使用許可と撃沈許可を出せばいいでしょう。
>中国の出方に応じるのでは無く、国際社会で
>許されている手段を積極的に使用していくべきです。

これも一つの見識。現在日本の法律がどうなっているか知りませんが、旧ソ連のように国境法みたいなものを定めて「領海侵犯を行った船舶・飛行機には実弾射撃を含む実力行使を行う」ことを内外にしっかり示すのはありでしょう。何かをいわれてもあんたがたの国も全く同じ法律があるじゃないの、と言えばいいだけの話しです。


投稿: モチキセキセキ | 2012.11.09 11:30

>多少、経済が減速するという程度なら持つだろうけれど、
>日本型の衰退に入ったら、もう駄目だと思う。

持つかな?持たないだろうな?いぇーい(古いね)。

10%、15%で経済が伸びてた国が、5-7%の経済成長になったらそりゃ深刻な不況感が出ます。オイルショックの頃の日本が正にそういう姿でしょう。更に、不動産をはじめ今の中国経済は相当の爆弾が眠ってる。一方、国民は豊かさを目にしてしまった、もう後戻りはできません。しかも、更に国民を豊かしていくためにはものすごい量の食料とエネルギーの輸入を続けていかないといけない。

全てはスピードアップしてはいるというものの、この矛盾を解消するのには相当の時間がかかるでしょう。いいか悪いかは別にして今の中国の政治体制は、その解決を一元的に行うには適しており、トップダウンで強力な対策を打てるだけの条件は揃っていますが、かといって問題解決が簡単なわけではない。

その中で、国民の不満を外に向けていくということは十分に考えられます。とりあえずは、ベトナム・フィリピン・日本あたりがターゲットになるでしょうね。そのためにも日本は旗幟鮮明に自分の政策を打ち出す必要があるんですよ。まぁ、今の政権にしても、安倍総理(?)にしても、どうよ、というところはありますが。

投稿: モチキセキセキ | 2012.11.09 11:40

※ マクドナルド、10月既存店売上高前年比7.2%減 7カ月連続減

>ザマァ!w

ワロタ。てか、もう一つ真意が分かりませんが、カウンターからメニューをなくしたのがそんなに悔しかったんですか?

投稿: モチキセキセキ | 2012.11.09 11:45

※ マクドナルド、10月既存店売上高前年比7.2%減 7カ月連続減

これってクーポン類をあからさまにしょぼくしたのが原因だと思う。
マクドにでもするかとおもって携帯見ても、しょぼいなぁと思うことが増えた。
本当にこの一年でマクド率がかなり下がった。

投稿: | 2012.11.09 12:13

>中国の大卒のレベル
数年前までですが、IT業界ではトップクラスでしたよ・・・

投稿: | 2012.11.09 12:15

>>比例の原則

先に日本に海軍を出させて、そのあと中国が海軍を出すための大義名分にするってわけですか。
でも海軍同士が戦争したら今の実力差では中国がほぼ確実に負けるんでしょ。
戦争の大義名分が手に入っても戦争に負けたら何にもならない。
4回戦ボクサーが8回戦ボクサーを無理矢理リングに引っ張りあげても、そのあと何をどうするのか。
こういう挑発行為は中国海軍が圧倒的に強い場合でないと、
かえって藪蛇になるんじゃないかと思いますが・・・?

投稿: 川副海苔 | 2012.11.09 12:31

金を算段してから結婚する、という枠組みから、結婚してから夫婦で金を算段するという生き方に変わっていくだけでしょう。そのような生き方でまわる社会もありだろうと思います(好き嫌いは別にして)。

投稿: . | 2012.11.09 12:34

>電動ヘリ
それなら、電動ダクテッドファンのモーターハングなんかどう。ヘリよりずっと静か(着陸時にはエンジンを止められる)だろうし、飛行中はエンジンを絞れるから航続時間も距離も速度も何倍か稼げるはず。それにギリギリだけど人力(特殊部隊員だけかも)で持ち運べる。ヘリには負けるがモーパラより離着陸に必要な地面も小さくてすむ。こっちの方が実用的じゃね。

>中国の大学
国立でも、かなりの格差がある。地方の大学は、はっきり言ってかなりレベルが低い。中学校で、漢族より1~2年余分に補習(中国語と英語を中心に)をやって、ようやく中央の大学へ少数民族枠で入れる。まともに表から入試を受けたら、まず入れない。
ましてや、地方政府や企業が設立した大学は専門学校といって良いレベル。注意は、軍が作っている或いは経営を援助している大学で、留学生を受け入れるときは要注意。

投稿: | 2012.11.09 12:48

おひとりさまの先達が語る「女性が結婚しなくなった理由」(上野千鶴子)
http://goo.gl/QGxYg
-----
女性たちが結婚しなくなった理由として、一般的に挙げられるのは次の2つ。「働く女性が増え、男性を頼る必要がなくなった」、「”女は結婚して子供を産むべき”という価値観が変わってきた」
「ひと昔前までは『未婚の女性=処女』が当然でした。でも今は、結婚前の性交渉が当たり前になり、独身でもセックスライフを送れるようになった。実は、これは未婚者が増える大きな理由になっています」
-----

ま、昔から知ってたw

投稿: nao_c/w | 2012.11.09 13:11

今日のエントリーとは関係なくて申し訳ございませんが、
>「人権侵害救済法案(委員会設置法案)」閣議決定へ
に対する大石さんのお考えをぜひお聞かせいただければ幸いです。

投稿: ブリンデン | 2012.11.09 13:19

> マクドナルド、10月既存店売上高前年比7.2%減 7カ月連続減

ハッキリ言って客層が悪くなりましたね。
コーヒー1杯とか単品でハンバーガーやチキン系プラス、ドリンクの客が多い。
あれじゃ、せいぜい220円だろう。客単価を下げているのは、紛れもなく中高年。
小学生のグループの方がテーブルが賑わっている。
個人的には、「深夜食堂」、「孤独のグルメ」の方が好きだが、長居する場合などマックの方が利便性にすぐれている。

投稿: | 2012.11.09 13:30

>中国の大学

素朴な疑問なのですが、中国人が中国語で中国語で書かれたテキストを使って論理的な思考や発想が身に付いたり出たりするものなのだろうか?

漢文を読んでいてあれが合理的な文章だとはとても思えん。
碑文の漢文解釈が人によって違うなんてざらでしょう。


投稿: k-74 | 2012.11.09 13:45

>宇都宮氏

保守派が4〜5人乱立し、左が一人にまとまったら漁夫の利で当選する可能性はあるでしょう。(25%得票すれば良いのだから…)

投稿: 危ない小父さん | 2012.11.09 13:54

※ マクドナルド、10月既存店売上高前年比7.2%減 7カ月連続減

こんなの↓見ると
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51749547.html
ケーキ、クッキー、アイスなども食べるの躊躇してしまいますね

投稿: | 2012.11.09 14:33

>一人乗りヘリ

SF作家の小川一水氏の最近の短編集に一人乗りヘリコプターを題材にした「煙突の上にハイヒール」ってのが
あります。こちらは立って操縦するタイプですけどね
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334764227
http://book.akahoshitakuya.com/b/4334764223

>2分で満タン、圧縮空気で走るバイク 最高時速は140km

これのシステムをヘリの動力に使えばどうなんだろう?

投稿: | 2012.11.09 15:00

>それなら、電動ダクテッドファンのモーターハングなんかどう。

夜間に原発施設とかに空から行って屋上から侵入するミッションとかならやっぱりヘリでしょう
ヘリだったらちょっとした公園があれば飛び立てるからね
極端な話、軽トラックの荷台からでも発進できるというのは大きい

投稿: | 2012.11.09 15:08

> SF作家の小川一水氏の最近の短編集に

この文庫は先月くらいですが、表題作は2007年の作品・本は2009年にでたものです。

投稿: 一般書店で | 2012.11.09 15:23

> 本は2009年にでたものです。

2009年に出た本の文庫化です。

投稿: 一般書店で | 2012.11.09 15:26

>国際法では、軍艦及び政府公船に手を出すことはできません。
手を出せるのは、基本、自衛権行使の場合です。

日本にましな情報機関があれば、どっかからw大戦中の古い機雷を購入してきて改造して
中国の公船とやらをアボ~~ン!しますなぁwwそんでもって
文句言って来たら、たぶん米軍が昔ばら撒いた機雷が残ってたんでしょってw
えっ?日本が責任取れって?いいよ日本の領海だから日本が機雷を
掃海艇で探して処分しましょうwうちも困るからねぇw
でも賠償はやんないよ。浮遊物まで責任取れんからね

投稿: | 2012.11.09 15:34

>中国で開催された「アニメまつり」のオブジェがヤバイと話題に

これは想像だが・・・・アニメにはあんまし思い入れは無いが正式に美術を勉強した人がいる会社が
お上の仕事を取ってきて、芸術家がいやいやながらオマンマの為に仕事だからやらななきゃならないってことで
しかしそこは芸術家の最後の意地ってところで「これでええやろっ!これがゲイジュツ家のピカチュウじゃあ!!」
ってな感じで作ってしまった感があるww
ピカチュウの顔が物語っている

投稿: | 2012.11.09 15:41

>これのシステムをヘリの動力に使えばどうなんだろう?

元記事には四輪車でも困難、っていいますから、有人飛行はまず無理でしょうね。
古典的な模型には、炭酸ガス(ソーダ用ボンベから小分け)でプロペラ回すライトプレーンがありますが。

>持つかな?持たないだろうな?いぇーい(古いね)。

こんな問題も内在してますしね。

・中国の高齢化問題、内陸部でより深刻に 老人しか残らず
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121107/chn12110708260002-n1.htm
『内陸部がさらに悲惨なのは、老齢年金の制度が不十分なことだと指摘した。「2010年段階で、高齢者のうち主な生活資金
 を老齢年金に頼っているのはわずか24.1%のみ。しかも都市部では66.3%が老齢年金を受給しているが、農村部は
 わずか4.6%でしかない。都市と農村の二元構造がくっきり浮かび上がってきた」というのである』

投稿: | 2012.11.09 15:46

※ 2分で満タン、圧縮空気で走るバイク 最高時速は140km

これが車まで広がれば、電池業界真っ青。

投稿: | 2012.11.09 15:50

>これが車まで広がれば、電池業界真っ青。

エアコンプレッサーのエネルギー効率をご存じないのか・・・
家電でも、一番の電力食いは冷蔵庫とエアコンなんだが。

投稿: | 2012.11.09 16:16

>万里の長城遭難
膝上くらいの積雪量で吹雪いた状態に私が飛び出そうと考えたら、やっぱり雪山一泊装備はないと出て行く勇気はないなぁ。テント、コンロ、スコップにスノーシュー、足下から上下手袋まで防寒。しかも雨→雪になってるから防水・防寒両方ってのが厄介なんだよなぁ。ツェルトがあれば確かに風は防げて体感温度はかなり下げられたはずだろうけど、年齢が高い人からダウンしたのは疲労の要素もあるわけで、暖かい飲み物食べ物を取らせて体の内側から暖めるというのも必須だろうし。
まあ、どっちにしてもこの状況っていうのはトレッキングの範疇を超えていて「出発しない」の一択ですよ。

>リーダーとしてダメな人物として何か事が起こったとき、さもリーダーシップがあるがごとき真っ先に口出しする癖がある人というのがあります。何も考えてない。
もはや単なる平成の爆弾オババですなぁ。やり方さえ間違えなければもうちょっと良い問題提起が出来たのにね。
せめてもうちょっと世の中で揉まれていればとも思うけど、口が立って言い返してくるから結局「あんたそれ違うよ」って誰も言わなくなるし。

投稿: ロック | 2012.11.09 16:57

北京周辺は大雪 万里の長城で日本人を含む5人の観光客が遭難(番外編)整備されてない「野長城」はとんでもなく危険
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2012/11/5-526e.html

旅行会社の社長は50年に一度の大雪であることを強調して責任を回避するような発言をしていますが、すべてこの会社の責任です。

投稿: | 2012.11.09 17:26

>大学倒産時代の現実
「大学ムラ」が巣食ってる新設大学は原発みたいなもんですわね。原発とは違ってお取り潰しはまだ可能ではあるけど。田中はやり方が悪かったね。「来年度以降の認可申請は自分が作る審議会での方向付けの答申が出るまで受け付けない、駆け込み申請を防ぐため、今年度これから出てくる申請については、私が全て立会って公開のもとでヒアリングさせていただく」とでもぶちあげて、それで件の三大学は認可はするが、開学以降モデルケースとして可愛がってやれば、数倍支持があったはず。

>慰安婦問題、日本の反省求める
いよいよかまってちゃん化?

>マクドナルド
先日大見得切った偉い人はどう言い訳するんかな?客のせいにでもするかな?

>2分で満タン、圧縮空気で走るバイク 最高時速は140km
タンクをタクシーのガスタンク並みに毎年検査する体制でも造らないとお約束の中国製ボンベの爆発事故でも発生して犠牲者が出るんじゃないすか?バイクのタンクが爆発したら、確実に死ねますので。

>昼メロ
録画して見ましたが、JKを襲う柳沢慎吾がヤバイ、キモイ。よくあんな役を受けたなと。以後彼を中心に変態路線で回ると面白い。

投稿: 剣 | 2012.11.09 17:36

>国際法では、軍艦及び政府公船に手を出すことはできません。

軍艦、政府公船と明示していない船を沈めればよい。

日本の領海内で不法に武装している船は沈めてよく、海保の指示に従わない船も沈めて良い。
治安維持の範囲なら沈めてよいのです。

投稿: | 2012.11.09 17:56

>治安維持の範囲なら沈めてよいのです。
海賊のときの話ですが、海保は犯罪抑止、犯罪取締を任務とする組織であり、船を沈めるための武器使用はしない(あくまでも停戦射撃)といってました・・・。
ちなみに北朝鮮の工作船に対する武器使用も船を沈めるための武器使用ではありませんでしたね。

投稿: | 2012.11.09 18:07

>貧富の差で不満爆発寸前みたいですね。

ここまでするか、状態ですよ。下手すりゃ文革の再来ですから、尖閣のガス抜きがバレバレな以上
海軍だのなんだの以前に内乱になりますね。

・中国でNHKニュース中断 貧富の格差報道で
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121108/chn12110821150012-n1.htm
『第18回中国共産党大会関連の報道で、貧富の格差問題を取り上げ、貧しい地区の映像を流した瞬間から数分間、画面が
 真っ黒になった。国内の負の面の報道を望まなかったとみられる。(中略)
 尖閣諸島問題になったところで画面が元に戻った』

投稿: | 2012.11.09 20:10

>どっちにしてもこの状況っていうのはトレッキングの範疇を超えていて「出発しない」の一択ですよ

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012110601001586.html
>降雪予報は「(出発する前に)ガイドや添乗員から聞いて知っていた」と説明し、出発の決定については「みんな行く気満々だった」と語った

…だそうです。

投稿: LbyNS | 2012.11.09 20:23

>田中はやり方が悪かったね

つかマキコは昔から

「目的は正しいかもしれないが、やり方がいつもデタラメで
都合が悪くなると平気で嘘をつく」

なんだけどね。

基本的に上杉隆とか同じ部類。

自らの正義や目的のためには手段を選ばないテロリスト思考。

投稿: | 2012.11.09 20:32

>「大学ムラ」が巣食ってる新設大学は原発みたいなもんですわね。

その例えだとマキコは「原発は即廃炉、再稼動も許さん」の急進反原発派ですわな。


原発依存も大学新設認可問題も将来的にどちらも変えていくべきなのは当然のことだが
段階を置いて徐々に変えていくべきことなのに
いきなり卓袱台をひっくり返したら反発受けるのに決まっている。

その反発に対する対抗策や法的根拠、具体的な代案や方針もろくに無しに
思いつきでツッコむからどちらも自爆する。

投稿: | 2012.11.09 20:40


で、負けると

〇〇ムラがー事務方がー官僚がー既得権益がー伏魔殿がーとか

陰謀論や他人のせいにするのもまったく同じ。


自分の行動が稚拙なのを棚に上げて。

外務大臣時代と何も変わってない。

投稿: | 2012.11.09 20:46

>投稿: | 2012.11.09 18:07

いままでの事例に従わなくてはならない理由はどこにもありません。
不審船の撃沈は領海保護のために認められている権利。

日本の漁船も竹島近辺でたくさん拿捕・撃沈されたでしょ。

エンジンを撃ちぬいて放っておくだけでもよいですけどね。

投稿: | 2012.11.09 21:32

> エアコンプレッサーのエネルギー効率をご存じないのか・・・
> 家電でも、一番の電力食いは冷蔵庫とエアコンなんだが。

冷蔵庫とエアコンの目的は何か?そして、その利用原理を考えれば、これらを比較に出すことがどれほど意味がないのかご存じないようで。

投稿: | 2012.11.09 21:34

旧軍の橋本欣五郎陸軍大佐をネットで引いて見てください。

Wikipediaだと、こんな感じ。
「・・・南京攻略戦の際に日本海軍の攻撃機に南京から脱出する船舶を攻撃するようにと命令し、アメリカの砲艦パネー号(正しくはパナイ号)を撃沈し死傷者を出し、さらにイギリス砲艦レディバード号にも被害を与えた(レディバード号事件)という責任を取って陸軍砲兵大佐で退役した。」

米軍からバット・ボーイと言われた人物です。橋本のは滅茶苦茶ですが、日本領海に通告なしに軍艦が入らば砲撃してかまわないと思うぞ。

投稿: | 2012.11.09 21:52

子供がどんどん減って小学校中学校がどんどん廃校になる中で
大学新設をフリーにして改革だとほざいた馬鹿宰相がいかんのだろう。
挙句穴埋めに留学生大量受け入れ。

投稿: | 2012.11.09 21:59

>不審船の撃沈は領海保護のために認められている権利。
すみません。知りませんでした。
どこでだれが認めた権利なのでしょうか?
後学のために是非教えてください!

投稿: | 2012.11.09 23:00

>※ 「褒めれば伸びる」は間違っていなかった!!人間は褒められることで上達することが科学が証明される!!

>ただ営業の現場でこそ、こういう理論は実践されるべきだと思う。

まさに!
ある程度までは「誉めて自信を付けさせる」というのが必須ですね。
難しいのは受注実績以外の項目は「誉めて」も嬉しくなくなってくるんですよね。新人とはいえ「営業」としてのプライドなんでしょうね。
昔々に私もそうでしたが、「同情」されているとしか思えなくなりますね。数字が上がっていないなら、詰られた方が納得が出来ますし気も楽です。
普段の行動や努力過程なんかは評価されたくなくなる時期が来てしまうのです。配属されて8か月~10か月くらいでしょうかね。
「営業として数字に対するプライド」を持てないと伸びないですね。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2012.11.09 23:41

>後学のために是非教えてください!

国際法の成り立ちを勉強しなよ。

投稿: | 2012.11.09 23:53

>>「褒めれば伸びる」は間違っていなかった!!人間は褒められることで上達することが科学が証明される!!

>昔々に私もそうでしたが、「同情」されているとしか思えなくなりますね。数字が上がっていないなら、詰られた方が納得が出来ますし気も楽です。

仰るとおりだと思います。子供時代はともかく、大人の世界では普通が一番ですよ。実績や結果、あるいは結果はともかく、手法や努力に対して、相応の評価をするのが適切な態度ですよ。
不相応な褒賞というのは、不適切な叱責と同じで罪な行為だと思います。むしろ逆効果じゃないですか。
私なんか、下手に褒められたら、「こいつ、馬鹿にしてやがる」って思いますもん。また、世間には巧言令色を絵に描いたような、信用できない褒め人間がウヨウヨしていますから。ああいうのは、却って信用をなくすというのが分からないのでしょうかね。

投稿: ペンチ | 2012.11.10 00:04

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。

山本五十六

投稿: | 2012.11.10 00:39

>国際法の成り立ちを勉強しなよ。
結局説明できないのね・・・。

投稿: | 2012.11.10 01:04

>結局説明できないのね・・・。

国際法の成り立ちを勉強すれば判りますよ。
他人に何かを要求する前に、自分の馬鹿さ加減を知りましょう。

勉強したくないなら「大昔から、そう決まっている」で納得しなさい。

投稿: | 2012.11.10 01:57

>投稿: | 2012.11.10 01:04
私も、領海警備のための撃沈の権利が確立したもの
とは、寡聞にして聞きませんね
(ここ10年の間に日本ででた標準的な教科書で、
そんなこと書いてあるものはないと思います)。

>投稿: | 2012.11.10 01:57
一連のコメントから推測するに、
「新たな慣習国際法の確立を目指し、
国家実行の一歩を踏み出せ」という
ご主張のように思います
(ただし、その実行は、現行の国際法に
 明確に反する行動ではあることに
 留意する必要はある)。

もしそうであるとしたら、
その後の他国の反応(抗議・支持など)により、
それが単なる違法行為に終わるか、
新たな法の形成につながるかが分かれることになります。

個人的な評価としては、
現代、国際法の基礎的原則のひとつである武力不行使原則や
伝統的な主権平等原則に基礎をおく国家免除に関する例外を
新たに設ける規範の新設を目指すものですから、
かなりハードルは高いと思います。

また、相手側が中国であること(声はでかい国ですから…)や、
国際社会における日本の現在の立場などからして、
日本への広範な支持が容易に得られるとは考えられません。

あと、日本は、現状、海洋利用国ですので、
外国領海における軍艦等の航行(無害通航権に基づくもの)や
その沿岸国の執行行為等からの免除が認めらているほうが、
利益になるんですけど(そのような立場を主張してきたはずなんで)…


あと、だいぶ上のほうのコメントにあった「遺棄機雷作戦」は、
コルフ海峡事件(英対アルバニア)の例からすると、
裁判になると、日本が負けるおそれの強いケースですね。

投稿: 通りすがり改め「国際法研究者(ノラ)」 | 2012.11.10 09:05

>中国の大卒のレベル
前から不思議なのですが、国内の採用ですら「思うような人材が手に入らない」と毎年言ってるのに、言葉も違う外国でそんな簡単に優秀な人材を安価に確保できるものなのでしょうか。

投稿: 銀次 | 2012.11.10 09:08

>元記事には四輪車でも困難、っていいますから、有人飛行はまず無理でしょうね。
ボンベの重量がネックになるんじゃないでしょうかね。

>これが車まで広がれば、電池業界真っ青。
一応、車のやつもあるよ。
http://commonpost.info/?p=46884

>タンクをタクシーのガスタンク並みに毎年検査する体制でも造らないとお約束の中国製ボンベの爆発事故でも発生して犠牲者が出るんじゃないすか?バイクのタンクが爆発したら、確実に死ねますので。

スクーバやってる人はワゴン車の荷台にボンベを積む時に、必ずバルブ側を後ろに向けて積むんでしたっけ。じゃないと、急ブレーキでボンベが車内で前にドンとぶつかった時にバルブ部分からぶつかると大爆発になるとか。

投稿: ロック | 2012.11.10 09:16

>投稿: 通りすがり改め「国際法研究者(ノラ)」 | 2012.11.10 09:05

領海内で通用するのは日本の国内法。
領海内で拿捕なり、遺棄なり、撃沈なりを行うのは日本政府の決断一つ。

投稿: ほる | 2012.11.10 10:15

>投稿: ほる さま | 2012.11.10 10:15

わが国領海内で適用されるのは、日本国の国内法ですが、
その適用の結果、国際法上認められる外国の権利・利益を侵害すれば、
国際法上の責任が問われることになります。
したがいまして、日本政府の決断次第で何でもできるわけではありませんよ
(できるけど、その結果に関して、責任を負うことになる)。

あと、日本の領域内なら、日本は何でもできるといえるなら、
同じように、中国も、その領域内で何でもできることになりますよ
(日本が有している権利は、日本以外の国も持つのがルールです)。
それはいろいろと不都合だと思いますが…

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 12:30

>その適用の結果、国際法上認められる外国の権利・利益を侵害すれば、

尖閣諸島では中国が、日本の権利・利益を侵害しています。
偽装した漁船や工作船の取り締まりは国際法で許されている国家主権です。

>それはいろいろと不都合だと思いますが…

何が不都合なのですか?
日本は中国のように偽装した工作船を送り込んでの領海侵犯は行っていません。
不都合なのは、中国のように他国の領土・領海を侵略するような国だけです。

投稿: ほる | 2012.11.10 12:40

>偽装した漁船や工作船の取り締まりは国際法で許されている国家主権です。
そう、あくまでも取り締まりであって、国内法においても取り締まり。
撃沈はできません。

投稿: | 2012.11.10 12:57

>投稿: ほる さま| 2012.11.10 12:40

相手の権利侵害を排除するにあたっても、
その排除行為が、相手の権利侵害と
ならないようにすることが必要なんです
(少なくともそのような主張を行わせる
 スキを見せないことが大事ですよ)。

>偽装した漁船や工作船の取り締まりは国際法で許されている国家主権です。
たしかに無害ではない通航を行う外国船舶に対して、
わが国領海内で、日本は取締りを行うことができます。

しかし、法執行活動(警察的活動)ですから、
警察比例の原則等が適用されますので
(これは、現状の国内法上もそうですし、
 国際人権法的な観点からも肯定できます)、
撃沈等、あきらかに危害を加える行為はできません。

また、対象が政府船舶(「海監」や「魚政」はこれに該当)の場合、
主権免除(国家免除)の対象ですので、わが国領域内においても、
執行行為を行うことができません(逆に海保の巡視船も同じ扱いになる)。

>何が不都合なのですか?
各国国内においては、各国が無制限にできるという主張が正しいとするならば、
中国国内において、彼らが自己の権利を侵害されたと判断し、
わが国の利益を保護しない若しくは過度に侵害する行為を行うことも
許されうることになります(すくなくとも、そういうことの口実に
使われる可能性がある。もちろん、そういうことは全く根拠を欠くのですが…)。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 13:39

>わが国領域内においても、執行行為を行うことができません

すでに中国国籍の船が不法な執行行為を繰り返している以上、日本国は領海維持のため、中国船を排除・撃沈できますよ。
海保が装備している機関砲でエンジンを穴だらけにしてやればOKです。

>わが国の利益を保護しない若しくは過度に侵害する行為を行うことも
許されうることになります

あのさ、中国が共産党独裁の抑圧国家だと知らないのかな?
中国に人権保護を求める方がアホです。

投稿: ほる | 2012.11.10 13:53

国際法研究者(ノラ)さま

私は別に国際法に詳しいわけでもなんでもないんですが、船舶の通行権についてぐぐると

+++
すべての国の「船舶」(「航空機」については別に記す)は、沿岸国の平和・秩序・安全を害しない限り、当該国の「領海」での「無害通航権」を保障されることになっている(領海条約第14条1項、国連海洋法条約第17条)。
 ここで「無害通航」の意味が問題となるが、「無害」とは「有害」でないこととされている。そして「有害」については、具体的には、次のように定められている。主だったものを挙げる。
1.武力による威嚇または武力の行使であって、沿岸国の主権、領土保全もしくは政治的独立に対するもの、またはそのほかの国際連合憲章に規定する国際法の諸原則に違反するもの(国連海洋法条約第19条2項(a))。(以下略)
+++

なんてのが出てきます。中国船舶の尖閣領海の侵犯は明らかに日本の主権と領土保全を犯そうとする目的であり、無害通航とは認められません(と考えるのが普通だと思います)。であれば、通常、停船命令・臨検・拿捕、命令に従わなければ武力行使、というのは割りと普通の流れであると思いますが、いかがでしょうか?もちろん、先に書いたとおり、それをしっかり日本の国内法として立法し、行動が合法である旨を担保しておく必要はあるでしょうが。

それが国際法で違法というなら、北方四島近辺の違法操業で銃撃までされて拿捕、連行される北海道の漁船のケースも国際法上違法ですか?


投稿: モチキセキセキ | 2012.11.10 14:27

>投稿: ほる さま| 2012.11.10 13:53

>中国国籍の船が不法な執行行為を繰り返している以上
現時点では、わが国領海内において、
中国の海監などが、海保の巡視船に対して
何らかの実力を行使しているわけではありませんね。

したがって、わが国が、中国公船に対し、
執行行使を行うことは法的に正当化されません。

公船以外については、国際法の許す範囲内において、
わが国の国内法違反があれば、
必要最低限の実力を行使して取り締まることができるし、
実際、そのような取締りを粛々とやっているわけでしょう
(不必要な武力を行使して、非難の口実を与えるのは、
 賢くありません。一時、溜飲を下げても意味はないです)。


あと、中国が独裁抑圧国家なのはわかってますよ。
恣意的な権利侵害の口実となるような行為や主張を
わがほうが行うことは、賢明ではないことを
ご指摘したまで。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 14:47

>投稿: モチキセキセキ | 2012.11.10 14:27
おっしゃる通り、現在行われている海監等の領海内への侵入は、無害通航ではないです
(私は、海洋法条約19条2項(a)に該当するというより、
 18条にいう「通航」ではないとするほうが適切だと考えますが…
 無害通航ではないという結論は変わりません)。

ただし、無害ではない通航をしている船舶に対する取締りについては、
軍艦や政府船舶(公船)と民間の商船や漁船では、異なる取扱いがなされます。

公船は、政府の機関ですので、他国の官憲による
執行行為からの免除が与えられることになっています。
したがって、有害な通航をしていても、これに対して
実力行使はできず、海洋法条約30条に従い、
領海外への退去を要求できるにとどまります。
海洋法条約では、この点明確ではありませんが(33条に若干の言及あり)、
海洋法とは別の国際法のルール(国家免除とか主権免除と呼ばれるもの)
があり、このような取扱いになっています。
 
これに対して、民間の漁船にはこのような免除は与えられていませんので、
海保等の海上警察当局は、必要最低限の実力を行使して、
違法な漁業など無害通航と認められない行為を行っている船舶を
拿捕・連行することができます(個人的には、北方4島付近での銃撃などは、
法執行活動としては、過度なものと評価されうる要素はあると思います)。 

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 15:09


モチキセキセキさま

上の投稿、「さま」が抜けていました。
すいません。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 15:10

>中国の海監などが、海保の巡視船に対して何らかの実力を行使しているわけではありませんね。

海保の警告に対して、尖閣は中国領土アピールを止めないのは立派な侵略行為です。
それだけで撃沈理由には充分です。暴走族をパトカーで止めるのと同じ。


>不必要な武力を行使して、非難の口実を与えるのは、賢くありません。

中国が行っているのは非難の口実探しではなく、領土侵略です。
それに対して武力を行使するのは日本政府の義務です。


>恣意的な権利侵害の口実となるような行為や主張をわがほうが行うことは、賢明ではないことを

中国による恣意的な権利侵害はすでに実行されているという現実を観ましょう。
現実を無視して論を進めるのはアホそのものです。

投稿: | 2012.11.10 15:11

投稿: | 2012.11.10 15:11 の書き込みは ほる によるものです。

投稿: ほる | 2012.11.10 15:16

>投稿: | 2012.11.10 15:11
ほるさま

とてもではありませんが、この程度では、
自衛権の行使が認められることは、現状ありえませんよ
(武力行使の程度によっては、日本が先に武力攻撃を行ったと
 判断されるおそれがあります)。

あと、現実を無視しているのはあなたではないですか?
現実に存在する国際法のルールを無視した
(ないしは勝手な解釈をした)主張は、
なんらの利益も生みません。

なお、あなたへの返信はこれで最後にいたします。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 15:31

>暴走族をパトカーで止めるのと同じ。
なら、巡視船で体当たりして止めればいい。
警察もピストルやライフルで蜂の巣にして止める(撃沈)するわけではない。
ほるのいうようにそれが侵略行為ならとっとと武力攻撃事態と認定して武力行使をすればいい、なんの遠慮もなく撃沈できます。
ただ、いつものようにここで「ほる」が叫んでいてもすべてにおいて何の影響もないけど・・・。

投稿: | 2012.11.10 15:31

>自衛権の行使が認められることは、現状ありえませんよ

警察権の行使です。


>現実に存在する国際法のルールを無視した

現実の中国による領海侵犯を無視して国際法を語るのは、机上の空論どころか妄想に近いですよ。
国際法を研究していると自称するなら、国際法がなぜ生まれたのか勉強し直しましょう。


>なら、巡視船で体当たりして止めればいい。

船が壊れるし、隊員が危険。
相手の意図は既に明確なのだから、砲撃でエンジンを止めてから制圧すべき。
2~3隻沈めれば、中国も対応を考えるでしょう。


>警察もピストルやライフルで蜂の巣にして止める

ピストルの装弾数、日本の警察はライフルを持ち歩かないから蜂の巣にしないだけです。

投稿: ほる | 2012.11.10 17:07

他国領海を侵犯した政府公船(海上警察や漁業取締船)を、
侵犯された側の海上警察が拿捕したり撃沈した事例って実際にはどれくらいあるのでしょう?
これが軍艦同士ならよくある話なのでしょうけど、警察同士となると果たして・・・?

あと軍艦というのは旧海軍の限られた艦艇にのみ許された呼称だとかいうツッコミはご勘弁ください。
だって「海軍艦艇」とかなんか言いにくいんだもん。

投稿: 川副海苔 | 2012.11.10 19:10

>エアコンプレッサーのエネルギー効率をご存じないのか・・・

法律作ってデブを徴用して人力でやろう
成人病予備軍が減るし一石二鳥だぞ
あと囚人を使うっていう手もある

投稿: | 2012.11.10 20:48

>エアコンプレッサーのエネルギー効率をご存じないのか・・・

もひとつ考えたぞ!シナ人を使おう
人力でガスボンベに圧搾空気を入れさせて輸出する産業モデルを作って
世界各国に輸出するのだ!もちろんバイクは日本製だ

投稿: | 2012.11.10 20:51

>国際法研究者(ノラ)さん

素朴な疑問なんですが、領空侵犯の場合は軍民機問わず、威嚇射撃、強制着陸、撃墜を含む実力行使は普通に行われていますが、領海侵犯ではそれが国際法違反で難しくなるといのは何故?

投稿: ... | 2012.11.13 13:48

>投稿: ... | 2012.11.13 13:48 さま

領空の場合は、領域国の完全かつ排他的な主権が及ぶのに対して、
領海の場合は、無害通航権や通航中の船舶の航行の利益への配慮が必要など、
そこに及ぶ主権の性格が若干異なることから、まったく領空と領海を同一に
扱えないのでは考えます。
あと、領空は同意なく入域することが国際法違反だが、
領海の場合は、入域自体が即国際法違反と判断できないことも
影響しているかもしれません(その意味で「領海侵犯」という用語は
法的分析には、若干不適当なのかも・・・)。

ただ、ご質問いただき、あやふやなところをもう一度、詳しく調べなおしたところ、
先の投稿に誤りが見つかりました。

したがいまして、不正確な記述をしたことを謝罪するとともに、
>投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.10 15:09の投稿は
以下の通り、修正します。
「ただし、無害ではない通航をしている船舶に対する取締りについては、
  軍艦や政府船舶(公船)と民間の商船や漁船では、異なる取扱いがなされます。

 公船は、政府の機関ですので、他国の官憲による
執行行為からの免除が与えられることになっています。
したがって、有害な通航をしていても、これに対して
実力行使はできず、海洋法条約30条に従い、
領海外への退去を要求できるにとどまります。
海洋法条約では、この点明確ではありませんが(33条に若干の言及あり)、
海洋法とは別の国際法のルール(国家免除とか主権免除と呼ばれるもの)
があり、このような取扱いになっています。」を削除する。
            ↓    
「有害な通航をとっている船舶に対しては、公船を含め、
 沿岸国は必要な措置をとることができますが(海洋法条約33条・25条)、
 ただし、武力不行使原則といった他の国際法の規制があるので、
 撃沈のための危害射撃等が認められるわけではないと考えます。
 
 また、一般的には執行免除の対象となっている公船ですので、
 拿捕等の措置より、領海外へ退去させることなど
 より強制的ではない手段が優先されるべきと個人的には考えます
 (無害通航でないことの立証責任が沿岸国側にかせられますので、
  慎重を期したほうがよい)。」

あと訂正の機会を与えていただきまして、感謝するとともに、再度、皆さまに陳謝いたします。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2012.11.13 15:07

ふえー、国際法の専門家もいたのか。これは心強い。国際法って何が何だかわからんもんなあ。

投稿: ピンちゃん | 2012.11.15 21:03

>国際法って何が何だかわからんもんなあ。

列強の行動文法が国際法。
列強と同じ行動をしていれば大丈夫。

投稿: | 2012.11.15 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣、比例の原則:

« オバマ辛勝 | トップページ | 人権擁護法案の詭弁 »