« 六韜 | トップページ | 介護に求めるべきレベル »

2013.01.12

交渉相手は米国のみ

※ 日米が水面下で駆け引き、両国関係に波乱も
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-01/11/content_27659604.htm

*中国戦闘機も現場空域に…10日の空自緊急発進
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130111-OYT1T01151.htm?from=top

 上の記事は、中国に先を越された感じがしてちょっと嫌な感じがするのですが、尖閣を巡る状況は、すでに日中で綱引きするレベルを超えました。
 もう日中間で交渉できることは何もないと考えて良い。双方、エスカレーションの階段を惰性で上っていくだけ。で、日本だけが、アメリカという宗主国に梯子を外されるんです。これまでもそうだったように。だから、日本にとって、交渉すべきはアメリカです。

 ぶっちゃけた話、われわれはアメリカの了解無しには、自衛隊の箸の上げ下ろしも出来ないわけです。とりわけこういうやっかいな問題に関しては、AWACSの運用ひとつとっても、たぶん米軍の同意を空幕は求めているはずです。
 とにかく、この半年、あるいはそれ以前から、アメリカは野田政権に対して、都が買うのは拙いから国で買えと suggestion して来たはずです。日本政府が尖閣問題を巡っていちいちアメリカにお伺いを立てただろうことは間違いない。
 その結果として、今日に至り、ひとり日本だけが忍従を強いられ、尖閣の実効支配も今や風前の灯火となっている。
 今、日本がすべきことは、オバマを脅すことです。そちらが北京と話を付けて、公船を海域から撤退させなければ、われわれは武力衝突を覚悟の上でやるべきことをやる。もう忍従はしない、という態度をはっきりと米国に対して明示する必要がある。でなければ、ますます中国に足下を見られるだけです。その結果、アメリカにとっては何の利益も無い尖閣を失うことになる。
 中国が、その弱気な態度を嗅ぎつけているのは、実は日本じゃないんです。アメリカなんです。彼らは、アメリカの縮み指向、オバマの優柔不断な態度を見て取ったから、事態をエスカレートさせて来た。

※ 小野寺防衛相「動的防衛力」一転容認
http://mainichi.jp/select/news/20130112k0000m010027000c.html

 ま、当然だよね。せめて大綱がどういう過程を経て成立するかくらい学んでから発言して貰わないと。散々防衛相を撃墜された恨みを民主党は忘れてないから、隙を見せると集中砲火を浴びる羽目になる。安全運転を心がけて貰わないと。

※ 陸自ヘリ資料漏えい、開発契約を白紙に…防衛相
http://news.livedoor.com/article/detail/7308018/

 リセットは仕方無いけれど、新規開発となると時間が掛かるから、その調達方法を含めて早く結論を出さないと。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 沈黙続ける石原環境相 手抜き除染発覚の日、登庁せず
http://www.asahi.com/national/update/0111/TKY201301110363.html

*見えた維新内の「しこり」 首相、石原氏より先に橋下市長と会談で
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130112/stt13011200490002-n1.htm

※ 【アムネスティ日本支部声明】朝鮮学校の子どもたちに 無償化制度を適用すべき
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130110/prl13011013090039-n1.htm
※ 判決の数時間後…ネット販売を再開 原告のケンコーコム
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130111/trl13011119480004-n1.htm

※ 陛下が高齢者講習、皇居内走り免許更新
http://www.sanspo.com/geino/news/20130111/sot13011118250006-n1.html

※ 「宇宙戦艦ヤマト2199」2013年4月からテレビ放送決定、MBS・TBS日曜17時枠
http://gigazine.net/news/20130111-yamato2199-tv/

※ 前日の空虚重量76.0キロ

 

※ 有料版おまけ トータル・リコール

|

« 六韜 | トップページ | 介護に求めるべきレベル »

コメント

ヤマト2199第四章、さっそく劇場に見に行ってきます!

投稿: 危ない小父さん | 2013.01.12 10:13

>リセットは仕方無い
民間型を先に出せ、話はそれからだ。
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/houkoku/02.pdf
なにより、技本の制約なしに(藁)

投稿: pongchang | 2013.01.12 11:34

>>尖閣問題

今の日本が武力衝突をちらつかせてアメリカに対中交渉を働き掛けるなんて出来るわけがない。
そんなことするくらいなら黙って中国に尖閣諸島をくれてやる方が遥かに楽ですよ。
人も死なねーし経済関係も損なわれない。悪いのは中国だと責任転嫁出来るし、
世間もしばらくしたら他のことに関心が移って、やがて忘れ去られる。
北方領土や竹島みたいな場所が1個ふえるだけ。
中国もアメリカも日本もみんなハッピーなまま。誰もなーんも困らない。

クソみてえな話ですが、今のままだとたぶんそうなるんでしょう。

投稿: 川副海苔 | 2013.01.12 11:59

※ 【アムネスティ日本支部声明】朝鮮学校の子どもたちに 無償化制度を適用すべき

>いわんこっちゃない。次はきっとユネスコとかが声明出すよ。

てか、なんの意味も意義もない高校の無償化なんてやめればいい。前から言ってるように、やるなら国公立高校をもっと充実させるなり、まともに数学や英語も教えてないレベルの学校は助成を打ち切るなり、つぶすなりすればいい。義務教育じゃないんだから、最低限の高等教育のレベルに達しない学校が存続している意味はないし、そんなとこに税金をつぎ込む必要はまったくありません。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.12 12:33

モチキセさんは厳しいなあ。私は朝鮮学校だかが日本の文科省の指導に沿った教育をやるなら、無償化してもいいと思ってるけど、そこをクリアできないのはあちらさんの都合なんだからしょうがない。日本の教育行政の問題ではない。

モチキセさんはまともな教育をできていない高校はつぶしてもいいだろ的な意見らしいけど、私はそうは思わない。そもそも子供の数が減ってるんだから、需要がないところは勝手に潰れるだろうけれども、教育レベルが低いから需要がないとは限らない。そういう高校しかいけない若者は少なくないだろうし、やはり最低でも高卒の肩書はあったほうがいい。

実力があれば学歴なんて関係ない、中卒でもやれるひとはやれるみたいな話はあるけれど、そんな人はたくさんはいない。生活保護と一緒で、ある程度頭の温い人でも高卒の肩書だけは確保するための学校だって必要だと思います。

投稿: ピンちゃん | 2013.01.12 13:28

> モチキセキセキさん

豚はすっこんでろ的な話は、「男組」で卒業すべし。

投稿: nao_c/w | 2013.01.12 13:56

※ 陛下が高齢者講習、皇居内走り免許更新

こっちのほうが面白いです。

※【動画】インテグラに乗車した天皇陛下クソワロタwwwwwwwwwww

http://blog.livedoor.jp/nemusoku/archives/22192975.html

>ググったらアグレッシブな運転でワロスw

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cvAMDv7jcfU

誰だ、この画像作ったのは!! 陛下で遊んじゃだめですが、思わず笑ってしまった。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.12 15:08

>高校無償化

これも意味のない民主党のばら撒きの遺産でしょう。個人的にはいらないと思いますが、ぬるーい高校を全否定までする気はありません。でも、そこまで税金で只にする必要はないでしょ。お家の事情でそういう学校に行きたい、というなら、いけばいいけど自分のお金で払ってね、というだけの話です。

偏差値55だか60か以上の高校だけ無償化するでもいいし、お金がない人に教育の機会を与えたいなら代わりに奨学金でもいい。だけど義務教育でもないのに、全部無償化なんて国に対する甘えでしかありません。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.12 15:13

尖閣の続きです。
政府は中国に備えて今度南西方面の防衛力を強化する、日米同盟も強化するなんて言ってます。
でも少なくとも尖閣諸島は現有体制で充分守れるはずです。
それをアメリカの顔色を窺うだの騒ぎを恐れて手放すだのいうのなら、
いったいなんのための軍事力なのでしょう。なんのための日米同盟なのか。
軍事力不足で領土を無くすのなら悔しいけどまだ納得出来る。
だけど守れるはずの領土を政治的配慮なるもので無くすというのならこんなに虚しいことはない。
怒る気にもならん。馬鹿馬鹿しくって屁が出るわ。

投稿: 川副海苔 | 2013.01.12 15:35

ヤマト第四章、森雪と山本玲の入浴シーンとはいきなりかましてくれました!

巨乳衛生士の入浴シーンがなかったのは残念でしたが…

投稿: 危ない小父さん | 2013.01.12 15:43

ヤマト第4章、見終わって、ただいま帰還。ちょっと先越されましたな。
>ヤマト第四章、森雪と山本玲の入浴シーンとはいきなりかましてくれました!
小官としましては、そこよりも、古代が戦闘機コックピットでハーモニカを吹いてる時に
森雪がコックピットの縁に腰をかけるシーンと、エルフ女の精神攻撃のとき、
タラップを降りるときに、古代が上から森雪に顔を思いっきりふんづけられる
ところでありました。

投稿: | 2013.01.12 16:12

 その手のエロい入浴シーンはトップをねらえ!で既出。初出は知らないw

投稿: 大石 | 2013.01.12 16:28

>偏差値

子供の学力っていうのは教師の差より地域の差の方がはるかに大きいんだよね。 考えてみれば当たり前なんだけど、生活面で何の不自由もなく勉強に集中できる地域と、
「授業中はゲームするな、席を立つな、漫画読むな、廊下は走るな、万引きはするな、手榴弾を持って来るな、遅刻するな、校内に部外者を勝手に入れるな!」
とか毎日繰り返し指導しなければならない、学校が生徒に朝食を提供してる特殊な地域とでは差がつくのは当たり前なんですよ。
どんなに頑張っても、周囲がバカだと補助金なり教育予算が減らされて割に合わないのは悲惨。

投稿: ヨンヒ | 2013.01.12 18:15

>教育レベルが低いから需要がないとは限らない。そういう高校しかいけない若者は少なくないだろうし、
やはり最低でも高卒の肩書はあったほうがいい。

この本読むと、ド底辺高校って「犯罪予備軍化させないための収容所」に化してるわけで。

ド底辺高校生図鑑 日本底辺教育調査会著 扶桑社刊 ISBN-13: 978-4594066697  

良く似た制度があったのがワイマール期のドイツで、浮浪者収容所(独身者寄宿舎とも)ってのがあった。
そこから台頭したのが、かの「アドルフ・ヒトラー」ですよ。

投稿: | 2013.01.12 18:19

>そんなことするくらいなら黙って中国に尖閣諸島をくれてやる方が遥かに楽ですよ。

そんなことしたら宮古も石垣も西表もあれもくれ、これもくれとむしられ続けることになるぞ
人の住んでない無人島の方が武力で抵抗しやすい。
石垣に来られたら市民に犠牲が出る。そしたら犠牲が出るから黙って渡そうってことになる

投稿: | 2013.01.12 18:39

>>今、日本がすべきことは、オバマを脅すことです。

で・・・脅した後にアメがその通りに動くという保証は?
常々大石氏は「尖閣から米国は手を引きたがっている。尖閣の為に米国は動かない」と言い続けている訳だけど、それが正しいとするのならば、オバマを脅したら「そうですかではご自由に。後がどうなってもうちは知りません」という風になるんじゃないの。大石氏の主張からすれば。
わざわざ米国に手を引く材料を提供するメリットって一体なんなのやら。

>>小野寺防衛相
防衛省の記者会見のPDFを読むと「自衛隊の兵力そして装備、これをしっかり維持をできるという状況の中で、効率的な運用、それを改めてできるのであれば、言葉の表現には余りこだわる必要はない」とありますので、「人員も装備も減ってきている中で、これをしのぐために活用」という観点では容認しないけど、人員と装備が確保される中での機動的運用は容認するという事でしょう。

毎日新聞の記事は肝心の部分を無視している訳で、まあ一次ソースはきちんと確認しないといけないよという良い事例ですわな。

投稿: | 2013.01.12 19:09

>>人の住んでいない無人島の方が武力で抵抗しやすい

普通はそうなんですよ。ちゃんと守る気があるのならばそうなんです。
問題は日本政府が普通の対応をする保証がないということです。
無人島だから人命も住民資産も守る必要はない、だったらくれてやれという方向に行きかねない。
ただこれは政府のせいばかりには出来ない。
政府を選挙で選んだ有権者がどういう対応を望むかだと思います。
人命に影響しないが故に、尖閣問題は純粋に主権と領土をどう保全するかの問題です。
主権と領土のために日本人は何をどれだけ犠牲に出来るのか。それを試す試金石なのだと思います。

投稿: 川副海苔 | 2013.01.12 19:11

>偏差値

もはや意味が無いでしょう。世界で通用する技を身につけ、英語と中国が話せることでしょう。あれ~~、大門未知子じゃん。

投稿: | 2013.01.12 19:14

>お風呂のシーン
 確認できるのでは機動戦士ガンダム第17話「アムロ脱走」でミライ・八洲の上半身裸の入浴シーンがありますが。
 シャーワーシーンでは、超電磁ロボコンバトラーVで南原ちずるのがあります。
 あと、単にヌードでは宇宙戦艦ヤマトの月から火星へのワープシーンで森雪が裸になっております。
それ以前は知りません。ご参考までに。

投稿: 丸輪零 | 2013.01.12 19:33

>日本だけが、アメリカという宗主国に梯子を外されるんです。これまでもそうだったように。

そりゃ、米国は対中外交で日本に何度も煮え湯を飲まされていますから(それが日本が意図したかどうかに関わらず)。

まずは日本が泥をかぶらなくては、米国も日本への不信を払拭できずに動きようが無いということでしょう。

オバマを脅す前に、尖閣に軍事基地の設営と軍事費の増大をやってみせるべきです。


投稿: むにゅう | 2013.01.12 20:06

>※ 【アムネスティ日本支部声明】

アムネスティ・インターナショナル日本は、アムネスティの日本支部ではなく、別組織だそうです。
アグネスの日本ユネスコと国連のユネスコの関係のようなものだとか。

↓によると拉致被害者の人権問題は取り上げずに、在日朝鮮人の人権問題ばかりを取り上げているようで、どこの息がかかっているかは明白でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

投稿: | 2013.01.12 21:04

>ヤマト2199第4章
14話で敵に航法システムを乗っ取られた艦内を移動するためにエレベータの立て坑を梯子で降りていく
際に先に降りていた古代の頭を雪が踏んでしまい、思わず上を見上げた際に古代が目にした光景が本章
のメインでした。それとドメルは既婚者で幼い息子を亡くしているとの設定が追加されています。
これ今後のストーリーはどうなるんでしょうか。

投稿: じゅんちゃん | 2013.01.12 22:43

第15話「帰還限界点」
第16話「未来への選択」
第17話「眠れる過去 刻まれた言葉」
第18話「バラン星突破作戦」
第19話「七色の星輝くもとに」
第20話「七色星団海戦」
第21話「第17収容所惑星」
第22話「むかうべき星」
第23話「ガミラス本土決戦」
第24話「はるかなるイスカンダル」

投稿: | 2013.01.12 23:10

安倍ちゃんが海外NPOサイトで英語論文を発表してたとかで。

■剣kenn諤々:なぜか報道されない安倍総理のセキュリティダイアモンド構想
http://kennkenngakugaku.blogspot.jp/2013/01/blog-post_10.html
(原文)
http://www.project-syndicate.org/commentary/a-strategic-alliance-for-japan-and-india-by-shinzo-abe

「(中国海軍による)南シナ海の内海化」の阻止なぁ……。
内容的には内外のセキュリティ専門家筋の対中戦略認識とそう大きくずれてはいないのだけど、それを国家指導者がはっきり認めて否定しちゃうと、後へ引けなくなるなぁ、と。
そら国内マスコミもびびるわ。

投稿: 義忠 | 2013.01.12 23:15

この問題で最も重要なのは子どもの学習権の保障。

日本も批准している国際人権規約の社会権規約に抵触しているがゆえにアムネスティが声明を出したのである。日本が社会権規約に批准している以上、声明が出される当然であり、そこに不思議はない。今回のアムネスティの声明に反感を持っている人は、そもそも日本は社会権規約に批准しているという基本事項を飲み込んでいないのだろう。日本は社会権規約の批准国である以上はアムネスティの声明は他人事ではない。

それから文部科学省の指導要領に沿った教育内容なら無償化の対象に含めていいという意見には、文部科学省に相当する国の行政機関をもっている先進国は日本ぐらいしかない、ということも意識してほしいですね。

日本は社会権規約に批准している以上は教育機会の均等の観点からは、文部科学省の指導要領は関係ないのです。日本国内に在住するすべての子どもの学習権の保障という点からは、文部科学省の指導要領というのはどうでもいい。

ただし、朝鮮学校が偏向的な教育をしているとしたら、子どもに偏向教育を施すことが人権侵害にあたるのではないかという疑問は消えない。

高校無償化については、多くの先進国が公立高校の無償化をしているので、高校の無償化そのものに異を唱えるのはよくない。日本の高校教育については、現時点では公立高校の数がいまだに不十分ですので、それを拡充していきたいというならそうすべき。

今後は、日本の単年度当たりの出生数はどんなに景気が良くなったとしても簡単には増加しない。これからの日本は単年度当たりの出生数がかつての団塊世代や団塊ジュニア並み(単年度200万人近く)の水準に戻るということはありえない。ということは、少数の若者が多くの高齢者を支えるという社会的現象が非常に厳しく進行していくのは目に見えている。ならば、将来の日本社会の主要な支え手である子どもにはなるべく質の高い教育を施しておくべきではないだろうか。かつてと現在では人口構成が変わってしまっている日本で、子どもに対して学歴がなくとも自己責任で生きていければいいではないかという意見を言うのは非常に無責任で危険しょうね。

投稿: まえやま | 2013.01.13 00:22

>投稿: モチキセキセキ | 2013.01.12 15:13
あまりきちんと考えたことなかったけど、義務教育は中学までだと言っても、実際は高校くらいでないとまともな就職もできないし。一律無償化が是か非かという観点に限定すれば、迷いながらも私はいいことだろうと思ってます。モチキセさんがおっしゃってるマイナス部分はもちろんあるけれど、できるだけ門戸は開放して欲しい。

それが甘えだと言われると、子供のいない私にはよく分からない。昔を思いおこせば、自分はそれなりに努力して進学したつもりだけど、最近の子供たちはどんな感じなのかなあ。昔家庭教師した印象で言えば、括弧のついた加減乗除の順番が分からないとか、分数の足し算がどうしても理解できない子供はいるもので、そういう子供まで税金で面倒を見るのがいいことかどうかは、意見が分かれるのでしょう。

投稿: ピンちゃん | 2013.01.13 01:00

>高校無償化
問題は「経済的理由」で公立高校を中退した人間は、高校中退者が全体で毎年五万数千人程度いて、平成22年で1000人程度。これ平成21年度では1600人いたから、減ったことは減った。ただし、無償化のために年間予算を4000億円も使っている訳で、600人減らすためにそれだけ使ったのかと考えると、もっと方法があるだろうって話になる。ちなみに中退理由の御三家は「学業不振」「学校生活不適応」「進路変更」。

>陛下が高齢者講習、皇居内走り免許更新
おそらくご結婚されてからはほとんど公道では運転をされてないと思うけど、運転免許の存在自体が「若き日の思い出」に直結している訳ですよ。実際結構なカーキチ(死語)らしくて、公務での見学なんかも何げに自動車部品を造っている工場を見学されていたりする。

投稿: 剣 | 2013.01.13 02:07

まえやまさん

>この問題で最も重要なのは子どもの学習権の保障。

確かにこういう耳障りのよい響きの言葉をもってこられると、そうですね、と言いたくはなりますが、まずは「子ども」ってなによ、って言えば、私は中学生くらいまでは子どもだけど、高校生が子どもか?と返したくなります。十分に質の高い(国際的に見て、ということです。個人的には色々不満足ですが。)義務教育を100%保証しているということで、まずはこれは十分ではないですか?更に、金銭的なりゆうで高等教育での学習権が担保されていない、というのであれば、奨学金なりだってある。それでも足りないというならもっと奨学金を拡充してもいい。繰り返しになりますが、ある一定のレベル以上に達している高校であれば、無条件で無償化してもいいとも考えています。(本音で言えば、そんなことはするべきではないと思っていますが。)ただ、これだけ国の財政がしんどい中、高校教育全部無償化なんて、単なるばらまき政策の残滓であり、まったく不必要です。そりゃ、経済的には親としては楽でしょうよ。でも、本来子どもの教育費なんて家計の最優先の支出項目でしょう。それすら出せない、という人には国は手をさしのべるべき、それはその通り。でも、出そうとすれば出せる人にまで国が大盤振る舞いをする必要ありません。

他の国との比較という話もありました。調べてみると確かに結構な国が高校教育の無償化をしていると言えば、そうみたいです。ただ、それとてどこを見るかという話で、まだまだ義務教育すらまともにやれていない国もある、さすがにそういう国と比べるのは如何なものか、というところはあるかもしれませんが、高校進学率がここまで高く、日本みたいに基本的に入学しさえすれば大体は卒業できる、みたいは国ばかりではないでしょう。そこらへんの個別の事情の差まで踏み込まないと、他の国はこうだから日本もこうすべき、というのはちと安易なように思います。

日本の将来の為に教育の質をあげていくべき、という議論には大いに賛成します。ただ、高校無償化がそれに貢献するかはおおきな疑問があります。また、今日本の高校が進んでいるような普通科への統合方向もそれに資するとは思えません。人間にも色々な性格があるように、普通科から更に高等教育を目指したい、目指すべき人もいれば、商業科や工業科、高専や農業、畜産など多種多様なコースを目指せる道があってもしかるべきです。今は、どうもとりあえずみんな行くから、高校へ、みたいになっており、一部の高校はとても高等教育という名にふさわしいものではないところも多いことにこの問題の大きな部分があると思っています。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.13 08:16

>少数の若者が多くの高齢者を支えるという社会的現象が非常に厳しく進行していくのは目に見えている。

それ、増税目的に作られた根拠のない妄想ですよ。

投稿: | 2013.01.13 09:17

>>偏差値

>もはや意味が無いでしょう。世界で通用する技を身につけ、
>英語と中国が話せることでしょう。あれ~~、大門未知子じゃん。

自分で書いといて、こんなこと言っちゃいけないのですが、確かに偏差値秀才が国際人として通用するかは極めて疑問。つい最近も東大出身で良い反面教師みたいな人もいらした。(笑)

実際、海外に出てみて分かるのはある程度の言葉が話せるというのは最低条件なるも、言語能力が尊敬される国際人を生むわけではありません。仕事がしっかりできること、国際人たる前に良き日本人であること、良き人間であることが良き国際人の前提条件です。その意味でも、基礎教育であろうと高等教育であろうと、全力を尽くして学生の本分たる勉学に打ち込み、また、そこで学べないことを課外活動を通じてやっていく、というのが、多分世界に通用する人間を作り上げていくことの大前提です。その意味で言えば、勉強しない底辺の普通科高校の学生より、商業科や農業科、高専などで真面目に手に職をつけてきている子の方がずっと人間力がある可能性が高いです。ちょっとばかり理想論で語っていることは良く分かっていますが、少なくともしっかり努力する、という素地を与えることが教育の基本で、それができていれば高校にもなって、中学で習うような英単語が書けなかったり、イギリスがどこにあるかわからなかったり、奇数と偶数を足すとなんで奇数になるかわからなかったりはしないはずで、そんな学生も、そんな学生を黙認せざるを得ない学校ってなによ、と思うわけです。

少なくとも英語について、中高6年、ひょっとすると大学でももう2年か4年勉強します。うまい下手は別にしても、まじめにさえ勉強していれば必ず生きていく、ちゃんと自己主張もできて、商売上も問題ないくらいの英語力はつきます。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.13 09:18

ピンちゃんさん

例えば少子化という観点から見ると、人が社会に出るのが遅ければ遅いほど晩婚化が進み、少子化が進むというのは確かどなたかが書かれていたかと思います。また、高校3年間、なんの目的も持たずぼやーっと過ごして就職するのと、例えば中卒で大工さんでも、工場でも入って若い三年間にしっかり手に職を付けて働く、その結果、18歳のラインでどれだけの差が付くでしょうか?私が例えば自工メーカーの社長であれば、間違いなく工員さんとしては後者の人を選択します=その人には当然それだけのプレミアムを支払ってでも雇用したいと考えるはずです。

勿論、高等教育には高等教育でしか与えられないものというのも確かにあります。ただ、高校というに値しないレベルの高校も一杯あるのもまた事実。もっと言えば大學に至っては論外という学校ももっとあるでしょう。こういうこと一つ一つ考えても、今の高校に行かないとまともな就職先がない(というのが本当かどうか、というのも若干疑問はあるのですが)という風潮からして正していくべきと思います。

投稿: モチキセキセキ | 2013.01.13 09:26

>一律無償化が是か非かという観点に限定すれば

微妙な問題じゃないですかね。昔に日本の大学は入ってしまえばと4年間モラトリアムを認められたような感があった。その時代はヤケにハードルだけは高かったですが。
大学が全入になり、高校が全入になり、入学のハードルは落ちきった。
とりあえず高校へ行こう、とりあえず大学へ行こう。卒業したって就職はないからとりあえず院へ行こう。
そういう若者を目の前にしたら「高等教育」ってなんなんだろうと思います。

高校生が高校に行けない、行かない理由はまた別のところにあるのでしょうし。

生涯教育の点で高卒程度が求められるのは当然という見方は当然でしょう。
だけれど、親の視点から見れば、先に保育園が気になるし、6-3-3について疑問がある。
学習や学校生活で問題が生じるのは小中の問題だろうし。
就業についての意識については高校大学でうまく行っていない。

なんとなく世間に渦巻いている、モチキセキセキさんの指摘する「高校行かないと」という風潮は、私もおかしいと思います。
そういう意味で「なんとなく行きやすくする」というのもおかしいでしょう。
ならばいっそのこと高校は義務教育にしてしまうとか?

投稿: たつや | 2013.01.13 11:06

>この問題で最も重要なのは子どもの学習権の保障。

教育を大幅に改革するしかないね。例えば高校からドクター系とマイスター系、クリエイター系に分けるというのも
ありでしょう

投稿: | 2013.01.13 14:40

> 運転する必要すらないのに、年寄りが免許にしがみつく理由が分からない。

身分証明書として万能性が高いのが理由では。
年々更新しにくくして行っていますが、必要になったから再収得よりはずっと楽ですからね。

自主返納者へ運転経歴証などの身分証カードを発行したりしていますが、写真無し更新無しで身分証明として認めないところが多くあります。最近では住基カードが写真入りなので、そちらを無料発行するパターンもありますが、こちらも認めないところも多いです<浸透していないという理由が大きいですが。

住基カードの統一が進めば(現在デザインは自治体毎に違う)好転してくるかと思いますが、陛下は発行してもらえるんだろうか(^^;;

投稿: 一般書店で | 2013.01.13 18:25

再投稿

偏差値、偏差値とうるさい。
以後、偏差値というものは下の数値を偏差値に変えてから意見を言え。
i  Xi
-------------
1   8
2   3
3   5
4   12
5   10

ではでは

投稿: 丸輪零 | 2013.01.14 04:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交渉相手は米国のみ:

« 六韜 | トップページ | 介護に求めるべきレベル »