« 米国に於ける日本の不在 | トップページ | 米政府、我慢の限界 »

2013.04.26

日米同盟に優先する米中同盟

 さあ皆さん、新刊はもうお手元に届きましたかぁ!

※ 「日本の発言は好戦的」 尖閣巡り、元米大統領補佐官
http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY201304250047.html

*米メディア:日本の「謝罪しない外交」は大きな面倒を起こす
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-04/25/content_28656850.htm

 ホワイトハウスは内憂外患でそれ所じゃないのに、オバマ政権は激怒していますよ。安倍さんはアメリカに対しても「脅しには屈しない!」と啖呵を切れれば良いですが。
 日本の景気が上向いている間は、外交の当局者が直接的に非難することはそうないだろうとは思いますが、今頃、ワシントンの大使館は、あちこち頭を下げて回っていることでしょう。

 でもブレジンスキーの発言が、米政権の本音なんです。ポチの分際で、貴様が一人我慢すれば中国は黙るんだ、というのが、今世紀のアメリカの本音。アメリカにとって、軍事的な同盟国はまだ日本だけど、外交的な同盟国はもう日本じゃないと覚悟した方が良い。アメリカにとっての最優先の同盟国は中国。

※ 「歴史忘却、代価伴う」=韓国外相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013042500237

>時代錯誤の行動を取る場合、代価を伴う

 ねぇねぇ。代価って何? な~に? おせぇて?w。

 ぐぬぅ(>_<)……。永遠にタカってやるニダ!

※ 米ボーイング787が運航再開へ、3カ月経て空に復帰
http://jp.reuters.com/article/jp_boeing/idJPTJE93O00X20130425

 まずオーバーシーでは絶対乗るべきじゃない。787でワイハや西海岸なんて論外。乗って良いのは国内線のみ。ステンレスの容器に密閉するそうだけど、熱対策はどうするんだろう。それに、このバッテリーは、いざという時の操縦系に関わるはずだけど、そのバックアップはあるんだろうか。

※ ブッシュ前米大統領の記念館オープン
http://www.afpbb.com/article/politics/2940810/10640513?ctm_campaign=txt_topics

 歴代大統領のオープン記念には、存命中の大統領の出席が慣例になっていますが、みんな老けましたね。パパ・ブッシュは明日にも逝っちゃいそうだし、クリントンは一時期のふくよかさを無くしているし。
 最近支持率が回復しているというご当人は、「俺は図書館にはほとんどいなかったのに、まさか図書館を作ることになるとは思わなかったよ」とギャグ飛ばしてましたが。

※ 木語 怖さ増す中国の核=金子秀敏
http://mainichi.jp/opinion/news/20130425ddm003070128000c.html

 とうとう毎日新聞までもが核武装に転向か!?

※ 上空2000メートルからヘリで監視!“三次元捜査”で空き巣逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130426/crm13042608130003-n1.htm

 ナイス! 監視社会。でも地方ならではよね。都会ではなかなか難しい。無人機が果たすようになると、もっと高度を落とせて、都市部でも使えるようになる。いずれ、警察署の屋上からUAVが離発着する時代が来るでしょう。
 パトカーが追いかけて事故を起こす危険を考えれば、UAVで追跡する方が遙かに安全。

※ 巡視船「航跡」消去確認せず、朝鮮総連系に売却
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130426-OYT1T00228.htm?from=top

 そもそも機械類は全部取り外さなきゃ駄目よ。

※ 66歳女性の下着盗む、72歳男逮捕
http://news24.jp/nnn/news89057178.html

 もう嫌だorz。自分がこの歳になって煩悩が残っていたら、誰かに撃ち殺して貰いたい。

※ インスタントラーメン「シロクマヌードル」名物に…秋田
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20130425-OYT8T00255.htm?cx_thumbnail=06&from=yolsp

 白クマはかごんまの独占的登録商標なわけですが(異論は却下)、やっぱりくまもんに対抗するゆるキャラはこれしかなかですよ。シンプルなデザイン、南国のかごんまでどうして白クマのキャラクターを? という意外性でがっつり話題化できる。どげんですか? 県知事。 

↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 【話題の画像】見ていたい女の子と彼女にしたい女の子 「男性受けはダントツ右でした・・・」に待ったの声!
http://togetter.com/li/378516
※ 塀の中でも勝手な面々 刑務官妊娠させ、麻薬も 米国
http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY201304250051.html

※ 宇宙管制室“指揮官”の、「超・交渉術」 世界の宇宙開発で戦う、もう1人の日本代表
http://toyokeizai.net/articles/-/13718
※ 中国初の地面効果翼機、試験飛行に成功
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-04/25/content_28653999.htm

※ 火が起こせるペンでいつでもサバイバル可能
http://www.gizmodo.jp/2013/04/post_12170.html
※ 歌手の田端義夫さん死去 「バタヤン」の愛称で親しまれる
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-173929/1.htm

※ 前日の空虚重量77.9キロ

※ 有料版おまけ 閑話休題

|

« 米国に於ける日本の不在 | トップページ | 米政府、我慢の限界 »

コメント

>自分がこの歳になって煩悩が残っていたら、誰かに撃ち殺して貰いたい。

こんな煩悩で野合する方々も居られるようですねw

・生活・社民・みどり、参院選での選挙協力で合意
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20130425-01590/1.htm

あと、昨日、偽装請負のハナシをコメントさせていただきましたが、こりゃ・・・

・違法人材派遣是正装った派遣会社に事業停止3カ月 全国初の重い処分 大阪労働局が命令
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130425/wec13042523400024-n1.htm

社員90名は相当減りそうだし、スタッフ1300名は路頭に迷うし。相当に悪質だったようですが。
派遣社員はそうでなくても酷い状態らしいのに・・・
http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%AD%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0&aq=-1&ei=UTF-8&class=1

投稿: シャドウ | 2013.04.26 10:57

>日本の景気が上向いている間は、外交の当局者が直接的に非難することはそうない
では、安倍ちゃんが専念するべきは経済政策として二本目三本目の矢を確実なものにすることだけですね
あとは無問題

投稿: | 2013.04.26 11:13

>ぐぬぅ(>_<)……。永遠にタカってやるニダ!

悪口言いふらし、いつも邪魔ばかりする奴が金の無心に来るとしたら、どうしますか。来てから断るのも嫌だし、相手から来るもの止めてもらうのが一番です。靖国に行っただけで来るのを止めたよ、よしよし。もう来ないよ。


ボリビアのリチウムをクグッてみたら。

リチウム抽出本格化 ボリビアで日本が実験
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201302230172.html

あれーーーー????
キムチ国は、金がなくて、ボリビアのリチウム開発を止めたらしい。
投資しようしても金がない。


中国に行ったけど、金を貸してくれるだろうか。
それどころじゃないよね。


今年の夏、中国が水不足で農作物が全滅したら、食いつめた農民が都市に流れ込むよ。

投稿: | 2013.04.26 11:33

投稿: | 2013.04.26 11:33
訂正です。

☓:投資しようしても金がない。
○:投資しようにも金がない。


☓:今年の夏、
○:近いうちに

投稿: | 2013.04.26 12:07

>ホワイトハウスは内憂外患でそれ所じゃないのに、オバマ政権は激怒していますよ。

前段と後半が見事に食い違っているww

アメリカとしては中国の財布に期待しているのでしょうけど、
マクロとミクロのどちらの視点から見ても互いにパートナーにはなりえない国でしょう。
近づきたくても自然に斥力が働いてしまうわけです。

投稿: 黒煎りゴマ | 2013.04.26 12:19

>でもブレジンスキーの発言が、米政権の本音なんです。

ブレジンスキーが現役のころに、こいつの対日感が随分と話題になったが、まず日本が嫌い、日本はプエルトリコと同じで純粋な独立国家とは認めていない、日本は表面的には対米追随だが、民間レベル中国と結んで対中貿易で利益を独占するとかまあこんな感じ。ようするに、昨今の情勢とか国際環境は関係ない、ブレジンスキーは変わらないというだけ。

片山さつきによれば、前回は経済と外交だけ上手くやっていけばいいものを、「美しい国」で失敗したのだと。
自分じゃ得意分野だと思っている歴史観は、実は自民党内でも危惧される底の浅いもので突っ込まれると反論できない。
侵略についても、政治家、総理大臣としてその見解を聞かれているのに、学者の間でも定義がわかれると曖昧模糊の説明しかできない。やんわり躱す術というものがない。
高支持率に気をよくしているのか、馬でいえば入れ込んでいる状態。掛かっている。掛かった馬は直線で伸びない。

投稿: | 2013.04.26 12:54

トヨタより、ゼンリンなど地図業界は9兆円も儲けているのに田舎の企業トヨタに嫉妬する先生に理解できません、
地図業界は先生の大嫌いな役所や霞ヶ関の省庁を顧客に持ち、ほぼ独占企業なのですけどね、金持ちが嫌いな先生が批判的でないのはおかしいのでは?

投稿: | 2013.04.26 13:12

>もう嫌だorz。自分がこの歳になって煩悩が残っていたら、誰かに撃ち殺して貰いたい。

例えば渡邉恒夫とか石原慎太郎とか、この人達の気力やエネルギー自体はたぶんまだ50代くらいなのでしょう。
三浦雄一郎も80歳でまたまたエベレストを目指すと宣言してます。
だけど実際の年齢はみんなもう80代なんですよ。どんなに心身を鍛えたところで100歳まで元気に生きるのは無理。
よくて90まででしょう。余命幾ばくも無いのに野心や欲望だけは若い世代並みに持っている。
苦しいんじゃないでしょうかね。死ぬときにずいぶん苦しむと思う。
病気ばっかりで病院のベッドに繋がれているのも嫌だけど、死ぬまで若さと野心と欲望を追い求めるのも嫌だ。
人間50代になったら野心や欲望や諸々の業を少しずつ手放し始めて、70歳になったころには枯れている
くらいがちょうど良いんじゃないでしょうか。周りに迷惑が掛からない程度の健康は必要ですが・・・

若い頃はこんなこと考えもしなかったけど、最近は人間いかに人生を畳むべきなのかとか、チラチラ考えるようになってきました。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.26 13:38

 

「拉致被害者」家族を、靖国参拝反対に利用した、徳永エリ議員
 http://www.youtube.com/watch?v=0c_8D8ih5F4&feature=youtu.be

 議員=除名ものの行為ですよ。

投稿: 徳永エリの詐話師的な挿話 | 2013.04.26 13:39

>>※ 中国初の地面効果翼機、試験飛行に成功
> 白人さんが写っているけれど、本当にチャイナの技術だろうか。

何か、ロシアの民間用の地面効果翼機にそっくりなんですが。
記事では触れてないですが、ロシアの技術供与があるのでは。白人さんもロシアの軍人っぽいですし。

投稿: 業界インサイダー | 2013.04.26 14:02

>ホワイトハウスは内憂外患でそれ所じゃないのに

米 シリアは複数回サリン使用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130426/k10014213151000.html

これとかですね。

しかしあいかわらず内外の反戦団体がダンマリですねぇ。
無差別大量破壊兵器の化学兵器が使われてるんですがね。

あともう一匹のポチが余計なことしてますし~

米軍音楽隊「トクト」の曲演奏せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130425/k10014198161000.html

投稿: | 2013.04.26 14:15

>石原慎太郎

ナベツネの御仁はさておき、この方はもうこの夏までじゃ?
脳梗塞の後遺症で左手に不自由が残っている、と報道されてますが、実はもっと深刻らしい。
元々が弟(裕次郎)には自然に人が集まるオーラがあったのに、自分は・・・ とコンプレックスが強かった、と
最近、宍戸錠が「シシド(上・下)」で暴露してます。

息子もこのところ、自力で気象予報士からタレントになった次男以外はノビテルも三男もポカ続きだし、四男に
至っては、五輪招致に全く使えず。今は猪瀬がロボットにならなくて、「都知事辞めるんじゃなかった」って
酒ばっかり呑んでるとか(KOの名誉教授になった親友がコメントだしてましたね)。

弟にコンプレックスが強い寂しがり屋らしく、都知事止めたトタンに周囲に人が居なくなって鬱々としてるとか。
参院選を機に(負けが見えてるから)本格引退らしいです。もしかしたら参院選前に突如政界引退するかも。
今更、本書いても回想録程度しか出せないだろうし、売れるとも思えないしw

投稿: シャドウ | 2013.04.26 14:16

消費者物価、2年ぶり下落 12年度、緩和効果まだ

>3月の指数は前年同月から0・5%下がり、5カ月連続の低下となった。
>日本銀行は物価上昇をめざして金融緩和を強めているが、効果はまだ表れていない。
http://www.asahi.com/business/update/0426/TKY201304260013.html

あの、日銀が金融緩和の舵を切ったのは今月4月なんですが・・・・

投稿: | 2013.04.26 16:26

>議員=除名ものの行為ですよ。

徳永議員の発言をツイッターで
有田ヨシフ議員が擁護して

有田芳生 ‏@aritayoshifu
安倍首相は徳永エリ議員の予算委員会での発言を
「はっきり言います。徳永議員は嘘をついている」と秘書のポストにコメント。
一国の首相がこんな断言をすることは異様だ。拉致問題の対応について
被害者ご家族のなかには、安倍政権に強く期待する方もいれば、
不満を口にする方がいるのも事実である。

ツイッター民から

「救う会は完全否定&発言批判してるのに、根拠出せ」と炎上中ですwww

つか徳永議員のいう「家族会に近い議員から聞いた」って有田議員だったりw

つか「安倍政権に不満」なのと「閣僚の靖国参拝に不満」とでは話が違うのに
都合よく摩り替えてますな。

投稿: | 2013.04.26 16:33

業界インサイダーさん
>何か、ロシアの民間用の地面効果翼機にそっくりなんですが。
>記事では触れてないですが、ロシアの技術供与があるのでは。白人さんもロシアの軍人っぽいですし。
だよね、つうかロシアのエクラノプラン作っている会社がパトロンを中国に変えただけだと思いますが。
中国がなぜエクラノプランかっていうと・・・羅門祐人さんの仮想戦記でたしか巨大エクラノプランで
日本が米本土強襲ってのがあるから、それ読んで研究、計画たててたり。対日でねw

投稿: 九頭竜 | 2013.04.26 16:38

家族会じゃなく拉致被害者なら増元路線と距離を置く蓮池家とか救う会と対立している被害者家族もいるし。

投稿: | 2013.04.26 17:39

パラワンですか。。。
ムスリム過激派が観光客さらったりしてるとけど、世界遺産の地底河川があってよいとこですよ。

ヘジャブをかぶった謎の美女と司馬さんの共演とか!?

投稿: | 2013.04.26 17:41

>有田芳生

は、ヘイトスピーチ・デモの件でTBSの報道番組に録画出演していた。有田は、twitterで横田さんも~と人の口を借りて拝外デモ批判するから、徳永は混同したのかもしれない。どっちにしろダメだけど。

>田端義夫

いいお歳ですが、広告批評の鳥森路子さんもお亡くなりになりました。秋田美人の典型、美人薄命かと思ったら66歳になっていた。報道はいったい何年前の写真を使っているんだろう。
喪主が母親ということで、その年齢を知りたいところだ。

投稿: | 2013.04.26 17:43

パラワンといあばアジア覇権戦争のころの、デティールのしっかりした先生が懐かしいです
(/_;)/~~

投稿: | 2013.04.26 17:49

 

>> 家族会じゃなく拉致被害者なら増元路線と距離を置く蓮池家とか救う会と対立している被害者家族もいるし。
投稿: | 2013.04.26 17:39 <<

    これ(↓)ですね。
     ---------
拉致と靖国をめぐる徳永エリ議員(民主党)の捏造質問 2013/04/25 16:36

明白な捏造だ。

今週月曜日(22日)、拉致問題「有識者懇」で、古屋拉致担当相、家族会の増元照明、飯塚耕一郎両氏らと同席したが、家族から古屋大臣の靖国神社参拝に「落胆」の雰囲気など微塵も感じられなかった。
当たり前のことである。

確実にあると言えるのは、鳩山以来の民主党政権への深い落胆と、いまだに何の反省もなく捏造質問をする民主党議員への強い侮蔑の念だ。

なお、家族会と事実上袂を分かち、朝鮮総連や親北人士との交流を深めた蓮池透氏の発言を、反日左翼が時々「家族会の声」として政治利用することがあるが、今回も仮にそうだとすれば、蓮池氏の言動に苦い思いを抱えてきた家族会大多数や支援者の気持ちをことさら逆なでする行為である。

民主党は、徳永エリ議員に何らかの処分を下し、けじめをつけるべきだろう。
 http://island.iza.ne.jp/blog/entry/3059390/

投稿: ハス池 | 2013.04.26 18:05

東大早野龍吾教授 小児用高精度内部被曝検査機(WBC)を共同開発 
検出限界50Bq/全身で今年9月に福島導入予定 

https://docs.google.com/document/d/14z3g_L7xIU5cz9sO58sUfreIHm3uqwduFcacG77qre8/edit?pli=1

早野教授、あいかわらず頑張っております。

根拠もデータも無くデマ飛ばしたり
グダグダ文句言ってるだけの肩書きだけの教授たちも頑張れよと。

投稿: | 2013.04.26 18:12

※ ブッシュ前米大統領の記念館オープン
ブッシュ米大統領、ブラジル大統領に「あなたの国にも黒人はいますか」
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023467002/

ペレやロナウドも知らなければ、リオのカーニバルを見たこともないアメリカ大統領。
いや、ひょっとしたらリオ・デジャネイロをアフリカの都市だと勘違いしているのか
も知らない。
書類を回しても読まない(読めない?)ので、長官がわざわざ口頭で説明して裁可を
あおぐ、ゴルフばかりしてほとんどホワイトハウスにはいない。

こいつが大統領になってしまったことで、アメリカ民主主義の底の浅さを露呈してしまったな。
ただ、こいつの功績がひとつだけあるとすれば、余計な戦争を起こしてくれた反動で、世界中
でリベラル政権がボロ負けしているなか、アメリカではまだリベラル政権が健在であること。
共和党にとっては疫病神のような大統領だった。

投稿: | 2013.04.26 18:43

5巻、一気に読了しました。

>パラワン
土門さんは、独身に別れを告げた思い出の地に立つわけですね。
せっかくなので、土門家の奥様は復活登場されないのでしょうか?

ところで、ちょっと気になった件が。
以下、ちょっとネタばれかもしれませんがご容赦を

2章で『あきづき』がESSMを、『あけぼの』がシースパローを発射していますが、
『あけぼの』を含むむらさめ型は、平成22年度までに
シースパローからESSMに換装を済ませていると思うのですが。

投稿: | 2013.04.26 18:53

>シースパローからESSMに換装を済ませている

 あらら _| ̄|○ 。

投稿: 大石 | 2013.04.26 19:12

下着泥はダメでしょうが、枯れることを美化するのも好きじゃないですな。

そもそも70歳程度なら元気そのものでしょうに無理を言ってはダメでしょう。
年をとってもエロにならない程度に異性を意識できたほうが人間としてしっかりできます。

煩悩は死ぬまでなくなりません。

投稿: abcd | 2013.04.26 20:42

先生、>投稿: 川副海苔 | 2013.04.26 13:38様、待ってください!
問題は、ターゲットの年齢ではないのですか!?

投稿: jaguar | 2013.04.26 20:48

>※ 66歳女性の下着盗む、72歳男逮捕

この女性が女子高生が履くような下着を持っていたのかもしれないじゃないですか!

この爺さんは、下着の向こうに素晴らしい女性が見えたんだよ。きっと。

投稿: ほる | 2013.04.26 21:45

古今東西に例外なく、同盟には共通の敵を必要とします。冷戦時代の後半、米中は旧ソ連という敵を共有できた。では、今日は?安全保証上米中は、互いにシマを張り合いこそすれ、共通の敵は、どこにもいない。

投稿: 土門見人 | 2013.04.27 00:09

>同盟

アメリカと中国のトップどおしが、ズブズブの仲だったとしても、同盟という言葉には違和感がありますね。日英同盟の共通の敵はロシア。当時のアメリカの世論はロシア寄り。その世論を退けてアメリカの政権は日本寄りの政策、静観でしたが、をとった。日本がロシアに勝ったのを見届けて日本の敵に回る。今の米中は当時の日米程度の状況かと。同盟じゃない。それとも米中の共通の敵は日本なんでしょうか?でも日本はポチなんですよね。敵なんですか?

投稿: k-74 | 2013.04.27 01:22

> でもブレジンスキーの発言が、米政権の本音なんです。ポチの分際で、貴様が一人我慢すれば中国は黙るんだ、というのが、今世紀のアメリカの本音。アメリカにとって、軍事的な同盟国はまだ日本だけど、外交的な同盟国はもう日本じゃないと覚悟した方が良い。アメリカにとっての最優先の同盟国は中国。<

こういうことを断言するときの大石さんは、何か私たち一般人は知らないソースがあるのだろうかと疑う。それとそ、誰でも入手可能な公開情報から判断しているのかしらん。私見を申せば、アメリカはあれだけ中東にしろ何にしろ民主主義こそ至高の考え(システム?)であると押し付けようとしてるのに(&してきたのに)、中国にだけ例外を認めるとは思えない。

市場としての価値があるうちはちやほやするだろうけど、中国経済がおかしくなってきたら、また米国の対応は変わるのではなかろうか。

それはそれとして「米中激突」の5巻を早く入手しないといけないな。

投稿: ピンちゃん | 2013.04.27 01:44

>投稿: k-74 | 2013.04.27 01:22様
日本が米中共通の敵というのはありうる気がしますね。親米・親中どっちに転ぶか分からない不安定要因ですから。
それでいて、夜郎自大かも知れませんが、転んだときの影響は米中どちらにとっても、大きいかもしれない。
中国の拡張主義を抑える能力がアメリカに無いとすれば、朝鮮半島に代えて日本を米中で分け合うのが合理的なこともあるかもしれませんね。

投稿: jaguar | 2013.04.27 02:04

>投稿: ピンちゃん | 2013.04.27 01:44様
貿易統計を見れば、アメリカにとって日本より中国の方が、額が多い分普通に重要なんじゃないですかね。
アメリカの大赤字だからそんな筈は無いとか言う人もいますけど、国内調達より安く済むからこその輸入超過であって、
その差額は米企業の利益、資本家の利益ですから。
資本主義の国においては金持ちが神ですよ。民主主義じゃない。

投稿: jaguar | 2013.04.27 02:24

>※ 66歳女性の下着盗む、72歳男逮捕

盗むのは良くないですね。その点は年齢を問いません。
ほる様の優しさに溢れた見解もありましたが、72才だろうが90才だろうが欲に塗れているのは決して嫌いじゃないです。個人的に。
権力欲に塗れた爺さんどもを、いかにして引きずりおろして隠居の憂き目に遭わせてやるか?を考えて実行に移す事こそ、下の世代の楽しみだと思うのです。
ああいった枯れない爺さん達は、土門見人様の述べる所の「共通の敵」として、下の世代にとって丁度良いと思いませんか?

自分はどんな未来を選ぶか?ですか?
そりゃ枯れない年寄りです。欲望でテラテラした脂ぎった爺さんです。
下の世代の「共通の敵」ですよ。
やっぱり楽しそうじゃないですか。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2013.04.27 06:06

すいません。言葉足らずなんで補足します。
>ああいった枯れない爺さん達
ナベツネや慎ちゃんを指します。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2013.04.27 06:08

>こいつが大統領になってしまったことで、アメリカ民主主義の底の浅さを露呈してしまったな。

ああいう人間でも大統領になれるのが民主主義の良いところです。

選挙は優秀な人間を選ぶコンテストではなく、「俺達の頭領(漢字を間違えたわけじゃないよ)」を選ぶもの。
判断や戦略立案を行う人間ではなく、国民を代表して決断する人間を選ぶ。

投稿: ほる | 2013.04.27 08:40

>自分がこの歳になって煩悩が残っていたら、誰かに撃ち殺して貰いたい。
では、ボケ老人になったら銃殺刑確定ってことでよろしい?w
介護の人の話だと惚けていても男性はおしりとか触って来たりするそうだけどね。まさしく本能だからねぇ。

>盗むのは良くないですね。その点は年齢を問いません。
この前スーパーで老人が店員に取り押さえられていたというのがここでも書かれたいましたが、認知症の中にピック病というのがありまして、これになっちゃうと万引きとか盗みとかの問題行動が起こるんですな。そういう可能性もあります。

>B787
三菱自動車のリチウムイオンバッテリートラブルでは組み立て中(?)にバッテリーを落としたのが判ってリコールで全部交換になってますからねぇ。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130410_595425.html
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130424_597422.html
これくらい詳細に調査内容を説明してくれれば、まあ安心出来るのだろうけどね。
B787の様に多国籍の企業だと、まずこんな調査は進まないだろうなぁ。ましてやフランス企業が絡んでいるとなると。
国土交通省はJALとANAに対しては地上の整備員がバッテリー等をモニターすることを求めているけど。

>それに、このバッテリーは、いざという時の操縦系に関わるはずだけど、そのバックアップはあるんだろうか。
これってメインバッテリーが故障している時にさらにメインエンジンが2機ともダウンしてAPUも起動出来ないという想定になるのでしょうか。
その場合、ラムエアタービンが起動して電力を供給することになっていますけど、ラムエアダービンがどういう仕組みで起動するようになっているかでしょうか。メインバッテリーの電力に頼っていたらアウトだし、バッテリーに頼らずに起動出来る仕組み(たぶんこっちのはず)ならラムエアタービンからの電力供給で操縦は回復するでしょう。
但し確率的に考えればこれらの事が同時に起こるのは相当に低いとは思いますけどね。
事象的には試験飛行中に起こった配電盤の火災の方が怖いですね。あの時もラムエアタービンの電力で操縦を回復し緊急着陸しましたけど。

>あけぼの』を含むむらさめ型は、平成22年度までにシースパローからESSMに換装を済ませている
平成24年度に最後の1艦の改良が終わってますね。

あと中国艦の構造がどうなっているか判らないけど、砲塔真下って砲へ装填される砲弾がある筈で、そこへ一発食らわしたら誘爆して轟沈の気がしないでも無い。
逆に艦橋構造物に食らってもそう簡単には沈まないんじゃないかなぁ。

投稿: ロック | 2013.04.27 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟に優先する米中同盟:

« 米国に於ける日本の不在 | トップページ | 米政府、我慢の限界 »