« 日米同盟に優先する米中同盟 | トップページ | A Gate Too Far 遠すぎた厚木 »

2013.04.27

米政府、我慢の限界

※ 米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130426/amr13042610220003-n1.htm

 これは当然の措置でしょう。日中韓で唯一アメリカのことをまともに聞いてくれるのは日本なんだから、その日本に向かって、「まずお前が黙れ!」と一喝するのは当然のこと。挙げ句に戦後体制の枠組みを否定する発言まで繰り返すとなれば、アメリカは容赦は出来ないでしょう。

 国会に於ける侵略の定義の話なんてバカの骨頂で、こんなのがアメリカにまともに伝わるわけないじゃない。こういう話は、適当に流して周辺各国に付け入る隙を与えないことを優先すべきなのに。
 アメリカに入ってくる安倍総理の発言は、中韓が吠え立てる「安倍が侵略戦争を否定した」、これのみですよ。
 極めて迂闊な発言と言わざるを得ない。

 昨日の米中同盟に関して、同盟には敵がいるはずだが? というご意見がありましたが。アメリカにとって焦眉の急は、北朝鮮問題であり、ムスリムの敵です。その敵を巡る対策でアメリカは中国と組める。
 もう一つは、総力戦を強いるような戦争が減り、平和が長く続いたことで、同盟の本質も変わりつつある。近代国家にとっての最大の敵は、「不景気」という経済です。残念ながら、この部分に於いて、日本はアメリカの信頼を勝ち得なかった。ここ20年、戦争に敗れ続け、敗戦責任で政権はくるくると代わり、経済同盟としての信頼を損ない続けた。
 そこに台頭して来たのが中国で、アメリカは中国と組むしかなかった。信頼できる相手では無いけれど、経済を巡っても北朝鮮を巡っても倒れては困る相手である。
 おまけに、それが倒れた時の混乱を考えると、中共の民主化なんてとんでもない! というのがアメリカの本音でしょう。そのための米中同盟ですよ。皮肉ではあれど、ここでの共通の敵は、民主化を求める中国の民衆なのかも知れない。

※ 中国国防費20兆円?軍事バランス壊れる…首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130427-OYT1T00265.htm?from=top

>「この2年で日本と中国の軍事的なバランスが完全に壊れる。

 2年じゃ無理ぽ。ただ、そういう危機感を持っているなら、ちゃんと装備更新して人も増やさないとね。日本の保守政治家はいつも威勢は良いが、肝心の予算が付いて来ないんじゃ話にならんでしょう。

※ 中国、尖閣は絶対に譲歩できない「核心的利益」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130426-OYT1T01255.htm?from=main1

 人民日報をなぞっただけで新味は無いけれど、他人が持っているものに核心的利益なんて言い始めたらやっかいですな。

※ 「拉致家族落胆」徳永エリ議員に意外な助っ人 韓国大手紙「まるで罪人扱いだ!」と擁護
http://www.j-cast.com/2013/04/26174092.html?p=all

 別に騒ぐよな話じゃないでしょう。普通に考えれば、韓国首脳と当分会わなくても構わないとする安倍政権の姿勢を家族会が快く思っているはずもない。一方で、誰だ! と当人から睨まれて、家族会として、そういうムードを公に出来るはずもなく、「そんな発言はありません」と否定するしかない。

※ 在特会、人権救済申し立て「デモで抗議側から妨害受け」
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201304260220.html

 ワロタw。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 金言:世界の哀悼なき「慰霊」=西川恵
http://mainichi.jp/opinion/news/20130426ddm003070104000c.html

※ 米軍音楽隊「トクト」の曲演奏せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130425/k10014198161000.html

※ 米MRIインターナショナルの登録取消、投資資金を配当に流用=金融庁
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK066492920130426
※ フランス、政府の財政出動で経済再生はなるか
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324289404578446002159595948.html

※ 電車内で目を閉じていた女性に49歳の男が突然キスして逮捕 「寝ていた女性が可愛かった」
http://rocketnews24.com/2013/04/26/322633/

※ 前日の空虚重量77.0キロ

 ドコモの接続アプリが更新されたのでついうっかりアップデートしたら、またしても繋がらない _| ̄|○ 。しかも今度は、ぶちぶち切れるだけの前回とは違い、もう全く繋がらなくなる。
 で夕方サポートに電話。もうお宅のために動作テストさせられるのはご免だから、ちゃんとしたものを早急に出してくれ。だいたい、ドコモ以外のタブレット端末でも普通に使われているアプリ、普通に利用できるサービスなのに、いざ動かないととなると、動作テストは自社のスマホでしかしてないなんて代物を公開すなと。

※ 有料版おまけ 3Dプリンターが実現するレプリケータ

|

« 日米同盟に優先する米中同盟 | トップページ | A Gate Too Far 遠すぎた厚木 »

コメント

>救う会

そもそも拉致されたのも、自民党政権なのに、
何が嬉しくて現政権に誓いを立てなきゃならんのだ?

もちろん、あんな事言って救う会を逆境に立たせのは徳永だろうが、
安倍さんも子どもじゃないんだから、「誰が」なんて質問を返すのは結局同罪だわ。

投稿: nao_c/w | 2013.04.27 11:30

安倍内閣の態度がなぜ「戦後体制の枠組み」を否定することになるのか、当方にはよく理解できません。

講和条約があったからとて、認識を変えることも出来ないわけはないでしょう。変な理屈に囚われているだけでは?

投稿: ばびる | 2013.04.27 11:32

連休がスタートして骨太な批判報道がしにくくなるタイミングを狙っての殺害実行、言葉にできないほど姑息で卑劣で、反吐が出そうです。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/130426.html

しっかし、日弁連を無視して法務行政がつとまるとでも思ってるのかね?

投稿: パブ弁! | 2013.04.27 11:36

大石さんは尖閣に陸兵を上げろとおっしゃる(賛成です)が、それはアメリカに「黙れ(やるな)」とは言われないのでしょうか。

投稿: ばびる | 2013.04.27 11:36

>※ 米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す
うーん、米国の出方に対する大石さんの論評というか現状認識に関しては、ちょっと違和感があるんですよね。私はテレビとかネットで知った断片だけの印象批評みたいなことだけど、アメリカはそこまで露骨に中国にすり寄ってるんでしょうか?

旧ソ連崩壊によって米ソ冷戦体制が崩壊した後、取り敢えず敵がいなくなったアメリカが標的にしたのが日本で、そこから日米の経済戦争みたいなことが始まったような記憶がある。CIAがその諜報能力を日本企業の内情に向け始めたみたいな話もあった。そんなことは日本政府も百も承知で、どこで誰が何をやっているのかは分かりませんが、誰かが対抗措置を講じてるんじゃないかなあ。

記憶があいまいだから、意味のある事を書くには少し調べ直さないといけないけど、ソ連崩壊と日本のバブル崩壊がほぼ同時期に起こったよなあと懐かしく思い出したりします。

投稿: ピンちゃん | 2013.04.27 11:38

>しっかし、日弁連を無視して法務行政がつとまるとでも思ってるのかね?

現に務まっていると思いますが。

投稿: | 2013.04.27 11:59

>近代国家にとっての最大の敵は、「不景気」という経済です。残念ながら、この部分に於いて、日本はアメリカの信頼を勝ち得なかった。

アメリカの信頼を勝ち得るとは何の話でしょうか。プラザ合意が諸悪の根源だと思いますが。あれがなければ急激な円高もバブルもその崩壊もなかったと思いますが。

投稿: | 2013.04.27 11:59

公的債務のGDPに占める割合が90%を超えている国の成長率はマイナスだ!って論文なんですが
鶏が先か卵が先かで、経済成長させるためにも財政規律を引き締めて財政再建だ!っていろんな国が緊縮に踏み切ったって経緯です
勿論結果が全く伴ってないのでそのおかげで未来や命を失った人には
今回の精査で90%に崖なんぞは全くなくてよくて緩やかな下り坂程度だったってことですね
緊縮はよく新自由主義とかネトウヨと言われてるのでもいいんですが経済右派の考え方なんで
なんで新自由主義だのネトウヨだのと揶揄する人間によく賛同する意見が散見されるのか不思議で仕方ないですね

投稿: | 2013.04.27 12:13

>日中韓で唯一アメリカのことをまともに聞いてくれるのは日本なんだから、その日本に向かって、「まずお前が黙れ!」と一喝するのは当然のこと。

いい機会なんで同盟国に理解して貰いましょうよ。
「我々はお前の犬だ。忠犬だ。だからサル共であるトクアとは仲良く出来ないし、ワンと啼くし=靖国参拝、尿でテリトリを示す=尖閣は日本国土」
当たり前の事だろうって。何を訳の判らん事を抜かすと。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2013.04.27 12:32

>尖閣に中国軍機が40機超飛来 「前代未聞の威嚇」 空自パイロットの疲弊狙うhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/130427/plc13042712070010-n1.htm

これまでの日米安保も終わりそうですね。アメリカは役に立たない。

投稿: | 2013.04.27 13:45

>そもそも拉致されたのも、自民党政権なのに、

当時の野党社会党他、メディアすら拉致被害者家族の嘆願を
ガン無視したんだからジミンガーとか言ってる場合じゃないでしょうが。

拉致問題だけじゃなく、竹島にしても尖閣にしても
どの党やどの政治家の政権だろうと、当時の国際政治状況では
手を出すわけにはいかなかった。

そういう政治家たちのガン無視のなかで当時の安倍氏が
手を差し伸べたんだから安倍政権に拉致被害者家族が信頼を置くのは当然でしょう。

小泉訪朝以降に手のひら返して「拉致がー」とか言い出した連中とは違います。

投稿: | 2013.04.27 13:59

本日、所用で日本橋に行きましたが、丸善に新刊がありませんでした。売れてるんですね?

半島有事~ピノキオ上下までは棚刺しで揃ってましたが、米中激突は3巻が1冊のみ。
刷り数が減ったわけでもなさそうですし・・・

投稿: シャドウ | 2013.04.27 14:02

太陽光と風力、電力の50%超す=平日昼で初めて―ドイツhttp://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130426-00000025-jijnb_st-nb

問題なのは「必要なときに安定して供給できるか」なんだけど。

必要な時に足りなくてバックアップ電力が必要だし、、
必要じゃない時に余れば他国へ投げ売りで出力抑制しなきゃならん。

日本は島国だし他国へ売ることも出来んし。

投稿: | 2013.04.27 14:09

>米政府、我慢の限界

今日のアベちゃんは。

安倍総理が「ニコニコ超会議2」に来場決定!来場者とネット民にメッセージを
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/26/355/index.html

ヒトマル君とツーショットの撮影かな。
解釈はそれぞれで。


>※ 中国国防費20兆円?軍事バランス壊れる…首相

四川雅安地震で中国のロジ能力と築城能力を見ているんだけど。

雅安市の震災救助 解放軍が出動した最新鋭装備
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-04/22/content_28617060.htm


>米中同盟

共産党王朝と同盟を結びたいですかね。
雨は様子見です。

<中国人の本音>共産党の夢を見たくない中国国民
http://www.epochtimes.jp/jp/2013/04/html/d50206.html

投稿: はなかっぱ | 2013.04.27 14:14

>米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す

報道によれば、安倍晋三は野党時代から谷中の全生庵に通い座禅を組んできた。総理になってからは今月14日が初めてのようだが何か悟りを開いたのか、さにあらず。ツッパリ厨房が工房に変化しただけだった。
東京裁判なくしてサンフランシスコ講和条約もなく戦後の日本の繁栄もない。
戦後レジュームの転換などは、韓国が日韓基本条約の恩恵を受けながら、あれは間違っていたのでやり直せと戯言を言っているようなものだ。

昨夕、TBSニュースでキャスターの竹内明が解説していたが、安倍と麻生が歴史認識で中韓を刺激するのを米国務省は察知して、事前に自制を促していたということだが、安倍は徳永エリ議員が古屋圭司大臣に反撃されて怯んだのにつけ込んでつい「脅しには屈しない」と勇んでしまった。やはり、座禅の効果はなかったようだ。

投稿: | 2013.04.27 14:15

放射能汚染を恐れて避難費用300万円超、安住の地が見つからない

>311で名古屋に避難。沖縄に来てから台湾原発を知り福岡に移り
>黄砂とPM2.5で娘がじんましんに。結局、夫がいる東京へ戻ってきた。

http://nikkan-spa.jp/421150

当然本人の問題も多々あるけど、無責任にデマ煽った連中に損害賠償してもいいんじゃないかと。

投稿: | 2013.04.27 14:20

>拉致問題だけじゃなく、竹島にしても尖閣にしてもどの党やどの政治家の政権だろうと、当時の国際政治状況では手を出すわけにはいかなかった。そういう政治家たちのガン無視のなかで当時の安倍氏が手を差し伸べたんだから安倍政権に拉致被害者家族が信頼を置くのは当然でしょう。

あんたはどうにもならなかったと認識してるんだから、あんた自身は「ガン無視の政治家タイプ」

投稿: | 2013.04.27 14:28

投稿: | 2013.04.27 14:09 様

>日本は島国だし他国へ売ることも出来んし。

やろうと思えば技術的には簡単ですよ。むしろ政治的・安全保障の意味で難しいかもしれません。
ドイツ(大陸側はオランダ)とノルウェー間の580㎞には海底給電ケーブルが既に2008年から稼働してます。
対馬海峡は210㎞、宗谷海峡は42㎞しかありません。
海底給電ケーブルっていうのは、むしろ浅い海で、漁場になっているところの方が敷設・管理が困難です。
この点、タラ漁の盛んな北海の真ん中に敷設されてるこのケーブルは注目して良いと思いますよ。

投稿: シャドウ | 2013.04.27 14:32

>国会に於ける侵略の定義

確かにこれはうかつだったと思いました。
でも、靖国の例大祭については過去に問題になったことも無いわけですし、
今回の中韓の反応は異常ですよ。

政府には辛抱強く対応してもらいたいですね。
特に、信教の自由に関しては絶対に譲歩してはならないですね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2013.04.27 14:40

連投します。

>靖国:反応鈍い韓国国会
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/27/2013042700404.html

北鮮と軍事衝突事故が起こったら、金の借り先だから、強くは言えないね。

投稿: はがっぱ | 2013.04.27 14:46

中国がいくら強気なことをいっても実際に戦闘を開始することはできないように、アメリカがいくら日本を牽制しても日米安保を破棄することはできません。

今は、チキンレースの最中ですから、国内からブレーキを踏むようなアホなことはやめましょうね。チキンレースになれば、日本よりも先に中韓が崩壊しますから。というか先生もわかっているでしょう。

特に韓国は政体自体を壊さないと日本が滅びますよ。まだ北朝鮮のほうが交渉次第で日本と共存できる。アメリカ?日中韓で駄々っ子合戦をすれば、日本を取るに決まってるでしょう。

投稿: YT | 2013.04.27 14:56

>これまでの日米安保も終わりそうですね。アメリカは役に立たない。

そんなの当たり前。
米国はただの同盟国であって、日本のために武力を奮ってくれるカプセル怪獣ではない。
イスラエルや英国の例を見れば分かる通り、米国は他国の領土保全のために犠牲を払わない。

自国領土はその国が自力で防衛スべし。というのが古今東西の常識だよ。

投稿: ほる | 2013.04.27 14:59

>東京裁判なくしてサンフランシスコ講和条約もなく戦後の日本の繁栄もない。

大嘘ですね。
東京裁判から始まった戦後レジュームは朝鮮戦争の勃発とともに終わったんですよ。
だから日本の活動には何の制限も無かったし、貿易も軍備も好きに整えることができた。

朝鮮戦争と冷戦で世界から取り残されていた特亜が、60年前からやってきた亡霊のように謝罪と賠償を唱えているだけ。

投稿: ほる | 2013.04.27 15:04

>「この2年で日本と中国の軍事的なバランスが完全に壊れる。

安倍氏は小泉政権時代「北朝鮮はこの冬を越せない。」みたいなことを言っていましたけど
あれ以来何回春が来たんでしょう。
偉い人の言うこと鵜呑みするのは鳩山由紀夫氏と同じで
違いは周りのスタッフの差ぐらいじゃないのかなあ。

投稿: | 2013.04.27 15:16

>東京裁判なくしてサンフランシスコ講和条約もなく戦後の日本の繁栄もない。
>戦後レジュームの転換などは、韓国が日韓基本条約の恩恵を受けながら、あれは間違っていたのでやり直せと戯言を言っているようなものだ。

さっぱり意味がわからない。
講和条約の権利義務関係を変更しようとしているわけではない。
歴史認識を変えると条約がこわれるなど、トンデモ理論だ。

ホリエモンが冤罪を訴えたって全くかまわない。
心までを縛る物ではない。法秩序とはそういう物だ。

このトンデモ理論はよく見かけるが、一体誰が流しているのか。

安倍の勇み足はハラハラするが、後ろから弾を撃つような真似をしてはだめだろう。

投稿: ばびる | 2013.04.27 15:20

「戦後秩序の枠組み」を今正に破壊しようとしているのは中国だ。そう大声で言うべきだ。

投稿: ばびる | 2013.04.27 15:22

補足:
ホリエモンが冤罪を訴えて国賠訴訟を起こすというなら話は別だ。(日韓基本条約破棄しろというのはこちらに当たる)

メディアであれはおかしい判決だったということを言うことさえ許されない、ことはありえない。

投稿: ばびる | 2013.04.27 15:33

>偉い人の言うこと鵜呑みするのは鳩山由紀夫氏と同じで
違いは周りのスタッフの差ぐらいじゃないのかなあ。

村山談話と「認識同じ」―菅官房長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130425-00000048-jij-pol

というふうに、この官房長官はデキがいい。やばいの高市早苗などの陰謀史観よりの人たち。
ほっとくと大東亜戦争は自衛の戦争だったと肯定論をぶち上げかねない。
肝心なことは、アメリカ様がどう思っているかだ。
安倍は己が観音様の手の平の猿だるだという認識が足りない。

投稿: | 2013.04.27 16:03

>拉致家族落胆
まず、最初にハッキリさせるべきなのは、家族会を政治的に利用しようとしたのはいったい誰であったか、ということ。いうまでもなく、民主党議員ですよね。首相の方から、私の行動は家族会に支持されていると言った訳じゃない。民主党の方から、お前の行動は家族会に支持されていない、と言ったんですよ。それなら、それは真実であるかどうか、示してくれというのは当然でしょ。第一、これまで韓国が家族会に対して何かサポートとかしてくれましたっけ?

>在特会が救済申し立て
まぁ、これまでそういう側がそういう事をするとは想定していなかった訳です罠。でも、したからには、反対側と同じ基準で考えなければならない。さぁ、弁護士会がどう出るか、言っちゃぁなンだけど見ものではあります。

投稿: | 2013.04.27 16:17

>在特会が救済申し立て

外国人が日本人にデモを妨害していたのなら、妨害した方を全員逮捕して国外退去させるべき。

デモの妨害をするというのは、日本人の人権と政治的自由の侵害にほかならない。

投稿: ほる | 2013.04.27 17:07

これ、ナカナカ興味深い考察ですね・・・w

・経済難のはけ口に「円安」「安倍」攻撃 韓国メデイアと政界
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/kor13042712000003-n1.htm

『だがアベノミクスは世界経済で大きく非難されることもなく、むしろ評価が高い。この結果、歴史認識などでお家芸とする
 反日包囲網の形成に失敗し、ストレスのタネになっていた。韓国のメディアや政界では円安批判が、慰安婦問題と同レベル
 の民族主義の発露の場となっている』

『中央日報によると、現代自動車関係者は営業利益減少の理由として「円安」を挙げている。だが実際には、内需不振と現代
 自動車労組による週末特別勤務拒否で生産効率が下がったことも大きな要因であることは、当の現代自動車が認めている』

『昨年6月に100円が1514ウォンだった円相場が今月23日には1133ウォンに下落したとし、この円安の勢いが
 日本人観光客の海外旅行意欲を削いだ要因との見方をしている。
 韓国の「反日」は、日本側の現象をメディアが問題視し、識者を総動員して針小棒大に伝え、国会議員が呼応。これに官僚が
 同調して反日市民運動家が騒ぐ-という「反日」サイクルができあがる』

定性的・感情的にでなく、具体的に数字や公式発表を交えた考察が説得力を持ってます。ウォンの公定歩合を変えようにも、
国債が対国外債務になってる状況では外資に逃げられるからタマランw

投稿: シャドウ | 2013.04.27 18:23

>経済難のはけ口に「円安」「安倍」攻撃 韓国メデイアと政界
いい分析記事ですね
靖国、慰安婦と同じ俎上で円安政策が語られることに失笑を感じざるを得ない

投稿: | 2013.04.27 18:41

>米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す

さっそく警告がきました。

>安倍首相の車列、玉突き事故
>警視庁は、先頭車両がETCカードを入れ忘れたのが事故の原因だった可能性があるとみて調べている。

警護車両だろう。こんな単純なミスは考えられない。誰かが細工したんだよ。

投稿: | 2013.04.27 19:22

ニコニコ超会議で陸自の10式戦車

https://twitter.com/akahataseiji/status/328064734421209088/photo/1

>どれだけの費用・税金がかかるか説明はない by赤旗

あーはいはい。

ちなみに民主党ブース

http://p.twipple.jp/kaYQg

悲しい・・・・

投稿: | 2013.04.27 20:11

今日は厚木基地に行って来ました。行ったのは実は初めて。
行った方は御存知の通り入口すぐに「日本の民主々義の生みの親マッカーサー」という銘板があるマッカーサー像が
ある訳ですが、それを初めて見た人間にとっては「へ?マッカーサー以前には民主主義は我が国には無かったのかい?」と
毒づきたくなる代物でしたね。百歩譲っても育ての親程度だろうって。しかもそれを建立したのは検索しても一民間日本人が
勝手に寄贈したようで、更に戦後直後ならともかく50年近くたった1994年ではねえ。

なお、当方軍用機だけは全然区別が付かないのですが、撮った軍用機を後で確認したところ、P1とかいたようですが、それより
感動したのはYS-11M!米軍機が材質の差か結構機体が汚いのに対して1968年製なのにピッカピカでした。それにあんなに小さい
旅客機だったのかと。来年にはついに退役すると聞きました。

>米政権、首相発言に懸念
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130427/stt13042718010002-n2.htm
>--中韓が反発していることについてどう思うか
>「これは、じゃあ、言葉を換えれば、中国や韓国が何も言わなかったらいいんですか。そうやって物事を考えてみると、
>この問題ってのは本質が見えて来るんじゃないですか」
彼の世代が正解の中核になる頃にはよくも悪くも何だかの形で「決着」するような気がしました。

投稿: 剣 | 2013.04.27 20:24

【アベノミクス】 森永卓郎氏
「多くのエコノミストたちの主張が間違っていたにもかかわらず、
誰も過ちについて反省も謝罪もしていない」
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-8420.html

まぁモリタクは昔からインタゲ金融緩和論者なので一応一貫性はあるけど。

投稿: | 2013.04.27 20:30

何故に安倍総理はポチと呼ばれるのでしょうか?正直なところどうなんですか?

投稿: | 2013.04.27 20:39

>投稿: 剣 | 2013.04.27 20:24 様

>YS11
関東圏に居られるなら、入間の西部新宿線 航空公園駅前にドカンと展示されてます。
時々、不定期ですが機内公開がありますよ。ピカピカです。

ライン引退前に2回だけ、羽田~南紀白浜(ジェット化前)に乗りましたが、煩いし遅いし・・・でも楽しかったです。
南紀白浜空港では、航空局(当時)の使用機もエプロンで見ました。なんでも戦時中の反省の裏返しで頑丈に造り過ぎた
というオチがあったようです。パイロットには頑丈だし運動性もいい、とフレンドシップ(懐かしい)より好評だったとか。

あと、航空公園駅から徒歩5-6分のところに航空発祥記念館がありますが、今、8月31日まで零戦の栄搭載実動機(世界唯一)
が来てます。こちらも別料金ですがコクピット内までブリッジで上がって覗けます。通常展示もメチャに(無駄に)濃い
ところです。飛行機好きなら1日かかっても回りきれませんし飽きません。お勧めです。

投稿: シャドウ | 2013.04.27 21:06

>ポチ

ここではアメリカに飼われている状況の日本を指しているので安倍総理を指しているわけでは無いかと思います。戦後はずっと日本はポチです。ある意味、アメリカ大好きな大石英司さんもポチの筆頭かと。

ただ最近は新自由主義者がポチとよばれてる感じでいいですかね。新自由主義はアメリカに与するものでは無いけど、結果的にそうなってしまう。今は安倍総理がその代表者としてポチです。以前は小泉総理もポチでした。ポチなんて使ってる作家は大石英司以外では漫画家のいしいひさいちしか私は知りません。作品でポチとちゃんと書くのはいしいひさいち。ただいしいひさいちの場合は、どこの国もどんな立場もキッチリ批判する、与しないので、読んでいて清々しい。

投稿: k-74 | 2013.04.27 21:22

>我慢の限界

いっぽう韓国は

靖国:反応鈍い韓国国会

「韓国議員の8割が対日懲罰決議を実質的拒否する異常事態に」

「日本糾弾決議案」の採決に出席した議員はわずか70人程度
過半数に届かず採決は延期


>午後に開かれた本会議には、およそ70人の議員しか出席しなかった。
>本会議が終わる午後5時ごろまでに議決の定足数となっている
>151人を満たすことができなかったため、決議案は上程されなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/27/2013042700404.html

投稿: | 2013.04.27 21:34

>>YS11

佐賀空港横の空港公園にはYS11が展示してあります。
この空港で見ることのできる数少ない飛行機です。好きなだけ乗り放題の触り放題。
しかし正直言ってもう飽きた。つまんねえ。別のと入れ換えてくれ。なんならオスプレイでもいいや。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.27 21:38

http://mainichi.jp/select/news/20130427k0000e030149000c.html

死刑は日本の恥。弁護士会がいくら誠実に頑張っても、裁判所・検察庁・法務省・法務大臣を刷新しないと、いつまで経っても司法水準は後進国のままです。

投稿: パブ弁! | 2013.04.27 22:51

>弁護士会がいくら誠実に頑張っても

誠実じゃないし、がんばってもいない。

外国人の人権を擁護することに熱心なあまり、多くの日本人の人権を損ねた事実を我々は忘れていない。

投稿: | 2013.04.27 23:23

パブ弁さんの釣り針は「鯨でも釣る気ですか!?」というくらい巨大なのに,毎回ちゃんと小魚が食いつくんだから,たいしたものです。
お弁当屋さんにしておくには惜しいくらい,みごとな釣りの手腕ですね。

> 外国人の人権を擁護することに熱心なあまり、多くの日本人の人権を損ねた事実を

そんなこともないんじゃないですか。最近は在特会も弁護士会を頼りにしているくらいですから。

投稿: やせ猫 | 2013.04.28 01:02

>そんなこともないんじゃないですか。最近は在特会も

在特会の設立理由は日本人の人権を守ることですよ。

投稿: | 2013.04.28 09:54

パブ弁!様に質問です。

不起訴になった死刑になる罪を犯した被疑者が検察審査会の決定で強制起訴になった場合、指定弁護士は被告人を有罪(死刑)にすべく行動するのではないでしょうか?

投稿: | 2013.04.28 10:25

「死刑になる罪」というのは、有罪の場合に死刑以外の量刑が考えられない犯罪、という趣旨でしょうか。

そのような犯罪は、理屈の上ではともかく、現実には考えられません。酌量すべき要素が皆無の事案というのはあり得ないからです。

したがって、指定弁護士が法律家として誠実に職務を行う限り、被告人の死刑を求めて訴訟活動をするということはありません。

投稿: パブ弁! | 2013.04.28 21:43

>酌量すべき要素が皆無の事案というのはあり得ないからです。

犯罪の酌量とは、被害者側に犯罪被害にあう責任があることを示すのですよ。

犯人の不幸な生い立ちや精神の不安定さは酌量ではありません。

投稿: | 2013.04.28 22:12

心神喪失や心神耗弱は、刑の必要的減免事由です(刑法39条)。
完全責任能力でも、心神耗弱に近い場合には責任非難の度合いが減少します(団藤説、同旨の判例多数)。

また、成育環境の不遇さが被告人のために酌むべき事由であることは当然であり、裁判実務上も是認されています。

貴方が偏見を持つのは自由ですが、構ってほしければ少しは勉強してから発言しましょうね♪

投稿: パブ弁! | 2013.04.28 22:22

>また、成育環境の不遇さが被告人のために酌むべき事由であることは当然であり、裁判実務上も是認されています。

はいまた、嘘がでましたね。
成育環境の不遇さを無視して刑が下された例は山ほどありますね。


>構ってほしければ少しは勉強してから発言しましょうね♪

刑法39条は酌量では無く責任能力の有無を問うものです。
弁護士を騙るなら、もっと勉強しましょう。
門前の小僧、習わぬ経を読むと言いますが、法的な知識は体系的に勉強しないと身につきませんよ。

投稿: | 2013.04.28 23:14

>>指定弁護士

以前から疑問な事があります。どなたあての質問と言うわけではありませんが書かせて頂きます。
法律用語とか間違っているかも知れませんがその点はご容赦ください。

刑事事件の弁護士の仕事って、被疑者の立場に立って
その権利を最大限主張することですよね。だから弁護士と呼ばれる。

検察審査会の強制起訴と言うのは、検察がいわば匙を投げた案件を再度拾い上げて裁判をやり直すことですよね。
検察がバンザイした以上、別の誰かが検察官役をやらねばならない。

でも、何でその役を弁護士が引き受けるんでしょうか?
弁護士の本来の役割と全く正反対の役割をやるんですよ。
検察でさえ罪に問えないと判断した案件を再度サルベージした挙げ句、よりにもよって弁護士がその罪を問う。

いったい検察官役の指定弁護士は、自分の中でその立場をどうやって折り合いをつけているのでしょうか?
て言うか、指定「弁護士」って言葉じたい、その役割と矛盾している。
その役割を考えたら「代用検察官」などの呼び方が相応しいのでは?

日弁連はこの制度が作られるにあたり、何で反対しなかったんでしょうか?
「被疑者の権利を踏みにじる許しがたい制度だー!」とか言って猛反対するのが筋なんじゃないでしょうか?
それとも猛反対したけど押し切られて、無理やり指定弁護士をやらされる羽目になったんでしょうか?

明石の事件といい、小沢氏の事件といい、いわゆる権力者側・体制側の人間がやらかした案件です。
穿った見方ですが、まさかそういう立場の人間だから断罪されるのが当然とか言って反対しなかったんでしょうか?

どんな立場であれ、ある人物が被疑者である以上、その権利を最大限主張するのが弁護士の仕事のはず。
その弁護士が被疑者の立場や境遇によってはその態度を変える事が有り得るとか、まさかそんな事はないですよね?

投稿: 川副海苔 | 2013.04.28 23:38

>投稿: 川副海苔さま | 2013.04.28 23:38

きちんと調べたわけではないので、半可通的なコメントですが……

>刑事事件の弁護士の仕事って、被疑者の立場に立って
>その権利を最大限主張することですよね。だから弁護士と呼ばれる。
ここでいう「弁護士」は、「弁護人」のことを指していると思います。
刑事手続きにおいて「弁護人」を務めることは、弁護士の仕事の主たるもの
であるといえますが、弁護士の役割はそれだけにとどまらないわけです
(たとえば、犯罪被害者の訴訟参加手続きにおいて、犯罪の被害者側の利益のために
 助言したり、場合によっては被害者の代理人として訴訟にかかわるのも、
「弁護士」の仕事のひとつです。この場合、犯罪被害者の権利の擁護は、
刑事事件の被疑者の利益と相反することになることも少なくないと思います)。
よって、「弁護人」以外にもいろいろと弁護士の仕事がありうるといえます。

強制起訴制度は、検察が起訴しないことを2度も決定した事案を扱うものです。
したがって、検察ではなくそれとは違う立場の法律専門家により訴追が行われることが
望ましいと考えられます(検察官以外の法曹のうち、裁判官は判断を下す役を
務めますから、消去法的に、弁護士が残るということになろうかと思います)。
なお、ご懸案の当該事件における被告人の利益は、別の弁護士が「弁護人」を
務めることで、その保護がはかられることになっています(弁護士会を通じて、
弁護士が皆同じ立場を採っているわけではありませんし、任じられた役割に応じ、
もっともふさわしい態度を採るのは、専門家として当然のことです)。

ま、強制起訴制度自体に問題がないわけではなく、
いろいとと改善しなければならない点があることは否定しませんけど……

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.04.29 07:42

>投稿: パブ弁!さま | 2013.04.28 22:22

一連のコメントは、若干適切性を欠くかと思います。

日本の刑法上(刑法典以外の特別刑法は調べていませんが)、
刑の下限が死刑の罪は「外患誘致」があります。
また、精神喪失などの事由がまったく存在しないケースは想定としてはありえます。
さらに、情状についても軽減事由がまったく存在しないケースはないでしょうが、
刑を加重すべき要素があまりにも大きい場合というのも存在しえましょう。
したがって、「指定弁護士」として強制起訴の事件に関与する弁護士が、
死刑を目指した主張を行うことが理論上ゼロということにはならないと考えます
(このような事案については、検察官が起訴する対象になり、
 強制起訴制度の下、「指定弁護士」の担当となる可能性は、
 現実、ほとんどありえないでしょうが……)。

しかも、このような主張を「指定弁護士」が行うことが
弁護士として非難されべきであるとは考えません。
それは検察官の役割を果たす「指定弁護士」としてのプロの仕事をしているからです
(また、このような主張を「指定弁護士」がしたということが、
 他の弁護士が死刑反対を唱えることへの有効な反撃とはなりえません)。
なお、もし、上記のような事案において、
「指定弁護士」が自己の死刑反対という主張のため、 被告人に有利な情状等を
故意に主張することがあれば、そのような者は法曹失格であります
(そのような形で自分の任務を果たさないのであれば、
 当該事件につき「指定弁護士」を引きうけない、ないし辞任するのが筋でしょう)。

あと、パブ弁!さんはたしかに法律の専門家なのでしょうが 、
法律の専門家といっても、一般の人に比べてほんの少し知識があるにすぎません。
一般の方を「小馬鹿」にしたような物言いはあまり関心しませんね。
私はパブ弁!さんと異なる意見をもつことが多いので好都合なのですが、
それでは、どんなに「素晴らしい」ご意見を述べても広く支持を得られないと思いますよ。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.04.29 09:37

>国際法研究者(ノラ)さん

「情状についても軽減事由がまったく存在しないケースはないでしょうが、刑を加重すべき要素があまりにも大きい場合」という部分の理解が問題ですね。

ノラさんの考えだと、「刑を加重すべき要素があまりにも大きい場合」には、情状酌量すべき事情がある程度は認められても死刑を選択すべしということになるのでしょう。しかし、死刑は究極の刑罰ですから、仮に(冤罪の危険性等を除外できたと想定して)それが許されるとしても、良い情状が全くなく、これ以上悪い犯情は考えられない事案に限定されるべきです。

とすると、良い情状が全くない事案というのは現実的にあり得ませんし、それ以上に犯情悪質な事案も常に想定しえますから(例えば30人殺害した事案であっても、将来、31人以上殺害する事件が発生する可能性があるから、最も悪質な事案とは断定できない)、結局、死刑しか選択し得ないケースと言うのは現実には存在しないことになります。

投稿: パブ弁! | 2013.04.29 10:12

>投稿: パブ弁!さま | 2013.04.29 10:12
まあ、このあたりは価値観・考え方の違いですね
(ご異論はあろうが、正否の問題ではなく、当否の次元かと……)。

ですので、この件についてはは、これ以上は何も申しません。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.04.29 10:24

>それが許されるとしても、良い情状が全くなく、これ以上悪い犯情は考えられない事案に限定されるべきです。

相変わらず理由を示さずに結論だけを押しつけてきますねえ。

べき論を並べるだけで、なぜ「べき」なのかを説明できないようでは誰にも支持どころか理解されない。

投稿: | 2013.04.29 11:08

パブ弁! 様
国際法研究者(ノラ) 様

しろーとの考えとして、お読みください。コメントいただければ幸甚です。

強制起訴事件で扱われる犯罪の最高刑が死刑である場合
(ま、強制起訴事件に限りませんけど)
求刑の選択肢から「予め」死刑を除外することは、適当でしょうか?
適当だとするならば、その理由は何ですか?

> 良い情状が全くなく、これ以上悪い犯情は考えられない事案
に対する量刑は死刑
なのではなく
これこれ(以上)の事案に対する量刑は死刑
なのではありませんか?

そもそも論として、強制起訴事件では
被告人は、罪状認否において、一貫して否認すると思うのですが
被告人(およびその弁護人)が罪状を認めて情状酌量を求める
ような事態が、現実問題として考えられますでしょうか?
そのような状況で「指定弁護士側から」情状酌量する余地がある
とは思えないのですが、その点については、どうお考えですか?

投稿: | 2013.04.29 14:16

>投稿: | 2013.04.29 14:16

>求刑の選択肢から「予め」死刑を除外することは、適当でしょうか?
>適当だとするならば、その理由は何ですか?
すべてのケースにおいて予めというのであれば、適当ではないでしょう。
ただし、事案によっては、はじめから死刑は求刑できないと考えられる
ケースはありえると思います(刑法上、最高刑は死刑だけど、
刑の幅が比較的大きい罪はたくさんありますから……)。

>これこれ(以上)の事案に対する量刑は死刑
>なのではありませんか?
そういう理解でよいのではと少なくとも私は考えていますが、
それが法学的に絶対に正しい答えかと問われると自信がありません。

最後のご質問については、事案によってはあるかもしれない。
ただし、具体的にどのような場合があるかと問われると、
すぐには出てこないです。

と読み返してみると、あまり回答になってませんね……
ま、私も国内法(刑法)は専門ではなく、素人同然ですので、
その程度として読み流していただければと思います
(学部の頃のぼんやりとした記憶しかないもので……)。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.04.29 14:59

国際法研究者(ノラ)さん、コメントありがとうございます。

刑事裁判に関する弁護士の仕事と言っても、
被疑者の権利を代弁する以外にもいろいろあるのですね。勉強になりました。

しかし検察審査会の制度って何なんですかね。
「疑わしきは被告人の利益」ってのが先進国の刑事裁判の大原則の一つでしょう。
それが「疑わしいから納得出来ん」とばかりに法廷の場に再度引っ張り出されるんだから。
明石の事件や小沢事件はたまたま公権力側や政治家という公人が引っ張り出されたわけだけど、
市井の人が同じ目に遭う可能性だって常にある。
それを思うと少し怖くなります。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.29 22:27

投稿: | 2013.04.29 14:16 です。

国際法研究者(ノラ) 様

ありがとうございます。
ご見解については、理解できたつもりでおります。
> あまり回答になってませんね……
んなこたぁないです。
当方の土俵での貴殿のご見解を、充分コメントしていただいたと思います。

投稿: | 2013.04.30 00:37

>投稿: 川副海苔さま | 2013.04.29 22:27
いえいえ、どういたしまして。

「検察審査会」ですが、検察官が起訴しないケースは、嫌疑が不十分である場合だけではないんです。
犯罪の立証の見通しは十分あるケースでも、検察官が、種々の要素を考慮して、
裁判にかけ刑罰を受けさせるまででもないと判断する場合もありえます。
このようなケースにおいて犯罪被害者などが検察官の判断に不満足な場合などに
一般市民の目からみて検察官の判断が妥当であったのかを再審査するのが、「検察審議会」です
以前は検察官に再検討を勧告する権限しかありませんでしたが、
強制起訴の制度が設けられ、若干、それが暴走気味(私個人の印象ですが……)という感じでしょうか。
まだ強制起訴制度ができて数年ですので、だんだんと適切な運用に落ち着いていくのではと思いますが……

あと「検察審査会」の概要については↓ここなんかがよいかも?(ご参考まで)
 http://www.courts.go.jp/kensin/seido_gaiyo/index.html
 http://www.courts.go.jp/kensin/seido_kiso/kiso_image/index.html

>投稿: | 2013.04.30 00:37
そう言っていただけると助かります……

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.04.30 14:21

>いつまで経っても司法水準は後進国のままです。

 では、あなたの言う「司法先進国」とは、具体的にどこの国を指すのでしょうね?
 米国弁護士の阿川尚之氏(駐米公使)は、米国の刑事司法を「木の葉が沈んで、石泳ぐ」カオスそのものだと言っており、一方日本の刑事司法を「米国とは比較にならない位、公正で能率的」と評しています。日本より、比較にならない位、弁護士の力が強い米国がこの有様です。少なくとも、日本は米国より、「司法先進国」だと言って間違いはないと思います。

投稿: 土門見人 | 2013.04.30 19:19

裁判官検事の公務員法律家に嫉妬する弁護士にさらに嫉妬する弁護士資格を得られなかった周辺法律屋モドキっとw世の中は嫉妬でできている。上見て暮らすな下見て暮せっとw

投稿: | 2013.04.30 20:18

> 投稿: | 2013.04.30 20:18

他人を見下すための理屈を必死で考えているお前という存在が哀れ。

投稿: | 2013.04.30 21:08

>土門見人さん

肩書がリッパな人の御意見がそんなにお好きなのであれば、元東京大学総長・同名誉教授、文化功労者であらせられる刑事法学者の頂点、平野龍一先生のお言葉を送りましょう。

「欧米の裁判所は有罪か無罪かを判断する所であるのに対して日本の裁判所は有罪を認定するだけの所である」
「わが国の刑事裁判は、かなり絶望的である」

投稿: パブ弁! | 2013.04.30 21:42

>投稿: パブ弁! | 2013.04.30 21:42

全く反論になっていませんよw

日本が後進国だからと言って、欧米が先進国だという証明にはなりません。

投稿: | 2013.04.30 22:36

すみませんが、小生 は、「誰が」よりも、「何を主張しているか」を重視しております。なお、刑法については、司法協会の刑法総則講義案しか読んでおりませんので、平野某氏がどうとか言われても、ピンと来ませんね。

投稿: 土門見人 | 2013.04.30 23:03

>土門見人さん

そうですか。わざわざ「米国弁護士の阿川尚之氏(駐米公使)」とお書きになった上で、その御仁の放言を全面的に盲信されておられたものですから、よほど肩書がお好きなのかと勘違いしまして失礼しました。

ところで、先日、憲法改悪を目論む総理大臣が芦部先生を知らずに大恥をかいていましたが、刑事法学の第一人者の中の第一人者といってよい平野龍一先生を知らずに刑事司法を論じるというのも恐ろしいレヴェルですね。ネットであれどこであれ、世間に向けて物を言うときは、自分はまだまだ無知かもしれないという謙虚な姿勢が望ましいと思いますよ。

投稿: パブ弁! | 2013.04.30 23:16

>投稿: パブ弁! | 2013.04.30 23:16

酌量と責任能力の有無の違いは理解できた?

投稿: | 2013.04.30 23:28

>欧米の裁判所は
1980年ごろの論文だっけ?
引用としてはどうだろう。ここ流に例えるならパンツアー最強!いや10式は世界に誇れる!みたいな?

投稿: | 2013.04.30 23:39

パブ弁!様を、バブ弁!またはハブ弁!と空目。

投稿: | 2013.05.01 08:36

>先日、憲法改悪を目論む総理大臣が芦部先生を知らずに大恥をかいていましたが

 恥だと思っているのは、ごく一部の幸せな人たちだけでしょう。
 国会は法学部や法科大学院の教室ではないんですよ。判例に全く無力な学者の御高説なんぞ、誰が総理に期待しますか(ごく一部の意識の高い方々は除いて)。
 そうそう、刑事司法の実際も、法学者の精密な理論とは程遠いところで処理されていることも、他の弁護士から聞いております。世の中には、刑法は団藤説しか知らない司法研修所教官もいるそうで。
 だから私も、刑法・刑訴法は判例ベースの「刑法総則講義案」、「刑事訴訟法講義案」しか読まないのです。

投稿: 土門見人 | 2013.05.01 17:59

>土門さん

日本の裁判所が、法律学の学問的成果・人権理論の到達点等を丸っきり無視する野蛮な暴力装置であるということで認識が一致しましたね。

さて、医学的知見を全く無視して独自の思い込みで患者を切り刻んだり、建築学会の提言を全く無視して安全基準に合致しないビルを建てたりする連中がいるとすれば、社会の害悪ですよね。法律学の成果を無視して冤罪を量産する裁判所についても同じことですね。

投稿: パブ弁! | 2013.05.01 21:16

>投稿: 土門見人さま | 2013.05.01 17:59

横入り、すいません。

>国会は法学部や法科大学院の教室ではないんですよ。
>判例に全く無力な学者の御高説なんぞ、誰が総理に期待しますか。
この点は、私も、概ね合意です(芦部先生をよく知らないことが
あまり褒められないことであるとしても、
政治家・総理として特に批判されるべきこととは考えません)。
件の議員の小馬鹿にしたような態度は非常によくないものであったと思うし、
質問の内容についても審議すべき補正予算に直接関係しないものであり、
かつ他の同僚議員が既に行った同趣旨の質問の繰り返しにすぎないもの
(件の議員のブログの記述が正しいと仮定すればですが……)で、
まともにとりあげて答えるのはバカバカしいと考えても
仕方ない面もあるなぁと、私個人はみました
(ま、安倍氏も誠実に答えたほうが、よい印象を与えられたんですが……)。

で、上のような認識を前提として、やはり改憲を目指す安倍氏への注文として、
やはりもう少し勉強なされたほうがよいかなと思うところはあります。
というのは、安倍氏からみて否定すべき・乗り越えるべき戦後の憲法学とはなにかを
おさえておいたほうが、適切な攻撃ないし防御をおこなうことができるのではと考えるからです
(加えて、揚げ足取り的な攻撃に対してもサラりとかわせるようになりますね)。
こういうのは、「求めすぎ」なんですかねぇ?
私としては安倍氏に期待する部分もあるので、あえて厳しい態度も必要かなと思うのですが……

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.05.01 21:33

 さて、陸軍大学校の学問の集大成だった統帥綱領に忠実に戦った大日本帝国陸軍の末路はどうだったでしょうか。
 善戦したのは、机上の学問とは全然違う、独自の考えで戦った前線の部隊でした。陸軍大学校卒業生で固めた参謀本部は、前線の実情を無視した命令を乱発するだけでした。
 どっちが「社会の害悪」だったかは、一目瞭然です。

投稿: 土門見人 | 2013.05.01 21:39

 ついでに書いときますが、南太平洋の前線で勤務していた海軍軍医中尉の手記で読んだことです。
 出征前、内地の海軍軍医学校で習った勤務要領が前線では全く通用せず、大量の患者を前にして、独自の考えで前線の実情に合致した治療を行わなければならなかったそうです。
 現場を知らない「医学的知見」が、どれだけ役に立つか、良く分かる話です。

投稿: 土門見人 | 2013.05.01 21:54

>(芦部先生をよく知らないことが
> あまり褒められないことであるとしても、
> 政治家・総理として特に批判されるべきこととは考えません)。

「よく知らない」のはまあいいですが(良くない、という考え方もありえましょうが)
「知らない」「アシベ? Who?」は、改憲の旗振り人としてはやっぱ拙いと思います。

尚、小生、改憲論者かつ、本日時点で安倍政権支持。

投稿: | 2013.05.02 00:10

 

この人とか(↓)廃憲派の人士を「存じ上げない」場合、どうなるのかね?

 改憲派は「保守」派ではない!小山常実 (3-1)
 http://www.youtube.com/watch?v=HT2a-YtcG4k

戦後の憲法学も、結局、戦後=憲法学で、やはり、バックにあるのは占領軍の権威とか?

投稿: | 2013.05.02 00:35

> 出征前、内地の海軍軍医学校で習った勤務要領が前線では全く通用せず、大量の患者を前にして、独自の考えで前線の実情に合致した治療を行わなければならなかったそうです。

勤務要領が役に立たなくても,その軍医さんが祈祷をしたり患者の頭にゲタをのせたりしてたわけではないでしょう? 独自の治療ができたのは,医学的な素養があったからです。

安倍さんが芦部を知らないというのは,そのレベルの素養が期待できないということではないでしょうか。彼の改憲論はまじないか民間療法のレベルだと。

法解釈学では学説の位置づけが他の科学よりも高いと思います。物質を対象とする自然科学と違って,法の解釈は観念の構築物ですから。
権威ということでは最高裁の判例が最高位にありますが,判例の権威は具体的な紛争を解決する限りでのものですから,学問としての体系は守備範囲の外にあります。世界の法制史では,学説が裁判の根拠にされた地域・時代があったくらいです。
そういう事情のもとで,憲法学では芦部先生の著作がいわば法律家の共通言語になっている。

国会議員は立法の専門家です。その中でも安倍さんは憲法に関心が深い政治家だと思われています。ところが芦部を呼んでいないどころか,その名前さえ知らない。彼の改憲論など何の役にも立たない。どうしたものでしょうね。

投稿: やせ猫 | 2013.05.02 03:00

>投稿: | 2013.05.02 00:10
書き方が誤解を招きましたね。

先のコメントの趣旨は、
「芦部先生を安倍氏がよく知らないことが、
すぐに政治的な失点とはいえないけれど、
知っておくにこしたことはない。
そのような指摘程度は、土門見人さんのようなお立場でも
許容していただけるのではないですか?」ということです
(先のコメントでも後半部を読んでいただければ
 貴方の懸念も考慮していることがわかると思いますが……)。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.05.02 06:22

>安倍さんが芦部を知らないというのは,そのレベルの素養が期待できないということではないでしょうか。

 ブゲラw。
 判例に影響を及ぼすことのできない法学者は、患者を直せない医者と同じレベルだということですね。
 内地の、安全で医薬品も豊富に揃っている軍医学校で前線の医療を「非科学的だ」とこき下ろしていた高給軍医を彷彿させます。
 芦部も浦部も、私は要らないと思いますね。憲法を論じるには。

投稿: 土門見人 | 2013.05.02 17:28

>投稿: 土門見人さま | 2013.05.02 17:28
>芦部も浦部も、私は要らないと思いますね。憲法を論じるには。
「売り言葉に買い言葉」なのかもしれませんけど、 そう言いきってよいのか私は疑問です。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」ではありませんが、
否定すべきと考える相手方の理論を学んでおくことは大事ではないでしょうか?
(自分たちの考えのみで進めるのは、「敵を知らずして己のみを知る」状態で、
「一たび勝ちて、一たび負く。」で、手痛い敗北を喫することになるのでは……)

あまりしつこくしてもなんですので、これ以上は何も申しませんが、
もう一度よくお考えいただければと存じます。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.05.02 20:09

現行憲法の条文(個別/体系)を、
成立過程も運用の歴史も議論の系譜も無視して
政治的な適用や派生的影響もガン無視で
アプリオリに論じたいだけなら
芦部ほか学者の苗字なんか知らなくても
いいんじゃないでしょうか土門さん

投稿: | 2013.05.03 00:21

 

>> 現行憲法の条文(個別/体系)を、
 成立過程も運用の歴史も議論の系譜も無視して
 政治的な適用や派生的影響もガン無視で
 アプリオリに論じたいだけなら芦部ほか学者の苗字なんか知らなくても
 いいんじゃないでしょうか土門さん
投稿: | 2013.05.03 00:21 <<


例えば、「戦後」という時代or体制を、準備し、作り、運営した犯人(戦犯)として、彼らの罪状を告発するためにも、連中の行状を良く知っておく必要がありますよね(w
(「憲法責任」とか… w)

投稿: | 2013.05.03 01:42

全くその通りだと思います
(安倍さん、自分が「何と」闘ってるのかはよく知っておかないと)

投稿: 投稿: | 2013.05.03 00:21 | 2013.05.03 12:49

>例えば、「戦後」という時代or体制を、準備し、作り、運営した犯人(戦犯)として、彼らの罪状を告発するためにも、連中の行状を良く知っておく必要がありますよね(w

サンクコストとして、無視するべき。

一〇〇年後くらいに歴史家が勝手に分析・調査すれば充分。

投稿: | 2013.05.03 12:55

不勉強がそんなに偉いんですかね

投稿: | 2013.05.03 23:33

>ところが芦部を呼んでいないどころか
芦部って芦部 信喜先生?
もう鬼籍じゃなかった?

投稿: | 2013.05.04 01:03

俺のカキコじゃないけど。。。

呼んで は 読んで のTypoでしょう

投稿: | 2013.05.05 00:22

ご指摘のとおりです。ありがとうございます。m(_ _)m 

× ところが芦部を呼んでいないどころか
○ ところが芦部を読んでいないどころか

投稿: やせ猫 | 2013.05.05 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米政府、我慢の限界:

« 日米同盟に優先する米中同盟 | トップページ | A Gate Too Far 遠すぎた厚木 »