« 無慈悲な金融緩和 | トップページ | 資産逃避は起こる? »

2013.04.06

劇薬か、麻薬か

※ 日経平均大幅続伸、日銀緩和受け東証1部の出来高は過去最高
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93403V20130405

 昨日は、きっとノビー先生が、浮かれる愚民どもを捕まえて、両頬をパン!パン!と平手打ちにし、アベノミクスをこてんぱんにdisってくれるに違いない、違いない! と期待して何度かブログを覗きに行ったのに、しょぼ~ん状態でがっかり。毎日いつ仕事しているんだろう、という躁状態な Twitter も心なしか発言が少ないし。
 最早、安倍政権に物が言えるのはゲンダイのみかorz。
 しかし、みんなお金があるのね(^_^;)。なんであんたたち今までそれ使わなかったの、と言いたくなりそうで。

 昨日、この問題であんたが書いていることは全然alternative じゃないという突っ込みがあったのですが、今や私のような人間はむしろ少数派だと思っていたのですが。
 もちろん私はアベノミクスが成功することを祈ってはいるけれど、信じているわけじゃない。リフレ派は面白いと思うから、私は高橋先生もネトウヨ神も好きだけれど、残念ながらそれを信じているわけじゃない(無論、同意できる部分も多々ある)。
 今日こうしてパールハーバーで派手な戦果を上げて、提灯行列に参加しない奴は非国民だなムードが一部にあるけれど、私に言わせれば、ああ、やっちまったよ……、この後、どうすんだろう、な話です。
 黒田日銀がやったことは、「開戦」です。つまり戦争をおっ始めたんです。始めた戦争は、いつか終えなきゃならない。戦果をきっちり確保して、犠牲が少ない内に。
 その算段があるようには私は思えない。そら私も提灯行列に参加したいけれど、ミッドウェイがやってくるとしたら、それに備えるしかない。それを警告する人がいてくれなければ困る。私は素人なので、その役割は専門家に委ねるしかないけれど。
 私が昨日ヤバイと感じたのは、日銀の金融政策決定会合において、異論を述べる人がどうも一人もいなかったというニュースです。大本営が一体なのは結構なことだけれど、イケイケドンドンで始めたこの戦争、誰か終わらせ方を知っているんだろうか? と疑問でならない。
 そのツケを私の息子たちが払うことになるのはご免です。

※ インタビュー:日銀緩和、正気の沙汰と思えない=斉藤誠・一橋大教授
http://bit.ly/10hG7nK
*国債先物が相場急落で取引停止に、「相場崩壊」懸念の声も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93403D20130405

 昨日、夕食時に長男と話していて、自分が就職する頃にバブルが来てくれるのが一番嬉しい、弾ける時だったら嫌だ、とか言うものだから、いや、バブルは明日にでもやってくる。で弾けるのも早い、と応じたのですが、今度弾けたら、そもそもうちの子供たちは就職所か、大学も行けませんわorz。
 でもこればっかりは、良薬口に苦しの反対だもんね。札束ばらまいて、それを先に掴んだ奴が勝ち、後のことは誰も責任を取らないという話だから。

※ 嘉手納基地以南の返還計画、日米両政府が発表
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130405-OYT1T01187.htm?from=ylist

 沖縄の本土復帰運動が盛んだった頃は、日の丸が一生懸命振られていたのに、結局、本土並み復帰は叶わずに、日の丸は怨嗟の対象になった。
 冷戦や地政学的な問題はあるにせよ、自分の故郷で、あんな一等地がことごとく外国の軍隊に占領されて、行き来もままならないとなれば、怒るのも当たり前。
 これまでも、基地返還のチャンスはあったのに、日米関係を最優先してそれを怠った政府の怠慢は厳しく批判されるべきでしょう。
 結局、左翼な連中がそれを連呼して、右は日米安保墨守で耳を塞ぎ、ことを左右の対立軸にしてしまった。本来なら保守の側から、いくらなんでも沖縄の状況は酷い、対中戦略を睨んでもやりようはあるだろう、という意見が出て来るべきだった。

※ 「反韓デモの日本は五輪の資格なし」バンクがIOCなどに書簡送付
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0405&f=national_0405_012.shtml

 韓国辺りは、当然そういう嫌がらせを仕掛けて来るでしょうね。ただ私は、このニュースで感じたのは、先進国の中で最も喫煙に寛容な国が、健康を称賛するスポーツの祭典を開く資格があるの? 無いでしょう。とりわけ煙害に無理解な猪瀬さんには。
 東京の嫌煙団体や都議会とか、なんでそこを突かないんだろうと思いますが。私が嫌煙団体を率いていたら、IOCの視察団の訪問に合わせて、ビラをばらまき、手紙やメールを出しまくりますw。こんな後進国でオリンピックを開くな。アスリートの健康にも良くないとw。

※ 参院選に向け民主が会合 野田前総理らは欠席
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000003119.html

>民主党・渡部元衆議院副議長:「(二大政党制を)たった一人の独断で壊しちゃった。だから国賊でしょう」

 解散を巡る問題で野田さんを批判するのは筋違い。戦犯は、消費税導入を掲げて参議院選をボロ負けしたイラ菅でしょう。彼の責任が6割。残りは普天間で転けた宇宙人の責任。野田さんは、死に水を取っただけ。

※ 橋下君を首相にしたい 軍事国家になるべきだ 石原慎太郎氏インタビュー
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201304040704.html

 駄目だね。この人は維新をぶち壊しに来たとしか思えない。舛添さんと同じで、ワンオブゼムになった途端、輝きを失った。

※ 夢の内容を高精度で解読することに成功!!被験者「ケイン・コスギとカレーつくって…」
http://commonpost.info/?p=65040
http://www.asahi.com/tech_science/update/0404/TKY201304040486.html

 単にイメージしたものを読み取れるだけでなくということではなく、さらに眠った状態で夢を覗けるとしたら画期的。将来的には、外でプログラムした夢を睡眠中に再生できるようになって欲しいですね。

※ 「マナー違反?」「よくやった??」  安倍アッキーのハッチャケぶり
http://news.livedoor.com/article/detail/7565571/

 は、はじまる……。始まってしまいマスタぁ(^_^;)。

※ 神戸大生がUSJで迷惑行為、処分検討 身を乗り出し運行休止、ボート転覆させ謝罪要求…
http://www.j-cast.com/2013/04/05172554.html?p=all

 大阪辺りだと、テーマパークで当たり屋やって「金だせや」な連中が一定数いそうな気がするけれど、この件は、大学が出て来る筋ではなく、威力業務妨害で警察マターでしょう。甘い顔するからつけ上がる。

※ 体罰匿名通報、県教委職員が名前調べ学校に伝達
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130402-OYT1T01974.htm

 ナイス!w県教委。こういうのは、その匿名情報をどう扱うかのガイドラインを決めとかなきゃ駄目よ。

※ 米、三沢に無人偵察機 3月伝達  北ミサイル警戒で暫定配備へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130406/plc13040607280006-n1.htm

 台風避難となると、硫黄島や沖縄はいまいちだけど。佐賀空港とかどうよ(^_^;)。半島に近いし。

※ A-10、レーザー誘導ロケット弾の発射試験に成功
http://flyteam.jp/news/article/21360

 世界の潮流は、UAVを使って軽量のロケット弾や迫撃弾のような小さな爆弾を誘導して安上がりに攻撃する方向へ行っているから、日本も遅れを取らずに研究しないと。

※ 尖閣12カイリ内、台湾漁船操業を日本が容認へ―台湾紙
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=1765061

 それで良いと思うけれど、問題は、当然、中国は台湾船に関して臨検を行って実効支配の根拠として積み立てていくだろうことを考えると、実際にはなかなか難しいでしょう。

※ 漫然と2億4000万円支出…事なかれ主義と「不作為の連鎖」福祉行政に警鐘
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130405/trd13040514480013-n1.htm

 生活保護費の自治体負担分もバカにならないのに、3割自治が長く続くとこうなっちゃうんだよね。財政規律とか誰も気にしなくなる。どこかの政府と同じ。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 「モンサント保護法」と揶揄される法案が米国で成立。日本でも話題に
http://nikkan-spa.jp/417640
※ 鼻骨折られても…女性警官、女子高生へのわいせつ男取り押さえ逮捕
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130405/waf13040510200009-n1.htm

※ “松坂世代”進次郎氏 高校野球「球数制限」にけん制球
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/04/05/kiji/K20130405005547670.html

※ オーストラリアで韓国人が日本人と間違われて人種差別被害=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0405&f=national_0405_008.shtml

※ スキーに向かう皇太子ご一家に東京駅で男性が罵声浴びせる
http://www.news-postseven.com/archives/20130405_180736.html

※ セクシー?下品?女性アイドルのパフォーマンスどこまで
http://www.krnews.jp/sub_read.html?uid=4222&section=sc10&section2=%E8%8A%B8%E8%83%BD
※ “中国が好き”な日本人はなぜ減っているのか=中国人専門家が分析
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130404-00000032-xinhua-cn
※ マリコ様の吹き替えが酷い……? 「キャスティングした奴は切腹すべき」 マンガ家の酷評が話題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130404-00000038-rbb-ent

※ 軍用ヒト型試験ロボ PETMAN、防護服とガスマスクを装着
http://japanese.engadget.com/2013/04/05/petman/
※ これは錯覚ではありません。音波で水滴を浮遊させる装置が凄い
http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/26390418.html

※ 前日の空虚重量78.3キロ

 もう駄目ボ _| ̄|○ 。私が飲んでいる薬には、何か食欲を増進するような成分でも入っているんじゃなかろうか。それとも糖尿病ってこんなものなの? まるで何かの依存症みたいに、口の中に何か入れて無いと我慢できない。
 水でも飲んどけって話だけど、水分を摂りすぎると夜が辛いじゃないですかぁ。

※ 有料版おまけ <祈り>TPPでモザイクの火を消すな!

|

« 無慈悲な金融緩和 | トップページ | 資産逃避は起こる? »

コメント

>まるで何かの依存症みたいに、口の中に何か入れて無いと我慢できない。

こんにゃくや大根だけのオデンとかはどうでしょう。
こんやくと大根を適当に切って、粉末出汁で煮込むだけ。

----------------
スパムが殺到しているため、これにてコメント欄を閉じます。大石記 2014.07.26

投稿: | 2013.04.06 10:32

>まるで何かの依存症みたいに、口の中に何か入れて無いと我慢できない。

低カロリーのグミは、どうですか。

http://www.rico-live.com/report/02_Tues/01_gal/29_gumi-review/h01_report.html

投稿: | 2013.04.06 10:43

>パールハーバー
朝鮮特需で回避する、ミッドウェーgkbr
>肥る
前から言っているように、薬の使い順序が悪い。
まず、BG;メトフォルミンから使いなさい。
https://ds-pharma.jp/literature/goldstandard/article/issue12/03.html
この記事は提灯だけど、薬価は安いから、売らんかなの提灯ではない。
DPP-IVの1割か3割と、家計にも優しい。

投稿: pongchang | 2013.04.06 10:46

実際、薬の中には食欲を更進させたり、血糖値を上げたりするものがありますので、医師や薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか。

投稿: 危ない小父さん | 2013.04.06 10:48

>インタビュー:日銀緩和、正気の沙汰と思えない=斉藤誠・一橋大教授

齋藤誠をありがたがってる人はtwitterにもいっぱいいるけれど、齋藤は「利上げでデフレ脱却」を主張した真性のキ印なんです。リフレ批判は結構だけど、批判している人間の代案が輪をかけて狂っていることはもっと知られていい。

投稿: | 2013.04.06 10:59

いやぁ先生が今まで経済関連で名前を挙げてきた人間のリストからしてリフレ政策に『同意できる部分も多々ある』とか言われると失笑してしまいますがw
逆に今までの日銀の会議は逆噴射の政策を異論なく決めてたわけで、会議は無能ってのが納得できる解なんじゃないですかねぇ

インフレってのは債権者から債務者への財産の移転なんで手持ちがない人間ほど損は少ないですね
だから息子さんみたいに未来しかない人間は失業率の低下っていうインフレの最もわかりやすい恩恵にありつけるんで安心してもいいと思いますよ

投稿: | 2013.04.06 11:20

安倍がどこまで仕事に集中できるかだね。
前回の政権のときのように趣味に走って仕事をおろそかにするとずっこける。
参議院選挙以降も経済中心でいけば長期政権もあるけどね。
趣味に走るんなら早々と退陣願い、経済が本筋の麻生政権と交代すべき。

投稿: | 2013.04.06 11:49

>ミッドウェイ

もしそういう事態が訪れたとしても、あのころのような元気はつらつミッドウェイ!
ではなくって・・・・どの勢力も最終ラウンドのロッキー状態かと
どちらもヘロヘロ・フラフラでよろよろ・・・・

投稿: | 2013.04.06 11:58

民主党政権下の円高デフレ不況で進学諦めて人生狂った人も多い
リスクを妄想するだけで済むんだから平和なものですね
リスクがなんなのかまったく具体的に何も書かれてないけど

投稿: | 2013.04.06 12:03

>昨日は、きっとノビー先生が、浮かれる愚民どもを捕まえて、両頬をパン!パン!と平手打ちにし、アベノミクスをこてんぱんにdisってくれるに違いない、違いない! 

黒田日銀砲の前に池田信夫は朝ナマでアベノミクスを評価していた。景気の気の部分の話でそれでもインフレにはならないと主張。

>“松坂世代”進次郎氏 高校野球「球数制限」にけん制球

高校野球の決勝は惨憺たる結果になりました。珍しいことではありませんが、済美の安楽投手は投球どころか歩くのも辛い状態だったとか。
優勝した浦和学院のほうはクジ運がよくて、強豪校とあたらずに決勝まで進出、単純に球数比較ではないようです。
松坂が夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成できたのは、準決勝で別の投手が完投したから。
球数制限をしたら、エース級2人、3人を擁する超野球高とそれ以外の力さが鮮明になります。
決勝で120キロ台のボールしか投げられなかった安楽を無理に投げさせた監督の責任は重いと思います。

投稿: | 2013.04.06 12:04

  

日本軍機のダーウィン爆撃を記憶していた人だとすると、後期高齢者のハズだよね。
(当時の地図には、朝鮮が大日本帝国の一部として描かれていたハズ)

朝鮮戦争の経緯も知っていたハズなんだけどねぇ、記事を書いた記者がその辺の事情を知らないのか…、どことなくヘン。

 Filming the bombing of Darwin
 http://www.youtube.com/watch?v=LIn695k9QiU

投稿: | 2013.04.06 12:16

  

おまけ

 2013年03月27日 大空への追想 (85)
 http://navgunschl.sblo.jp/article/64107478.html

投稿: | 2013.04.06 12:25

松山の地元民から言わせてもらうと。
正直言って済美には、安楽以外には、地区予選2回戦止まりの選手しかいません。
今年の済美は弱い、練習試合でも連戦連敗。
安楽が入学して一変、打てなくても、エラーが多くても、安楽が居るから夏の予選準優勝できた。
甲子園の決勝戦も、安楽を使わなければ、17点どころではない大差を付けられていたでしょう。
済美は安楽と、今年の1年生に期待するしかないチームです。

投稿: | 2013.04.06 12:28

麻生は白川を傑物と評価しているし、麻生内閣では与謝野を財務大臣にした。麻生は「金融緩和だけじゃダメだ」「高橋是清を模倣」と言いつつ税収と新規国債発行の逆転解消にこだわったり、どうしたいのか分からない。

http://www.fsa.go.jp/common/conference/minister/2013a/20130301-1.html
日本の日銀というのは天下の中央銀行では冠たるものなので、これぐらいちゃんとした中央銀行はそんなにないんですし、それをここまでやってきた白川さんは、その能力はもっと高く評価されてしかるべきなんです。

http://www.asahi.com/politics/update/0122/TKY201301220108.html
麻生太郎財務相は22日の閣議後会見で、2013年度予算案について、「税収の方が、新規国債よりも大きいという形にしたい」と述べ

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHMCNW6KLVR501.html
麻生太郎財務相は3日、日本経済の再生に向けたデフレ対策について、1930年台に発生した昭和恐慌の際の高橋是清蔵相の対応策をモデルにしていることを明らかにした

投稿: | 2013.04.06 12:32

大石さんがどうツケを払うのか見させてもらう

投稿: | 2013.04.06 12:45

だまって円高受け入れるよりは、世界経済巻き込んでの通貨戦争した方が好くないですか?

投稿: | 2013.04.06 12:49

民主党のリフレ派議員と菅元総理の会話

菅「君の言っていたことを自民がやってるね」

議員「はい、民主政権で早くやっていれば選挙も
   違った結果になっていたでしょうに」

菅 「・・・・・」

投稿: | 2013.04.06 12:50

>なんであんたたち今までそれ使わなかったの

そりゃ将来が不安だから溜め込んでるにきまってんでしょう。


振り込め詐欺だけで年間300億円が飛んでるんですからね。

投稿: | 2013.04.06 12:54

>そもそもうちの子供たちは就職所か、大学も行けませんわorz。

円高デフレがこのまま続いても同じですけど。

日米開戦にたとえるならまさに「戦うも亡国、戦わざるも亡国」ですよ。

投稿: | 2013.04.06 12:58

スティグリッツもクルーグマンもアイケングリーンも日本の開戦を支持してくれてるのかw

投稿: | 2013.04.06 13:10

> 黒田日銀がやったことは、「開戦」です。つまり戦争をおっ始めたんです。

読んでいてふと思ったのですが、「開戦という道を選ばなかった日本」を描いた架空戦記の傑作(戦記じゃないかも)というのは存在するのでしょうか。

この国は出口戦略が不確かなままコトをおっ始める所だ、ってのはそう思いますが、一方で、変化を構想するよりも欠点を指摘するほうが遥かに易しいですから、世の中を憂いているフリをしてその実言いたいことは別にある意見に、少なくない人間がうんざりしている側面もあるんじゃないのかなあ、って思ってますが。

投稿: | 2013.04.06 13:17

>“松坂世代”進次郎氏 高校野球「球数制限」にけん制球

日本の連投連投に常軌を逸してると批判するアメリカと、本塁でのクロスプレーを
危険じゃんかと怒る日本と・・・・いやあ文化の違いですかねえ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18824759
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20474366

投稿: | 2013.04.06 13:21

>民主党政権下の円高デフレ不況で進学諦めて人生狂った人も多い
>リスクを妄想するだけで済むんだから平和なものですね

なんか映画203高地の伊地知と児玉のやり取りを思い出しますな。

「そぎゃんな砲撃では友軍を撃つことになります!
 陛下の赤子である同胞を友軍が撃つちゅうことは・・・」

「陛下の赤子である同胞を今まで無駄に死なせてきたのは誰だ?
 貴様たちじゃないんか!

 戦は気合じゃぞ、尻込みする前に実行せい!」

精神論かとか言われそうですが、気合も必要ですよ。景気は「気」ですし。


民主党が「自分たちも似たような政策はやってきた」とか国会で言っていましたが
市場は「本気の気合が伝わってこない」とまったく反応しなかったわけですし。

投稿: | 2013.04.06 13:23

>劇薬か、麻薬か

そうやってリスクばかりを目を向けて
わけのわからんホメオパシーみたいな民間療法に頼って
症状を悪化させ瀕死の状態にしてきたのがこの3年間ですね。

ツケうんぬんいうなら、まさにそのツケを払っているのが今ですね。

投稿: | 2013.04.06 13:29

>それとも糖尿病ってこんなものなの? まるで何かの依存症みたいに、口の中に何か入れて無いと我慢できない。
ええ、ですから麻薬中毒と同じなんですって。
食事の後の満腹感はちゃんと感じられてます?
満腹感、空腹感を感じるのは胃が膨れたからではなく脳が感じるので、お腹が一杯になってもそのメカニズムが働かないとすぐに食べたくなっちゃうんですね。
昔は糖尿病は贅沢病だとか言われましたけど、そうではないってことです。
とりあえず私がやった(やっている)のは口が寂しくなったらナッツ類を食べる事ですね。ナッツ類には悪玉コレステロールを下げる作用があるし、食べる時に噛むのでそれが空腹感を誤摩化す作用があるみたい。
ナッツ類は高カロリーだから食べ過ぎないように注意という話はありますけど、実際にはかなりの量は消化されずに出ちゃう (^_^;のでそれで太る事にはならないんじゃないかと。実際私はミックスナッツを一時期は毎日一袋は食っていたけど、ちゃんと体重は減って行きましたし。まあ、食事の内容(ご飯を半分にして野菜を増やす)とかも注意はしましたけど。

まあ、あと脳内伝達物質の不調を整えるには、夜更かしをしない、昼間に太陽の光を浴びるとか。人工甘味料の取り過ぎもそのメカニズムを狂わせると言われていますね。ああ、もちろん痩せないと駄目だけどね。運動すると良いといいうのも実は運動の刺激によってセロトニンの分泌が起こるからだそうで。食後すぐに軽い運動というのはそういう事なんでしょう。
あと、ダイエットしてもリバウンドするのは、そのメカニズムが元に戻るには痩せてからも時間がかかるので、しばらく我慢しないと駄目なそうで。

投稿: ロック | 2013.04.06 13:42

>「反韓デモの日本は五輪の資格なし」
>猪瀬都知事

猪瀬直樹はかつて、週刊文春に「ニュースの考古学」という連載をもっていて呉善花の文章を引用している。以下引用。

韓国のテレビでは、しばしば「韓半島文化としての飛鳥・奈良・京都」というコンセプトの番組が放映され、百済川や新羅神社など多数の歴史的な地名・人名・社寺名はわが祖先たちが各地に移住して文化を展開したもので、寺院も仏像も移住者やその子孫によってつくられた。「古代日本の文化は我々の祖先、韓民族が築き上げたのである」と締め括られるのがつねである、と。
韓国生まれの呉善花は「劣等感を裏返しにした優越感の誇示」とわかっているから、「いいようもなく暗鬱な気分」に落ち込んでしまう。
中略、
儒教倫理では先祖と子孫、親と子のように起源が先の方が上位に立つ。

猪瀬が自分の連載に呉善花を引用した理由は猪瀬自身が嫌韓だから。
猪瀬は他にも漫画「嫌韓流」を引用している。例の剣道の起源は韓国のコムドで、日本はコムドをスポーツ化させて剣道にさせただけ、というもの。
先週の都知事会見でフリーの女性記者が新大久保のデモを東京都公安委員会は許可し続けるのかと質問していたが、言葉を選びながらも素っ気なかった。嫌韓だから。

投稿: アストロ球団 | 2013.04.06 14:23

※ 前日の空虚重量78.3キロ

75くらいで揉み合ってると思ってましたが上抜けしてしまいましたね。私事ですが12㌔ダイエットして6㌔リバンウドしてます。これ以上のリバウンドはヤバイです。作家、漫画家の訃報を目にすると生活改善は難しいのだろうなと思います。ご自愛下さい。

投稿: | 2013.04.06 14:33

開戦しない仮想戦記

谷甲州の「覇者の戦塵」は出版社が移る前まではおそらくは開戦をせずに技術者が苦闘して軍備を支え、帝国をうまく政治家が畳んでいく展開を考えていたと思います。開戦しないことのつけが国内政治、軍部各所にいたるまで様々な反響をもたらし、危うい舵取りを迫られる筋になっていたかもしれません。移ってからは、敵の姿も上の考えも見えぬ分からぬまま限られた情報の中で現場と技術者が苦心呻吟する展開になりました。

嫌韓デモ

カウンターデモもデモも互いに刺激となって火の勢いが膨れ上がるのを懸念します。この分だと日本でも極右政党が議会進出しかねないかも。あるいは選挙で惨敗を喫し、公安の監視対象ともなり、地下に潜り極左のような分裂と内部暴力を繰り返す集団となるのやも。いずれにせよ、憂鬱な話です。

投稿: とん | 2013.04.06 14:44

>斎藤誠一橋大教授

その記事に関して本人がこんなこと言ってますけど。

本日午前中にロイターの竹本氏から今般の金融政策について取材を
受けたことは事実ですが、配信された内容は私の事前確認は全くなく、
私の真意をまげて随所に誤解を与える表現が多々あります。
竹本氏には記事の即刻取り下げをお願いしましたが、応じてくれません

本当に不思議なのは、担当記者も、その上司も、編集長も、支局長も、
すべて記事が不適切であったことを認めているのに、
記事の取り下げに応じてくれないこと。おっかない。

https://twitter.com/makotosaito0724

投稿: | 2013.04.06 14:44

> 「開戦という道を選ばなかった日本」を描いた架空戦記の傑作(戦記じゃないかも)というのは存在するのでしょうか。

1941年の日米開戦を回避する、回避したというのならありますが、結局は開戦と言うパターンが多いですね。
多くは、過去の出来事で力不足から開戦が遅れるパターン。
ハルノートを受諾するも結局戦争が始まるパターンが数作<本土決戦を取り扱う。
戦記では無く疑似タイムトラベル物でゲームとして開戦回避を取り扱った物がありました<個人でどう動こうが結局回避できない。それこそ開国時レベルからの改変が必要。

太平洋戦争が無かったパターンだと殆どが信長物の延長かな(^^;;<アメリカが無い。
南北戦争で分断したままというのもあったか<第二次南北戦争への参戦。

投稿: 一般書店で | 2013.04.06 14:48

>カウンターデモもデモも互いに刺激となって火の勢いが膨れ上がるのを懸念します。この分だと日本でも極右政党が議会進出しかねないかも。

そもそも在日朝鮮人が日本に住んでいることが誤り。
彼ら全員を送還すれば問題は全て解決です。

吉田茂元首相が在日朝鮮人を全員強制送還しようとしてた件
http://www.hoshusokuhou.com/archives/25267694.html

投稿: | 2013.04.06 15:01

>1941年の日米開戦を回避する、回避したというのならありますが、結局は開戦と言うパターンが多いですね。

まぁ仮想戦記ジャンルで出てる本なら、文字通り「戦記」なわけで、
戦記モノ読者が引き付けられるようなド派手な展開(=対米開戦)に持っていきがちになりそう

対米戦回避となるとどうしても政治中心の話にならざるを得ないため、
そもそもジャンルからして別物という気がします
もっとも上で述べられてるような覇者の戦塵シリーズは
現場の指揮官・技術者に大局的な見方を持たせて史実にあったような
対米戦へと向かう歴史の細かな転換点を一つ一つ潰していく感じで
それもそれで結構面白かったですね

投稿: | 2013.04.06 15:58

>雅子様に罵声

これを言うのはもちろんいけないころだけどさぁ、警官が言った人間を取り押さえた法的根拠はなに?取り押さえたという、実力行使の法的根拠を警察はなんといったかそれが知りたい。日本には言論の自由はとりあえずあるはずでしょ。侮辱罪とか名誉棄損は被害者からの告訴が必要だし、法的な措置は言われた後のこと。その場で実力を持って取り押さえる根拠法は何なのさ。
皇室は、国民統合の象徴ですから、これまでの皇室関係者は国民のだれからも反発がないように暮らしてきたと思う。それは自己隠し、まったくドラマのような人生だったと思う。非常に非人道的だと思うし、これからもしかしたら皇后の立場にならなきゃいけないとすると、病気の人には無理っしょ。はっきり、皇籍を放棄して家族を守るか、奥さんを里に返すかしない限り、先に見えるのは悲劇しかないように思える。

投稿: | 2013.04.06 16:28

>日本には言論の自由はとりあえずあるはずでしょ。

誰かを公然と侮辱する権利は無い。
その程度のことも理解できないアホが言論の自由を振り回すな。


>その場で実力を持って取り押さえる根拠法は何なのさ。

怪しい人間が行動に移る前に取り押さえるのは警官の職務。


>これからもしかしたら皇后の立場にならなきゃいけないとすると、病気の人には無理っしょ。

病気よりも、お前みたいに生き霊を憑依させたかのように意見を代弁して利用する連中が問題。

投稿: ほる | 2013.04.06 16:47

↑売り言葉に買い言葉はスルーしますが、これはイエローカードね。

>警官が言った人間を取り押さえた法的根拠

 私もちょっと気になったのですが、要人を囲む群衆の何処かで誰かが注目を浴びるような行動に出て、警官の注意を逸らし、カウンターで反対側からテロリストが何かを仕掛けるという作戦はありがちなので、ここでの警官の制止は、要人警護の観点からは正しい判断だったと言えるでしょう。

投稿: 大石 | 2013.04.06 17:16

>レーザー誘導ロケット弾

インチ単位の命中精度なら、某海域方面での小型~中型艦船にも使えそうですね。
SH-60KとかUAVから、舵だけピンポイントで狙って、
撃沈せずに行動不能にするなんて感じでしょうか?
マーベリックだとちょっと威力過多のような感じだし。

ただ射程が5000m前後らしいから、スティンガーとドッコイ。
もうちょっと射程があれば、P-1にしこたま積んで
アウトレンジで使えば面白いのですが。

投稿: | 2013.04.06 17:21

>脳内伝達物質の不調
昔、メラトニンのサプリを試した既往歴はあるらしいけど、連ドラ放送前後ぐらいだったか?
もう一回、ロゼレムトライしてもイイかも。
ただし、いささか先生と違って、家に居場所が無いと言うのが、もう一つの課題だから。
薬とか持って生まれた体内時計とか、それだけでは無いだろうけど。
http://www.dm-net.co.jp/healthdayjapan/2012/01/016759.php
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/seeds4/61seeds4.pdf
http://ameblo.jp/kyupin/theme-10066326201.html

投稿: pongchang | 2013.04.06 17:39

>劇薬か、麻薬か

いわゆるボロ家のジレンマってやつだね
ボロ家に住んでいて雨漏りがひどい、主人が直すために屋根に上がろうとするが嫁に止められる
「もし落ちたらどうする?怪我したら治療費がかかるでしょ」「屋根を踏み抜いてもっと穴が大きくなったらどうすんの」喧々諤々言い合いをしているうちに台風が近づいて来る
このままでは屋根が飛ばされてしまうという段階になり、雨が大降りになってから屋根に登るはめになる

投稿: | 2013.04.06 17:55

>劇薬か、麻薬か

そんなたいしたことでもないと思う。
結局、貯金に税金かけるようなもんでしょ。
この増税は、消費税増税と違って消費者心理を悪くすることも無い。
貯金ばかりしている日本人には最適な増税方法ではないかと思う。

投稿: | 2013.04.06 18:20

>>※ 日経平均大幅続伸、日銀緩和受け東証1部の出来高は過去最高
株屋は儲かるだろうけど、国債は暴落したりしてるようですね

>国債先物が相場急落で取引停止に、「相場崩壊」懸念の声も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93403D20130405

>5日の円債市場は大荒れの展開となった。黒田日銀は4日に国債の大量購入を軸にした金融緩和策に踏み切ったが、
>この日はオペそのものが見送られたことで期待が裏切られたとの見方が広がり、長期国債先物に売りが相次いだ。
>東京証券取引所は2008年10月14日以来、4年半ぶりに取引を一時停止する「サーキットブレーカー」制度を発動。
>店頭では長期金利の指標10年債利回りが乱高下した。強引な金融緩和に対して「相場崩壊」を懸念する声も出ている。
(以下略)

結局、株も国債も、ウオール街とかメガバンクが短時間での売り買いを繰り返して価格を吊り上げてるに過ぎないと言う事ではないですかね。
で、国債が上昇すると見込んでいた買いが先行していたがそうは行かなかったので売りが殺到したと言う。

多分ですが88年?のブラックマンデー並の事態がそうとう早い時期に起こるように見ていますが。

で、昨日のことにレスしておきますが、バイトの給料が上がるのはいいことですが、果たしてそれが大半の人に波及する物であるのかという問題があるでしょう。一つの企業や業種に偏って給与が上がるというのは、そう珍しいことではないです。未だ、労働市場が「売り手市場」ならば給料を上げないと人が来ないというインセンティブが働くけど、今の企業は人を極端に絞って一人に過重な仕事を押し付けるのが常態化してる「買い手市場」なので…

業種や会社によっては上がらないどころか下げられる人も少なくないだろうし(法制度の改正とかやるわけではないので、業績に給与を連動させなくても何の罰もない)、
ましてや派遣社員ともなると働く先では派遣会社に払う金が上がっても労働者に払う金が変わらない場合が多いのでは?殆ど法規制がない状態なので、派遣で働いてるとそういう事は普通にありますよ。

なので、アベノミクスは劇薬かつ麻薬だと思いますよ。それも、阿片や覚せい剤のような即効性はあるが後で(日本社会が)廃人になるような中毒性の高い劇薬ではないかと。

投稿: 業界インサイダー | 2013.04.06 19:00

この前はびっくりするようなトンデモ記事を載せていた東洋経済
ですが、今度は竹中さんの談話です。こっちは驚くほどまとも。先生がこれを読んでどう思われるかは分かりませんが、少なくとも、この前の藻谷さんや三橋さん、その外の方々の意見と比べれば、ほとんど突っ込みどころがない感じで、きちんと論点も整理され、課題も明確になっている。まあ、流石という感じです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130406-00013341-toyo-soci

>私に言わせれ ば、ああ、
>やっちまったよ……、この後、
>どう すんだろう、な話です。

乱暴な言い方をすれば、経済なんて、永遠の好況なんて有り得ないし、永遠の不況も有り得ない。大きな変動は常におこっていて、比較的いい状態とか、悪い状態が順番にくる。政策当局としては、なんとかいい状態をできるだけ長く維持しようとするわけです。それに全く失敗し続けたのが民主党政権であり、白川体制日銀であり、円高容認派であったことはことここに至っては明確なことではないでしょうか?

せっかく好況の入り口が見えてきたんですから、景気循環でやがて来る不況の心配をするより、まずはどうやってこの流れをしっかり本当の景気回復に持ち込み、その状態をどのようにして、できるだけ長く保っていられるのかを心配する方がはるかに重要なことかと思います。

投稿: モチキセキセキ | 2013.04.06 19:02

私も成功を祈る気持ちに変わりないのですが
負け戦になったときに黒田さんが日銀のトップに居ることも大切だと思います。
多分、ばっさり畳める人のように思うので

投稿: | 2013.04.06 19:22

自民党政権はデフレを生み維持もしてきたけどひとえに安倍さんのお陰でデフレ脱却にも成功する。
民主党政権はデフレを維持し悪化させただけ。この違いはあまりにも大きい。。。
失政によって進学の夢を断たれたり、あろうことか命まで絶ってしまった若者たちが居たという事を記憶し続ける責任が大石さんにはあります。

投稿: | 2013.04.06 19:25

投稿: | 2013.04.06 19:25さん

>失政によって進学の夢を断たれたり、あろうことか命まで絶ってしまった若者たちが居たという事を
>記憶し続ける責任が大石さんにはあります。

な、なぜに大石さんにそんな責任が…?

投稿: suiso | 2013.04.06 19:31

さらっと忘れるつもりなのも困るでしょ???

投稿: | 2013.04.06 19:37

日銀黒田

私が言うのもどこかおかしいのですが…。黒田日銀新総裁への交代により金融政策については、特に懸念がなくなった。マクロ経済政策の実施において安倍首相はそれなりに柔軟な対応をしてくれる雰囲気がありそう。現在の株価の上昇をバブルであるという観察については安倍首相や経済学者はどう答えるのでしょうね。ただそれはあまり不安がる必要はなさそう。住宅ローン減税や企業支援減税の拡充も景気回復に効果的でしょうし、平成25年度予算は前年よりも大きくなる見通しだし復興も進むだろうから金融緩和をすれば、いままでよりも日本国内の景気ははるかにましになるでしょう。だから景気が完全に回復せず失業率が十分に下がっていない状況での消費税増税だけはしないでほしいです。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130329/fnc13032917170012-n1.htm

投稿: まえやま | 2013.04.06 19:42

 鈴木貫太郎に敗戦の責任を取れって話です罠。

投稿: 大石 | 2013.04.06 19:43

開戦とか敗戦とか戦争じゃないんですけどね

投稿: | 2013.04.06 19:48

故あってダイエットスタート。カロリー消費のためウォーキングしてみて、先生の偉大さが分かりました。二時間半で12キロくらい。ふくらはぎがパンパンです。普段から何もしてなかったのでしょうがありませんがなまってるなーと。

投稿: モチキセキセキ | 2013.04.06 19:50

私はアベノミクスマンセーと思っているわけでもないですが、それでも確実にいい方向には向かっていると思っています。池田さんとかあの人とかこの人とか(笑)は、超円高の半年だか一年だか前の経済状態の方が今より好ましいと思っているですかね?いや、マジでシンプルな疑問なんですが。

まあ、あの状態を喜んでいたのは韓国とか、ドイツとか海外市場で日本の苦戦を尻目にうまく為替起因の競争力の差でシェアを伸ばしていた国くらいしか思い浮かばないのですが。

投稿: モチキセキセキ | 2013.04.06 19:58

>まるで何かの依存症みたいに、口の中に何か入れて無いと我慢できない。

私自身は、いくら食べても太らない体質(運動もほぼしていない)ですけど、これは少々問題かも。
糖尿でなく、精神科側のアルコール依存症的な要素もあるかもしれませんね。所謂、背脂コッテリ系の
ラーメンとかは「クセになる」っていいますし。(これは人間の本能的なものらしいですが)

逆に、書き物なんかしてて二徹とか言うときは、紅茶+ブドウ糖(薄め)だけで一切食事を摂らないこと
もあります。大昔、24時間操業の職場のエンジニアなんかやってたけど、72時間連勤(現場試験)なんか
では、データやサンプル取りで15分間隔で47m床から地下2階まで駆け回ってましたが、合間に5分だけ
時間盗んで、冷や飯に氷と冷えた麦茶ぶっかけて梅干し一掴み放りこんだラーメン丼飯をかっこんで、
なんて生活してたからかもしれませんがw

投稿: シャドウ | 2013.04.06 20:03

体重・・・

他の方のコメントに「ご飯を半分にして」と言うのがありましたけど、そういうのは嫌なんですよね。
バランス良く食べたいんですよね・・・。うーん・・・。

でも敵が突入してきてるのに「弾が無くなっちゃうかも知れないから」と撃ち返さないんでしょうか!!
いつ撃ち返すのか!?今でしょ!!!

では山の上ホテルに自主的缶詰めとかどうでしょう!
食事は和食のダイエットメニューを頼むとか。
そうだ、編集者の方っ!どうでしょうか!
大石さんが重症になったら困るでしょ。
ここは缶詰めで書下ろし本原稿と作家の健康をフライングゲットで!(イミフ


今日、川崎のダイス3階に行ったらオスプレイの半完成モデルが売ってて、ぐらっと来ました。
もうキットを作る気力もないしと買いそうになりましたが、飾るトコロもない事を思い出してやめました(泣
んー、国宝仏像フィギュアも萌え萌えで良かった・・・。これは買っちゃうかも。

投稿: 元川崎市民 | 2013.04.06 20:03

>だから景気が完全に回復せず失業率が十分に下がっていない状況での消費税増税だけはしないでほしいです

消費税増税して元の木阿弥になるのが目に浮かぶようだよ。日本が本格的にデフレに突入したのも消費税が境目。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/45/JAPANcoreCPI.png

投稿: | 2013.04.06 20:03

浦先生の言葉ですが、気が付くのが遅れて、明日に間に合うかな?
https://mobile.twitter.com/Ura_Tamaki/status/319355175896764416
「新しい海洋基本計画がパブコメにかかっています。幅広い多様な意見が事務局に届くことを期待しています。」
締切4月7日orz
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060250401&Mode=0

投稿: pongchang | 2013.04.06 20:15

>嘉手納基地以南の返還計画、日米両政府が発表

この件に関連して政府関係者の沖縄詣でが盛んですね。県知事始め自治体関係者との会談も頻繁に
行われています。テレビ新聞も結構大きな扱いで報道しています。
ただねえ、肝心要の「なぜ海兵隊は沖縄なのか。県外に持って行けない理由は何なのか。
それは軍事的必然性によるものなのか。それとも国内事情によるものなのか。」
といった本質的な問題については全く報道も議論もされていないんですよね。

そもそも海兵隊という軍隊の特性や任務といったものが全く知られていない。
書店にいけば在沖縄海兵隊のムック本が何種類かあることはあります。
ただその内容は海兵隊の装備や編成などのマニアックな解説がメインで、
県外移設が可能か不可能かといった突っ込んだ記事にはあまりお目にかかれない。

とにかくこのままではどんな道筋を通ろうが、最後は「海兵隊とはなんぞや?なぜに沖縄なのか?」
という大命題にぶち当たってストップするのが関の山でしょう。そろそろ政府は本腰を据えて国民に
その命題について議論すべく呼びかけるべきだと思います。過去半世紀の怠慢のツケを払うときが
来ているんですよ。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.06 20:17

>結局、株も国債も、ウオール街とかメガバンクが短時間での売り買いを繰り返して価格を吊り上げてるに過ぎないと言う事ではないですかね。

売買を繰り返しても値は上昇しません。

国債が暴落するなら、それを日本政府が買い叩けば財政再建はあっという間に終了します。

投稿: | 2013.04.06 20:18

ネットで拾ったんだけど、面白かったので。(ちょっとながい)

無慈悲なチャーハン

緊急献立会議した
チャーハンを作るよう指示した。
食材を仕入れるよう指示した。
食材を仕入れる準備に入った。
食材の仕入れが完了し調理待機状態に突入した。
食材の下拵えを指示した。
鋼鉄の包丁がかつてない程の切れ味で食材を切り裂くだろ うと発表した。
鋼鉄の包丁が待機状態に入ったと発表した。
食材の下拵えが終了したと発表した。
下拵えを終えた食材が待機状態に入った。
鋼鉄のフライパンを準備するよう指示した。
鋼鉄のフライパンのが待機状態に入った。
チャーハンの調理を指示した。
チャーハンの調理が可能な待機状態に突入した。
強力な火力で炒めるだろうと発表した。
ガスコンロが待機状態に入った。
お昼までに重大な決断をすると発表した。
お昼のメニューがチャーハンに決定したと発表した。
チャーハンを作ることが承認された。
この世の誰も体験したことのない革命的食感のチャーハンになるだろう。
本物のチャーハンを味わうこととなるだろう
カレーライスの予定を白紙に戻す決定が下った。
ガスコンロの元栓が総解放され、残されたのはチャーハン の調理だけだ。
チャーハンの調理開始まで1分1秒の状態だ。
すでに客には通告している。
食事の時間は刻一刻と迫っている。
無慈悲なチャーハンの具が承認された。
調理員以外の厨房係はキッチンから出てください。

そりゃ、客もしびれを切らせて帰るわな。w

投稿: モチキセキセキ | 2013.04.06 20:38

>みんなお金があるのね(^_^;)。なんであんたたち今までそれ使わなかったの、と言いたくなりそうで。

 お金を使わなかったのはデフレだからです。
 デフレ下では現金の価値は今月よりも来月、今年よりも来年のほうが実質価値が高くなるので、みなお金を使わないのです。
 
>(無論、同意できる部分も多々ある)。

 同意できる部分があるのなら、上記のような疑問は起きないはずです。
 リフレ派に同意しながら、「なんであんたたち今までそれ使わなかったの」と考えることは出来ません。両立不可能です、

>黒田日銀がやったことは、「開戦」です。つまり戦争をおっ始めたんです。

 通貨の切り下げ競争の事じゃないでしょうね。
 もち切り下げ競争のことを言っているのなら、開戦したのはアメリカや、イギリス、EUのほうですよ。
 日本だけが金融緩和していなかったので、一人負けしてデフレに苦しんでいたのです。
 「戦争だって? そんなものはとっくに始まってるさ」

>昨日は、きっとノビー先生が、浮かれる愚民どもを捕まえて、両頬をパン!パン!と平手打ちにし、アベノミクスをこてんぱんにdisってくれるに違いない、違いない! と期待して何度かブログを覗きに行ったのに、しょぼ~ん状態でがっかり。


「シュターデン教官は知識は豊富でしたが事実と理論が対立するときは理論を優先させる傾向がありました。我ら学生は理屈倒れのシ ュターデンと呼んでいたものです」

投稿: ほらない | 2013.04.06 20:39

>要人警護の観点

その場合なら、用心を保護しつつ早急にその場から離れる。ですよね。
罵声を浴びせたのが爆弾を抱えているかもしれない。取り押さえるよりは、早急にそこから離れ、相手を監視するでいいんじゃないかな。


たしか天皇陛下が英国を訪問された時に、かつてタイ・ビルマの鉄道建設に携わった英軍捕虜たちの抗議が沿道であったけど、イギリスはそれを制止しなかったよね。大体、イギリス自体、BBCが王室を茶化した人形劇を放映したりするし、王族の行為に対しては、常に「税金泥棒」という批判があり、それが堂々と公表されている。税金を使う側は、常にその批判を甘受しなければならない。物理的な抗議に対しては厳しく規制するけど、言論に対しては失礼であっても、侮辱罪や名誉棄損でない限り放っておいても害はない。(尤も、これは親告罪なのでただちに検察が動けない。第一、皇室が告訴する筈もないが)

投稿: | 2013.04.06 20:42

海兵隊ネタをもう一つ。

オスプレイで有事対応特殊部隊構想
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-04-03_47530


>米軍普天間飛行場に配備されているオスプレイを、将来的に豪北部のダーウィンに移駐する可能性なども
視野に入れているという。

>第31海兵遠征部隊(うるま市、31MEU)の豪展開に伴う沖縄のMV22オスプレイの移駐も
将来的な選択肢の一つと述べたなどと指摘している。

ああもう!日本政府が苦労して誤魔化そうとしているのに、海兵隊自らハシゴを外してどーするw

投稿: 川副海苔 | 2013.04.06 20:45

なにやらよく日銀の政策がわかっていないで不安だ不安だ~俺だけは知っている~って人が居るみたいですなw
まぁそんな知識でもやっていられるのなら生温くて良い業界なんじゃないかなぁと思いますが
そういう半可通が偉そうに語れるような甘い世の中にみんなで住めるといいなぁと思いますんで
そのためにはここは一つ日銀&政府にこのまま頑張ってもらいデフレは脱却して貰わないといけないですな

投稿: | 2013.04.06 20:45

>かつてタイ・ビルマの鉄道建設に携わった英軍捕虜たちの抗議が沿道であったけど、イギリスはそれを制止しなかったよね。

外交手段のひとつとして利用しただけでしょ。


>王族の行為に対しては、常に「税金泥棒」という批判があり、それが堂々と公表されている。

英国の王族達は自分の領土からの収益金で活動・生活していますよ。

投稿: | 2013.04.06 20:55

>自分が就職する頃にバブルが来てくれるのが一番嬉しい、弾ける時だったら嫌だ、

 これは息子さんの判断のほうが正しい。
 
 好況時に就職した労働者のほうが、不況時に就職した労働者よりも生涯賃金が多いという実証的な研究があるから。
 就職してから景気の波があっても、結局は個人の才能や努力よりも、就職したときの初期条件で所得が決まってしまう。

 不況時に就職すると、その後景気が回復しても給与が、好況時に就職した奴ほど伸びないとか、スキルを積む余裕がないから転職しても給料増えないとか、かなり初期条件にセンシティブに決まるって事ですね。

投稿: ほらない | 2013.04.06 20:57

>脳内伝達物質の不調
>メラトニン
血中メラトニン濃度の低い看護婦は糖尿病を発症しやすい(木亥火暴)
http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1674239

投稿: pongchang | 2013.04.06 21:18

>罵声を浴びせたのが爆弾を抱えているかもしれない。

テロリストが目立ってどうする。気付かれないように行動するんだよ。

>かつてタイ・ビルマの鉄道建設に携わった英軍捕虜たちの抗議が沿道であったけど、イギリスはそれを制止しなかったよね。

素性がわかっているなら警戒度は低くていい。イギリスで大きな抗議行動があるかと思ったら以外におとなしかった。
むしろオランダの一般人の抗議が凄まじかった。天皇皇后の車両は投石され防弾ガラスがかき氷状になった。
あの昭和天皇訪欧は一種の禊ぎ。外務省はある程度は覚悟していたがあそこまでやられて国内でも問題になった。
もっとも、あれ以降、オランダは日本の皇室にはあまくなった。

投稿: | 2013.04.06 21:51

リフレ批判をしているのは、斎藤誠さんや池田さんだけではない。
https://twitter.com/maseguchi/status/271898061939306496
多くの経済学者がリフレ政策を支持していない

投稿: | 2013.04.06 22:59

>テロリストが目立ってどうする。気付かれないように行動するんだよ。

政治的主張をアピールするためなら目立つようにやるよ。

投稿: | 2013.04.06 23:27

ふと思ったのですが、もし五十年前に岐阜と山梨に居た海兵隊が沖縄ではなく、
佐賀に移駐していたらどうなっていたのでしょう。佐賀の唐津あたりにヘリ基地が
あったとしたら、自民党政権時代にそれを佐賀空港に移設することになって、
それを民主党の鳩山政権が最低でも県外とか言ってひっくり返していたらどうなっていたのでしょう。
例えば海兵隊をヘリも陸兵も全部まとめて佐賀県から沖縄県へ移設しろと主張したらどんな反応があったのか。

「海兵隊を佐世保から1200キロ彼方の孤島へ移駐させるとかマジキチwww」
「なんで海兵隊が佐世保の隣の佐賀に居るのか知ってるの?馬鹿なの?死ぬの?」
「台湾斬首に呼応して沖縄からオスプレイで強行突入?ねーよwww」
「台風と灼熱地獄の沖縄で訓練とか海兵隊カワイソス」
「佐賀を起点とした場合オスプレイの行動半径は空中給油を行えば平壌まで云々」
「県外移設を譲らない古川知事は中共の手先」
「佐賀空港への移設を反対するのは一部のプロ市民」
「なぜ唐津基地移設先は佐賀県内でなければならないのか」

などなど、今現在沖縄一択と主張している皆さんは、全く同じ論調で佐賀一択を主張したんだろうかなあ。
あーなんか真面目に考えるのが馬鹿馬鹿しくなってくるなあ。クソして寝よ。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 03:58

連投すいません。

「だから佐賀から海兵隊を県外に出した場合、抑止力は維持出来るのか出来ないのか、答えてください!」
も追加しときます。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 04:13

> あーなんか真面目に考えるのが馬鹿馬鹿しくなってくるなあ。

これで「真面目に考え」てるつもりなの?

投稿: | 2013.04.07 05:08

本日、ヤマト放送日。

投稿: | 2013.04.07 08:34

 

帝政ロシアの崩壊は、当時、ロシア軍を動かしていた莫大な数の馬に馬糧(カイバ)を輸送できなくなった事に一因がある。

「ロシア兵は食料がなくとも戦える、時には弾薬なしでも戦える。が、馬はカイバなしでは戦えない」
 http://www.youtube.com/watch?v=vnkZ4o7C-DE

投稿: AJP Taylor | 2013.04.07 09:39

>川副海苔さん
海兵隊が沖縄にいるのに全く軍事的意義はないと主張されているようですがその根拠は何ですか?
普通に地図を見れば対中国(台湾有事を含む)という点から必要と言うのが常識でしょう?
今現在の海兵隊の編成や運用方法が全てと言うわけではないでしょう。
編成や運用は有事、あるいはあぶなくなった時にはいくらでも変えることができるし、そういった
変更の柔軟性こそ海兵隊の特徴なのではないのですか?

例えば航空自衛隊OBでプロと思われる人も沖縄の地政学的意味は当然のこととされています。
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/

沖縄不要説の根拠として貴方が挙げていた森本前防衛相については次のような批判もされています。
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-aee9.html

投稿: | 2013.04.07 09:39

>だから佐賀から海兵隊を県外に出した場合、抑止力は維持出来るのか出来ないのか、答えてください!

佐賀に置こうかどうしようかといった時の国際状況はどうでしたか?中国は脅威でしたか?
そして今の国際状況においては当然色々と変ってくるでしょう。その違いは無視ですか?

投稿: | 2013.04.07 09:42

>全く軍事的意義はないと主張されているようですがその根拠は何ですか?

 アメリカは中国と事を構える気持ちはさらさらなく、封じ込める意図もないからです。

 残念ながら、日本やアジアに取って中国の存在がどれほど脅威になっても、今のアメリカにはもう通じないでしょう。米ソ冷戦当時と比較して、あまりに利害関係が複雑化してしまった。

投稿: 大石 | 2013.04.07 09:47

みなさん、おはようございます。夕べは飲み過ぎてだいぶん筆がすべってしまいました。
改めて自分のコメント読み直したらひでえw 酒は飲んでも飲まれるなとはよく言ったもの。

えーと、わたしの普天間問題に関する見解については、過去のコメントを検索していただくとして(おい)

まずわたしは沖縄が海兵隊の運用に便利な場所であること自体は承知しております。
北部訓練場に小規模なれど亜熱帯用の訓練センターがあることも聞いております。
(沖縄含めて日本の演習場は米国の基準からすれば全部小規模ですが)

ただ沖縄が海兵隊の運用に便利な場所である事と、沖縄でしか運用出来ない事というのでは
全く話が違ってきます。
海兵隊はその特性上、沖縄でなくても九州でもどこでもそれなりに運用出来る軍隊です。

過度の負担で沖縄県民の顰蹙を買っているというのなら、10年計画で県外に移転しても
とくに差し障りはないはずです。沖縄の演習場や海兵隊施設は過疎対策や対中有事の増援用として
現状通り維持し、平時は九州の自衛隊や県外移転した海兵隊がローテを組んで立ち寄って使用すればいいのです。

要は運用でなんとでもなるのですから、そういった点を踏まえた上で是々非々で腰を据えて議論すればよい。
それでやっぱり沖縄に残留するというのならそれはそれで良しです。

普天間問題というのは確かに厄介な問題ですが、その一方で基地問題や安全保障問題について考えを深める
良いきっかけにも成りうる。

でも実際の普天間問題の議論は必ずしもそういう形にはなっていない。ていうか、全然なっていない。
政府もマスコミも、そしてネット上でも、軍事的に沖縄一択であることが既定路線になっている。
県外移転を主張する人間はみんな左翼か中共の手先みたいな論調すらある。
こういった「臭い物には蓋」といった風潮は、必ずや将来に禍根を残す、そう思います。

あと

>だから佐賀から海兵隊を県外に出した場合、抑止力は維持出来るのか出来ないのか、答えてください!

というのは、かつて佐藤正久議員が田中防衛大臣に対して「海兵隊を沖縄から県外に出した場合抑止力が
維持出来るのか出来ないのか、答えて下さい!」と国会で詰問したときのセリフのパクリです。
もし佐賀に海兵隊が常駐していたら、彼は間違いなくそう言って糾弾したことでしょう。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 12:41

> 投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 12:41

詭弁のガイドラインその1 「事実に対して仮定を持ち出す」

投稿: | 2013.04.07 12:47

>政府もマスコミも、そしてネット上でも、軍事的に沖縄一択であることが既定路線になっている。
>県外移転を主張する人間はみんな左翼か中共の手先みたいな論調すらある。
>こういった「臭い物には蓋」といった風潮は、必ずや将来に禍根を残す、そう思います。

 賛成する。
 if思考をすることは、近視眼的に現状に捕らわれ、現状が唯一の選択肢であると思い込む思考停止から抜け出すきっかけになります。

 これは詭弁でも何でもない。

 思考実験というものだ。
 
 

投稿: ほらない | 2013.04.07 13:09

>投稿: ほらない | 2013.04.07 13:09

詭弁のガイドラインその15 「新しい概念が全て正しいのだとミスリードする」

投稿: | 2013.04.07 13:20

川副様の仮定話は面白いです。佐賀県内での演習場確保は難しかったでしょうから、なかった話ではありましょうが。沖縄であれば、米軍はやりたい放題でしたから。

仮に、佐賀に海兵隊基地が集中していて、県民が県外移設を訴えた場合、佐賀の重要性を訴える説明が為されることと思います。
“中台有事”とか“尖閣”とかは従扱いで、“朝鮮半島”を主テーマに、佐賀が最も重要な位置にあり、沖縄移転だと海兵隊の即応性・機動性が損なわれるとか主張しているのではないですかね。

ところで、“海兵隊の抑止力”には未だに違和感があります。少なくとも、日本の国防に“海兵隊の抑止力”って、どんな意味があるのですかね。

投稿: ペンチ | 2013.04.07 14:01

遠隔操作ウィルス事件で横浜の学生を自白に追い込んだ、神奈川県警の取調官は
「投稿: | 2013.04.07 13:20」みたいな人だったんだろうな。

投稿: ほらない | 2013.04.07 14:51

>大石先生

>アメリカは中国と事を構える気持ちはさらさらなく、封じ込める意図もないからです。

軍事について意図ではなく能力を問題にしろと普通言われますが?抑止力とは能力の問題でしょう?
大体「封じ込める意図もない」とどういう根拠で断言できますか?
民主主義国であるアメリカでいざ問題が起こった時どういう行動を取るかは実はオバマですらわからない
でしょう。
むしろ「中国と事を構える気持ちはさらさらなく、封じ込める意図もない」と断言できるのであるなら、
世界のプロの業界から引き抜きがいくらでも来ているのでしょうね。こういう情報は公表されたものを
毎日読みこむことが一番であるということは聞きますが、そのためには毎日ものすごい量の情報を読み
こまねばならないといいます。先生がこのように断言できるのはそれなりの自身があってのことなので
しょうね。

投稿: | 2013.04.07 17:28

>川副さん

>海兵隊はその特性上、沖縄でなくても九州でもどこでもそれなりに運用出来る軍隊です

問題はどのように運用すべきか、あるいはむしろ日本の立場からはどのように運用させる方がより有利
かということでしょう。そしてそのためにどのような基地の能力を維持すべきなのか。台湾有事、南シナ
海との距離を考えれば、県外移設に対して県内に基地がある方がその能力の可能性については、日本の国
益にとっても利益となる事でしょう。

>軍事的に沖縄一択であることが既定路線になっている。

地図を見れば素人目にも余りにも明らかでしょう。

>県外移転を主張する人間はみんな左翼か中共の手先みたいな論調すらある。

実際そうでしょう?本人の主観的意図はともかく現実の効果としては「左翼か中共の手先」となっている。

>かつて佐藤正久議員が田中防衛大臣に対して「海兵隊を沖縄から県外に出した場合抑止力が
>維持出来るのか出来ないのか、答えて下さい!」と国会で詰問した

全く正当な主張だと思いますが?

>もし佐賀に海兵隊が常駐していたら、彼は間違いなくそう言って糾弾したことでしょう。

どういう根拠でですか?今の対朝鮮だけでなく対中も問題となっている状況での議論からどうしてこのような佐賀云々の「糾弾」がリアリティを持つのか全く理解できません。

投稿: | 2013.04.07 17:41

>べんちさん

>ところで、“海兵隊の抑止力”には未だに違和感があります。少なくとも、日本の国防に“海兵隊の抑
>止力”って、どんな意味があるのですかね。

パワーのプレゼンスということであれば、今まであったものが無くなるというそのことはそれだけで、
中国に対するある種のメッセージになり、抑止力が毀損されるというのは明らかだと思います。今まで
普天間にあった海兵隊が沖縄からいなくなるというのは大きなマイナスであることは事実でしょう。
日本の国防は別に日本の国土や尖閣だけではなく、南シナ海まで含めた大きな対中戦略などで見なければ
ならないでしょうから。
その場合現在のアメリカの政権がどのような意図であるかどうかということは、ことにアメリカのような
民主主義国では二の次、三の次。むしろそこに基地があり(制度上)常駐しているというだけで、中国と
しては色々と考慮せねばならないでしょうし、それこそが「抑止力」なのではありませんか?

投稿: | 2013.04.07 17:49

>軍事について意図ではなく能力を問題にしろと普通言われますが?抑止力とは能力の問題でしょう?

 能力の問題だけに矮小化するのは大きな間違い。

>大体「封じ込める意図もない」とどういう根拠で断言できますか?

 私は貴方の年齢を知らないけれど、米ソ冷戦当時の米ソ関係と米中関係はまるで違うからです。

>民主主義国であるアメリカでいざ問題が起こった時どういう行動を取るかは実はオバマですらわからないでしょう。

 なぜ? 戦争をするかしないかを決めるのは時の政権。議会は承認を与えるだけ。

>むしろ「中国と事を構える気持ちはさらさらなく、封じ込める意図もない」と断言できるのであるなら、以下-

 愚にも付かない揶揄皮肉でげんなりする。貴方が海兵隊の抑止力を主張するのは構わないが、下らん個人攻撃を書き連ねて私と読み手の貴重な時間を奪うのであれば出て行きなさい。

投稿: 大石 | 2013.04.07 17:59

みなさんこんばんわ。
さっき帰ってきてパソコン開いたら、なんかえらいことになってますね。
いやーびっくりした。なんでまたこんなことに(お前のせいだろ)

わたしが言い出しっぺなので最後に一言だけ。

日本の軍事的な防衛はまず陸海空自衛隊があって、それを補完すべく米本土からの増援を含んだ米四軍、
それに米国核戦力が加わって、お互いをカバーしあって成り立っている。
これら全部が複合的に重なり合って抑止力として機能している。
在沖縄海兵隊というのはそれらの構成要素の一部分であり、それ単体では抑止力たり得ない。
海兵隊は特性上沖縄県外にあってもその能力を維持できるので、つまり県外にあっても抑止力の
一要素として有り続けることができる。

海兵隊を県外に出せば中国に対して誤ったメッセージを送るというご意見もあります。しかし能力的に
県外に出しても問題ないのであれば、対外的なメッセージなど他の手段でいくらでも代替できる。
沖縄での日米共同訓練や三自衛隊の南西方面へのシフトなど地域防衛の意志を示すことはなんぼでも出来る。

そもそも日本の防衛って第一義的に自衛隊の任務でしょう。日本が主権国家として国土防衛の確固たる意志と
能力を示せば、相手が中共だろうが北朝鮮だろうが、それがもっとも強力かつ有効な対外メッセージとなるはずです。
それさえ出来るのであれば海兵隊なんざ九州に移転しようが火星に移住しようが大勢に影響は無い。
逆に米国の顔色を伺ってオドオドしていたら、たとえ沖縄に海兵隊が100個師団居ようがオスプレイ500機に
ランボー5万人が乗り込んでいようがクソの役にも立ちません。

大事なのは日本という国が主権と領土をどう守るのか、腹を括って毅然として事に臨むことであり、
それが出来れば普天間を含んだ沖縄の基地問題も道筋が見えてくると思います。
だけど現実には米国の顔色ばっか伺って国家として腹を決めかねているでしょう。だからグダグダなんですよ。

投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 22:43

>投稿: 川副海苔 | 2013.04.07 22:43

この書き込みには、下記引用部分を除いて全面的に賛同します。
そもそも在沖海兵隊は、極東のみならず中東までをカバーしています(もちろん主役は米本土に居ますけど)。半島有事やら中台有事やらを強調しているのは最近のことじゃないですか。
ただ、現在の米軍には、東南アジア方面を重視する際、沖縄よりむしろグアム駐留が展開に有利との考えもあるかと思います。

>だけど現実には米国の顔色ばっか伺って国家として腹を決めかねているでしょう。だからグダグダなんですよ。

米国の顔色を窺うというより、むしろ米国自身が考えていなかった地点にまで、日本が率先してポチ根性で至っている印象です。例えば、普天間移設にしても、辺野古に飛行場を建設するなんて、県民感情から不可能との見解を米側関係者は持っています。日本側の方針は、米側にとってむしろ斜め上路線じゃないですかね。

投稿: ペンチ | 2013.04.07 23:28

>例えば、普天間移設にしても、辺野古に飛行場を建設するなんて、県民感情から不可能との見解を米側関係者は持っています。

防衛省内の中国シンパが、日米関係を損ねるために故意にやっている予感。

投稿: | 2013.04.08 00:21

> 投稿: ほらない | 2013.04.07 14:51

詭弁のガイドライン その9「自分の見解を述べずに人格批判をする」

投稿: | 2013.04.08 00:51

> 遠隔操作ウィルス事件で横浜の学生を自白に追い込んだ、神奈川県警の取調官は
> 「投稿: | 2013.04.07 13:20」みたいな人だったんだろうな。

詭弁のガイドライン 「11.レッテル貼りをする」

投稿: | 2013.04.08 01:13

さて大石先生

>私は貴方の年齢を知らないけれど、米ソ冷戦当時の米ソ関係と米中関係はまるで違うからです。

別に米ソ関係と米中関係が同じとは全く言ってい無けれども?
ただアメリカ内でも色々な考え方があると思うのに、一方的に断言できる根拠は何かと聞いているだけで
す。そういった断言が中国当局でさえできないから、逆に色々と働きかけているわけでしょう。それほど
自信満々に断言できる根拠を聞いているのですけど?

>なぜ? 戦争をするかしないかを決めるのは時の政権。議会は承認を与えるだけ。

民主主義国である限り、時の政権は国内状況や議会の状況を考えざるを得ない。それどころか政権内部
自体でも揺れがあるのは事実。オバマ政権の第一期の初めと終わり、第二期の初めの今の状況で微妙に
ずれている。オバマの後にヒラリーでも来たらまた状況は全く変ってしまうでしょう。
要するに貴方は現実の情報の微妙さを無視して簡単に断言しすぎるということです。それで済めば誰も
苦労はしない。まあそこが素人の素人たるゆえんでしょうが、一番まずいのは自らが無知であることに
ついての自覚もなければ恐れもないこと。そういうのが川内云々の「ブレーン」であったということに
ミンス政権の恐ろしさというかとんでもない状況と言うのが象徴されているのでしょう。

投稿: | 2013.04.08 11:34

↑バカのたわごとに付き合うのはこれが最後。

>川内云々の「ブレーン」であったということに

 情弱な連中が肥溜めで連呼している妄想に関して、私はすでに否定した。どんなバカが相手でもw、そう勘違いさせるような発言をしたことは一度も無い。
 貴方は、私がこの数年間、在沖海兵隊に関してここでずっと書いて来たことすら何ひとつ読まずに発言している。それは、川内議員を巡る偽情報に未だに踊らされていることからも明か。
 よって貴方は、まず自分の情弱を治してから人前で物を言いなさい。

投稿: 大石 | 2013.04.08 11:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇薬か、麻薬か:

« 無慈悲な金融緩和 | トップページ | 資産逃避は起こる? »