« 首相参拝の深謀遠慮 | トップページ | TPPの国益 »

2013.08.04

誰も責任を取らない

 昨夕の報道特集で金平さんのアッツ島レポートがありました。守備隊は、再三再四補給を要請するんだけど、大本営は一顧だにせず黙殺し、さっさと玉砕を命じるんですね。しかも玉砕の報せが届くと、大本営はいけしゃあしゃあ「現地指揮官は、一度として補給も要請せず」とか発表する。それは当然、この後、玉砕を強いられる部隊に圧力になったことでしょう。
(そもそもアリューシャンの占領自体不要なもので、アメリカの戦略を全く読み違えていた)
 ベトナムでは、フラッギングと呼ばれる上官殺しが流行ったけれど。日本軍は上官に忠実なんですね。滅多にそんなことは起こらない。

 そして戦争が終わっても、誰も責任を負わない。責任を取ったのは、その方法に批判はあれど、海軍の宇垣と陸軍の阿南くらいのものでしょう。ほとんどの将官は、掌返して米軍を賛美し、ぬくぬくと戦後を生きた。
 せめて、玉砕云々の判断の前に、それを後方で命じる指揮官は、責任を取って供に自決すべし、というルールを設けておくべきだったと思う。

 戦後の日本も、実は変わらないんだよね。会社を傾けても誰も責任を問われない。オリンパスなんてあんなことやったら欧米じゃ10年20年喰らうでしょう。SONYを凋落させた出井は未だにいっぱしの経営者扱い。トップは誰も責任を問われないのは、昔軍部、今会社で全く変わっていない。

※ 慰安婦像 沈黙は後退 ワシントン・古森義久
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130803/plc13080310570010-n1.htm

 昨日の朝日だったかな、対抗社会面を半分潰して、存命な慰安婦にインタビューして、遠回しに、でっち上げ批判に反論させていました。
 沈黙は確かに後退なんだけど、要は、それを誰が主張するかです。日本に於いては、それを産経が書いても効果はない。読売や日経が朝日を包囲して初めて効果を持つ。
 増してアメリカでは、日本から言っても逆効果なだけです。アメリカ国内で日系人に主張させるなり、グラスルーツで戦える方法を考えないとならない。
 アメリカに於ける世論形成を熟知した上でそれをやるしかない。それをやるためには、大使館員が自治体に出かけて行って、トップ交渉しても逆効果なだけなんです。ちゃんとそれを分析して、グラスルーツの世論形成の経験がある連中にやらせないと。

*日経 春秋
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO58022760S3A800C1MM8000/

 日経さんがこんなことを書くなんて珍しいですね。朝毎は足蹴にされても土下座し続けるだろうけれど、そろそろ読売さんも、「いい加減にしろや」と啖呵切らなきゃ。

※ オスプレイ 怒声の中、普天間追加配備…募る政府不信
http://mainichi.jp/select/news/20130804k0000m040033000c.html

 普天間への反感は良く解る。実際あれは危険な空港だから。ただ、オスプレイに対する過剰反応を見ていると、マスゴミってのは、どんな些細な、つまらん issue でも、大げさに騒いで問題化させるだけの力を持っているんだなと痛感します。深い溜息と供に。

※ 独が冷戦期の盗聴協力協定破棄 NSA活動で米英と距離
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-210484-storytopic-3.html

 ドイツは、ゲシュタポにシュタージの記憶とかあったから、過剰に反応するのは解るけど、すでに機能していないものを破棄するって大げさ。
 ドイツ人て、何事も徹底しないと気が済まない民族だけど、ここ四半世紀のドイツって、アンチ原発にしても、サヨクが政権を牛耳るとこうなるんだろうな、というお手本を見ているような気がします。
 そのナチス的なものへの過剰な規制にしても。

※ 尖閣に中国ヨット 上陸目的? 公船と領海侵犯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000050-san-pol

 上陸させりゃ良かったのに。でもって、「ようこそいらっしゃいました! 出入国のスタンプを押しますから、ぜひパスポートを」とか言えば良かった。

※ LINEで「死ねや」「埋める」 広島の少女遺棄事件
http://www.asahi.com/national/update/0803/OSK201308030004.html

 朝日のペーパー版に、そのやりとりが全文掲載されていたけれど、方言だから、凄く生々しいのねorz。これが東京弁で書かれていたのなら、まあこんなもんだろうな、と思うけど、方言だから、やたら生々しい。
 京都から同心円状に広がって行った方言でも、広島や名古屋辺りの他人を煽る表現て、結構品が無いと思う。

※ 辛坊氏、涙のTV復帰 「自己責任」問う声には抗弁 “辛坊節”の片鱗も
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130803/dms1308031449003-n1.htm

*辛坊氏 海難救助団体に500万円寄付
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/08/03/0006217321.shtml

 いやぁ、太っ腹だなぁw。しばらく前に週刊誌が、税金がどうのこうのと書いていたような気がするけれど、やっぱり持っている人は持っているわけだぁ。
 復帰が早すぎると批判する気は無いけれど、せっかく休めたんだから半年くらい休めば良いのに、テレビの人々って、三日も出ないと、忘れ去られる恐怖感でもあるんでしょうね。

 「自己責任」という言葉は、世間が、適当な他の表現を持たないから、そう言われるだけのことであって、過剰に反応する必要はないと思うけれど、市井の市民は、レジャーで太平洋横断なんてする余裕は無い。
 言っちゃなんだけど、金持ちの道楽で痛い目に遭って、隊員の危険はともかくとしても、その後のメンテを考えると、恐らくは一千万単位の救難費用を国費から出すことになった。もちろん彼は、そうして貰うだけの税金は納めて来ただろうけれど、そのことに対する納税者へのお詫びはあるべきでしょう。ジャーナストという立場を考えれば、その自覚と謝罪くらいあるべき。

※ 日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
http://www.news-postseven.com/archives/20130803_203711.html

 こういう人好きだな(^_^;)。自分がサッカーファンだったらやっちゃうかも。でもこの人に罪の意識を植え付けようというのは変だよね。自国の名誉を守って戦おうとした人間を、「やらん方が良かった」とかいうのは容易いけれど、でもそこで自粛したからと言って、それは相手に伝わらないもんね。
 殺られたらやり返す! それが国家の principle でなきゃ、舐められるだけ。

※ 地方公務員の給与削減、230自治体が要請拒否
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130803-OYT1T00916.htm?from=main4

 都市部は税収や物価に見合った給料だから良いけれど、地方に関しては、ぜひその自治体の名前と給与をリストとして公表し、同時にその地域の平均給与も公表すべき。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ ハッカー祭典、米政府にNO NSA問題で不信感
http://www.asahi.com/international/update/0803/TKY201308030025.html

※ 風洞実験装置の床板吹き飛ぶ…親子ら3人軽傷
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130803-OYT1T01268.htm?from=main2

※ 加藤浩次、元相方・山本の復帰を生放送で嘆願「あいつを許して」
http://news.livedoor.com/article/detail/7922587/
※ H2Bロケット4号機打ち上げ成功 こうのとり軌道投入
http://www.asahi.com/tech_science/update/0804/SEB201308040001.html

※ 過酷なスマホレース、ドコモは「長男」NECを助けなかった
http://news.livedoor.com/article/detail/7919527/
※ 【衝撃動画】まさに人馬一体! 身長155センチの女性白バイ隊員が魅せた運転テクが見事すぎると話題
http://rocketnews24.com/2013/08/03/355902/
※ ASKA薬物依存報道に、テレビ界沈黙! 「それが破られた時、逮捕の可能性も」
http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=1992461
※ 阪神エース能見が背信 和田監督「これで終わったわけじゃない」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130803/bbl13080323410027-n1.htm
※ 「としまえんプール」でイルカ型遊具が突然破裂
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130803-OYT1T00846.htm?from=top

※ 前夜の満腹重量 76.7キロ

 先日、ルイボス茶というのを勧めて貰ったので、アマゾンで買って飲んでいるのですが、不思議なお茶ですね。若干甘い感じがして、カフェインが入っていないんです。私は入っていた方が嬉しいんだけど、お年寄りは、眠れなくならかと、夜のお茶を控えたりするでしょう。そういう人々にはお勧めかも知れません。
 私の最近のお気に入りは、↓「カルピス・オアシス」です。コンビニで買えます。糖質ゼロ&カロリーゼロと書いてあるけれど、本当だろうか。それにしては結構甘いのですが。せめて人工甘味料の正体が何なのかくらいサイトに書いて欲しい。

*カルピスオアシス
http://www.calpis.co.jp/products/milkybeverage/oasis13.html

※ 有料版おまけ Sony Pictures

|

« 首相参拝の深謀遠慮 | トップページ | TPPの国益 »

コメント

>カルピスオアシス

脱脂粉乳、乳酸菌飲料、発酵乳、食塩(沖縄県産)、調整海洋深層水、キダチアロエエキス、酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム、スクラロース)

投稿: | 2013.08.04 10:26

>こういう人好きだな。
 
記事を読んだ限りでは信用できない人と云う印象です。

投稿: 今昔 | 2013.08.04 10:39

>女性白バイ隊員

画面を良く見ると、スタート直後に2速に入れてあとはオートマ感覚で乗ってますね。しかもブラインド
コーナーが無いし。
確かに巧いんだけど、あのバイクは低速トルクが太いしエンジンブレーキも効くので、あの速度なら
そう驚くことはないでしょう。峠ライダーなら70~80㎞/Hrでドリフト入れながらカッ飛んで行きますから。
2ストの大排気量バイクでアレやったらそれは凄いけど。
東伊豆の県道80号なんかでは、カミナリ族上がりの70歳以上の爺さんたちがブラインドコーナーにZⅡとか
ドカ(古い奴)で80km/hr以上で突っ込んで、ヤバい時はアクセルターンの要領でピタっとキメたりしますし。

投稿: シャドウ | 2013.08.04 10:41

>おまけ
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323451804578644892716765134.html
>>かるぴすおあしす
>きだちあろえ
ゲリピーには大敵じゃん
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20050805_1g.pdf
効くほど入っていないとは思うけど

投稿: pongchang | 2013.08.04 10:44

>なんでこれが爆発するのか解らない。電池が漏電で爆発したんだろうか。それとも密閉された中でガスでも発生したんだろうか。
http://www.robodolphin.com/
↑のメーカーですな。

どうやったらあんなに酷く爆発出来るように作れるのかが知りたいですなw
まあ、バッテリーが劣化で内部短絡→電池ケース破裂 ってのが可能性が高いが。流石アメリカ製って感じだね。安全・品質管理なんて対して考えて無いんでしょう。

>都市部は税収や物価に見合った給料だから良いけれど、地方に関しては、ぜひその自治体の名前と給与をリストとして公表し、同時にその地域の平均給与も公表すべき。
http://nensyu-labo.com/2nd_koumu.htm
http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm
民間給与の下がりっぷりからすれば、7.8%なんて全然なんだけどね。もっと下げて、その代わりワークッシェアで職員増やしたって良いと思うんだけどね。

投稿: ロック | 2013.08.04 10:47

 神田神保町の回転寿司の店では、
イクラ・ウニ・サバ・ネギトロ・サーモンなんか、よく食べましたよ。

     ----- ↓ -----

補給の途絶えがちなキスカ島では米が不足して食料はシャケばかり。
イクラ丼を作っても「米粒よりイクラの方が多い」と聞いて、「いざ守備隊将兵の苦労を偲ばん」と、量り売りのイクラ丼で再現を試み「キスカ丼」と名付く。
・・・イクラは適量がうまい。
 https://twitter.com/Kominebunzo/status/363824350983495681

 Enemy at the Gates (1/9) - Crossing the Volga
 http://www.youtube.com/watch?v=8yOBCGwMpeo

投稿: アッツ・キスカ | 2013.08.04 10:47

>公務員の給与
先生、それ言うなら真っ先に下げるべきは都市部の方。高級品と住居費(土地価格、家賃)を除けば、一般の衣食に関する費用は田舎の方が高いです。

投稿: | 2013.08.04 10:47

ルイボスは現地ではミルクティーで飲む人が多いです。
アイスもおいしいです。

投稿: 清谷信一 | 2013.08.04 10:50

>守備隊は、再三再四補給を要請するんだけど、大本営は一顧だにせず黙殺し、さっさと玉砕を命じるんですね。

 この番組、見ていないから何なのですが、北海支隊の上級部隊である北方軍は、再三にわたって、「無意味な部隊配置だから撤収すべし」「撤収しないなら、速やかに防備を強化すべし」という意見具申を大本営に対して行っています。アッツ上陸が始まると、北方軍は直ちに北海道の第7師団を増派する準備に入りましたが、大本営の「海軍が協力しない」の返事で断念。「だったら、代わりにキスカ守備隊を撤退させろ」と要求し、1水戦が霧の中突入して救出戦が行われたんですね。キスカ守備隊は、その後一部が占守島に配置たれて、終戦後に上陸してきたソ連軍と激戦を交え、北海道上陸を阻止します。
 大本営とアッツ守備隊だけで、戦争やっていたのではないのです。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.08.04 10:58

沖縄のオスプレイ2機をを尖閣諸島に配備するよう、日本政府は米国に要望してもらいたい。
沖縄の基地の負担軽減、尖閣諸島の防衛及び実効支配の一石三鳥となる。
執拗な領海侵犯、領空侵犯及びレーダー照射をして、中国共産党は尖閣諸島を自国の領土にしようと決めていることは明らか。

投稿: うなぎ | 2013.08.04 11:37

>昨夕の報道特集で金平さんのアッツ島レポートがありました。
>海軍の宇垣と陸軍の阿南くらいのものでしょう。

生存者らしき爺様の話を聞いていてチャンネル変えました。ガキの頃、夥しい数の傷痍軍人を目にして未だにトラウマになっている。とどめを刺されてもおかしくないような兵隊が生かされ、戦後に乞食をやっていた。
玉砕とは裏腹に日本軍はけっこう兵隊を大事にしたんだなと思った。任地によって当たり外れがあったのいうまでもないことだが。

それで、単なる感情ですが、阿南さんはやはり生き残って戦後処理に貢献してほしかった。
逆に寺内寿一(芸者遊び)、木村兵太郎、牟田口、富永恭次、辻参謀は自決はいいから、兵に殺されて欲しかった。

投稿: | 2013.08.04 12:06

>世田谷ナンバー

“世田谷ナンバー導入で、個人の住所が特定され、プライバシーや平穏な生活が奪われる”なんて単なる口実で、こいつらは、いちゃもんをつけたいだけ。

国土交通省は2日、「ご当地ナンバー」に10地域を追加すると発表。2014年度中に導入するとのことで、その中には「世田谷区」に隣接する「杉並区」も入っていますが、杉並住民からのクレームはありません。

そもそも「ご当地ナンバー」は、読売の記事中にもあるように「地域振興」が主たる目的。その観点からすると、「世田谷」は“高級住宅地”として十分すぎるほど有名で、いまさら「地域振興」でもあるまいとは思うのですが、このクレーマー達の深層心理(=本音)は別の所にあるのよ。

それは「格差」の問題。

<回答者の74・3%が60歳以上と偏っているうえ、約40%が免許を保有していない>でクレーマー達が言いたい本音はね、裕福で高級な住宅地とは言っても、そんなステータスをエンジョイしているのは年寄り連中で、その他は「世田谷」の高級イメージから何のメリットも得ていない。そんな状況下で更に「世田谷」ブランドのきらきらイメージを高めてどうするんだよ?と言うやっかみからこの連中は提訴したのです。

すなわち、失われた20年による格差の拡大がもたらした軋轢と言ってよいでしょう。

(2日遅れの投稿ですみません。昨夜ひらめいたもので……)

投稿: | 2013.08.04 12:12

>日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
>こういう人好きだな(^_^;)。自分がサッカーファンだったらやっちゃうかも。

【サッカー】旭日旗を降った人物は三年前の事件によりスタジアム無期限入場禁止処分を科しています
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375580884/

2ちゃんねらーが見つけきました。↓
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375580884/60
暴力事件を起こしているそうです。

投稿: | 2013.08.04 12:51

オスプレイ配備が揉めるのは、それが進展しない普天間問題ひいては沖縄基地問題の象徴だからでしょう。
技術的には問題なくても政治的には極めて厄介な代物。
オスプレイに十分なエアカバーを提供出来る米軍なればこそオスプレイは軍事上必須の装備ではない。
少なくとも在沖縄海兵隊はいましばらく既存のヘリで代用すべきだと思う。
足りなければ陸軍に頭を下げてCH47でも借りればよい。
強引に配備しても反発を招くだけ。万一事故でも起きれば取り返しがつかない。
嘉手納の反対運動に飛び火したら収拾がつかなくなる。
にも関わらずオスプレイの配備。日米防衛当局の無策の象徴か。
思えば戦後60年以上もの間、安易に沖縄に基地を集め過ぎた。
軍隊の冗長性の面からも一極集中はよろしくないでしょう。
反対運動のみならず大規模災害一発で南西方面の米軍機能が壊滅する。

投稿: 川副海苔 | 2013.08.04 13:14

>日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
>でもこの人に罪の意識を植え付けようというのは変だよね。自国の名誉を守って戦おうとした人間を、「やらん方が良かった」とかいうのは容易いけれど、でもそこで自粛したからと言って、それは相手に伝わらないもんね。

この人左右両方から批判されていますけど、韓国の「旭日旗は戦犯旗でタブーだから不謹慎で許されない」という認識の術中にはまってる人多すぎ。旭日旗を戦犯旗とか言って非難する韓国が悪いだけ。「相手が不快なことはやめましょう」な認識でいたら、日の丸もタブーになってしまう。

投稿: | 2013.08.04 13:27

>誰も責任を取らない

責任をどうすれば取ったことになるのか、
そこが明確になってないから誰も責任を取れない、に思えます
例に挙げられてる戦前までだと、それこそ切腹するか、
“朝敵扱い”にでもされて一生ペナルティを抱えて生きるしかない
それじゃ皆、関係部署ひっくるめて責任逃れに必死になります
今日本で考えられてる責任の取り方って言ったらこの2つくらい
米海軍であったような降格人事が個人的には興味深いところでしょうか

あるいは首相のようにコロコロ変えてしまうか
まぁそれもありかもしれません
その方が本当に指導力を発揮出来る人がトップになれば長期政権あるでしょうから

投稿: | 2013.08.04 13:40

>誰も責任を取らない

コロコロと転向すました、とか、おまい、ソレ本人に向かって言えるの?(先日の化粧品とか昨日の70歳ホニャララとか)
ってのを延々バックレまくってる作家先生もいますけどねw

投稿: | 2013.08.04 14:21

これが麻生発言についていろいろ読んだ中で一番自分に近いまとめ。朝日が最初に反応しなかったのも、読売より反語の理解力があったからだろう。

「ナチス憲法」を引き合いにした麻生太郎副総理発言について
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2013/08/post-4f68.html

投稿: | 2013.08.04 14:21

なんでも旧軍の場合、将官の任命は天皇の名において行われるので、
軍法会議にかけて重罰を与えると天皇の任命責任にまで話が及ぶから
将官クラスの処罰には及び腰だったと聞いたことがあります。
あとは詳しい方どうぞ。

投稿: 川副海苔 | 2013.08.04 14:26

>投稿: | 2013.08.04 14:21

 今日だけだぞw。貴様のIPはとうに禁止リストに入っている。
 毎日、つまらん揚げ足取りでいちいち肥溜めから出て来んな。IP禁止に巻き込まれる他人や、掃除する私の身にもなれ。
 私に、敬老の精神や、美容で大けが同情しまつ、と書けなんて、よりによってお前らみたいな人間の屑が思っているはずもなかろうにw。

投稿: 大石 | 2013.08.04 14:39

 将官及び同相当官を管轄する軍法会議は、東京の高等軍法会議だけだったので、戦時に被告人と証人をわざわざ東京に送って悠長に裁判やっている暇はなかったのです。富永を起訴しようとしたら、この場合上官である山下第14方面軍司令官をフィリピンから召喚しなくてはなりませんから、到底不可能でしょう。日本の軍法会議は、フランス式のコピーですから、フランスの経験しなかったような事態には、対応できるようにはできていなかったのです。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.08.04 14:45

>地方に関しては、ぜひその自治体の名前と給与をリストとして公表し、同時にその地域の平均給与も公表すべき。

 地方経済が疲弊して、所得が下がっているのは事実でしょうが(ネトウヨネ申も認めているけど)、だから公務員を叩くのですか?般ピーが貧乏になった上、公務員まで貧乏にしたら、それこそ地方経済はブラックホールに転落です。デフレ不況下で、財政健全化を強行するようなもんです。ここは、公務員を般ピーのレベルまで引き摺り下ろすのではなく、般ピーの所得を公務員のレベルに近づけるような逆の努力が必要でしょう。公務員が楽して高所得を得ているというのは、全くの誤解です。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.08.04 15:08

>般ピーが貧乏になった上、公務員まで貧乏にしたら、それこそ地方経済はブラックホールに転落です
>ここは、公務員を般ピーのレベルまで引き摺り下ろすのではなく、般ピーの所得を公務員のレベルに近づけるような逆の努力が必要でしょう

こういうのは半可通共産党シンパの論理。公務員全部で100人いて1人100ずつ貰って総額10000なら、1人80ずつにすれば125人雇えますね!失業減少!消費性向による乗数を考えれば経済も拡大で一石二鳥!共産党シンパは、公務員給料を労働者と同じ水準まで引き下げるべきと主張したレーニンの「国家と革命」の教えを守ろう!ワタミを批判しながら専従職員をボロ雑巾扱いして自分たちは別荘もってる赤い貴族に騙されるな!

投稿: | 2013.08.04 15:58

>しんぼう
「もうクジラは食べません」
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130803-OHT1T00280.htm
南極捕鯨にいってから復帰した方が良いぞ
http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/1176094326634

投稿: pongchang | 2013.08.04 16:36

*日経 春秋
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO58022760S3A800C1MM8000/

 「今頃ですか?」という印象しか持てません。逆に「あんたらマスゴミが今まで半島連中を甘やかしてたから、ここまで日韓関係が悪化したんだろ?」と声を大にして言いたいですよ。
 例をあげれば、仏像盗難とか外交問題になるまで放置しておいたのは、あんたら大手マスゴミの怠慢。対馬の仏像盗難が明るみに出る何年も前に、ニューズウィーク日本版をはじめ、一部の週刊誌で韓国人の窃盗団が日本の文化財を盗んでると記事になったのに、大手のマスゴミは一切取り上げなかったじゃん。
 あの時点で大きく紙面で取り上げていたら、盗難被害はずっと少なくすんだんじゃね?

まあ、今まで親韓で来た反動で、これからは反韓で行くのかもね。
ニューズウィークとwillの嫌韓特集号がバカ売れしたそうだから、それで部数が伸びるんだったらホイホイ宗旨替えするだろうね。何せマスゴミだから。

投稿: | 2013.08.04 17:19

> ルイボス茶
私も最近飲みました。RooikatとかRooivalkとか、南アフリカの人って赤いなんとかって名前が好きなんですかね。

投稿: jaguar | 2013.08.04 18:52

 ( ´_ゝ`)フーン
> 誰も責任を取らない
> 昨夕の報道特集で金平さんのアッツ島レポートがありました。守備隊は、再三再四補給を要請するんだけど、大本営は…
>      ・・・・・
> … トップは誰も責任を問われないのは、昔軍部、今会社で全く変わっていない。

 想定内の結論に嗤う、てなもんですが…

大石先生、連合国は責任(war-guilt)を取りましたかね?

大石先生のなさっていることは、
(クズ弁=阿川尚之の行為と同じで、結果的には…)戦勝国の犯罪(=東京裁判で、戦争責任[war-guilt]を日本に転嫁するために歴史を捏造し、犯罪を捏造し、日本側被告を殺害した)ことへの煙幕(=論点移動)にしかなっていないと思いますよ(w

投稿: ウニ・イクラ | 2013.08.04 19:15

>上陸させりゃ良かったのに。でもって、「ようこそいらっしゃいました! 出入国のスタンプを押しますから、ぜひパスポートを」とか言えば良かった。

尖閣煎餅、尖閣まんじゅう、尖閣ペナントの土産店があったりしてね。
値札には人民元表示で銀聯カードも使用できます。

投稿: | 2013.08.04 19:18

阪神、なんと7対0の大差で巨人に大勝ですね!

投稿: 危ない小父さん | 2013.08.04 19:32

まあ、会社っていうか日本の「組織」の問題だよね。柔道界も内閣府の勧告という外圧がなければなにもしないわけだし。
何故日本の組織は責任を問われないのか。それは日本の組織がムラ社会だから。第一にムラ社会ってのはそれ自体でエコシステムを構成しているので、それだけで自立して生きていけるんだよ。だから、他からの干渉を受け付ける必要が無い。第二にその閉じたエコシステムが自立している、すなわちすべてをそこに委ねているがゆえ、その内部から外れると逆に生きていけなくなることを意味する。これは俗に村八分と言われる。逆に言うと同調圧力がかかりやすい。
唯一、このムラ社会が変革するのは他の社会と対峙、すなわち外圧が働いたときだけ。

ムラ社会を根本的に解体するにはそこだけに依存しないダイバーシティが必要不可欠。

投稿: | 2013.08.04 21:14

米国はなんだかんだ言ってもやっぱり市民社会だからね。
例えば、多くの市民の要望があった「デススターを建設しない理由」を政府が公式に発表するような社会だ。署名とか嘆願とか多くの市民がそれを求めれば米国政府は動く。日本の基地問題でも米国はそう言っている。「多くの市民が本当に望まないのであれば我々は撤退する」、と。これは恐らくリップサービスではないだろう。

投稿: | 2013.08.04 21:30

外圧が働いて、その方向に日本組織が動けば、改革が進んで良い方向に行くかといえば、それは全然違う。アメリカの年次改革要望なんか、外圧の最たるものだが、その通りにして何か良いことがあったかといえば、挙げるのに苦しむ。法科大学院制度なんか、その最たるものである。今や、「崩壊大学院」と揶揄されるようになり、法曹養成は旧司法試験時代より、確実に悪化してしまったと言われているが。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.08.04 21:31

>>「多くの市民が本当に望まないのであれば我々は撤退する」

それ、何て韓国?

投稿: | 2013.08.04 21:35

おっとそういえば、今日は知的女型巨人登場の回だっけ。これって、もしかしてそれを見たエレンゲリオンが恋に落ちてふたりで草原を駆け巡り、木陰で見ていたミカサが嫉妬に狂って叩き切るって話かな。

投稿: | 2013.08.04 21:54


ネトウヨって烏合の衆というより、単なる馬鹿だよね。扁桃体がしゃべってるって感じ。

投稿: | 2013.08.04 22:06

自立したムラ社会っちゅうと、軍隊なんかその最たるものですかね。
なんつっても自己完結性をウリにしてる組織だからなおのこと。
もちろん村八分のシステムと不祥事の隠蔽体質もバッチリさ。


自衛隊はそんなことないよ。

投稿: 川副海苔 | 2013.08.04 22:06

また、自分のことを天才と名乗るのもどうかとおもふの。

投稿: | 2013.08.04 22:16

>>アメリカの年次改革要望なんか、外圧の最たるものだが、その通りにして何か良いことがあったかといえば、挙げるのに苦しむ。

郵政改革で外資に3兆ドルをプレゼント、労働者派遣法でワープア激増、裁判員制度で厳刑連発、刑務所がパンク寸前。
次いで、これから児ポ法改正で日本のアニメ・漫画文化壊滅ですか?
ほんと、ろくなもんじゃない。

投稿: | 2013.08.04 22:17

>郵政改革で外資に3兆ドルをプレゼント

郵貯に入っているのは円。どこからドルが出てくるのやら。

投稿: | 2013.08.04 22:46

>法科大学院制度なんか、その最たるものである。今や、「崩壊大学院」と揶揄されるようになり、法曹養成は旧司法試験時代より、確実に悪化してしまったと言われているが。

小倉弁護士とかの言ってることには反対だね。「弁護士が食えるようにするために合格者数を抑えろ(要約)」とか舐めてるのかと。

投稿: | 2013.08.04 23:04

>誰も責任を取らない
ま、責任を取らない筆頭は当然政府官僚。官僚ではないが、あれだけの事故を起こしてながら勝俣も清水への訴追の動きはないし、当時の内閣のA級戦犯どもの最近の行状は繰り返すべきもない。それを考えると、東京裁判で政府要人を召し捕って処刑したのは画期的だったか。あのままGHQが「処罰は日本に任せる」なんて事になったら結局何の責任も取らずに、どこぞの元首相のように「オレには責任はない」と某牟田口のように死ぬまで言い続けてたかもしれぬ。それは当時の国民感情とが合致しないし、国民には「オマエらのせいでひどい目にあった」という意識もあったから当時支持されたのだろう。ちなみに大日本帝国憲法自体に無責任体制が内包されていて、それを改憲なしにどうにかしようとしたのが、他ならぬ東條だったのは皮肉。

>オスプレイ
単なる輸送機に何でここまでヒステリーになるのかまず不思議。これ堂々米軍基地に核配備が実現したら、連中狂死するんじゃなかろうか。

>日韓戦で旭日旗を振った男性
リアルトロイの木馬。何でもやりかねないでしょ?あの民族は。

>地方公務員の給与削減
地元では民間人の給与を上げるより身分保障されている公務員サマの方にお金が行けば、各種ローン融資が出来るともくろんですのでしょう。

>加藤浩次、元相方・山本の復帰を生放送で嘆願「あいつを許して」
薬は大甘なのに、性犯罪だけは比較上極めて厳しいんだよな、芸能界って。不思議。ちなみに加藤はほとんど唯一好きな芸人。BS日テレの対談番組を見るに、頭の回転の良さが見て取れる。今月は樹木希林や川淵と対談予定。

投稿: 剣 | 2013.08.04 23:11

> 朝日が最初に反応しなかったのも、読売より反語の理解力があったからだろう。

あれは反語的表現ではないですよ。そう解釈するとますます意味不明になる。ナチスは静かに「憲法を変えた」。その手口に学ぼうぜ!は,単純明快,素直な表現ではないですか。ナチスを悪役だと思ったから「手口」という言葉を使ったのでしょう。

リンク先の文章を読んでみましたが,感心しません。「反語的表現」という言葉を使ってみたかっただけの文章ではないでしょうか。

投稿: やせ猫 | 2013.08.04 23:33

>戦争が終わっても、誰も責任を負わない

よくこういう論理を使う人がいるね、丸山真男とかね。ここの大石君も同類だね。
大日本帝国はそれ自体が国家体制であって、独裁体制ではないから、全責任の取りようがないんんだよ、誰も憲法違反はしていないしね。戦争も旧憲法の枠内で起きたことだ。
責任者がいるとしたら天皇だけだが、天皇自身が天皇は国家の機関にすぎないと思っていたしね。米軍は責任をそこの集中すると、日本統治が惨敗するとみて、時の権力者東條に責任を取らせた。

よく考えてみることだね。

投稿: akb | 2013.08.05 00:17

>ナチスは静かに「憲法を変えた」。その手口に学ぼうぜ!は,単純明快,素直な表現ではないですか。

麻生がナチスみたいに共産党なんかを豚箱に入れて静かにさせて憲法改正すべきと言ってると左の人は思っちゃうの?聴衆がそう受け取ったなら爆笑するわけないでしょ。あの発言を反語かブラックジョーク以外に解釈する感覚が分からない。反面教師は善意に解釈しすぎだと思うが、文字通り受け取る人間はもう理解不能。

投稿: | 2013.08.05 00:47

>ナチスは静かに「憲法を変えた」。その手口に学ぼうぜ!は,

言葉尻だけを捕らえた捏造ですね。

銭形警部が「ルパンの手口を学ぼうじゃありませんかあ!」と言ったとき、銭形警部はルパンのように泥棒する宣言をしたと解釈するのは余程のアホだけでしょう。

麻生議員を貶めたいという欲望があるから、あの演説をナチス賛美に解釈してしまうのですね。

投稿: | 2013.08.05 01:18

>戦争が終わっても、誰も責任を負わない

責任を負うのは主権者である国民。
大日本帝国は立派な民主国家なのだから、国民が責任を取るべき。

負けたから責任を取れと迫るなら、事前に敗北したときの責任範囲を明示しておかないと。

投稿: | 2013.08.05 01:22

> 聴衆がそう受け取ったなら爆笑するわけないでしょ。

いきなりのナチス話で,笑うしかなかったんじゃないですか。「ナチスの手口に学べ」と言われて,「うん,うん,なるほど,そのとおりだ」という反応を返すほど,おバカさんばかりじゃなかったんでしょ?

> 銭形警部が「ルパンの手口を学ぼうじゃありませんかあ!」と言ったとき、銭形警部はルパンのように泥棒する宣言をしたと解釈するのは余程のアホだけでしょう。

銭形警部はルパンのように泥棒しようとは言ってませんからね。ルパンとは敵対関係です。
ところが自民党は立憲主義を後退させようとしている。それこそナチスが1933年にしたことです。その点ではお仲間,同類です。この奇妙な暗合を,われらの麻生は自覚していないと思いますけどね。
泥棒と警部,泥棒と泥棒,立場が違えば同じ言葉を発しても意味は違って聞こえます。
だから,きちんと弁明しろと。弁明の正式な記録を残せと。

投稿: やせ猫 | 2013.08.05 01:57

>法科大学院制度なんか、その最たるものである。

アメリカのような訴訟大国で犯罪大国の司法制度を、世界一治安がよく和を持って尊しとなす国に導入しようとしたのがそもそも間違い。

投稿: | 2013.08.05 02:14

>ところが自民党は立憲主義を後退させようとしている。それこそナチスが1933年にしたことです。

立憲主義を守りきった結果がナチス政権とユダヤ人虐殺、共産党による大虐殺ですよ。憲法で決めたことを守らなければ、守らせるべきだと、立憲主義が暴走した結果。
21世紀にもなって立憲主義を唱えている連中は中国や北朝鮮などの全体主義国家を称賛する連中くらいのものでしょう。

投稿: ほる | 2013.08.05 06:51

>銭形警部はルパンのように泥棒しようとは言ってませんからね。

麻生議員の反語表現と銭形警部の反語表現を区別する論拠は?

自分の先入観で誰かの発言を歪め、その人を貶めるのは差別です。
ナチスや中国共産党が人々を弾圧するために行った手口ですね。

投稿: | 2013.08.05 06:54

 ( ̄◆ ̄;)

> あのままGHQが「処罰は日本に任せる」なんて事になったら
> 投稿: 剣 | 2013.08.04 23:11

> よく考えてみることだね。
> 投稿: akb | 2013.08.05 00:17

> 負けたから責任を取れと迫るなら、事前に敗北したときの責任範囲を明示しておかないと。
> 投稿: | 2013.08.05 01:22


大石先生を含め、「敵の立場に立って物を考える」のも結構なんだけど…

逆に、もし、日本が戦争に勝ってたとして(立場を逆にして)戦争裁判をやって、
戦争を準備し実行した罪(A級)、
人道に対する罪(C級)で米・英やシナの指導者を殺害したり、
通常の戦争犯罪(B級、例えば「南京大屠殺」「殺人競争」みたいなの)を捏造して敵国(英・米・支)の軍人、軍関係者を殺害して、
その上に戦後の日本の「正義」を確立したら、それは結構なことなのかなあ?

逆に、戦後のアメリカ人やイギリス人、シナ人は、自国の指導者を戦争犯罪人として殺害された上に、
(それを正義として受け入れた上で…)自国側の「責任」とやらを追及するかなあ?

勿論、(敵側の)ノラさんは、その戦後体制を前提にして(自国で、敵国人である)帝国臣民の権利を擁護してくれると思うけど… w

投稿: ウニ・イクラ | 2013.08.05 07:05

スターリンの粛清や毛沢東の文化大革命の恐ろしいところは
法に基づかない個人崇拝の人治主義の結果、大量の死者が
出たことであって。
立憲主義によるものじゃないでしょ。

投稿: | 2013.08.05 07:22

アメリカを糾弾するアメリカ人といえば
昨日、オリバー・ストーンが広島に来ましたよ。
あの古森義久の天敵のピーター・カズニックと一緒にね。

投稿: | 2013.08.05 07:25

 
> 立憲主義によるものじゃないでしょ。
> 投稿: | 2013.08.05 07:22

執行権を持つ議会(評議会=ロシア語で「ソヴィエト」)の制度、
その議会の委任を受けた委員会=革命委員会という制度、
さらに、そこから委任を受けた委員(=ロシア語で「コミッサール」)という制度…

宝塚だと「ベルサイユの薔薇」になるんだけど、
この「委員」さん、怖いよ、執行権、持ってるからね。
(即決、死刑!とか)

投稿: オスカル | 2013.08.05 08:11

>投稿: やせ猫さま | 2013.08.04 23:33
それはどうなのかな?リンク先の解説は、かなりいい線を言っていると私は思うのだけど……
(そうなると、麻生氏は「反面教師」的にとりあげているのかもしれないという
先日の私の見方は誤りになりますのね。その点は、自分も認識が甘かったと思います。
先日の指摘が不適切でありましたので撤回します。申し訳ありません。)

ネット上にはupされていないのだけど、産経の8月5日朝刊の櫻井よしこ氏の「美しき勁き国へ」によると、
「……蓋を開けてみれば氏〔麻生氏〕と私〔櫻井氏〕及び国基研の間には少なからぬ考え方の開きが
 あると感じた。憲法改正を主張してきた私たちに、氏は『自分は左翼』と語り、セミナー開始前から
 微妙な牽制球を投げた。
 セミナーでも氏は『最近は左翼じゃないかと言われる』と述べ、改正議論の熱狂を戒めた。私はそれを、
 改正を急ぐべしという国基研と自分は同じではないという氏のメッセージだと、受けとめた。」
とあります。(なお、〔括弧〕内は、私による補足です)

この認識が正しければ、自民党や改憲派も一枚岩ではなく、麻生氏は、どちらかといえば、
改憲ですべて状況が好転する人々には、批判的な立場をとっていると捉えられるのではないでしょうか?。
そうであるなら、リンク先の分析(特に第3段落部分)は、非常に的を射ていると私は考えます
(当初、朝日が麻生氏を叩かなかったのも、講演全体は急進的改憲派へのけん制という意図があることを
 見抜いていたのでしょう。ま、海外で火がついたので、後追いで叩かざるをえなくなったけど……)。

それに、リンク先の氏も、麻生氏を全面的に擁護しているわけではない
(許容範囲をこえた不適切なジョークで、「失言」であることは認めている)。

ともかく、件の麻生氏の発言が非難に値するとしても、
麻生氏が民主主義否定を行っているとか、ナチス賛美であるとかという批判は、
ちょっと筋が違う、場合によれば、後々、批判者自身に跳ね返ってくるのではと
思うところです (ま、キチンと弁明すべきというやせ猫さんのご意見は賛成ですが、、
既に、該発言の撤回時の麻生氏の説明で、ある程度、弁明はなされていると私は考えます)。

なお、蛇足ですが、櫻井氏の上記記事中の朝日新聞への批判はまったくの認識不足であり、
氏の朝日への批判が逆に櫻井氏にも当てはまるように、個人的には思われます
(昔の櫻井さんは、もう少し共感できる感じだったんだけどなぁ……)。

あと、最後に、当日の記事とは関係ない長文コメントで、申し訳ありません。

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.08.05 08:30

>もちろん彼は、そうして貰うだけの税金は納めて来ただろうけれど、そのことに対する納税者へのお詫びはあるべきでしょう。
>ジャーナストという立場を考えれば、その自覚と謝罪くらいあるべき。
大石さんは、次長課長の河本が生活保護パクッたときは、何人か分の生活保護費出してんだから、これくらいOKって開き直れ
くらいのことおっしゃってました。私は辛坊治郎の場合は救助されたときにきちんと国=国民に感謝の言葉も述べていたと思います。
いくら芸人とジャーナリストの違いがあるとはいえ、生活保護を食い物にする輩と、法の範囲内で救助要請をして
救助された人の扱いに差が大きすぎると思いませんか?

投稿: 九頭竜 | 2013.08.05 11:01

>責任を負うのは主権者である国民。
わかってないなあ。戦争ってのは責任追及なんてされなくても国民は自動的に責任をとることになるんだよ。財産や家族を失ったりしてね。で、ココでいう追求されるべき責任っていうのは「敗戦の責任」だよ。会社だって、責任を取るってのは不祥事が起きたとか、会社が傾いたときだろ。当然だが、業績絶好調のリーダーが責任を取るなんて話は聞いたことがない。うちらのリーダーのほとんどがその「責任」をとろうとしなかったので、アメちゃんが裁いた。それだけのことだ。

>その上に戦後の日本の「正義」を確立したら、それは結構なことなのかなあ?
戦争の結果は良い、悪いじゃないよ。日本が勝っていたら「そうなっていた」。

投稿: | 2013.08.05 12:01

>旭日旗
やられたらやりかえすって、そういう政治的な事を行う場じゃないって事が根本的にわかってないんじゃないですか?
旭日旗がFIFAに禁止されてないからどうとかそういう事を言ってる奴らもおかしい、
過度に相手を挑発するような応援は少なくともサッカーではアウトなんですよ、
過去にいろんな事件があってそうなってるんだから、その辺は考えないと。

投稿: | 2013.08.05 12:10

>アメリカを糾弾するアメリカ人といえば
これにはほっとするね。米国の市民社会がまだ機能しているということ。
NHKBSでオリバーストーンの米国史を放送していたけど、まったく健全だよ。こういう自国批判が映像化されて普通に放送されるのは。もちろん、米国で批判もあるだろうが、彼は原爆投下を謝罪したいと堂々と言ってるね。社会の反応はどうなんだろうね。日本では宮崎監督が謝罪したいと言ったらフルボッコにされたが。

投稿: | 2013.08.05 12:16

>世田谷ナンバー
2013年08月02日(金) 荒川強啓デイ・キャッチャーズボイス
いわゆるご当地ナンバーとして、世田谷区が申請していた「
世田谷ナンバー」の導入に、­一部区民が反発。宮台さんはどう見る?
http://www.youtube.com/watch?v=CGTIAVgoZ1s

投稿: | 2013.08.05 13:14

>次長課長の河本が生活保護パクッたときは

 彼はタレント、お笑い芸人。
世間にモラルや正義を説く立場じゃない。
そもそも彼個人がパクッたわけでもない。

投稿: 大石 | 2013.08.05 14:02

>やられたらやりかえすって
まあ、半返しくらいにしとけば、沈静化するんだけどねえ。
祝い事だとでも思って「やられたらやり返す、半返しだ」とかね。

投稿: | 2013.08.05 14:51

オリバーストーンは原爆投下には謝罪しても
太平洋戦争の当事者として米国は謝罪すべき、とは言わないと思う。
宮崎監督はどうなのかな?たぶん慰安婦問題も含めて日本は戦争したこと自体を
謝罪すべきというのではないかな。
まあ、当時の関係国が一同に会して、同じ地球に生きる仲間として、
お互いに謝るとかいうのならそれもアリかもしれません。
そんな会合自体、絶対にあり得ないだろうけど。

投稿: 川副海苔 | 2013.08.05 15:14

世の中平和になるステキなキャッチフレーズを思いついたぜ。
「憎しみは半返し、愛情は倍返しだ!」
日テレあたりで今年使ってくれないかなあ。安くしとくから。

投稿: | 2013.08.05 15:14

>日本では宮崎監督が謝罪したいと言ったらフルボッコにされたが。

 言論の自由には、批判の自由も含まれている。
 護憲論や自国悪逆論しか口にできない国は、全体主義国家というしかない。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.08.05 16:11

確かに馬鹿を野放しにする自由があるってのは民主国家の矛盾だよね。

投稿: | 2013.08.05 18:52

大石さん
>彼はタレント、お笑い芸人。
>世間にモラルや正義を説く立場じゃない。
あら、そうですか。普段おっしゃっている吉本や島田紳助の
ヤクザとの癒着についても、モラルや正義に悖るものとしてご批判
されていたと思うのですが。私の勘違いだったようです。
あのとき同じくキングコング梶原も生保サギしてましたけど、
河本同様、西成の仕切り同様、ヤクザの指南あったのではないかと思いますよ。
きれいに吉本がもみ消して、金を返したのが続報もなくなっちゃいましたけどね。

投稿: 九頭竜 | 2013.08.05 18:55

 ああいえばこういうモードですね。

>ヤクザとの癒着についても、モラルや正義に悖るものとしてご批

 私は、組織暴力を巡る問題と、ナマポを巡る問題を同列に論じたことはありません。
 同列に論じて良い問題でもありません。
 私は以前から、組織暴力を巡る問題には厳しい人間です。

投稿: 大石 | 2013.08.05 19:29

では、生保も一部ヤクザの利権に組み込まれていることも
お心置きください。m(_ _)m

投稿: 九頭竜 | 2013.08.05 19:32

 まず、次長課長の彼は、ヤクザじゃないでしょう。
 ナマポが組織暴力と関係があるなんてのは、ただの牽強付会にしか思えませんが。
それを言い始めたら、医療から銀行融資、公共事業だって、何でも組織暴力の利権に組み込まれているという乱暴な話になりかねない。

投稿: 大石 | 2013.08.05 19:41

 (´,_ゝ`)プッ
この人(↓)戦争裁判も、戦争責任(war-guilt)という概念も分かっていない(w
  ----------
> 会社だって、責任を取るってのは不祥事が起きたとか、会社が傾いたときだろ。
> 当然だが、業績絶好調のリーダーが責任を取るなんて話は聞いたことがない。
> うちらのリーダーのほとんどがその「責任」をとろうとしなかったので、アメちゃんが裁いた。
> それだけのことだ。
> 投稿: | 2013.08.05 12:01


アメリカが、日本の「敗戦の責任」(会社の業績不振?の責任)なんぞ、裁く分けがない(w
     ----- ↓ -----
そして、その根拠として、敗戦国ドイツの侵略がこの戦争の原因だ、"戦争責任"はすべてドイツにあるのだ、と主張する。
これがベルサイユ条約のいわゆる「戦争責任条項」(ウォー・ギルト・クローズ)として確定されるのです。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130606/plc13060603100002-n3.htm

投稿: ウニ | 2013.08.05 19:45

 ( ^ω^ )
これ(↓)一種の自然発生説(spontaneous generation)で、間違った考え方。
  ----------
> 日本が勝っていたら「そうなっていた」。
> 投稿: | 2013.08.05 12:01

自然に、そう「なる、ならない」ではなく…
日本が、それを「するか、しないか」の問題で、その国のポリシー or哲学が関係する。

 昭和天皇は「水師営の会見」の再現を試みられると思いますよ。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1234135302

投稿: イクラ | 2013.08.05 19:51

>アメリカが、日本の「敗戦の責任」(会社の業績不振?の責任)なんぞ、裁く分けがない(w
まあ、頭がウニじゃメタファーなんてわからないのは仕方ないなw

投稿: | 2013.08.05 20:01

>ココでいう追求されるべき責任っていうのは「敗戦の責任」だよ。会社だって、責任を取るってのは不祥事が起きたとか、会社が傾いたときだろ。

相変わらず意味不明。

会社でも責任を取るのは事前に明確にされた範囲での責任。
「敗戦」という範囲不明瞭な責任を取れなんていう主張は、その責任者と目された人をリンチしたいアホだけがすること。

米国が東京裁判で追求したのは「開戦の責任」であって、敗戦の責任ではない。

投稿: | 2013.08.05 21:33

>うちらのリーダーのほとんどがその「責任」をとろうとしなかったので、アメちゃんが裁いた。それだけのことだ。

そのアメリカの行為は明確な国際法違反の人権侵害行為。

投稿: | 2013.08.05 21:43

国際法研究者(ノラ)さん

> それはどうなのかな?リンク先の解説は、かなりいい線を言っていると私は思うのだけど……

反語的表現だというのは,原文に文字面とは内容が反対の表現を読み込むわけです。失言した人にはまことに都合がいい。彼をかばいたい人にも都合がいいですから,誘惑的な解釈です。

しかし,それほど強烈な表現技法ですから,新聞記者が来ているような公の席では,表現の「真意」を素直な表現で言い直すのが通例です。「ええ,ええ,それをみんな信じてしまうんですね。(ケッ) → 私は誰も信じないと思いますよ」みたいに。麻生さんはそういうことをしていない。反語とは思っていなかったからでしょう。

そして,反語的表現を使った文脈は,「真意」の部分でつないだ場合にのみ筋の通ったものになる。ところが,麻生さんの話は,文字通りの内容でないとうまくつながらない。

また,極東ブログさんは反語的表現と判断する根拠として大爆笑をあげていますが,反語的表現は,苦い思いや怒りをはき出すときにも多用されますから,聴衆の笑いは根拠にならない。

それやこれやで,私の印象は,論理がずさんな結論ありきの文章に過ぎないという感じでした。

> この認識が正しければ、自民党や改憲派も一枚岩ではなく、麻生氏は、どちらかといえば、改憲ですべて状況が好転する人々には、批判的な立場をとっていると捉えられるのではないでしょうか?

たしかにそうだと思います。ただ,極東ブログさんのは,いささか牽強付会に過ぎないかと。

自民党への支持はアベノミクスに対するものであって,憲法改正に対するものではないと。麻生さんは立場上痛感せざるを得ないでしょう。

それと,自民党の改憲案は,自民党内の少なくない議員にとっても,魅力的とはいえないのではないでしょうか。喫緊の課題ではない,単にGHQ憲法がいやだというだけの懐古的なものですから。
こんなことのために経済政策や財政運営がじゃまされてはたまらんと麻生さんが思うのは当然だと思います。

投稿: やせ猫 | 2013.08.06 01:22

アメリカが日本を戦争に誘い込んだくせに、その責任を問うなんてヤクザといっしょだ。

投稿: ピンちゃん | 2013.08.06 01:58

>※ 慰安婦像 沈黙は後退 ワシントン・古森義久

相手から共感と得ることを考えない、元慰安婦を侮辱するだけの発言なら
黙っておいたほうが良いみたいですよ。

>先日も運転中にラジオ聴いてたら、米国で慰安婦像が設置される件についてやってて、日本から極右集団らが関係自治体に
>ヘイト丸出しメールを波状攻撃的に送りつけ、関係者は考え直すどころか、その内容に強い不快感を抱き「日本側はDenialやって
>る」と思われてる、と全米ラジオで言ってたぞ。
https://twitter.com/TrinityNYC/status/362918964654899201

投稿: | 2013.08.06 03:59

 
危険な戦地で、兵隊さんの慰安のために戦ってくれた娘子(ろうし)軍の女性たち、
彼女たちは、日本が勝っていれば帝国の花として顕彰されたハズなんだけど、
帝国は負け、帝国は解体された。

南鮮、北鮮ともに帝国から分離、独立国となった。
南北、どちらも敵国が造った国だから「反日」が国是だね。

帝国への愛国心は「売国」として迫害される、法的にも親日派として処罰されるという事態になった。

さて、日本軍相手の慰安婦(戦地娼婦)さんは、どうするか?

商売の「自由意思」を認めたら、親日派として迫害・処罰となる。

現在の南鮮(韓国)において、
彼女たちの「名誉と尊厳の回復」とは…
強制であり、本人に親日の意志はなかった(名誉)と主張すること、
職業として日本軍への売春婦ではなかった(尊厳)と主張することだね。

で、それを手伝う反日=日本人にも事欠かなかったと(w

投稿: 韓国ナショナリズムの非人間性 | 2013.08.06 05:09

>投稿: | 2013.08.06 03:59

全米ラジオって朝鮮人の妄想ラジオ局ですか?

亜細亜から孤立する、世界中が泣いた、といった煽り文句を本気で信じると勘違いしている間抜けな工作員が哀れ。

投稿: | 2013.08.06 06:58

>相手から共感と得ることを考えない、元慰安婦を侮辱するだけの発言なら
黙っておいたほうが良いみたいですよ。

文句を言われて、元慰安婦の証言や従軍慰安婦制度を検証されると嘘がばれるからですね。

ガンガン文句を言ってあげましょう。

投稿: | 2013.08.06 06:59

>投稿: やせ猫さま | 2013.08.06 01:22
大石先生自身、これ以上、この話題で議論するのをあまりよく思っていないようですから、
このコメントで終わりしますが、一言だけ述べさせてくださいな
(当方、思ったことは話さないといられない性質で、まこと申し訳ないです。)。

やせ猫さんもお認めのように、改憲を緊急の課題と考えないグループが自民党内にもあり、
麻生氏もどちらかといえば、便宜的であれ、現状、そのようなグループの立場が近い考えを持っている
(まず、麻生氏を急進的改憲派の「お仲間」という議論の前提が適当ではないんだと思います)。
そうすると、件の発言を麻生氏が「ナチの手口」で改憲をすすめようと考えているものとみることは、
この前提に反することになる(麻生氏が論理的思考ができないとみれば、矛盾はないですが……)。
とならば、発言の真意はそのようなものでなかったとみるほうが論理的に自然かと考えます
(その意味で、いささかとはいえ「牽強付会」というご批判は当たらないと、私は考えます)。

今となって振り返ってみると、麻生氏の件の発言は、
むしろ自民党内外の急進的な改憲派に対して、
あんたらは洗練されていないナチみたいなものにみえてるんだぜ……それわかって、やってるの?
ってな感じのかなり強烈な当てこすりだったんだろうなと思います
(ま、これはこれで、別方向からの批判を呼びそうだけどね……)。

私的な会合での少々のリップサーヴィスは大丈夫だろうという甘い見方や
ナチスという取扱い注意の案件を扱うあたっての不用意さについて、
政治家としての資質を問うことはできるとは思います。

しかしながら、件の発言のみをもって、麻生氏をはじめ自民党の諸氏が「ナチの手口」をもって、
改憲をすすめようとしていると批判・非難することは、かなり的を外しているのではと思うのです。

立憲主義の擁護は正当なものでしょう。しかし、その擁護という目的のためとはいえ、
ナチスという絶対悪のイメージを利用して自己の敵対者たたくことは、
短期的にはプラスに働くかもしれないが、中長期的には、絶対よくないと思うんですね。

ま、このあたりは印象論・感情論でしょうし、反リベラルのほうもよくやる手口ではありますが……

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.08.06 09:15

元の話からは大分離れてしまいましたが・・・

大石さん
>まず、次長課長の彼は、ヤクザじゃないでしょう。
大石さんの文章は短いことがあるので、間違えているかも知れませんが、河本にしろ梶原にしろ芸人でしょう。
その点で言うなら島田紳助も同様芸人ですよね。吉本自体も芸能会社でしょう。(吉本が広域指定暴力団に指定されたとは聞きませんので)
で、暴力団と関係するというモラルや正義に憚ることをしているので、吉本や島田紳助を指弾されていると思いましたが?

> ナマポが組織暴力と関係があるなんてのは、ただの牽強付会にしか思えませんが。
2008年の滝川生保医療費詐欺(札幌までのタクシー代2億4000万をだまし取った)事件の元暴力団組員片倉勝彦夫婦他4人は生活保護を受給し、
医療費をタクシー会社と結託してキックバックしていました。
私も住吉会系の暴力団員と話す機会はありましたが、彼らは生活保護費を貰っていることを話していました。エンコ詰めしていれば、
障害者保護もでるそうで。そりゃ、暴力団とくっついている医者だっていますからね。働けないことを証明するカルテ、証明書を作ることもできます。
大阪には、暴力団員が行き倒れをある病院に入院させ、生保を取得、病院側でやってもいない治療費を生保で得て、暴力団と病院で分配する
システムもありますよ。その病院の入院患者はほとんど生保ですって。
暴力団 生活保護でググれば、この手の事件はいくらでもでてきます。それでも牽強付会でしょうか?
いや、こんなことぐらいご存じですよね。

投稿: 九頭竜 | 2013.08.06 09:29

>投稿: | 2013.08.06 06:58
>投稿: | 2013.08.06 06:59
民主主義社会においては、以下に多数の共感・賛成を得ることが、主張の実現につながります。

慰安婦問題についても、20万人強制連行など受け入れがたい主張に対しては、
これを否定すべく何らかの行動が求められるでしょう。
ただし、単に感情的な反発を示すだけでは逆効果ですし、
特に、いわゆる従軍慰安婦個人を中傷・攻撃するような言動は厳に慎むべきでしょう
(そもそも第三者である米国国民には日本に大きく肩入れする利益はないのです。
 悪そうにみえるというだけで、意見すらをまともに聞いてもらえなくなる可能性があります。
そういう中で、相手側につけいられる隙をみせるのは賢くないと私は思います)。

はっきり言うと、自己と意見を一にする狭い範囲でしか通用しない議論は、百害あって一利なしです
(左派の崩壊もそういう面があったのですよ……同じ失敗を右派もして、どうするんですか?)。

したがって、
>投稿: | 2013.08.06 03:59
のような意見は、一慨に否定すべきではない。
日本の名誉回復、少なくとも現状の日本へのダメージの極小化を目指すにあたっては、
耳を傾けるべき貴重な意見であると私は考えます
(それに、この意見も日本は何も主張するなという意味ではなく、
主張するなら洗練された方法をとるべきというものでしょうに……)。

なお、私は、ここで議論するつもりはないので、
この件、ご返信いただいても、お返事はいたしませんので、あしからず。

(また、連投失礼しました)

投稿: 国際法研究者(ノラ) | 2013.08.06 09:39

>投稿: 九頭竜 | 2013.08.06 09:29

 辛坊さんの問題とも、次長課長との問題とも何か関係があるとは思えない。

投稿: 大石 | 2013.08.06 10:37

大石さん
私の述べたことは、ジャーナリストと芸人の違いはあれ、同じようにたんまり税金を払っているにも
かかわらず、かたや生活保護の不正受給をした人は税金払っているんだからかまわないだろうと開きなおってヨシ、
かたや国民に税金の無駄遣いしてごめんなさいとあやまれというのは、あんまりじゃないかと申しただけでございます。
大石さんの中で繋がらないのでしたら、そうなのでしょう。
私の説明も悪いのでしょう。どうも失礼しました。

投稿: 九頭竜 | 2013.08.06 11:42

っ 〉国際法研究者(ノラ) | 2013.08.06 09:39

今始まっているのはお上品な議論ではなく
互いが泥だらけになる闘争ですよ。

その泥に、慰安婦問題を善意からにしろ支援した米国人を巻き込むことが重要。
DDS攻撃で米国人に嫌戦気分をもたらせばしゅうそくしますよ。

投稿: | 2013.08.06 12:55

 
まあ、ともかく『従軍慰安婦(sex-slave)』問題については、
大石先生の態度が典型的なサヨクの態度で、いわば「先制降伏」主義。
(戦う前に諦めてしまっていて、話にならない)

     ----- ↓ -----

ところが、日本の左翼陣には、いま、「欧米では慰安婦というものは、性奴(隷)という意味で決まっているのだから諦めろ」という言い方が定番になっているようです。
こうしたゴマカシに注意ですね。
日本は今まで対外的に殆ど何も説明というものをしてこなかったので、中韓のロビイストのされるがままになっていたという経緯がある。

「いや、それは違うんだよ」という説明をすることが重要です。

 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2013/05/post-eb1a.html#comment-78392395

投稿: 宦官=外務省と同じ | 2013.08.06 14:06

>宦官=外務省と同じ

慰安婦がsex-slaveと言われるのその定義に当てはまっているからだよ。
人身売買されて性的サービスを強要されているのに
何を根拠に性奴隷じゃないと言い張るのかねえ?

黒人奴隷を売っていたのは現地の黒人だったから
黒人奴隷は奴隷ではないことになってしまうような珍説
でも披露するのかね。

投稿: | 2013.08.06 23:07

>慰安婦がsex-slaveと言われるのその定義に当てはまっているからだよ。

ならば、その定義に当てはまり、戦後最大規模の強制連行である韓国軍慰安婦を韓国人たちが批判しないのはなぜ?

慰安婦問題を騒ぐのは、その世界史上の汚点を隠蔽したいからだというのは、慰安婦像のモデルが朝鮮人であることからも明らか。
普遍的な人権問題だと言いながら、朝鮮人自身による犯罪や人権侵害行為を隠蔽しているのが問題なんだよ。

韓国人は他人を糾弾する前に、自分たち自身の悪行を反省し給え。


>黒人奴隷を売っていたのは現地の黒人だったから

ワールドカップでアフリカチームに人種差別的な横断幕をかかげて侮辱していたのは韓国でしたね。

投稿: | 2013.08.07 00:14

 ( ^ω^)おっおっおっ
> 黒人奴隷を売っていたのは現地の黒人だったから黒人奴隷は奴隷ではないことになってしまうような珍説でも披露するのかね。
> 投稿: | 2013.08.06 23:07

君の主張通り、日・米・韓でオープンに議論すればいいと思うよ。
     ----- ↓ -----

韓国政府、および背後で暗躍する中国共産党が、アメリカに向け、盛んに「日本軍の慰安婦は性奴隷」との宣伝を行っている。
これが一定の効果を上げるのは、性奴隷(sex slave)という言葉が、(日本人にとってはなじみ薄いが)アメリカ人にとっては、巨大な破壊とドラマを生んだ南北戦争(the Civil War)の要因と絡んで、特別の感情ないしトラウマを呼び起こすからかも知れない。
 http://island.iza.ne.jp/blog/entry/3104550/

投稿: sex-slave | 2013.08.07 01:12

 これから議論は、ドンドン深化していくと思いますよ。

 1/3【討論!】中国の属国化した韓国と慰安婦問題
 http://www.youtube.com/watch?v=aSv3fguas7k

投稿: | 2013.08.07 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も責任を取らない:

« 首相参拝の深謀遠慮 | トップページ | TPPの国益 »