« 本音外交 | トップページ | 管理義務と自己責任 »

2013.11.17

自衛隊音楽まつり

 今日も異様にニュースが無い日曜です。

※ オランダ指揮官が日本の戦いに賛辞「正直に言うと非常に良かった」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1117&f=national_1117_007.shtml

 これでセルジオ先生も少しは御納得頂けるのでは無かろうか。ただ、後半、日本が盛り返したというより、ヲランダが何か急に力を抜いたような気がしないでも無かったけれど。そこいらへんどうですか、サカヲタさん。

*韓国が日本代表新ユニホームにイチャモン「旭日旗を連想」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/205138/

 では、永遠に試合は無しという方向で。

※ 「慰安婦問題、謝罪するよう米国が日本政府に求めなければ」
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013111687228

>ビクター・チャ米戦略国際問題研究所(CSIS)韓半島担当部長兼ジョージタウン大学教授

 滅茶苦茶だよね。いったいどんな利権があれば、ここまでおべっかを使う必要があるのか理解に苦しむ。それとも韓国専門家というマイナーな分野には、この程度の人材しかいないということか。

※ 米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間
http://www.asahi.com/articles/TKY201311160396.html?ref=com_top6_2nd

 アメリカのずっこい所は、トラックの関税とか、自分のことは棚に上げて相手の不正義を連呼すること。もちろんそれがパブリシティであり、交渉術の一つなんだけど、日本も殺られたらやり返せば良いんですよ。
 アメリカに対して「関税撤廃」を求めれば良い。ポチ外交にそんな選択肢は無いだろうけれど。

※ 激怒の横峯さくら“罰金100万円”の是非
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131115-00000009-gdo-golf

 自分が勝ち続けることを想定せずに、その日程を了解した彼女にもちょっとミステイクがあっただろうけれど、家族の結婚式なんてのは、特別に特別な出来事なんだから、認められて当然でしょう。その融通の利かなさはどうかと思う。

※ 比台風:高潮の恐怖 漂流3時間、父娘生還
http://mainichi.jp/select/news/20131117k0000m030091000c.html

*【速報】フィリピンタイフーンの援助物資配送がもはやカオスレベルと話題に・・・怖すぎだろ・・・
http://nitosokusinn.blog.fc2.com/blog-entry-7603.html

 フィリピン国民の7人に1人が被災したということで、自衛隊はもっと大きな部隊を出せないか、検討する必要があるでしょう。
 で、何も現場部隊を最前線に送り込むことが絶対必要ということではなく、フィリピン国軍自体は、そこそこの規模もあって、統制の取れた陸兵がいる。所がロジが破壊されて、移動手段や展開手段、それを維持する食糧や燃料などのロジが引っ掛かっている。
 その辺りで、移動手段や施設、糧食部隊を派遣して、国軍の展開をバックアップする方向での支援という形もあるでしょう。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 伊勢エビにわかに高騰 偽装問題で「本物」志向
http://www.asahi.com/articles/NGY201311160006.html?ref=com_top6_1st

※ 脂注入肉「テクノロジーで美味実現したエコな食べ物」と識者
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/postseven-20131117-227273/1.htm
※ 犯罪白書、女性受刑者が20年で倍増 65歳以上の高齢者も増加
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/15/crime-report-_n_4279570.html?utm_hp_ref=japan

※ 前日の空虚重量76.8キロ

 土曜午後。天気がいいので、久しぶりに霊園往復で歩こうかと思ったけれど、週末はきっとニコタマで何かのイベントがあるだろうと思い、ニコタマ往復。したら何と、駅前の広場(二子玉川ライズ・ガレリアが正式名称なんですって、奥様!)で、クリスマスツリーが建って、オペラの独唱が始まっている。オペラですよ! オペラ!
 ノクチのキラリデッキじゃ、ヤンキーがれいの格好でいつもよさこいみたいな踊りの練習しているけど。

 しかもここ、公衆無線LANが使える。docomoWi-Fiもwi2も旗が立つんだもん。さすがお金持ち。周囲を見渡したら、マクラーレンのベビーカーとか並んでてワロタw。
 で、その二子玉川出身藝大出のテノール歌手・小栗慎介さんの独唱を最後まで聴く。何でもツリーの点灯式は5時だと言うので、電車に乗って一旦帰宅し、カメラを持ってまたニコタマへと急ぐ。半分走ったら、自宅から20分でニコタマ駅前に着いた。
 所が、肝心の点灯式がなかなか始まらない。15分過ぎた所でまずゴスペル隊による音楽。それが15分続き、「写真撮るな!」と連呼する点灯式が、とあるタレントさんを呼んで始まる。タレント撮るな、というのは解る。肖像権は尊重すべき。けれど、点灯式なんだから、撮っちゃ駄目よ、というタレントさんを呼ぶのはどうかと思う。
 終わったのは、35分とか40分。

_20131116_32_

_20131116_33_

_20131116_31_

1、哀愁漂う二子橋。左手は田園都市線登りホーム。対岸がノクチ方向。
2、点灯前のライズ広場。3、点灯後、上階より見下ろす。

 やむなく電車に飛び乗って帰宅。dtabを持って風呂場。「自衛隊音楽まつり」。風呂の中で君が代を聴く。上がってから、PCに切り替え、家族で視聴しつつ晩飯。
 次男が不思議そうに「パパぁ、この人たちは、一生楽器を演奏するだけで給料を貰えるの?」
「そうだぞ。おまけに退職金と年金まで付いて来る。コンサートのチケットを身銭切って裁く気苦労もない。日本の音楽家にとっては裏山鹿な職業なんだぞぅ」
 しかし良い時代になったよね(^_^;)。東富士の総火演をユーストで見た時には、ああ便利になったな、という程度にしか思わなかったけれど、やっぱりコンサートの生演奏を、ネットで同時体験できるというのは、また別の感動がある。
 にしても、中央音楽隊はやっぱり別格よね。あと歌姫も別格。まるでゲストで呼んだオペラ歌手並。内容としては、一般向けに、現代歌謡がもう少しあって良かったかな、という印象は持ちました。「ひこうき雲」やラストの「花は咲く」も良かったけれど。
 コンサートを支えた支援隊の皆様もご苦労様でした。
 ちなみに、ノクチの地元音大も、昨日今日と、出店を出しての音楽イベントを開催中です。
* 後ほど、ブログにクリスマス・ツリーの写真を貼りつけ予定。

※ 有料版おまけ 文明は、何度の高温まで耐えられるのか

|

« 本音外交 | トップページ | 管理義務と自己責任 »

コメント

結局大石さんはそんな音楽づいてる高津区を離れられないんですね。
私なんか昔のこじんまりした高津区が好きだったが。
レンタルビデオ屋もアコム系列くらいと個人商店くらいしか
無かったバブル前の溝口。

投稿: | 2013.11.17 10:58

>文明は、何度の高温まで耐えられるのか
文明、という言葉と文化、という言葉は少し違いますが、インドのニュデリー辺りでは気温が50℃で足切りだそうで。
なんでも、外気温が50℃超えると職場が休みになるので、公式発表では50℃超えは出ない(実際はある)とか。

>ニュース枯れ
こんなのは・・・?
・警戒強化の中国・新疆 刀・斧で武装の9人が派出所襲撃
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131117/chn13111701010003-n1.htm

「同県では4月にも住民グループと警官が衝突し21人が死亡する事件が起きた。」ってことなので、最早、定常運転
なのかも。逆に言えば、ウイグル・チベットは共産党の手に負えなくなりつつある、ってことかも。
先日のセミナーでも、「カントリー・プロダクション・リスク」ってのが当り前に語られてました。

投稿: | 2013.11.17 10:58

>レンタルビデオ屋もアコム系列

 そのアコムがまんま、いまのTSUTAYAの溝の口2号店になったわけですが、アコム時代は24時間営業で、カップコーヒーの自販機に椅子とテーブルがあったりして、夜中の2時頃行ってマターリとしていたものです。

投稿: 大石 | 2013.11.17 11:02

> 韓国が日本代表新ユニホームにイチャモン「旭日旗を連想」

素直にマッチメイクすりゃいくね?
韓国でやるときは、韓国が政治を持ち込んだということで、FIFAが韓国協会を処罰。
日本や中立国でやるときは、韓国の不戦敗。

投稿: | 2013.11.17 12:16

>脚の一本、尻尾の一部だけでも簡単に見分けが付くけれど。それが
出来るの私だけ?(^_^;)。

たしか先生の著書の中で、伊勢えびとロブスターの見分け方がもっと単純にハサミの有る無しで紹介されてたと思いますよ。
たしかタイトルはこれだったと思います。『反乱!ロシア原潜艦隊 - 199X年日米露日本海大海戦』。

記事全文は見ておりませんが、この場合ロブスターのハサミを切り落としていたんですかね?

投稿: | 2013.11.17 12:22

>※ 「慰安婦問題、謝罪するよう米国が日本政府に求めなければ」

アメリカの大学で東洋史って結構際物みたいですね。物凄い専門家も入れば、トンデモも居て。
特に日本に関してはアイビーリーグでもバイアスかかった史観が主流のようで。それがそのまま
エスタブリシュメントやジャーナリストに撒き散らされ拡大再生産されてしまう。

>自分が勝ち続けることを想定せずに

最近の勝利で権利確定したと言う話なので、それより前に横峯側から欠席しますとは言えない。
むしろ、この顛末が知れ渡ったことで協会の対応はスポーンサーの立場を悪くしただけですね。

投稿: himorogi | 2013.11.17 13:06

>横峯さくら

出場資格を得たことが、そのまま出場義務だったとは驚きです。プロゴルファーという賞金稼ぎは大会に出場しないと稼げないので欠場事態が罰金と同じ効果があるのだが、横峰さくらが怒っているのは親族の結婚式にでることが、欠場の正当な理由になるか否か何の協議も検討もされずその場で罰金100万円を言い渡されたことですね。
まあ、協会役員にすれば、こいつはCM等でも稼いでいるから本業を舐めていると思われたか。

>サッカー セルジオ越後

セルジオ越後「ザックは言ってはいけないことを口にしている。『結果より内容』というのは、あなたが言うべきことじゃない」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384505167/

セルジオ越後氏「オランダが練習試合的に流した感が否めない」「引き分けて満足している日本は残念だ。反省しろ」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384614511/

セルジオ越後は絶対にぶれない。(w

投稿: | 2013.11.17 13:54

>ただ、後半、日本が盛り返したというより、ヲランダが何か急に力を抜いたような気がしないでも無かったけれど。
そこいらへんどうですか、サカヲタさん。

呼ばれましたでしょうか?

オランダは、前半に中盤を支配しまくって本田を抑えきっていた6番のデ・ヨングを、後半頭から下げました。
これが非常に大きかったですね。一方で日本は後半から遠藤を投入しました。
その結果、本田がフリーで動けるところに、遠藤から自在のパスが通ることで、
あれほど後半は一方的な展開になりました。
オランダはもともと、今回は若手を起用していたこともあり、
中盤の要のデ・ヨングが抜けただけで、まるで違うチームになってしまったように思います。
だから、セル爺のいう「オランダが練習試合的に流した感が否めない」は、半分は正解だと思います。
それに後半の柿谷や香川の決定的なチャンスは決めなけりゃダメですね。

ただ、前半でもある程度いい形が作れていたこと、前半終了間際に大迫が1点返したことや、
後半からは、あのロッペンに仕事させなかったことなど、ちゃんと評価すべき点も多かったゲームじゃないでしょうか?

少なくとも先日の東欧での連敗時に比べれば、かなりチームの状態は上向いてきたと思います。

投稿: PAN | 2013.11.17 14:26

軽自動車が不当な規制だというなら、
「新幹線はトラックに衝突しても大丈夫じゃないと駄目」も規制だと言えばいいんですよね。

投稿: ばびる | 2013.11.17 14:26

>仮に海が干上がったとしても、その水は何処に行くんでしょうね。
水蒸気として大気中に舞い、二酸化炭素なんか屁でもないほどの温室効果ガスとして滞留するでしょう。
只、火山活動が活発ではなく、人類の今の文明も殆ど終焉してると仮定する限りに於いて、果たして大半が水蒸気で居られるままになるような熱量放出が継続して行われるかどうかは、著しく疑問ですが。

温暖化は二酸化炭素が増加したから起こったのではなく、人類の文明活動・とりわけ原子力発電のような膨大な排熱を海に捨てることによって起こっており、二酸化炭素の増加はその副産物なのではないか?とする槌田説の概要
http://www.env01.net/ss02/ss023/ss0231.htm
この槌田論文は、原発推進側や原発マネーで飼いならされてる内外の気象学会の逆鱗に触れたのか、学会発表も学会誌への掲載も(査読の結果という名目で)封印されたままです。

その他にも、温暖化の真因は太陽活動にあって、原発推進派が強調する二酸化炭素の影響は微細だという解析も出始めてる。
この話にせよ槌田論文にせよ、温暖化が原発マネーを中心とした投資先として利権化してる状況ではなかなか表舞台にでてこない話ではありますが。
今や温暖化問題自体が原発利権と石油利権の代理戦争の場になってしまってますからね。

>今度は、じゃあ食糧とする家畜や穀物は、何度くらいまでなら耐えられるんだろうかということも心配しなければならない。
人類や家畜が生き残ってるのなら、そこにはそれなりの穀物やその代りになる何かがあるでしょう。
高温に特化した民族でないと50度を超えたところでは生きられない。植物はなんとか
その時に人類が文明と呼べるものを維持出来てるとしたら、それは高地であるかも知れないけど、地下であったり高緯度の地域であったりするでしょうね。
温暖化と言っても、金星のように全ての大地が均等に灼熱地獄にはならないし、気流や日照によって温度に大きな差異がでるでしょうから。

キヌアのような特異な穀物は有望かも知れません。
http://ourworld.unu.edu/jp/quinoa-brings-riches-to-the-andes/
未だ文明が遺伝子組み換えを行えるだけのインフラが残ってる間に、キヌアを改良して更に高温でも、さらに高温で水が少なくても栄養価豊かに栽培できるように改良してるかも。

後は、火星への本気モードでの移住とか(^_^;

投稿: 業界インサイダー | 2013.11.17 15:32

>慰安婦問題

市長がマトモなこと言ったと思ったら、市民や議会が・・・

・米慰安婦像 韓国側の意向浸透、強まる市長批判
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131117/waf13111710500005-n1.htm

市長って、市民の投票で決まるんじゃないかしらん。アメリカって州によって変則だから?

投稿: | 2013.11.17 16:01

>ビクターチャ

そりゃそうですよ。この人は名前から想像できるようにアジア系、もっとはっきり言えば韓国系米国人です。かつてのブッシュ政権時代のヒルの片腕として知られ、ブッシュ政権末期の突然の対北朝鮮軟化はこの男の主導だと言われてます。しょせん北も南も同じ基地外民族にすぎないんですよ。

投稿: | 2013.11.17 16:30

温暖化について、気になった記事:

終息に向かう「地球温暖化」騒動
IPCCの「報告書」はこれで打ち止め?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38980

この記事の3ページ目の以下の記述は本当でしょうか??

1998年以降(ほぼ京都会議以降)の16~17年間は、権威ある数機関が発表する地上気温も、1979年以来の衛星観測気温も、横ばいのまま推移している。なお、衛星観測した日本の大気温は、過去35年間まったく上がっていない。さらに、2001年以降の12~13年間は、どの気温データもくっきりと低下傾向を示す(2030年ごろまでは寒冷化が続くと予想する論文もある)。

 同じ期間に世界のCO2排出量は、中国などの工業化で激増してきた。だから、IPCCが今回の新見解だとする「世界平均地上気温の上昇幅は、CO2の積算排出量にほぼ比例する」は、どこからどう見てもおかしい。

 16~17年間に及ぶ「温暖化停止」という事実の意味は重い。なぜなら、少なくとも同期間、仮に世界各地で「異常気象」や干ばつ、早い梅雨入り、「最も遅い真夏日」があったとしても、その原因が「地球温暖化」だとは言えないからだ。その肝心なことをIPCCは、報告書のどこにも明記していない。

 ちなみに過去17年間、室戸台風(1934年:上陸時911ヘクトパスカル)や枕崎台風(1945年:同916ヘクトパスカル)、伊勢湾台風(1959年:同929ヘクトパスカル)に肩を並べる強さの台風は日本に上陸しなかった。

投稿: | 2013.11.17 16:37

>韓国が日本代表新ユニホームにイチャモン「旭日旗を連想」

どう目凝らしてみても、あのデザインで旭日旗を連想する人はいないだろ。イチャモンを通り過ぎてキチガイでしかない。

>横峯さくら

伊藤園は見事に優勝。凄いな、解説が「周りからとやかく言われている中で目の前の勝利しか考えない集中力」というような褒め方をしていた。アナ、ちょっと困る。
これで、賞金ランキングでトップにたった。
やはり、横峰が優勝戦線の残れば視聴率は稼げるんだろうな。

投稿: | 2013.11.17 17:29

>横峯さくら

大会運営のスケジュールは二年以上前から進められている事はプロなら理解してるはず。 芝の張替えやレイアウトの変更等、たくさんの運営関係者が関わってる。
ランキング上位者は出場を義務付けられてるのも知っていたはずだし、この大会を軽視してるとしか思えない。
これがランキングの懸かったレギュラーツアーなら欠場なんかしないはず。
その年のトッププロが出場するからスポンサーは億単位のお金を出してくれる。お姉さんの結婚式に出席したいのは充分理解できる。罰金はファンや大会運営関係者に対する物やと思って素直に払うのが良いだろ。そこで怒るから反対意見も出てくる。 自分は人気があるトッププロなんだという事をもっと認識して欲しい。
普通に仕事をしていても大事な人の結婚式に出席できない事も有るんやから。

投稿: | 2013.11.17 18:13

>>横峯さくら

ゴルフも横峯さくらにも興味はないのですが、
彼女が怒っているのは支払う金の名目が「罰金」だからではないでしょうか。
悪いことをしたときに払うから罰金なんですよね。家族の結婚式に出席することが悪いことなのかと。
これが家族の葬式だったらどうだったんでしょう。たぶん罰金払えとはならなかったはず。
結婚式に出席するのが悪いことで、葬式に出席するのは良いこと?
そのあたりの線引きも規約上はっきりして無いのでしょう。
これが違約金とか何とか、もう少しソフトな名目だったらここまで揉めなかったと思います。

投稿: 川副海苔 | 2013.11.17 18:23

>イチャモンを通り過ぎてキチガイでしかない。

 何を分かり切ったことをwww
 韓国をこうしてしまった最大の責任者は、韓国人自身だけど、責任の一端は日本の、それもマスゴミにある。韓国が反日的態度を示す度にこれに無条件に賛同し、日本人が我慢しかねるようになレベルに達すると、「拉致問題の解決では、韓国との連携が必要だ」とか関係ないことを牽強付会にほざき、あるいは今回の旭日旗問題のように、スルーに走る。
「権力者と幼児は、甘やかすとろくなことにならない」(byヤン・ウェンリー@銀河英雄伝説)
 日本人が堂々と旭日旗を掲げ、閣僚が靖国に参拝することは、韓国を甘やかさないということで、実は韓国のためになることである。あ、いかん、韓国のためになることをするべきではないのであった。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.11.17 19:45

>たくさんの運営関係者が関わってる。

プロの運営関係者なら、罰金など科さずに結婚式のご祝儀を出しただろうね。

小さなルールを守らせようとした小役人根性の結果、大きな批判をまねき、億単位の資金を提供してくれているスポンサーの名声を貶めた。


>自分は人気があるトッププロなんだという事をもっと認識して欲しい。

人気のあるトッププロに対して不条理な行為を行えば、そのスポーツ全体が忌避されるようになるね。
柔道のように。

投稿: | 2013.11.17 19:50

>セルジオ先生
一度、日本代表の監督をお引き受けになったらいかがでしょうかね。

>音楽まつり
三宅3等海曹がピアノ伴奏で歌った「海のおかあさん」がなかなか良かったですね。ただ、ピアノ伴奏の時くらい、マイクなしで声楽家の実力を見せて欲しかったところです。

投稿: ブリンデン | 2013.11.17 20:00

「日本は「軍国主義に回帰」 反省なしと韓国首相」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131117/kor13111718240001-n1.htm

もう、上から下まで、エルウィン・ヨーゼフ二世状態だな。>韓国

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.11.17 20:19

>>油注入肉
誰だかツイッターで、
レバ刺しは表面の削ぎ落としをケチったから起こったもので、ざっくりやりゃ大丈夫なんだけど、
注入しちゃったらウェルダンでないとダメだろう、
という人がいたんですけど、あまり広まらないようで…。
脂には菌が付かないのかな?

投稿: 猫大好き | 2013.11.17 20:22

伊藤園レディスゴルフトーナメントの優勝賞金は1620万円だそうで、罰金100万円が霞んでしまった。こんな罰金がアメリカのゴルフツアーであるのかね。

>レバ刺しは表面の削ぎ落としをケチったから起こったもので、ざっくりやりゃ大丈夫なんだけど、注入しちゃったらウェルダンでないとダメだろう

それ、ユッケじゃないの。レバ刺しガンビロの件は別問題だったような気がする。
で、成形肉でO-157を集団感染させたのが某激安ステーキチェーンであれは客が自分で焼くスタイルだったかと。

投稿: | 2013.11.17 20:45

「フィリピン台風被害、自衛隊がセブ島北部で活動開始」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2056429.html

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.11.17 20:51

佐川急便もクール便に不備=苦情34件、全国で調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000023-jij-bus_all

対商業ならまだしも、対一般客のBtoC、CtoCのサービスでヤマトが出来ていない事を同業他社が守れていると考えるのは相当甘い見方だと言わざるを得ません。
正直この件はヤマトを叩いた時点でパンドラの箱を開いたようなものであり、余所に責めが及ぶのは自明の理でした。
ましてや佐川…このニュースを驚きと共に受け入れる人がいたとしたら、その人はかなりナイーブだと思います

投稿: | 2013.11.17 21:29

エイチマン氏って土門見人氏だったか。なんでHN変えたのかな?

投稿: | 2013.11.17 21:35

> 市長って、市民の投票で決まるんじゃないかしらん。アメリカって州によって変則だから?

ここはたしか5人くらいの議員が持ち回りしているような状況だったそうです。
こぢんまりしたところだから日本同様、談合議会になっている(^^;;

投稿: | 2013.11.17 22:28

自衛隊のフィリピン派遣ですが、始まった早々こんなこというのも何ですが、
部隊の展開だけでなく撤収のタイミングも考えておかなければなりません。

国内外を問わず大規模災害の初動では軍隊(日本は自衛隊)が派遣されます。
ライフラインが寸断された状況のなか千人万人単位で人員装備を統制して動かせる
自己完結組織は軍隊しかないからです。

そのかわり支援が一段落して民間インフラが動き始めたら軍隊は用済みです。
速やかに支援業務を民間に引き渡して撤収しなけらばならない。しかしこのタイミングが難しい。
早すぎても顰蹙を買うし、遅すぎるとズルズルべったりで撤収出来なくなる。

撤収の失敗例が雲仙普賢岳で、自衛隊の仕事はとっくに無くなっていたのに
火口監視とかの名目で駐留し続ける羽目になった。
この教訓を生かしたのが阪神大震災。あれだけ大規模な派遣であったにも関わらず
3ヶ月で綺麗に撤収を完了出来た。東日本もうまくいった部類だと思います。

今回の派遣はどうなんでしょう。各幕は現地からの情報を集めて逐一分析しているでしょうけど、
これは部隊の展開だけでなく、撤収時期を図るためでもあります。
自衛隊だけではない。米軍を始め各国の軍上層部はいかにしてフィリピン政府に捕まらずに綺麗に撤収するか、
いかにして逃げ遅れないように身辺整理をするかで腹の探り合いもしているはず。

今のところ自衛隊は艦船と航空機を主体に派遣していますが、現地情勢が一段落して治安が回復してきたら
フィリピン側は恐らく陸自の輸送部隊や施設部隊を出してくれと要請してくるでしょう。
でもそいつは絶対に受けてはならない。受けたら最後便利屋扱いで10年経っても居続ける羽目になる。

災害派遣で展開と撤収は車の両輪。綺麗に展開して綺麗に撤収するのが肝要です。

投稿: 川副海苔 | 2013.11.17 22:57

>カントリー・プロダクション・リスク

 昔は、「中国経済、好!」だった大前研一が、最近は「中国からの撤退」を口にするようになった。
 以前から「中国は危険」と主張していたのがネトウヨネ申だが、この点についてはどう考えるべきか。
 ネトウヨネ申に先見の明があったというべきか。それとも、「稼げるうちに稼いで、危なくなったら素早く撤退」という大前研一の主張がビジネス戦略としては正しいというべきか。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2013.11.17 23:03

>>温暖化

身近でここ2,3年顕著になったのは。夏冬が長く春秋が短くなった。春一番がとんでもない暴風。高山植物の目に見えた減少。竜巻の発生、台風の巨大化は今年からだが、今後も続くでしょうな。

>>後は、火星への本気モードでの移住とか(

 ナショジオを見る限り絶対無理。砂鉄を20000m上空まで巻き上げる竜巻が頻繁に起こる星に人類が住めるわけがないでしょ。
 結局地球以外の星に人類は住めないんですよ。紫外線を逃れて地下に住むか、残され島でホソボソと生きるかのどちらかでしょう。

投稿: | 2013.11.18 01:45

おはようございます。

昨日やっと新刊読み終えました。
(なんせ置いてる本屋が遠くて・・くまざわか紀伊国屋辺りでないと置いて無いもので・・せめてTUTAYA辺りでちゃんと扱って貰いたいけど最近は縮小傾向で・・)

ネタ晴れ禁止なので詳しい感想が・・エンディングは、ペリリューの終わりから辺りから大体予想は着いてました。
あれの乗り組み員が、全員助かったのは次回作への布石でしょうか?

次回作にも期待です。

投稿: simo | 2013.11.18 05:22

自衛隊音楽祭に興味を持った人は、
アメリカマーチングのD.C.I.とか、
軍楽隊音楽祭 TATTO
に興味を持って貰えたら、嬉しいです。

投稿: 猫大好き | 2013.11.18 10:05

>ネトウヨネ申に先見の明があったというべきか。それとも、「稼げるうちに稼いで、危なくなったら素早く撤退」という大前研一の主張がビジネス戦略としては正しいというべきか。

これは両方が正しい例だと思います。
ネトウヨネ申に先見の明があったのは間違いありません。大前研一のビジネス戦略の正しさも否定できません。
ネトウヨネ申の意見を信じていても、好調な内は中国でのビジネスを継続する価値はあります。陰りが見えたらネトウヨネ申の主張を見直して、大前氏の勧める通り脱兎の如く逃げ出すのです。
大概の日本企業にとって、敵は同じ日本企業が大半です。他所よりも早く中国ビジネスで旨みを得て、他所よりも早く中国から撤退してリスクを減らしたいのです。もちろん敵である企業が踏みとどまって苦しい思いをすれば、より望ましい結果となります。

ウチは中小企業ですが、業界内のライバルは国内電機大手の100%子会社が大半です。某韓国企業に席巻されてライバルの親会社の決算が大赤字だった日には大喜びでしたから。直接ライバルの子会社にも営業がありますからね。
ライバル企業の親会社達には中国ビジネスに最後まで踏みとどまって、致命的な痛手を負って貰いたいという、ネトウヨの端くれにあるまじき願いを持っています。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2013.11.18 10:49

>直接ライバルの子会社にも営業がありますからね。
直接ライバルの子会社にも影響がありますからね。

に訂正いたします。

そりゃ大概の企業に営業はあるよ・・・

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2013.11.18 10:51

>>ネトウヨネ申に先見の明があった

在日のナマポ詐欺も通名の犯罪利用も「そんな馬鹿な!」と一笑に付してましたが、実際にあったじゃないですか。
ほかにも、韓国の経済苦境やF-1の大失敗、南大門修復の手抜き工事もネトウヨネ申は予見していましたよ。
唯一予見できなかったのが、アキヒロの「天皇侮辱発言」。
あそこまでバカだとは、さすがに思わなかった。

投稿: | 2013.11.18 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊音楽まつり:

« 本音外交 | トップページ | 管理義務と自己責任 »