« 意外な犯人 | トップページ | ジャーナリズム論なるもの »

2014.09.14

日本の長すぎた平和

※ 朝日、夕刊1面コラムも謝罪「過剰な表現撤回」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140913-OYT1T50157.html?from=ytop_top

 もう許してやれよw。素粒子なんて、その朝日らしからぬ過激さがうりなんだから、そんなみっともないことまでさせんでも。

※ 朝日、誤報の“エリート集団”解体か 調査報道の花形「特報部」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140913/dms1409131528009-n1.htm

>国が福島第1原発付近で進める除染作業の手抜きをスクープし、新聞協会賞を受賞した。

 これで新聞協会賞なんて、いったいどんなお手盛りだよ、としか思えない。そんなもの、ちょっと考えれば、手抜きが横行しているのは解り切っている。それをみんな大人の事情として知らん顔しているのに、それを暴いた程度で新聞協会賞とか、信じられない。
 他にもっと報ずべきこと、賞を与えるべきことがあったのじゃないのか? それもないほど、新聞界は劣化しているのか。
 こんなお手盛りなことをやっていたから、現場が暴走したんだよ。

※ 米紙も朝日会見伝える NYタイムズ、それでも慰安婦問題「日本が数万人の女性に強いた」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140912/amr14091211340008-n1.htm

 NYTなんて、この件で、朝日とキャッチボールしながら日本をdisった海外メディアの最右翼なのに、なんで東京発の記事がないんでしょうね。もう特派員はいないのかしらん。こちらにも落とし前を付けて欲しいですが。

※ 朝日新聞謝罪 中国の環球時報「右翼メディアが“深い反省”要求した」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000510-san-cn

>朝日新聞のベテラン社員1人が環球時報の記者に、「証言の有無にかかわらず慰安婦問題が存在するのは事実。慰安婦問題をなかったことにしようとする動きが日本の政治的主流になっている。

 これはやっかいな問題で、国内的には、慰安婦問題なるものはもう無かったことになるでしょう。ただ世界的には、それを書いて日本を批判し続けたNYTとか、面白いはずもないだろうから、今後は、「日本は慰安婦問題の否定を始めた、歴史を修正しようとしている」という形で新たな批判を始めるでしょう。そのバックでは、韓国や中国が糸を引くことになる。フェイドアウトすべき問題が、ひょっとしたら、逆方向に回ろうとする時に、外務省がきちんと仕事してくれるとは思えない。

※ 米海軍大学教授による日本版A2ADのすすめ
http://blogos.com/article/94439/

 お話としては面白いけれど、アメリカがどんどん撤退していくという事実、そしてその空白を埋めるように中国が出て来ているという現実を、われわれは直視できるか? と言えば、無理でしょう。
 あまりにも平和が長続きし過ぎた。あまりにも米帝依存の平和と繁栄が長続きし過ぎた。今更、独自の戦略を持って、米帝頼みから脱する防衛戦略を持てなんて無理ぽ。
 起こっている事実はあまりにも冷酷だけど、日本人は、その現実にもう付いてはいけない。ひたすら、中共が冷静であり続けることを祈るしかない。

※ 東京―沖縄フェリー航路休止 鹿児島・マルエーフェリー
http://www.asahi.com/articles/ASG9D5RZQG9DTLTB00T.html

 これは無茶苦茶頑張った口です。リーマン・ショック辺りで止まっていて全然不思議はない航路だもん。LCCもますます流行ることだし、海路をこの速度や日数で旅する贅沢は、もう味わえなくなることでしょう。

※ 日系米国人コメディアン、カンタス航空の客室乗務員に「人種差別された」と訴え―英紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140913-00000029-rcdc-cn

 本当かなぁ。俄には信じられない話だけど。

※ 「神よ、ご加護を」拒否の無神論者の軍曹、米空軍を提訴の構え
http://www.afpbb.com/articles/-/3025523

 米軍さんて、こういうちぐはぐな所があるんですね。それやったら他宗教から突っ込まれるでしょう、という習慣が残っていたりする一方で、表向きは宗教による差別はしない、と明言しているし。
 ただ、ここで注意が必要なのは、米社会って、無宗教をもの凄く軽蔑するでしょう。そんな不信心な人間は、この世にはいないと彼らは思っている。だからこんな話も、「いや、あんたが信じる神様のご加護って意味で良いから」な話だったりする可能性もゼロではない。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ ASKAの素顔…施設で共に更生プログラム受けた作家激白 「放射能」でこだわりも
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140913/enn1409131530019-n1.htm
※ 発売直前の「iPhone6」と「iPhone6 Plus」のテレビCMが絶望的にダサい! 購入を真剣にためらうレベル
http://rocketnews24.com/2014/09/12/486770/

※ 米海軍戦闘機2機、西太平洋で墜落
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=5811981

※ 物理学「量子もつれ効果」でシュレーディンガーの猫の撮影に成功(オーストリア研究)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52172828.html
※ 彼女との結婚、広がり始めた不安・・
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0904/678169.htm?g=04&from=yrank_komachi

※ 前日の空虚重量77.9キロ

 本日、都合により前夜3時セットのタイマー更新

 昨日午後、ノクチから田園都市線の下りに乗っていたら、梶が谷から鷺沼の間って、全然携帯が繋がらないのね。FOMAプラスはオッケーなのかも知れないけれど、谷底を走るせいか、freetel は全く通じなかった。地下鉄が当たり前に繋がるようになって、そういう感覚をしばらく忘れていたけれど、ロンドンの地下鉄も全く携帯は通じません。下手するとホームすら電波は届かなかったりしますから。日本は便利になったものです。

※ 有料版おまけ 変わりゆく渋谷

|

« 意外な犯人 | トップページ | ジャーナリズム論なるもの »

コメント

投稿: | 2014.09.14 10:25

「神よご加護を」って、敵さんの兵隊も同じこと言ってるでしょうね。たぶんみんな言ってる。
戦争は100%人為的な行いだけど、人間はやっぱり最後の最後では神さんにケツ持ちしてもらわないと怖いんでしょうか。

投稿: 諸般の事情により名無し | 2014.09.14 10:27

>アカヒ

こんなのもでてきました

・朝日新聞がおわび記事掲載 任天堂社長発言で
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140914/ent14091409490010-n1.htm
『掲載後に、任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議があったため、既に謝罪したという』

投稿: | 2014.09.14 11:05

国民年金の納付期間は65歳まで延長か 5年で約100万円負担増
http://www.news-postseven.com/archives/20140912_275603.html

投稿: | 2014.09.14 11:07

>おまえさんの神さんで
問題は2つあって
[1]福音派に空軍士官学校が支配されちゃったという処。
そういう偏りが米軍に対する信頼を揺るがすわけで、無宗教に関する寛容が温度計になる。
それは靖国に関してもバラバラで参拝しないで群れを成してカメラが取材に来ないとご利益がないという会も同等。
[2]私の神は、アッラーですとコーランに手をのせられるかという処。
http://timesofindia.indiatimes.com/world/rest-of-world/Australia-First-Muslim-minister-racially-abused-for-taking-oath-on-Quran/articleshow/20874223.cms
前に米下院でもあったが豪州の閣僚でも出た。

投稿: pongchang | 2014.09.14 11:58

>えげれす
目黒と千葉なら、中間地点。子育ても欧州ですればヲK
>しぶや
F1層という名の「Hanako世代」中心の街づくり。F1は貧困に喘ぎ、F2が若作りをする街づくり。
カジノ議連が頓珍漢なのは、男の遊び場が、丁半だけだとおもっておること。
財布の紐を握っているのは「男」
出張でムーランルージュに行くことが一つのゴールだったけど、「ロンドンロンドン楽しいロンドン愉快なロンドン」が終点だった昭和の漢たちが、どんどん退職して、平成入社の人間しか居なくなったから、その辺の感覚が骨抜きにされちゃって、アジアの観光客の重心を見失っているよね。
呑む・打つ・買うが必要だけど、その先に紳士服や靴もあったんだよね、欧州出張のお買いもの。

投稿: pongchang | 2014.09.14 12:05

>福音派きもい
http://sttpml.org/west-point-cadet-quits-military-academy-because-of-pervasive-christian-evangelism/
自衛隊でも右寄り過ぎるとキモイ、たもさんの講話とか。

投稿: pongchang | 2014.09.14 12:12

>無宗教をもの凄く軽蔑する

京都へのバッシングの材料にはなってるのですけど、代わりに日本って出身成分聞いたりしません?
「どっからきたんだ?」
たまに世間を見てると木の股から生まれてきたんじゃないだろうかってヤツ居ますが、米国人にすると無宗教ってそんなことになるのだと思います。ほぼイコールで孤児。だって親を見送らないってことなんですもの。

民族とか宗教とか故郷とか、結果的に彼にどういう教育がなされてきているのかを見とかないと、付き合う上では食べられないものとか自分との差異に苦しむことが多い。風習が違うことを理由なく単に「違う」と感じるととても苦しむけど、理由があるならいい。殺人犯のレッテル貼りでも一緒だけど、理由があるならあまり苦しまずに済む。「そいやあいつの生まれは俺とはちょっと違うんだ」って自己防衛がそもそもで、普通のことかと思うのです。
ただそれが裏目に出るのはどのパターンでも。

投稿: たつや | 2014.09.14 12:26

>慰安婦

李香蘭死す、享年94歳。たしか参議院議員時代に慰安婦問題にかかわっていた。慰安婦なんていうのはまだましで、日本軍の基本はすべて現地調達。やり殺された支那娘も多かったことでしょう。李香蘭は大陸でそういった女性たちを数多く見てきたはずです。
ゆえに、強制性は別にして償いには応じようとした。

投稿: | 2014.09.14 12:53

 
>やり殺された支那娘も多かったことでしょう。
>李香蘭は大陸でそういった女性たちを数多く見てきた「はず」です。

>「ゆえに」、強制性は別にして償いには応じようとした。
>投稿: | 2014.09.14 12:53

 通州事件を生き延びた方の壮絶すぎる体験談(概要とご案内のみ)
 http://www.youtube.com/watch?v=o7ABTxLueRs


終戦当時の彼女(李香蘭)、
一つ間違えれば(川島芳子みたいに…)シナ(重慶)政権の「漢奸裁判」で殺されてたと思うよ。

野田-向井(両)少尉が、東京日日新聞の「百人斬り競争」という記事(武勇伝)を…
「殺人ゲーム(murder-race)」という虐殺話(datushaの一部)にされて、
戦後、南京(軍事法廷)で殺害された、そういう時代なんだもんね。


 neon 拝

投稿: 君の臆測 vs 通州事件 | 2014.09.14 13:36

>インタビューは受けていない

これも朝日。

http://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤律会見報道事件
>伊藤律会見報道事件(いとうりつかいけんほうどうじけん)とは朝日新聞による虚偽報道。架空の捏造した会見を報道した。
>昭和(戦後)の三大誤報のひとつ

投稿: | 2014.09.14 13:40

>慰安婦なんていうのはまだましで、日本軍の基本はすべて現地調達。

また捏造ですか。
当時の軍隊はすべて現地調達が基本。米軍ですら兵器と食糧しか自給できていない。


>ゆえに、強制性は別にして償いには応じようとした。

償いを利用して、自分の名声を高めようとしただけでしょ。
その償いに使う金だって税金に過ぎないし。
強制性は別にして償いはしようなんていう、不合理を日本人に受け入れさせようとした時点で国賊・侵略者の手先ですよ。

投稿: | 2014.09.14 13:49

>もう許してやれよw。
アホとちゃうか。
あの謝罪会見ですらまだ問題を抱えているのに、どうしてこれでお終いになるんや。
検証を自らの手で行わず、第3者に委せるなんて甘いもいいとこ。
なぜ自分達で腹をを切って膿を出すという辛さを乗り越えようとしなんやろ。
第3者委員会だってどんなメンバーで、どのような権限があるのかわかりゃしない。
それにこれらの誤報によって広まった影響をどうやって回復するかという難問が残っている。
その責任だってあるはずや。
見届けなきゃぁいかんのはこれから。
「ごめんなさい」の回数で済むなら、もう楽なもんだ。
間違いを認めて誤ることがみっともないからしなくて良いなら謝罪など初めからしなくたっていいじゃん。

それに「爪楊枝(つまようじ)ほどの矢」とか相も変わらずだし、謝っているのは表現だけよ。
本質から誤っているわけではない。
心配することぜんぜんあらへん。

日本人特有の判官贔屓が顔を出し始めているように思えるんやけど・・・大丈夫?
本当に長すぎた平和だ。

投稿: | 2014.09.14 13:56

追記
「過剰な表現撤回」はいじめる週刊誌の広告対策だよね。
うちも控えるからお前らも控えろと言っているだけ。

投稿: | 2014.09.14 14:01

>慰安婦なんていうのはまだましで、日本軍の基本はすべて現地調達。
何を寝言を... 結果的にできたかどうかはともかく、補給の組織はちゃんとあった。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%9E%97-%E8%AD%B2%E6%B2%BB/dp/4054058728

投稿: nori | 2014.09.14 14:03

>朝日、夕刊1面コラムも謝罪「過剰な表現撤回」
まだ始まってすらいませんが、何か?

>発売直前の「iPhone6」と「iPhone6 Plus」のテレビCMが絶望的にダサい! 購入を真剣にためらうレベル
既にケースだけ売っていたのですが、手に取るとデカイ、超デカイ。当方MVNO用アンドロイド(4.8インチ)ですら手に持て余せている状態なので。しかしハゲ電話のハゲ、他社も売りだして以降、iphone関係で滅多にメディアに出なくなっているな。単体赤字なのかね?

>彼女との結婚、広がり始めた不安・・
こんなクソ女でも誰かを騙して子供産むまで持っていかないと少子化対策にはなりません。

>補給の組織はちゃんとあった。
補給の組織があっても、戦場を余りにも広げすぎた結果ロジに掛かる経費がなくなったという方が正確かも。


投稿: 剣 | 2014.09.14 15:04

>あの謝罪会見ですらまだ問題を抱えているのに、どうしてこれでお終いになるんや。検証を自らの手で行わず、第3者に委せるなんて甘いもいいとこ。

これほとんど日本人には無理なんじゃないかな、山本七平の受け売りだけどさ
日本の組織って機能集団じゃなくって共同体(村)だって説があるでしょ
だから朝日村の村民が自ら検証するって無理な注文なんですよ
中の人間がやったら後々まで恨まれるのは間違いないからね
合理的理性的はんだんよりも空気を読むことが優先だから
結局のところ進駐軍がやってきて全部ぶっ壊すしか方法が無いわけですよ
ゴーンが来なきゃ日産が変われなかったのと一緒
ゴーンがリストラやって成功したら、いやそんなリストラみたいな手段だったら
俺たちだって考えた、やれば出来てたって言うんだよ
でもず~っとやらないで来たんだわw
朝日も一緒だと思いますよ。雨降って来て今出て行った方がずぶ濡れに
成らずに済むのに周りの空気をお互いに読んで我慢比べみたいに出て
行かない。そんでもって土砂降りになってにっちもさっちも行かなくなって
出なきゃしゃあないなという空気ができると出て行き始める
そんでもって全員ずぶ濡れで風邪ひいて熱出して寝込む訳だw

投稿: | 2014.09.14 15:22

現地調達というとすぐ略奪を連想しがちですが、
本来は会計部隊が現地業者と正式に売買契約を結んでお金を払って品物を入手するもの。
もっとも現場の部隊が金も払わず契約も交わさず銃で脅して勝手に現地の物品を接収した挙げ句、
現地調達とうそぶく事例も多々あったみたいですが。
おかげで今日に至るも現地調達という言葉のイメージが悪いこと悪いこと。

投稿: 諸般の事情により名無し | 2014.09.14 15:25

>李香蘭

最後の満州国・満鉄の生き証人でしたね。
里見甫、森重久弥と逝って、とうとう墓の中まで持っていかなきゃならんこともあったろうに。合掌。

投稿: | 2014.09.14 15:26

>それやったら他宗教から突っ込まれるでしょう、という習慣が残っていたりする一方で、
>表向きは宗教による差別はしない、と明言しているし

裁判の証言前に、聖書に手おいて宣誓するんだけど、東海岸に永住してる知人(宗教音楽家)の
ハナシでは最近は旧約だったりコーランだったり仏典だったり、ってのが実際にあるそうで。
私ゃ真言なんで、般若心経とか理趣経でもいいのか?って聞いたら、英訳がある奴なら大丈夫だとか。
(必ずしも英訳モノを持参する必要はないらしい)

無神論者はどうなの?ってのは聞き逃したです。ちなみに神道では鳥居の模型、ってのもあるらしい。

投稿: | 2014.09.14 15:35

>これほとんど日本人には無理なんじゃないかな、山本七平の受け売りだけどさ

山本七平をはじめとする日本人特殊論が通じたのは、海外へ気楽にいけなかった昭和初期の世代だけ。


>ゴーンがリストラやって成功したら、いやそんなリストラみたいな手段だったら俺たちだって考えた、やれば出来てたって言うんだよ

欧米企業は別にリストラが常套手段というわけでは無いし、リストラで改革に成功した企業もあれば、リストラが原因で消滅した企業も存在する。

少しは世界に目を広げるんだね。

投稿: | 2014.09.14 16:07

 
>2014.09.14 日本の長すぎた平和

先生は「戦争状態にない(or停戦、休戦状態)」という意味で【平和】という言葉をお使いで、
まあ、それ自体は間違いではないのですが…

あえて申しますと、自国民が(密かに)隣国によって「拉致」され、
それが発覚しても…
日本には(カネを出す…以外)何の手立ても打てない状態、

こういうのって【平和(peace)】というんだろうか?

荒木和博-風の論理を使えば…

「平和憲法」の名の下で行われた事なら、「平和憲法」の責任ではないか、と
「平和憲法」は、その責任を取ったのか?と(w

 不審船撃沈
 http://www.youtube.com/watch?v=WabpzkyqmR0

投稿: 平和憲法(Pacifist constitution)の名の下で… | 2014.09.14 17:27

http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/queen-elizabeth-II/11094439/Wanted-helicopter-pilot-for-the-Queen.html
ウィリアム王子がもらう予定の給料の倍を払うそうです。

投稿: pongchang | 2014.09.14 18:06

・補給
 弾薬と燃料は後方から運んでこないとどうにもならなかったでしょうから。日本の場合だと訓練に使う油の関係で機動部隊を南方の泊地に送り出したなんてことがありましたね。弾薬と燃料で補給物資のトン数の大部分を占めるでしょうから、それ以外を現地調達できたといっても限度があるなぁと。

・大阪のコンビニ恐喝
 結局、コンビニのある店舗を見た時にオーナーと店長とベテランのパートさんが支えているほんとに小さい吹けば飛ぶような中小企業だと思うか、それとも全国に一万軒くらいある大チェーンの一店舗だと思うかの違いじゃないかって気がします。
 実質は前者であって、本部の商品開発力と購買力に配送網を持って、新たなサービスをなんとか作り出しつつ
前線の中小企業を支えているわけなんでしょうけど、その点がはっきりと分かっていなかった。それが最近の
千葉県佐倉市のオーナーの訴えや、今度の大阪での恐喝で段々と伝わってくるようになってきた。
 オーナーと親族が夜勤に回ってしまい昼間、店に顔を出せる時間が少ない事が多いのはどこの店でも同じなのかもしれません。大阪の場合は店長さんがオーナーの子息だそうですが、夜勤に入ってて事件となったようですし。

投稿: とん | 2014.09.14 18:18

>>無宗教をもの凄く軽蔑する

俺らにしたら、中絶医師をヘッドショットしたり、モスクに火をつけたりするアメリカ人のほうが充分軽蔑に値しますけどね。無宗教でも平和に暮らしているんだから、ほっといてくれって感じ。

投稿: | 2014.09.14 19:06

いやぁ追い詰められてきましたねぇ。植村くんは大丈夫かな?

清田治史:1982年吉田清治の証言を初めて記事にした朝日新聞記者。その後朝日新聞取締役にまで出世し、退職後、帝塚山学院大学人間科学部教授に着任。専門は「文章表現」「ジャーナリズム論」「マスメディア論」。

帝塚山学院大学HP
http://www.tezuka-gu.ac.jp/sp/
お知らせ 2014/09/13教員の退職について
清田治史氏に対して多数のご意見、お問い合わせを頂戴しておりますが、同氏は9月13日を以って、本人の申し出により退職しましたことをお知らせします。

投稿: | 2014.09.14 19:07

>>いやぁ追い詰められてきましたねぇ。植村くんは大丈夫かな?

何故こいつらが記者として在職中に槍玉に挙げることができなかったのだろう?
返す返すも、残念だ。

投稿: | 2014.09.14 19:09

>現地調達
まず、武器弾薬は調達不可能。日本軍の武器は、例えば同じゼロ戦でも中島製と三菱製があった(設計は三菱だけど、実は中島の方がたくさん作ってる)んだけど、両方とも見かけと性能はほぼ同じだけど、部品の規格が違っている。例えば、ネジの径や長さなどが同じ製造者でないと一致しない。同じような例は三八式小銃もそうです。職人芸的ないわば作りで、部品を補充する時に、完全に同じ精度を要求する場合は製作者個人が同じでなければならない、というまるで工芸品のようなモノ。また、ほとんどの銃や機関銃は、例え口径が同じでも大抵相互に使用できなかった。もてる国、アメリカが例えば重機関銃は陸海空軍ともブローニングに統一したのと大違い。という事情で、武器弾薬の現地調達は最初から考えられない。たまたま、占領したところに少量の武器があり、それを個人的に利用したという例はある。
うちの祖父は、満州からフィリピンに転属した折、現地で前任者からブローニングの拳銃を安く買い受けたけど、これ、米軍の遺棄品でした。また、米軍が上陸した時に、所属部隊はルソン島の最北端から南下したんだけど、途中で気付かれずに米軍の前線部隊とすれ違い、後方の兵站部隊と合致会ってしまったことがあった。その時に相手は一目散に逃げたんだけど、大量の食糧を残してくれたので、それから数日間の食事は全部Cレーションでだったそうです。ただし、これを食べた時に日本の負けを感じたそうです。それは、食料の他にタバコやちり紙まで入っていて、段ボール箱を燃やせば食後のコーヒーも飲める。ついでに、2箱分の段ボールで飯盒1個の飯も炊ける。これだけの物資が米兵個人個人に行き渡るとは、けた違いだと国力の差を思い知らされたそうです。

じゃ、食料はというと、何万もの軍隊が進駐したら、毎日何十トンもの食料が必要になる。そんな大量の食糧が占領地に只で転がってると思う主計担当が居たら、直ちに馘。進駐後も最低でも数週間分の必要物資は本国から輸送される。長期占領を計画する場合は、予め現地の流通システムを押さえて供給体制を整える作業が必要。お金は「軍票」で支払われるが、それは最終的に日本政府が払うことになる。(但し敗戦しなければ)軍隊は自己完結組織。従って、最初から現地調達で事を進めるような無謀なマネは、室田口のインパール作戦を除けばやらない。
都市伝説で、ハンバーガー屋の冷蔵庫にカラスがいただの、ミミズがいただのと言われるが、安定供給と流通量を考えたら、そんな肉は却って高くつき(実際、ミミズの肉は漢方薬として流通しているが、㌔数万円する)、牛肉の方がよっぽど安くて大量に仕入れられる。それと根は同じ話。

投稿: | 2014.09.14 19:46

部品の規格・・・>
そう言う古い考えはKominebunzoに怒られるよ。

投稿: | 2014.09.14 19:58

投稿: | 2014.09.14 19:09

関係者が辞めてお仲間じゃなくなったからようやく訂正記事が出せたんでしょう。
投稿: | 2014.09.14 15:22氏の投稿ともつながる話じゃないかな。

投稿: | 2014.09.14 20:00

>食料はというと、何万もの軍隊が進駐したら、毎日何十トンもの食料が必要になる。そんな大量の食糧が占領地に只で転がってると思う主計担当が居たら、直ちに馘。

 マーチン・ファン・クレフェルトの『補給戦』を読みたまえ。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2014.09.14 20:18

>ゴーンがリストラやって成功したら、いやそんなリストラみたいな手段だったら俺たちだって考えた、やれば出来てたって言うんだよ

ゴーンはリストラせずにどうにかすることで立て直したわけじゃないでしょ。フランス政府の影響でリストラを極力せずにどうにかしようとしているルノーはどうにもならないようだし。その国に永住するわけでも株主に政府がいるわけでもなければ気楽。

投稿: | 2014.09.14 20:25

>弾薬と燃料で補給物資のトン数の大部分を占めるでしょうから、それ以外を現地調達できたといっても限度があるなぁと。

現地調達が不可能だし海軍さんは「おらぁ決戦海軍だぁ!補給の護衛なんて海軍の
仕事じゃねえだよ!」という訳でほとんど無防備な補給船団がボコボコ沈められまして
「こりゃあたまらん!海軍はあてにならんぞ」という訳で
世界でもまれに見る。陸軍による輸送用潜水艦(コマンドに使えばいいのに・・・)を
開発しましたとさ。ああそうそう他にも陸軍は空母も持ってたしw
http://decoylost.doorblog.jp/archives/33054404.html
白いスクール水着の丸輸ちゃんだ!
http://zekamashi.net/kancolle-sizitu/maruyu-sizitu/
http://shamal.biroudo.jp/maru-yu.html

投稿: | 2014.09.14 20:43

>食料はというと、何万もの軍隊が進駐したら、毎日何十トンもの食料が必要になる。そんな大量の食糧が占領地に只で転がってると思う主計担当が居たら、直ちに馘。

SF作家林譲治氏の「太平洋戦争のロジスティクス」もお勧めだぞ
ノビー先生もお勧めしておられるぞ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51908633.html#more

投稿: | 2014.09.14 20:49

>FOMAプラスはオッケーなのかも知れないけれど、谷底を走るせいか、freetel は全く通じなかった

安物にはそれなりの理由があるんですよ。ガラケーFOMAは八戸の山奥で、電話が引けないんで電報か
郵送でないと予約できない、って民宿で、USB接続のパケ・ホーダイダブルで動画サクサクでした。
ご亭主が「ここ、繋がる携帯あったのか!!」ってビックリされてましたね。

投稿: | 2014.09.14 21:07

読売グループ容赦無し!

日本テレビ2014 年 9月 定 例 世 論 調 査
http://www.ntv.co.jp/yoron/201409/soku-index.html
[ 問15]
朝日新聞社は、「慰安婦を強制連行した」とする嘘の証言をもとにした記事と、今回の吉田所長の証言をめぐる記事を取り消したうえ、社長が謝罪しました。あなたは、朝日新聞社は、信頼を回復することができると思いますか、思いませんか?
(1) 思う 21.5 %
(2) 思わない 60.4 %
(3) わからない、答えない 18.1 %


投稿: | 2014.09.14 21:10

> それにこれらの誤報によって広まった影響をどうやって回復するかという難問が残っている。その責任だってあるはずや。


「影響」って何ですか? 「回復」って何ですかね?


「影響」は,日本は強制連行をしたという認識が作られたということですか? しかし,強制連行は被害者証言にも出てくることですから,吉田証言の影響がどのくらいあるか?なんて不分明ですよ。

それに,朝日新聞の報道を真実だと信じる人がいて,その誤信が永続しているという前提のようですが,通常のメディア・リテラシーを持つ人ならば新聞報道を最終的真実などとは考えませんね。

新聞の誤報には構造的原因があります。たとえば・・・
記事内容のほとんどは記者の実体験ではなく関係者からの伝聞であること。
新聞社に強制調査の権限がないこと。
記者は官庁の保有する情報にアクセスする自由がないこと。
新聞報道は速報性が重視されること。
新聞事業は私企業によってになわれることから人的制約などが大きいこと。・・・

したがって,新聞の記事内容は暫定的な真実でしかないと考えるのが一般人の常識でしょう。そこで,自分の考えをまとめたり,他人に説明したり,抗議したりするような行動を起こすときは,複数の記事を比較したりして,より真実に近づく努力をすることが当然のように行われる。

歴史的真実を確定するのは歴史家の仕事でしょう。新聞にその機能を求めれば新聞本来の機能を弱めるし,実際にもそんな期待を新聞に対してもっている人はいないんじゃないですか。つまり,新聞の誤報は想定の範囲内ということです。

そうすると,「影響」とは,海外の人であって,複数の媒体を見ることなく,朝日新聞の記事にかぎっては誤報がないと想定し,かつ,被害者の証言を知らず,それでも慰安婦問題に関心がある人が,日本は強制連行をしたと認識していることですか?


仮に「回復」のために,そんな人に対して朝日新聞が記事の取消しを告知するとします。朝日新聞は自由な言論機関ですから,「しかし,慰安婦の募集や慰安所の生活について強制性があったという慰安婦問題の本質は変わりません」と付け加えるでしょう。告知された人の反応は,「まあ,被害者の証言があるならば,その被害者の事件は済州島の慰安婦狩りとは関係ないよね」ではないですか。だとしたら,何が「回復」されるんでしょうか?


> > それにこれらの誤報によって広まった影響をどうやって回復するかという難問が残っている。その責任だってあるはずや。

結局,この「難問」自体の意味が別の意味で難問だということです。「難問」の内容をもう少し具体的に説明していただかないと問題提起にならないんじゃないですかね。

投稿: | 2014.09.14 21:10

やせ猫は名乗るのやめたの?他に行くところないのは分かったけど。

投稿: | 2014.09.14 21:21

>少しは世界に目を広げるんだね。

また変なのがでたなあ・・・
例え話としてゴーンの例を出しただけだ。
当時なにも手を打たずに先送りしていてゴーンが成功したなら、そんな方法だったら解ってるよだれだってできると冷笑していた日産の幹部って、たぶん君みたいなやつ
だったんだろなあw
少しは世界云々なんて笑っちゃうよ。ただの例え話だぜ


>ゴーンはリストラせずにどうにかすることで立て直したわけじゃないでしょ

読み違えてるぞwリストラせずにどうにかすることで立て直したなんて書いてないけど
ゴーン→リストラやって成功、(工場閉鎖した)

日産のエライサン→んなことだったら誰にでも出来るんだよ。解ってるんだ
という流れだ。たぶん日産の当時のエライ人は特効薬はどこかにある
だれか魔法が使えるやつが来るだろう。ある日突然、あのシルビアやシーマの様に
バカ売れする車が出来るにちがいないって夢想してたとしか思えないな
惰性でラッキー待ちの経営の見本みたいだ


投稿: | 2014.09.14 21:24

突っ込まれるから書くけど。工場の統廃合閉鎖以外に車種の統廃合、販売店の統廃合
してバブルの時にグワーーっと総花的に広げて放置してたのをリストラしたんだ
工場閉鎖や人員整理だけのことでリストラって書いたんじゃないぞ
戦線を広げすぎた日本軍やドイツ軍と同じ問題だ
撤退時期を誤ると破滅につながる重症だ。でも責任を取りたくないから先送りして
さらにどうしようもなくなるんだな
後から任されたやつも自分の代でエライことになったら責任言われるのがアホらしいから
膨れる風船を見てまだ大丈夫なら次のやつに持たせる訳だ
まるでどこかの国の予算だな

投稿: | 2014.09.14 21:34

>投稿: | 2014.09.14 21:10 様

朝日新聞自身が自慢げに自分がそうなんだと唱えていた「クウォリティーペーパー」って他紙とどう違うの?
同じ重さで量りに載せてよ! って言ってたの?
他紙と同じ信頼性「しか」無いんだと、そんな扱いを彼らは望んでて、社会から見られているべきだと言ってたっけ?
ノブリスオブリージなんてのも朝日新聞は好きだったように思うんだけどその辺もどうなのかな?

他にも「入試によく出る朝日新聞」とかも言ってたよね。

投稿: こいち | 2014.09.14 21:34

>まるでどこかの国の予算だな

どこ?

投稿: | 2014.09.14 21:37

>朝日新聞自身が自慢げに自分がそうなんだと唱えていた「クウォリティーペーパー」って他紙とどう違うの?

クウォリティーペーパーってのはな、うちはこういう与太話を書く下劣な新聞じゃ
ございませんざぁます。オホホホホ。という人がいるような新聞社のことだ

こういう与太話を書く下劣な新聞の例
http://getnews.jp/archives/536490

投稿: | 2014.09.14 21:42

>>どこ?

ここ。

投稿: | 2014.09.14 21:43

申し訳ありません、ようやくスマホに取り替えたので四苦八苦しながら打っております(><)。買い替える直前まで、タブレットとガラケーの組み合わせにしようかスマホ一本にしようか迷いましたが、結局、2つ別々な充電するのもめんどくさいと思いAQUOS SH-01Fにしました…にしても、ここまで文章ひとつ打つのに、これほど苦労するとわ…

投稿: ku | 2014.09.14 21:44

朝刊の部数が数百万部あるんですよね。
そんな部数を維持しようとするところが「クウォリティー・ペーパー」とかいえるんですかね?
いろんな意見の人に購読してもらわなければならないから,エッジの効いた論説なんて載せられないでしょ?
質より量,量のための質,ではないですか。営利企業なんだから。

投稿: | 2014.09.14 21:48

>ここ。

ここって?君がどこの国から書き込んでるのか知らんよ。

投稿: | 2014.09.14 21:51

>>どこ?

特効薬はどこにもない国
魔法のバトンをクルリンパで借金を0にしてくれる魔法使いが居ない国
売れて売れてしかたがない商品があって借金があっという間に返せるという
めどが全く立たない国
それでもそのうち何かが起きて何とかなるだろうと思ってる中二病の国

投稿: | 2014.09.14 21:51

ん?日本政府はいわゆる従軍慰安婦の存在を認めて、これまで謝罪を繰り返してきたんだよね?
論点は朝日が吉田証言をもとに強制性を報じたところ。

安倍ちゃんが遺憾に思っているのは、世界中に吉田証言で言う当時、国(軍)の強制性があったという報道についてだよね?慰安婦自体はあったことは認めているんだよね?

投稿: | 2014.09.14 21:59

清田治史に関しては元朝日新聞記者で清田治史の直属の部下だったこともある人物が文章を書いてますね。一説にこの文章はメールでOBたちに一斉に流されたなんて話もあるようですが(やはりOBの山田厚史によれば)。

慰安婦報道、一番の責任者は誰か
http://www.johoyatai.com/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=1136
「そして、それを調べていくうちに、一連の報道で一番責任を負うべき人間が責任逃れに終始し、今も逃げようとしていることを知りました。それが自分の身近にいた人間だと知った時の激しい脱力感――外報部時代の直属の上司で、その後、朝日新聞の取締役(西部本社代表)になった清田治史氏だったのです。」
「 清田氏は2010年に朝日新聞を去り、九州朝日放送の監査役を経て、現在は大阪の帝塚山(てづかやま)学院大学で人間科学部の教授をしています。専門は「ジャーナリズム論」と「文章表現」です。振り返って、一連の慰安婦報道をどう総括しているのか。朝日新聞の苦境をどう受けとめているのか。肉声を聞こうと電話しましたが、不在でした。」

投稿: | 2014.09.14 22:00

>投稿: | 2014.09.14 21:10 やせ猫 様

あなたの書き込みを読んだら、「贔屓の引き倒し」って言葉が思い浮かびました。

投稿: suiso | 2014.09.14 22:17

> だから朝日村の村民が自ら検証するって無理な注文なんですよ
それは充分承知。
でもね、やらせてどの程度懐刀を腹に突き立てるか見たいわけ。
伊藤社長の態度はトカゲのしっぽを切って逃げ切ろうとしているのはありありじゃん。
全面敗北なんかこれっぽっちも認めていないんだよ。
一旦、引き下がって総崩れを防ごうっていうだけのこと。
あの素粒子の謝罪だって、追記で書いたように防御の戦術なのさ。
謝罪会見の中でも抗議の強制性を楯にまだ戦う基満々。
だから「もう許してやれよ」なんて正に朝日の思う壺。

投稿: | 2014.09.14 22:24

他者の目への鈍感さ,硬直した上下関係,既存評価への依存心裡,社内の割拠主義・・・このところの朝日のトラブルは,一種の大企業病による商品管理の失敗ではないですかねえ。
あるいは,貧困家庭の増大やデジタル化の波による部数減圧力への対応に注意を奪われすぎたか。

検証ということでは,そういう経営的観点から問題を指摘できる人が必要ではないかと思いますが。その上で,外部から経営者を招くとか。

投稿: | 2014.09.14 22:26

>投稿: | 2014.09.14 21:34

で、それのどこが日本独自なの?

君が言っているようなことは世界中で行われていて、ゴーンを例に出すようでは君の知識の浅薄さが明らかになっただけ。

まるで聞きかじりの知識を披露しただけで賞賛を得られると勘違いしている韓国人みたい。

投稿: | 2014.09.14 22:27

>慰安婦自体はあったことは認めているんだよね?

まずは君自身が慰安婦の定義を明確に示すべき。

投稿: | 2014.09.14 22:29

>日産のエライサン→んなことだったら誰にでも出来るんだよ。解ってるんだ
という流れだ。たぶん日産の当時のエライ人は特効薬はどこかにある
だれか魔法が使えるやつが来るだろう。ある日突然、あのシルビアやシーマの様に
バカ売れする車が出来るにちがいないって夢想してたとしか思えないな

自分を偉く見せるために、他人を誹謗中傷して妄想を垂れ流すキモイおっさんwww

投稿: | 2014.09.14 22:34

サンヨー、シャープ、ソニーは3Sとか言ってビジネス誌で評価されていて、日立なんかは逆に恐竜だと酷評されていた。日本企業も日本型経営とか言って評価されていたし、現在のグーグルも創業者の議決権含め短期の利益に左右されてはならないとか言ってるし。現状から結果論で語るのは愚かだろうな。

投稿: | 2014.09.14 22:39

>物理学「量子もつれ効果」でシュレーディンガーの猫の撮影に成功

この実験ってのは、どうなんですかね。“シュレディンガーの法則”本来の不確定性には、あまり関係ないように思うのですが。いえ、物理のことはチンプンカンプンの素人の感想です。物理方面に明るい方の説明が聞きたいところです。

投稿: ペンチ | 2014.09.14 22:49

おっしゃ、戦艦レシピ1回でビスマルクゲット!

でもZ3は1週間以上レシピ回してるのに全然出ない・・・

投稿: ほる | 2014.09.14 22:58

>アメリカがどんどん撤退していくという事実、そしてその空白を埋めるように中国が出て来ているという現実

 兵頭二十八師の近著↓
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%B5%E9%A0%AD%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E3%81%AE%E9%98%B2%E8%A1%9B%E7%99%BD%E6%9B%B82014-%E5%85%B5%E9%A0%AD-%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB/dp/4794220669/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1410704568&sr=1-1&keywords=%E5%85%B5%E9%A0%AD%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E3%81%AE%E9%98%B2%E8%A1%9B%E7%99%BD%E6%9B%B82014
 によると、米国は西太平洋から手を引く様子はないし、中国の覇権も認める気は全然ないようです。
 実力としては、中国の海空軍力は、米軍の前では未だ赤子同然です。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2014.09.14 23:25

 
>SF作家 林譲治氏の「太平洋戦争のロジスティクス」もお勧めだぞ
>ノビー先生もお勧めしておられるぞ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51908633.html#more
>投稿: | 2014.09.14 20:49


林譲治の本は読んでみようと思うけど… 問題を感じるのは、ノビーのレトリック。
     ----- ↓ -----
いくら補給部隊や輸送船を充実しても、予算がなければ戦えない。
さらにいくら予算があっても、それで買う物資がなければ戦えない。
物資が足りないのに、無理な作戦を強行したことが餓死の原因だ。
たとえばインパールについていえば、物資量を「定量的に」計算すれば、
作戦を維持するだけの物資がないことは明白で、作戦は実行されていなかっただろう。

これは日米戦争になぜ負けたのかという問題と同じで、
「定量的に」考えれば勝てる可能性はなかったのだから、
開戦したこと自体がまちがいで、あとはどうやっても勝てなかった。
したがってこれは、なぜ定量的に考えられなかったのかという問題に帰着する。
     --- ノビーのブログ、引用おわり ---

ここの「定量的に」というレトリックが怪しい… というか、
ノビーがインチキを言う時(「シナ事変は日本の侵略なので」とか…)の癖が出てると思うよ。

つまり、本当に言いたいのは後段で、そのために前段がある(w
 neon 拝


まあ、参考と言うのとも違うんだけど…
 A J P Taylor
 http://www.youtube.com/watch?v=BEDRCmAXNmI

投稿: 補給の問題でなく、ノビーの問題(w | 2014.09.15 00:10

朝日新聞からスポンサー大量撤退wwwwwwwwwwwwwww
http://hosyusokuhou.jp/archives/40152435.html

「九州では、九州電力、西部ガス、九電工、福岡銀行、西日本シティ銀行、西鉄、JR九州が
朝日新聞と九州朝日放送のスポンサー撤退だそうです。 」

投稿: | 2014.09.15 00:23

投稿: nori | 2014.09.14 14:03
投稿: 英知の人・エイチマン | 2014.09.14 23:25

Amazonの長いリンクを貼るのをやめなさい。
何度も指摘されているはずだが、
「兵頭二十八の防衛白書2014」
http://www.amazon.co.jp/dp/4794220669
これでいいんだよ。

投稿: | 2014.09.15 01:38

> 投稿: ペンチ | 2014.09.14 22:49様
観測問題に関わる弱測定の実験ですので、関係ある話なんです。

不確定性って、言うほど不確定じゃないよね? って仮説を
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0910/200910_022.html
50年かけて実験方法を編み出し
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0910/200910_029.html
ついに不確定性原理を書き換えた……という
http://www.nikkei-science.com/?p=39505

投稿: jaguar | 2014.09.15 01:42

いや私も明るいわけではありません。失礼しました。

投稿: jaguar | 2014.09.15 01:43

・従軍慰安婦
たぶん、これから10年以内にどうにか道をつけないと名乗りでている元慰安婦の方々が亡くなってしまいます。
そうなれば、銅像以上に神格化もされ、日韓の間の溝の象徴となるでしょう。

・朝日の報道
1982年当時、吉田氏による連行証言が出た頃は他紙も後追いで記事化していたようですね。こうなると、当時も今もネットの上の個々人よりは新聞社の取材力のほうがはるかに大きいわけで訂正するのは容易ではないです。ただ赤報隊事件のころでも朝日に抗議せんがために自殺した右翼の方がいたものですが、今はネットで自説を訴えることができますから、その点では言論空間は広がり、多様化しているといえるかもしれません。

・妖怪ウォッチ
 都会では品薄なれど、地方では行き渡りつつあるようです。一番くじはまだまだ売っています。メダルも各種の菓子などにおまけとして入るものが多くなってますから、地方ではそろそろ飽和しつつあるのかもしれません。

 今後、ポケットモンスターとどういう関係になっていくのか目が離せません。

投稿: とん | 2014.09.15 06:28

>自分を偉く見せるために、他人を誹謗中傷して妄想を垂れ流すキモイおっさんwww

説明するための例という物が理解できないアホウがいまどき存在するとは・・・いやはや

投稿: | 2014.09.15 14:08

>山本七平をはじめとする日本人特殊論が通じたのは、海外へ気楽にいけなかった昭和初期の世代だけ。

日本人の普遍的な体質だと思うぞ。とにかくしがみついて早期の損切りができない
重症になって「ここまで来たら撤退してもいいよね?ねっ?」と撤退してもしゃあないなという空気ができてからやっとこさ動く。
でもその段階だとたいていが手遅れで早期に行うよりも膨大なコストがかかる
医者に例えると、困難な手術だが早期に行えば助かる可能性もある。しかし失敗したら
非難の嵐だ。だから患者が死にそうになってから手術をしよう
これなら成功の確率は低いから死んでもOKだ。という行動だな
なぜ日本人はノモンハンやガダルカナルやインパールの真似が好きでたまらないんだろう。日本の経営者や政治家、官僚は陰では牟田口廉也や辻政信を信仰しているに違いない。


投稿: | 2014.09.15 14:26

>ついに不確定性原理を書き換えた……という

jaguar様、コメントありがとうございます。
これって、位置のゆらぎと運動量のゆらぎの積和を従来の数式より小さくできるという理解でよいものでしょうか。学説がこんなふうに進捗していたのは知りませんでした。勉強になります。
ただ、不確定性そのものの考え方は、従来どおりの理解でよいのでしょうか。実は色彩学の講義で、色の基礎的な説明をする場合、光の説明をすることとなります。光子のふるまいと波動のふるまいの整合性を説明するのに、シュレディンガーを援用しているのです。jaguar様のコメントで、嘘をついちゃったかなと心配しています。なにぶん文系が独学でやっちゃってますから、心細いものです。

投稿: ペンチ | 2014.09.15 15:48

> 投稿: ペンチ | 2014.09.15 15:48様
はい、物理量の測定に不確定性があり、ために光は粒子と波動の二重性をもつってのは変わらないです。
不確定さの定義がより厳密になったのです。

投稿: jaguar | 2014.09.15 19:07

>説明するための例という物が理解できないアホウがいまどき存在するとは・・・いやはや

根拠無き妄想を「説明のための例」と言い張るアホウが、自分を偉く見せようと他人をアホウ呼ばわりwwwww

投稿: | 2014.09.15 20:53

>日本人の普遍的な体質だと思うぞ。

普遍的な体質だという論拠をどうぞ。


>とにかくしがみついて早期の損切りができない
重症になって「ここまで来たら撤退してもいいよね?ねっ?」と撤退してもしゃあないなという空気ができてからやっとこさ動く。

>なぜ日本人はノモンハンやガダルカナルやインパールの真似が好きでたまらないんだろう。日本の経営者や政治家、官僚は陰では牟田口廉也や辻政信を信仰しているに違いない

そういった先例なら、日本以外の国にも山ほど存在する。

少しは日本以外の戦史を勉強してみたら?

日本を特殊例だと思い込み、それを叩けば賞賛されるという、物知らずが偉ぶれる時代はネットのおかげで終了したよ。

投稿: | 2014.09.15 20:56

jaguar様、再度のコメントありがとうございます。
結論としては、シュレディンガーの法則での説明で問題なしですね。
ただ、両者の一方を観測(測定)する際、もう一方の不確定さがより狭められたということですね。感謝です。

投稿: ペンチ | 2014.09.15 21:04

>この実験ってのは、どうなんですかね。“シュレディンガーの法則”本来の不確定性には、あまり関係ないように思うのですが。

この実験は蓋をあけるまで中の猫の生死を判別する方法がない(生きてる状態と死んでる状態が混じっている。にゃーとか鳴き声で判別とかは無しとする)のは本当か?という問題で、それは本当だ、という結論(のはず。原論文を読んでいないので)。この記事の解説はあまりよくありません。なので、これで理解しろと言っても無理なのはたしかです。
箱の中の状態を知るために対になっている光子を使って、一方が箱の内部の状態をもう一方が外部で検出できる状態を表すようにして、外部の光子の観測で中の状態がわかるか、そのときの状態はすでに決まっていたのかいないのかを調べて、状態は片方を検出すればもう片方が決まり、どちらも検出するまでは決まっていないというものになります。そして、その測定の結果で箱の中の猫の状態が決められてもしまうということになります。(原論文を読んでないので主張内容は不明ですが、量子論はこの実験後も間違った結果が出た話は出てないので)
蓋を開けるという猫の状態の観測手法を対の光子の検出に置き換えたものです。この置き換えが実験の本質を変化させるということはありません。
解説が不十分なので、2つの画像が厳密にどういった測定の状態を表すのかは私もはっきりはわかりません。そういう意味でこの解説は不親切です。

なお、“シュレディンガーの法則”というものはないです。シュレディンガーの方程式、ハイゼンベルグの不確定性原理はありますが。

投稿: | 2014.09.16 07:38

>投稿: jaguar | 2014.09.15 01:42

Jaguarさん、ここで小澤の不等式の話はこの話題では明後日の方向でしょう。むしろ話題にするなら別の不等式のことを言及すべきでしょう。

投稿: | 2014.09.16 09:17

> 投稿: | 2014.09.16 09:17様
元記事でアハラノフが提唱した弱測定の追試を行っていたので、関連記事を並べたのですが、何か変でしょうか。
小澤の方程式はその成果の一つと考えています。
私は専門家でないので、どうかご教示ください。

投稿: jaguar | 2014.09.16 22:16

まず私は、宇宙博に行こうとして、少し待たされただけで幕張は使えないと言ったブログ主に、それは行き過ぎだろうと書いたら、アクセス制限を受けるようになったので、すぐにコメントが反映されないことをご承知ください。

この実験は弱測定とは直接関係ありません。弱測定はむしろズーレックとウータースの実験の方です。
シュレディンガーの猫の提示は元はアインシュタインらが出したEPRパラドックスが発端です。物理状態(もしくは量子状態)はどう定義されるのか?その実在性はどのような形態なのか?というところから始まったものです。量子実験ができるようになって、わかってきたのが量子もつれの意外な強さで、それを利用したのが今回の実験です。
残念ながら、今暇がないので、原論文などを探して読むことはできてません(j解説記事は大体、間違いが多い)ので、今回のことについて厳密には答えることはできませんが。

投稿: | 2014.09.17 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の長すぎた平和:

« 意外な犯人 | トップページ | ジャーナリズム論なるもの »