« 景気は何処に | トップページ | GDPとやら »

2014.11.16

ミンスのしょうもなさ

 今日は、やっとニュースから解放された休日です。

※ 有田芳生氏への鞍替え打診でわかった民主の深刻な候補者不足
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/333656/

 これは酷い! だってさ、最悪押しても、1年半後には衆参ダブル選挙が来ると解っている。アベノミクスの雲行きを考えれば、来年中には選挙になるだろうと、普通は想定できる。なら、今頃とっくに全選挙区で候補者を選定して、事務所開きを終わってなきゃならない時期じゃん。
 民主党の執行部は、この2年間、何を遊んでいたのよ? だいたい、海江田さん地味杉。私は昔からこの男を大嫌いだと公言して来たけど、あんなの薩摩隼人でも何でもないじゃん。かごんまの血が入っているなんて嘘としか思えない。無能だし、覇気もないし。

※ 米中首脳に相手にされず…安倍首相が決定的に足りないモノ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154961

 それでこそゲスニック・マガジンの真骨頂だ!(>_<)。てアレ総理だって本ぐらい読んでいるぞ。憂国本を読んで感動の涙を流しているといつも自慢しているじゃないか。

※ 小国への威嚇はNO…オバマ大統領、中国けん制
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141115-OYT1T50097.html?from=ytop_main2

*“死に体”政権、外交に活路も…オバマ氏歴訪・演説の狙い
http://www.sankei.com/world/news/141115/wor1411150047-n1.html

 これ、最近の日米交渉でもそうなんだけど、米帝は、日米間の公式文書でも、絶対に「中国」という固有名詞は入れさせないんだよね。そこまで気を使っている。

※ 彗星着陸機、電池切れ 太陽光届けば充電できるけど…
http://www.asahi.com/articles/ASGCH4V64GCHULBJ009.html?iref=comtop_list_sci_n02

 万策尽きたらきっとやるだろうアイディアを書いておこうw。母機を近くに寄せて、機体で一番反射率が良い面をミラー代わりにして集光させる。

※ 中国の国産戦闘機「J10」、試験飛行で墜落か
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141115-OYT1T50077.html?from=ytop_main5

 へぇ~。こんなんでいちいちニュースになるんだ。墜落したエンジンの残骸とか写真が出回っていますが。でも中国は立派ですよ。日本、エンジンできません。自主開発を諦めるから米帝さん助けて! 中国は、エンジンは駄目だという自覚を持ちつつも怯まずにありとあらゆる軍用機を国産するんだもん。正直、エンジニアの数だけでも良く足りていると思いますね。

※ 教員採用:性的指向や宗教質問 心理テスト、4自治体使用
http://mainichi.jp/select/news/20141116k0000m040114000c.html

 これはあり得ないよね。訴訟になったら勝ち目は無い。やりたくなる気持ちは解るけど、今時、どんな田舎だよというお話。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 竿竹屋は公安だった!? 本当は怖い、竿竹屋の正体!!
http://tocana.jp/2013/10/post_2727_entry.html
※ 女性5人乱暴に懲役23年 「HIV感染の危険認識」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1323418?news_ref=top_topics_topic

※ ダーウィンは正しかった、恐怖は人の強み
http://www.huffingtonpost.jp/science-portal/fear_b_6155876.html?utm_hp_ref=japan

※ 百田氏 宮崎監督をテレビで激批判「(頭)大丈夫かな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000044-dal-ent

※ 長嶋一茂、韓国について「みんな同じ顔」と評したコメンテーターを叱る「今、謝んなさい」
http://news.livedoor.com/article/detail/9469230/

※ 韓国でピカチュウに数千人殺到、1回で公演中止
http://www.asahi.com/articles/ASGCH5TZSGCHUHBI00Z.html?iref=comtop_6_03

※ アポロ11号は月面着陸していないはデマ 専門家が背景を解説
http://news.livedoor.com/article/detail/9472002/
※ ロシア国営テレビ “撃墜直前の衛星写真入手
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141115/k10013233661000.html

※ 前夜の満腹重量78.5キロ

※ 有料版おまけ 今頃、ダイオウイカ

|

« 景気は何処に | トップページ | GDPとやら »

コメント

> これは酷い! だってさ、最悪押しても、1年半後には衆参ダブル選挙が来ると解っている。アベノミクスの雲行きを考えれば、来年中には選挙になるだろうと、普通は想定できる。<

民主党は何にしろ党全体のことを考えられる人がいないんじゃないの?何だかんだ言って、自民党は大きな流れを読めるベテラン議員や秘書がたくさんいるのだろう。

投稿: ピンちゃん | 2014.11.16 12:45

>最近煩い、挙げ句にちっとも取り締まられることのない、れいの「不要品買います」、というあれ

個別訪問でマンションに立ち入った奴を警察に突き出したら、パタっと軽トラ巡回もなくなりました。
竿竹やも、地区で騒音苦情入れたら居なくなりましたよ。都市伝説の類じゃないですか?公安が顔曝して
歩きまわって、トラックのナンバー見られて、ってどうなんですかねぇ。

投稿: | 2014.11.16 12:48

>>※ アポロ11号は月面着陸していないはデマ 専門家が背景を解説

だったら、もう一回着陸してみろと思うのだが、何でNASAはやらないんだろうね?

>>※ 韓国でピカチュウに数千人殺到、1回で公演中止

ピカチュウがレイプされる! 逃げて~
ところで、日本のお子様達にはもはや電気ネズミよりも妖怪猫(ジバニャン)の方が人気なんでしょうか?

投稿: | 2014.11.16 13:04

※ 竿竹屋は公安だった!? 本当は怖い、竿竹屋の正体!!

国松長官銃撃事件のお粗末な捜査を見ている限り、諜報機関としてまともな仕事をしているとは思えない。

投稿: | 2014.11.16 13:08

http://www.jgnn.net/ls/2014/11/post-9713.html
>「歴史読本」が季刊誌になるという話

投稿: pongchang | 2014.11.16 13:13

>>これは酷い! だってさ、最悪押しても、1年半後には衆参ダブル選挙が来ると解っている。アベノミクスの雲行きを考えれば、来年中には選挙になるだろうと、普通は想定できる。

小泉さんが自民党総裁選で勝ったとき、大橋巨泉が亀井さんを
「議員てのは票読みのプロだろう!なんで自分の票があんなに少ないことを読めないんだよ!」
と怒っていたのを覚えています。
その後の亀井さんの没落っぷりもありますが、
最近の企業倒産件数増加って、
亀井さんが金融担当大臣の時にやった中小企業金融円滑化法なんかが終了したからじゃないか?という意見を読みまして、
小泉後の亀井さんはもう詰んでいたのかなぁと思う今日この頃です。

投稿: 猫大好き | 2014.11.16 13:23

>国松長官銃撃事件のお粗末な捜査を見ている限り、諜報機関としてまともな仕事をしているとは思えない。

オウムには公安が深く入り込んでいたようだけどね。黒木昭雄は月刊「現代」で、小杉巡査長ではない公安とオウムの二重スパイに国松長官は狙撃されたのではないか、長官は犯人に心当たりがあるのではないか、とも書いていた。傍目にはお粗末だけど、警察庁の最上層部的には二重スパイが長官を狙撃した事を隠蔽した可能性を思わせる記事。


【02】警察庁長官狙撃事件の怪
http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/13595312.html
拙著『警察腐敗』(講談社)より
【02】警察庁長官狙撃事件の怪
「本富士会」に傷をつけるな!
この一件では、井上幸彦警視総監が辞職したのをはじめ、警視庁幹部ら九人が処分を受けた。本富士署関係では、前警備課長が処分され、署長も減給処分になった。しかし、これは偶然なのだろうか。警視庁発足以来、守り続けられていた「キャリア署長」の歴史と伝統が、たまたまこの大不祥事の直前に途絶えていた、とはどうしても考えられない。偶然にしては、あまりにもタイミングがよすぎるのだ。じつは、本富士署初のノンキャリ署長就任は、ハナから「オウム対策シフト」ではなかったのかと、本富士署関係者のあいだでは、いまでも信じられているのである。水元正時署長が着任したのは一九九四年七月のこと。前任の伊藤智署長は、もちろんバリバリのキャリア・エリートだ。二人が交代したのは、あの松本サリン事件から約一カ月後のことだった。

当時は、まだ誰もサリン事件とオウム真理教を結びつけて考えることができていない時期である。事実、事件を捜査していた長野県警の刑事部は、近くに住む会社員を有力な被疑者と見立てて、マスコミもそれに沿った報道を繰り返したため、後に重大な「報道被害」として問題化することになったことだ。ところが、事件発生からわずかしか経っていない九四年九月、マスコミ各社に「サリン事件の犯人はオウムである」と断定した「松本サリン事件に関する一考察」と題する怪文書が送られていた。出所不明で誰が書いたかはわからない。だが、オウム捜査が進むにつれ、その文章に書かれたた内容が、ほとんど真実だったことが判明する。いったい誰が、なんの目的でこの怪文書を書いたのか。文書の作者はなぜ、当時ほとんど解明されていなかったオウム真理教の内部事情に通じていたのか。

ジャーナリストの立花隆氏は、国松長官狙撃事件後「週刊文春」 に寄稿した「オウムとサリンの『深い闇』」と題する論文で、問題の怪文書の作者は「オウム内部に入った公安のスパイである」と指摘した。立花氏によると、日本の公安警察は九〇年の総選挙でオウム真理教が多数の候補者を立てたころから同教団を「監視対象」として着々と捜査体制を築きあげ、自衛隊や警察などが組織へ侵入したオウム信者の割りだしを進めていたという。つまり、公安警察は警視庁が教団から光ディスクを押収するよりずっと前から、小杉巡査長の「存在」を認識していた可能性があるというのだ。公安部の実態について詳しく書く余裕はないが、これは十分ありうる話だ。公安情報を得た警視庁トップが本富士会の伝統を守るために対策を施した。これがノンキャリ署長誕生の背景にある「裏事情」であるというのが、当時を知る本富士署関係者の一致した見方なのだ。

じつは、その栄えある初ノンキャリ署長となった水元氏の前職は、警視庁公安部の中枢に位置する公安理事官であった。水元氏はその後、第八方面副本部長に転出するが、後任の石川末四郎署長の前職も公安理事官で、しかも、本富士署長の後は公安四課長に就任しているのである。本富士署の署長が二代続けてノンキャリアの、しかも公安畑の人間が就任するということは、それまでの警視庁の常識ではまったく考えられないことなのだ。このことからも、立花氏の分析はきわめて的を射ていたと思う。ちなみに、事件から五年たったいまも、本富士の署長は「ノンキャリ」だ。かつての同僚に問い合わせると、「われわれのあいだではオウムに関するすべてのカタがつくまで、ノンキャリ署長が続くだろうといわれているんですよ」ということだ。

投稿: | 2014.11.16 14:03

>ところで、日本のお子様達にはもはや電気ネズミよりも妖怪猫(ジバニャン)の方が人気なんでしょうか?

はははっorzどっちか一択になれば親は楽なんですが、残念な事に足し算ですね。卒業はたまにしか無いです。
アンパンマン⇒アンパンマン+戦隊⇒戦隊+ライダー+ウルトラマン⇒戦隊+ライダー+ウルトラマン+ドラえもん⇒戦隊+ライダー+ウルトラマン+ドラえもん+ポケモン+妖怪
無事に卒業したのはアンパンマンのみ!雨の日に家で「人形遊び」をよくしておりますが、レッドキングとポケモンのなんちゃらいうモンスターとフォーゼがドラえもんとガチバトルを繰り広げていますよ。

>※ 長嶋一茂、韓国について「みんな同じ顔」と評したコメンテーターを叱る「今、謝んなさい」
辞書に載せるレベルの「親の七光り」の生きた題材。
整形後の韓国人は「金太郎飴」レベルで同じ顔だと思う。もしも別な顔に見える目を一茂がもっているとしたら・・・・そんな使えない眼をしているから、プロ野球で役立たないんだよ。
こいつの野球解説は全く意味をなさない。新橋で酔っ払ったオッサンの解説モドキを聞く方が余程役立つ。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2014.11.16 14:22

>>竿竹屋は公安だった!? 本当は怖い、竿竹屋の正体!!
>全然知らなかった。全く考えなかったorz。一度として考えたことはない。

時代劇ファンならお馴染み。忠臣蔵で笹竹屋に扮した大高源吾が吉良邸周辺をスパイするために「笹やーささ」と売り歩く。ある日、俳人宝井其角と偶然出会し、其角が「年の瀬や水の流れと人の身は」と詠むと源吾はすかさず「あした待たるるその宝船」と返す。
これで、其角は浅野の遺臣が明日にでも討ち入るなと察するわけ。

>>有田芳生氏への鞍替え打診でわかった民主の深刻な候補者不足
>民主党の執行部は、この2年間、何を遊んでいたのよ?

安倍総理が国入りして高杉晋作の墓所を訪れたのが7月14日。「志は定まった」と述べた。総理というのはあまりお国入りしないものだ。民主党としはこの時点で解散総選挙を警戒すべきでした。
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し、衆目駭然、敢て正視する者なし。これ我が東行高杉君に非ずや…」(伊藤博文の高杉晋作追悼文)
残念ながら薩摩にはこういう気風がないようだ。


投稿: 葛飾太郎 | 2014.11.16 14:23

>百田氏 宮崎監督をテレビで激批判「(頭)大丈夫かな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000044-dal-ent

やっちゃった。
でも、実機やその背景に関しては宮崎の方が詳しいはず。
元祖、マニアだものね。
宮崎があんな人とは思わなかったけど、それをもって「風立ちぬ」を「あれウソばっかりなんですね」というのはいかがなものか。
零の代わりにゼロを使う人に言われてもねぇ。
「殉愛」にしても、相手方へのインタビュー何もしてないんでしょ。
喧嘩売ってなんぼという姿勢だよね。
宮﨑駿、どうする?

「特攻ハゲの愛って、要は手前勝手な愛国心の「愛」か、さもなきゃカネに対する「愛」だろ。」ってのがあって、なんとなく納得

投稿: | 2014.11.16 14:33

>>竿竹屋は公安だった!? 本当は怖い、竿竹屋の正体!!
>全然知らなかった。全く考えなかったorz。一度として考えたことはない。

対象物の大きさや間口を測るのにメジャーを持って周っていたら怪しまれるが
竿竹を持ってうろついていても「竿竹屋でございます」で済んじゃうからねえ
また塀を乗り越えるのに棒高跳びの要領とまではいかないが支えに使えば使えそうだ
いざというときに武器にもなるだろうし。中をくりぬいて武器やアンテナや集音マイク
などを仕込んでいてもバレませんしねえ。
忠臣蔵でなじみということはけっこう昔からそういう組織は存在したのかもしれない
大高源吾が竿竹屋に扮するということは赤穂藩で諜報関連の業務についていた
ということを暗示しているのだろうか
竿竹屋を主人公にサスペンスドラマが一本書けそうですね

投稿: | 2014.11.16 16:02

>公安が顔曝して歩きまわって、トラックのナンバー見られて、ってどうなんですかねぇ。

記事によると、公安じゃなくって公安とか企業とかから依頼を受け下請けする組織が
さらに末端に仕事をまわすという仕組みだそうで末端は依頼内容のエリアを
訳を知らせられずに「竿を積んで〇〇の数を数えてきてちょうだい竿は別に売らなくて
いいよ」とか「この箱(機械)積んでグルグル周ってちょうだい」とかいったいなんのこっちゃ解らないけど言われたとおりに周ってるだけなんだそうです。
警察に言って巡回しなくなってもカモフラージュなんで
違う車に変わるだけでしょう。それこそチリ紙交換とか家電リサイクル、中古バイク
買い取りますとかローテーション組めばいいだけですな
家電リサイクルなんて廃棄家電の下に通信機や盗聴器積んでても解らないですよね
ということで巡回してるのはただの末端

投稿: | 2014.11.16 16:11

> 同じ顔
以前、女子アナの集合写真の電車の釣り広告があって、みんな顔そっくりでぞっとしたんですが、
日本も韓国みたいになっていくのかもしれませんね。
韓国の後追いをする事例が増えてる気がします。

投稿: jaguar | 2014.11.16 17:14

>ゼロと零
いろんな方の証言で、ゼロ読みもあったと言われていますが。
ジュウニシとかエーロクもあったそうです。

投稿: いーの | 2014.11.16 17:46

零式水上観測機の場合は最初から「ゼロカン」だったらしいですね。

ゼロ読みは昭和19年11月23日の朝日新聞の記事のルビ付きでのっってます、というのがありますね。
ゼロの方が言いやすいから?

投稿: | 2014.11.16 18:46

>百田氏 宮崎監督をテレビで激批判「(頭)大丈夫かな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000044-dal-ent

「僕は宮崎駿監督の『風立ちぬ』は面白かった。静かな名作だと思う。週刊文春にも、そう書いた。」とツイートしていたらしいけど、なぜいきなり罵倒し始めたんだろうね?

「殉愛」騒動で頭に血が昇ったせいでしょうか。
でも、その時の気分で、いろいろ言ってるね。


投稿: | 2014.11.16 18:53

>安倍総理が国入り
そういやその昔、総理がお国入りするときは選挙が近いってのを聞いたことがあるな。
もっとも永田町界隈では、常会中、今年の前半くらいから、来年、再来年は選挙できないから、解散は今年っていう話は流れていたけどね・・・。

投稿: | 2014.11.16 19:17

>>零戦
なんかのムック本に出ていた当時のパイロットだか整備員の回想だと単に「飛行機」と呼んでいたそうです。
自分の部隊には零戦しか無いからわざわざ機種名で呼ぶという風習自体が無かったのだとか。

投稿: 諸般の事情により名無し | 2014.11.16 19:42

>宮崎駿

「風立ちぬ」は後ろに三菱やら電通、創価がいるから迂闊に批判できない作品。ジブリ嫌いの岡田斗司夫がベタ誉めしてたのが良い例でしょ。

投稿: | 2014.11.16 20:14

とりあえず、那覇市長選も沖縄県知事選も、非自民の候補がゼロ打ちで当確出しましたね。

投稿: 業界インサイダー | 2014.11.16 21:16

ノビーの悪い癖(反日史観への論点移動)が始まった。

>池田信夫
‏>これは「バンザイ突撃」のバンザイでしょう。
>RT @ushikuma: [exblog] アベノミクスからバンザイノミクスへの懸念
 http://twitter.com/ikedanob/status/533804993531641856


そもそも何故、バンザイ突撃批判でアベノミクス批判が成り立つのか分からない。

仮に(↓)こういう事なら…
>たかし
‏>アベノミクスの真の目的は、やはりインフレによる債務不履行。
>輪転機ぐるぐるの理由がわかった。
 http://twitter.com/TakashiUeda/status/533802581781676033

むしろ、「借刀殺人」(朝鮮戦争)であって、
中共の人海戦術(Human-wave assault)批判になるハズなんだけどね。
 http://www.youtube.com/watch?v=b1a_z9wyWpc

 neon 拝

投稿: ノビーも焼きが回ったかな? | 2014.11.16 22:10

おまけ
>プレゼンテーションのセンス
企業においてもどんな分野の人も、これが上手く出来ないと出世できないですよね。
最早マイクロソフトOfficeはPowerPointを使いこなせて当たり前っていう。

投稿: サヨは白髪、ウヨはハゲがツボった | 2014.11.16 22:11

>以前、女子アナの集合写真の電車の釣り広告があって、みんな顔そっくりでぞっとしたんですが、

美少女達が判で押したように同じ顔というのは、日本では既に美少女ゲームで通過済み。
ようやく日本の2次元に3次元が追いついてきたんです!

投稿: | 2014.11.16 22:20

>以前、女子アナの集合写真の電車の釣り広告があって、みんな顔そっくりでぞっとしたんですが、

実際選んでいるのはどこかのミンジョクの人々なんだろうし。

投稿: | 2014.11.16 22:30

>以前、女子アナの集合写真の電車の釣り広告があって、みんな顔そっくりでぞっとしたんですが

妖怪フォトショップの魔法がかかっているからでは?

声優オタの俺にはピンときませんな。
女性声優の集合写真は、美女、JK、ブス、BBAが同じフレームに収まってますから。
恐ろしいことに、アニメ内で一緒にアイドルユニット組んで、イベントで歌を唄ってたりもします。
でも、ユニットの中で一番人気があるのがブスやBBAだったりするのが声優のおもしろいところ。

投稿: | 2014.11.16 23:15

>美女、JK、ブス、BBA

自分より年下は皆、美人に見える不思議!

投稿: | 2014.11.16 23:19

 
「人海戦術」は、狙撃兵ザイツェフを描いた映画「スターリングラード」の出だしにも出て来るので、
第2次大戦ではソ連が多用した戦術だと思うけど、
日本で有名になったのは「朝鮮戦争」で中共軍が使用してからだと記憶します。
(第1次大戦では、当初、英仏側も独側も双方のMass Armyで使用した戦術)

ただ中共軍は、国共内戦でも「人海戦術」を使っていて、国府側から見た影像があります。
 04:50 中共軍の「人海」戦術(考え方、現実)
 07:05 国府軍の「火海」戦術(弾薬不足の問題)
 http://www.youtube.com/watch?v=rtr4UtqfmKQ

投稿: neon、人海戦術の補足 | 2014.11.17 00:02

>何でNASAはやらないんだろうね?
お金(予算)がないからでしょう。

投稿: | 2014.11.17 04:24

>お金がないからでしょう
一応月面基地プロジェクトはあるみたいですが、当面は無人探査機で十分でしょう。人送り込むのは予算も手間もかかり過ぎます。

投稿: ユニコーンまた読みたい | 2014.11.17 09:13

>有人月探査
お金がないの一言で済むでしょう。
Wikiによれば、大まかにアポロの宇宙船/ロケット関係の費用は830億ドル(2005年換算)、全部で20号分+αが製作されています。月に行くのと地球周回のみがあるので多少の重み付けを考えれば、大体1/10の80億ドルあたりがハードウェアの値段でしょう。
現在の日本円へ換算して1兆円ですよ。
そうそう出せるお金ではないでしょう? 
ちなみに、この費用に宇宙飛行士や管制の人件費入ってないみたいですよ。

投稿: いーの | 2014.11.17 09:38

>>竿竹屋は公安だった!?

確か徳川幕府の機関にもお鳥見衆という似たような任務の組織があったらしい
そちらは将軍の鷹狩の下調べで獲物になる野鳥などの調査の名目あるいは、調教中のタカが
そちらに飛んで行ったので追跡してきた。エサにする小鳥の捕獲をしにきました。
などの名目で大名の江戸屋敷、武家屋敷などにずかずか入ることができるそうだ。
彼らが来たら幕府の役人なので拒否はできない。
大名屋敷の者が隠れて覗いている不審者を誰何しても「鳥見でござる」と言われれば「ああそうですか」としか言いようがない。
「なぜ隠れてるんですか」と問うても「鳥が逃げてしまうでしょう」と言わればこれまた
「ああそうですか」としか言いようがない。

投稿: | 2014.11.17 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミンスのしょうもなさ:

« 景気は何処に | トップページ | GDPとやら »