« アングロサクソン | トップページ | ただの社交辞令 »

2015.07.16

烏合の衆

※ 戦後70年続く“安保闘争”にリアリズムを
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5157
* 安保法案可決 国会クソコラグランプリ開催中
http://cureco.jp/view/331/

 これで与野党おあいこでしょう。自民党は消費税増税という貧乏くじを民主党に引かせ、民主党は集団的自衛権という貧乏くじを自民党に引かせた。
 憲法学者が主張する、集団的自衛権は憲法違反だというのはさっぱり解らない。条文にそれはなく、政府による解釈で「できない」と決めたものなら政府解釈で「できる」と変えることに矛盾はない。それが気にくわないなら、選挙時に多数決で判断するまでの話。
 個人的には、霞みを喰って生きている憲法学者や、いかなる問題に於いても責任を負うことのないマスゴミと心中させられるのは真っ平! まだしも、選挙で選ばれた利権政治家と心中した方がましw。

 政府の説明が足りないとか、国民の理解が今一つとか言われているけれど、こんな複雑な法案を、そもそも多忙な国民が理解できるはずもないでしょう。理解しようという意欲すら湧いてこない。日々忙しいのに。そういう状況をクリアするための議会制民主主義でしょう。残念ながら、その議会に於いて、反対する側は、戦争がおっ始まるだの徴兵制がやってくるだのと、およそ非現実的な妄想をヒステリックに叫ぶしかなかった。
 いくら国民の多くが、皮膚感覚として不安に思っていたとしても、それで止めるのは無理でしょう。文句があるなら、次の選挙に勝って法案を潰せば良いだけのことです。別に難しい話じゃない。国政選挙は定期的に訪れるのだから。

 この法律が元で、自衛官が海外で戦死したり、民間人を誤射したりする事態が起こる可能性に関しては、当然、この法律を元に自衛隊を海外に出せば、そのリスクはある。しかしそれは実は、これまでのPKO活動でもずっと付きまとっていた問題であり新しく生じる問題ではない。この法律がなくとも、将来起こり得る地域紛争で、特別立法を作って自衛隊を出せば、やっぱりそのリスクは生じることになる。この法律によって、格別にそのリスクが上がるわけではない。
 喫緊にその法律を必要とする事態は恐らく来ないんだから、こんな国民生活から遠い話はさっさと切り上げて、経済他の議題に国会は戻って欲しい。

*辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗
http://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150043-n1.html?view=pc

 正直、辻元が反対なら、GOで間違いないだろうw、とか思ったりするわけですが、その後の、「戦争であたいのじいさんが死んでぇ~」、のお涙頂戴の話には、戦争でじいさんが死んだのはてめえだけじゃねえぞ、と思ったりしたわけです。国策を論じる場で、女の涙なんぞ持ち出さないで欲しい。とりわけあんたみたいな人間が。

※ 米高官 安保関連法案成立に期待
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150715/k10010152001000.html

 あれもこれも逃げまくっている米帝から誉められてもいい気はしない。「アメリカと効果的に協力」というなら、まず尖閣で姿を見せて見ろ! 南沙でプレゼンスを発揮してみろw。

※ 解釈改憲という"縄抜け"でしのびよる徴兵の現実味
http://www.huffingtonpost.jp/kazutoshi-taneda/conscription_b_7781638.html?utm_hp_ref=japan

 弁護士先生なのに、なんでこうぽんぽん話が飛躍するんだろう。そのお話の全編に至って論理的な整合性が一切感じられない。こんな人たちが「憲法カフェ」とか回していたのか。

※ 日本の海上戦力は3項目で世界一、今年は米太平洋艦隊を追い抜く可能性も―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/10353814/

 少なくとも、北西太平洋に展開している実用艦艇の数で言えば、海自はとうに第7艦隊を圧倒しているでしょう。逆に言えば、米帝は、海自の艦艇とP-3C部隊のサポートなしには、極東での活動は著しく制約を受けることになる。
 もっとも米帝の強みは、いざ戦争となれば、世界中に展開している部隊をかき集められることだけど。

※ 【過激派】TBSがインタビューした安保法案反対の女性が中核派だと判明…国会周辺デモ(画像)
http://hosyusokuhou.jp/archives/44776613.html

 それでこそ報道のTBSだ!(>_<)。ゲバ棒差し入れの伝統を継ぐ者たちよ!

※ 政府内で見直し案が浮上 アーチ中止で予算抑制
http://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150065-n1.html

 総理直々の見直しという形にすれば、これで下がった支持率も少しは回復するでしょう。

※ 空き家、18年後は2千万超に 野村総研、新築制限を提言
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070601001764.html

 全くそうだよね。宅地開発とかそろそろ止めるべき。不動産業者に、林業のような仕組みを取り入れて、宅地開発をするなら、それと同じ面積の空き家を潰すことを義務付け、マンション建設では、その部屋数に見合う古いマンションを壊すことを義務付けたりしたらどうだろうか。

※ センザンコウのうろこを使った防弾チョッキ、中国が研究・開発に乗り出す=中国ネット「国家保護動物じゃなかったっけ?」「動物虐待だ!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000007-rcdc-cn

 きっとあれだな。センザンコウをAKで乱射したら死ななかったということだろうなw。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ ガンダム新作は「鉄血のオルフェンズ」
http://www.gizmodo.jp/2015/07/post_17515.html
※ 15年後に北半球が寒冷化? 太陽の活動から予測 英研究
http://www.cnn.co.jp/fringe/35067399.html
※ 上海ディズニーランド、15日に見どころを公開-新華社
http://www.xinhuaxia.jp/social/74847
※ 永世中立国スイスの美しい景色にカモフラージュされた軍事施設の写真いろいろ
http://dailynewsagency.com/2015/07/14/the-camouflaged-military-bunkers-of-spt/
※ 海に飛び込み、消防士死亡 東京・葛西臨海公園でバーベキュー中
http://www.sankei.com/affairs/news/150716/afr1507160003-n1.html
※ 性的不能治療の「女性用バイアグラ」登場か 「まるで電気スイッチが入ったかのように…」 肉食系女子に朗報? 
http://www.sankei.com/west/news/150715/wst1507150002-n3.html
※ 元CAの妻放ったらかしで銀座高級クラブ狂いの伊藤英明
http://wjn.jp/article/detail/0086723/

※ 前夜の夕食後重量77.0キロ

 水曜午後、梅雨の合間に鍛えられるのは今日までと思い、ハイドレーションパックにアクエリアスゼロと氷を入れ、津田山-霊園-森林公園で歩く。と、その前に、左腕の腕時計跡を焼くべく、マツキヨで日焼けクリームを購入する。所が、日焼け止めクリームは仰山売っているけれど、日焼けクリームって最近の店頭では扱って無いのね。やたらでかいスプレータイプを買う羽目に。これ効くんだろうか。
 津田山に差し掛かった所、入間に引き揚げるC1の2機編隊と遭遇。霊園に登ったら、今度はC130の4機編隊と遭遇した。
 ハイドレーション・パックはビジターセンターから折り返す辺りで空に。久地駅マックに立ち寄って水分補給。この時間帯、パート主婦2人でマックを回すって無理だと思うけどなぁ。きりきり舞いしていた。津田山の踏切に戻る辺りでバテている感じが。身体がだいぶ鈍っている。
 夕食後、再びアクエリアスゼロを一本開け、津田山ファミマ往復。復路、津田山の住宅街を歩いている時に、道を横切っている10センチほどの物体を目撃。暗くて良く見えないが、ミミズにしては速い。暗闇に屈み込んで見たらムカデだった。上京して以来、ムカデを見たのは初めて。こんな所にもいるんだなぁ。
 久しぶりに2万歩を超えて歩く。

※ 有料版おまけ Amazonのセールを誰も批判できないことに関して。

|

« アングロサクソン | トップページ | ただの社交辞令 »

コメント

> 空き家、18年後は2千万超に 野村総研、新築制限を提言

全国で2000万戸超が空き家に、総住宅数3割
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NR5QS06K50YL01.html

更地にすると固定資産税が6倍かかり、取り壊し費用も自己負担。
これじゃ、空き家のまま放置した方が得です。

投稿: | 2015.07.16 10:20

>集団的自衛権は憲法違反だ

東南海地震が来るって叫ぶ地震学者と同じですね。
( ゚o゚)ハッ
中国が尖閣に来る!って小説書けば儲かr(白目

冗談はさておいて、国際貢献でも他国へ口だしにしろ、金と力がなかったら出来ないってだけ。
これまでは(も?)自分がウブで騙された(あるいは騙してた)って点をみんな早く認めるべき。

みんなの憧れ「どうだ明るくなったろう」\(^o^)/

投稿: たつや | 2015.07.16 10:30

>更地にすると固定資産税が6倍かかり、取り壊し費用も自己負担。これじゃ、空き家のまま放置した方が得です。

これ常識です。じゃ、なぜこうなってるかというと土地ころがしを防ぐためです。だから、簡単じゃないんですよね。取り壊しについて補助金とか優遇税制的処置を加えるとかしないと進まないでしょう。
もう1つ、この問題は昔の家は今の家のような現代的な暮しに向いてないのが多くて、人口減だけでなく、利用者が耐えられないので買い手も借り手もつかないというのがあって、リノベーションなどと言ってますが、リフォームで復活させて付加価値を与えるという試みがあります。しかし、これもお金がかかりますからそう簡単にはいきませんが。間もなくかなりの買い手借り手市場になると思います。大家さん大変。

投稿: | 2015.07.16 10:50

>更地にすると固定資産税が6倍かかり、取り壊し費用も自己負担。
これじゃ、空き家のまま放置した方が得です。

空き家対策特別措置法で、行政が積極的に関与し、取り壊す場合は援助してくれる。固定資産税の改正も行われたようで、空き家は更地にしなくても固定資産税を上げられる。

投稿: | 2015.07.16 11:01

>記録好きな日本人が残していないはずがない。
>江戸四大飢饉
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E9%A3%A2%E9%A5%89
>小氷期
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B0%B7%E6%9C%9F
北半球全体が氷に閉ざされるってのが相当大げさで(それだと小氷期じゃなくて完全に氷河期になっちゃうじゃないか)江戸時代は今よりも全体的に寒かったというのは記録に残ってますよ。

>総理直々の見直しという形にすれば、これで下がった支持率も少しは回復するでしょう。
こういう時こそ政治力ってものを発揮してもらわないとねぇ。

投稿: | 2015.07.16 11:02

昨日の民主党を見ていて思ったのは、過去の失敗から何にも学んでいないんだなと。バカの一つ覚えよろしく、委員長席に殺到し議事録やらマイクやら奪い取ろうとするとかアホすぎる。そんなことをやって、支持率が上がるとでも思っているとしたら、救いようがないですね。それと、先ほどテレ朝に小林教授がでておりましたが(相手は軍事評論家の小川さん)、周りが何を言ってもケンポーガー、ケンポーガー。見ていてイライラしてきたのでテレ東に変えました。そんなに憲法が大事なら六法全書と結婚しやがれ!どうしてアレな憲法学者って、憲法を絶対視したがるのでしょうね。

投稿: KU | 2015.07.16 11:24

六法とケッコン、本当にしかねないのが怖い。あるいは芦部憲法と。とはいうものの、憲法学は基本的に解釈学であって、解釈屋に政策立案だのBalance of powerだのを考えさせるのは意味がありません。包丁研ぎが上手いのと、その包丁で魚を捌くのが上手いのは、別のことです。

投稿: | 2015.07.16 11:28

>国立競技場
実は、取り壊してしまった国立競技場を改修する計画があったようです。各種の資料も残っており、その方が現実的だったとか。

>特別委員会
野党議員は、国民の税金で作った醜いプラカードを閉会後、委員会室の床に捨てて退室。これはみっともない。

ところで長島昭久議員が、この件についてTwitterで「申し訳ございませんでした。野球観戦のご家族以下のマナーでした。反省しております」とつぶやいて、逆に野球ファンからの抗議を受けたようです。

しかし、マスゴミは報じませんが、民主党政権時代の強行採決は合計21回(鳩山:9回、管:8回、野田:4回)。鳩山は在任期間が266日で9回。ちなみに現在の安倍政権では1回。

投稿: ブリンデン | 2015.07.16 11:41

>*辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

国会内でプラカードをみんなで掲げているなんて市民運動家が国会内に集まったかと見まがう風景。ダサイ。子供か。


>※ 日本の海上戦力は3項目で世界一、今年は米太平洋艦隊を追い抜く可能性も―中国メディア

日本を持ち上げてみたり落としてみたり、彼の国もメディアも仕事を作るのに大変ですな(棒)


>※ 空き家、18年後は2千万超に 野村総研、新築制限を提言
>※ 永世中立国スイスの美しい景色にカモフラージュされた軍事施設の写真いろいろ

日本もこの際だから重要な位置にある限界集落をこういう施設にこっそり改造するというのはどうだろう。廃屋と見せかけて車両が出て来るとか。でもこれはスイスの気候だから出来るんですよね。日本だったら周りの草刈が大変です。ほっとくと車も動けない密林になる。年がら年中、草刈をやってなければならん。お金くれたら会社を興して私が草刈をやりますけど・・・。


>ムカデ

案外東京近辺にもいるんですよね。私は東京都内で見かけてここも変わらんと東京を見限ったw
ちゃんと踏みつけて潰しましたか?

投稿: k-74 | 2015.07.16 11:45

>テレ朝に小林教授
>どうしてアレな憲法学者

すっかり誤解されているけど、小林節は改憲派だから。「集団的自衛権が必要かどうか」と「集団的自衛権が違憲かどうか」は別の話。なんでも解釈でOKにするなら憲法改正なんていらないわけで。

投稿: | 2015.07.16 11:49

>辻元
ああいうパフォーマンスがウケると思ってるところに致命的な感覚のずれが。もしかして
レンホーに続いて「銀魂」でパロッて欲しいんでしょうか。

投稿: ユニコーンまた読みたい | 2015.07.16 12:02

ムカデを見つけたら生きたまま油を入れた瓶に入れて万能薬を作るものです

投稿: | 2015.07.16 12:19

>「戦争であたいのじいさんが死んでぇ~」、のお涙頂戴の話には、戦争でじいさんが死んだのはてめえだけじゃねえぞ、と思ったりしたわけです。

まったくその通りでございます。
調べたら、辻元清美氏は1960年生まれ。
おじいちゃんの膝の上であやされたとかお馬さんになってくれたとかなら、涙も分からぬでもないけれど。
生まれる15年以上も前に亡くなっている祖父(私も4人の祖父母の内、3人は生まれる前に亡くなっている)に何かの感情が湧く・・・・湧かないよねー。

投稿: MI-6 | 2015.07.16 12:23

>北半球が寒冷化
あながち架空とも思えない。室町時代の後半からだって北半球は寒冷化していたし、天明の飢饉の時は、夏に雪が降ったと伝えられている。
最後の氷期を生き抜いた我々のご先祖様が、穴蔵から顔を出してからまだ12,000年ほどしか経っていないので、次の氷河期はまだ先の話だろうけど、その間に小さな氷期はいくつも起きる訳で、安心はできない。
太陽活動にはまだ未解明な部分が多いというより、解明された部分がほんの少しというのが実態。8世紀には、もし今起こっていたら、全世界的に通信網や電力網が大混乱を起こしていたといわれるくらいのガンマ線バーストが起こっていた。しかも、それが分かったのがほんの2~3年前のこと。太陽の寿命も、既に中間点を折り返しているから、先々何が起こるかは誰にも分からない。
大体、昭和50年頃の近未来小説だと、地球の温暖化より寒冷化に伴う食料危機を描いた作品が多かった。当時は、誰も温暖化など考えもしなかった。

>強行採決
審議が足りないからと民主党は言うけれど、仮にこの先10年審議したって政府案にはどうせ反対でしょ。というか、最初から中身を審議せず、政府の姿勢ばかりを違憲だと言ってるだけ。
結局、安保問題に関しては、民主党は旧社会党のイデオロギーをそのまま受け継いでる、であれば最初から妥協なんて無理。

投稿: | 2015.07.16 12:29

既出かな?
解釈改憲は悪か? 安保法案「違憲論」への違和感 慶応大・山元教授に聞く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-00000001-wordleaf-pol&p=1

投稿: たつや | 2015.07.16 12:40

>クマラスワミ氏を礼賛 女性自衛官ブログ削除へ

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6167276

どういう人物か分かっていて接触したのでしょうか?

> <キトラ古墳>天文図は紀元前後中国で観測された星の可能性

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000095-mai-soci

>包丁研ぎが上手いのと、その包丁で魚を捌くのが上手いのは、別のことです。

妙に納得出来ました(^^)。しかしまぁ、毎日毎日、マスコミも野党も手を変え品を変え、イハンダー、イハンダー。だったら司法の場で白黒つけりゃあ良いのに。あ、また訴訟好きな弁護士グループが先にやりますかね。単に暇なのかどうかは知りませんが。

投稿: KU | 2015.07.16 12:45

>強行採決

よく考えれば国民投票とか直接民主主義にすればそりゃこんなの否決に決まってるでしょうね。
ギリシャじゃないけど「自分の責任果たせや!」って言われて「喜んで!」って答えるバカはいない。
建前って胡散臭い話を適当に言いくるめて、進めてくれる悪人(政治家)が必要になるわけだわ。

投稿: たつや | 2015.07.16 12:55

集団的自衛権が必要かどうかという話と集団的自衛権が違憲かどうかという話も大事だと思いますが、それに加えてもういっちょ。
「集団的自衛権を使いこなせるかどうか」という話も大事だと思います。
当ブログも含めて世間様ではその点についてほとんど議論されていないのが気になります。
在沖縄海兵隊は不動の抑止力だとかオスプレイで尖閣までひとっ飛びだとか兵站支援は軍事行動で無いだとか、
政府与党関係者が当たり前のようにコメントする現状を見るにつけ、
ホンマに大丈夫なんかいなと不安になります。

投稿: 丸ぼうろ | 2015.07.16 13:43

「誰も温暖化など考えもしなかった。」

映画だけど、ソイレントグリーンがあったやん。

投稿: | 2015.07.16 13:51

>強行採決
法的に意味が無くても委員長席取り囲んでマイク奪って騒がなきゃ支援組織に顔向け出来ないじゃないですか。
やらなきゃ落選した時に誰も相手にしてくれないのですよ。

相手側は落ちても支援組織が強固ですからね。

この国は永遠に変わらないのではないでしょうか。

投稿: | 2015.07.16 15:06

>>天明の飢饉

あれは、噴火の粉塵による日傘効果が原因との説があるので、太陽活動とは余り関係ないのでは?

投稿: | 2015.07.16 15:35

>重要な位置にある限界集落をこういう施設にこっそり改造するというのはどうだろう。
>廃屋と見せかけて車両が出て来るとか。

日本の場合、敵が上陸したらその時点でもう負けてます。

パッケージ式の短SAM(10年くらい品質保証、使い捨て)を(それこそ)空家に設置
しとく、ってのは如何。海岸線の廃屋が実はハープーンのランチャーとか?
(シーバスター級なら廃工場とかに転がしておくとか)

と、いう情報で、「廃屋外観低価格家屋に対する対空・対艦誘導弾隠ぺい接地に関する
検討」なる名目でガセネタで算組みなんかしたら・・・w

>小氷河期

つ http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/18790653.html (米国)
つ http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf (日本) 

投稿: | 2015.07.16 15:58

今日は話題に上っていませんが、RIATのP-1ですが、デモフライトの予行演習を実施しているようです。また、到着時の様子(2番機)が、RIATの公式ビデオで紹介されています。

デモフライトは、短距離離陸、旋回中に爆弾倉のオープン程度らしいですが、現地のメディアは好意的に取り上げてくれているようです。

そう言えば、大石様からノーズアートのご提案がありましたが、海自は空自とは対照的に、哨戒機に関してはロービジ化後、特別塗装は見かけなくなりましたね。

それから日本人所有のゼロ戦が、鹿屋の海自基地で整備中ですが、先日、エンジンラインナップを行ったようです。

投稿: ブリンデン | 2015.07.16 17:30

>P-1
初飛行する頃は、海外デビューはC-2の方が先だと思っていたんですけどね。
それも、パリかファンボローかシンガポールのトレードショーあたりで。

投稿: いーの | 2015.07.16 18:38

在韓米軍が2016年に撤退するようだ。その在韓米軍撤退のさいに日本政府が半島有事のプログラムだけは用意する必要があったから、その基礎になる安全保障関連法案が必要だったということかもしれない。与党が安全保障関連法案制定を急いでいる理由はそれ以外の意味もあるのだろうがもう書かない。

本当に半島有事が発生するかというと、北朝鮮は極度の石油不足にあえいでおり軍隊に十分な訓練を施すことすら不可能であるから、半島有事などまず発生しない。それでもプログラムだけは整えないと米軍は半島から出られないのかもしれない。

安全保障関連法案を支持するのであれば、沖縄の米軍海兵隊は沖縄県外に移すべきだという主張も同時にしてほしい。

もはや辺野古基地が作られてしまうというのは仕方がない。しかしアメリカの海兵隊が南沙で活動するはずがないので沖縄の海兵隊だけでも日本本土に移すようにしてほしい。

アメリカは尖閣については日本の味方になるつもりが今のところないというのであれば、沖縄周辺の安全保障は日本が責任を負わなければいけない。

何の負担もなしに平和が保たれるはずがないと信じているのであれば、海兵隊の本土移転も同時に主張すべきである。日本は日本人自身が守るという意志があるのであれば沖縄に駐留する必要のない海兵隊は本土に移すようにするである。日本がその程度の意志統一をはかれるところをアメリカにも見せておくべきである。

在韓米軍の撤退後、極東で有事の発生がまずないとアメリカ政府が判断したら在日米軍も撤退しはじめるのかもしれない。南沙の埋め立ては問題だとしても有事ではない。そう考えると米軍に守ってもらう必要があるから安全保障関連法案が必要だという意見はそもそも成立していない。
アメリカは昔から地上戦を単独で戦う能力がさほど高くなかった。ロシア軍は兵士の損耗率が少々高くなっても意に介さずに地上戦を行ってきたが、米軍は地上戦で兵士の損耗率が高くなることを極度に嫌ってきた。米軍はいくら豪華な兵器を持っていたとしても損耗率を気にしすぎるので地上戦は好まない。いまはその傾向が極限まで高くなっているのだろう。

http://www.mag2.com/p/news/13592/2

↑についてはあまり真に受けてはいないが参考にした。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140804/269587/?rt=nocnt

投稿: まえやま | 2015.07.16 19:19

>>集団的自衛権は憲法違反だ

憲法の前文にこういうくだりがある

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

集団的自衛権ってのは自国のことのみじゃないからOKだな
他国を無視してはならないのであってってミサイル飛んでくの無視したら他国を無視だよな
自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務って、他国と対等なら
やはり相互依存で自衛せんといかんのではないかな
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。って達成するって言っちゃってるんだからしかたないんじゃないの


投稿: | 2015.07.16 20:22

> 安保法案可決

全員起立で可決した法案ですよね

投稿: | 2015.07.16 21:03

 
我らの壺三-総理は、岡崎久彦の「皮算用」を採用して(大石先生風に表現すれば“アッパラパー”と…)実行してるだけだと思いますよ。
     ----- ↓ -----
【中国の将来】
     ・・・・・
われわれが正面から取り組まねばならないのは、現状の延長上のケース、すなわち、中国が国内的には一党独裁の中央政権を維持し、多少のジグザクはあっても経済成長は続き、軍事力もそれに応じて増大し、その対外政策はナショナリズムが最大の動機となっているような状態であり、これがまた、客観的見通しとしても、最も蓋然性が高い。

ここでは結論に早く到達するために、中国情勢の一般論や枝葉の問題は捨象して、ズバリ最大の問題である「台湾問題」に焦点をあてなければならない。
1つは、それが軍事バランスに決定的な影響を及ぼすからである。
     ・・・・・
アジアにヨーロッパと同じ半世紀の平和をもたらすのは何でもない。
中国が、台湾に対する武力不行使を宣言すればよい。
     ・・・・・
しかし、現状では、中国は武力行使を放棄しないと明言している。
そして今後とも、この態度を変えない蓋然性が高い。
その場合どうなるか、どうするべきかということである。

【アメリカのアンビグィティ(=Ambiguity、曖昧さ】
     ・・・・・
ということは、中国が現在の政策を変えないかぎり、米中は衝突路線を歩むことになる。 

その場合、日本はどうすればよいのだろう。
ここでもう一度、大局論に戻れば、日米同盟さえ鞏固ならば、この危機は乗り切れる公算が大きく、また、どう転んでも日本の安全と繁栄は守り通せるであろう。

【軍事バランスの微妙な変化】
     ・・・・・
より具体的に分析してみると、中国の軍事力は年々増強される。
それは米国の軍事力全体との比較においては、まだまだ問題とするに足りない程度であるが、それにつれて、中国周辺の軍事バランスが少しずつ変化していく。
それが問題なのである。

【日本はどうしている?】
こうした微妙な変化が年ごとに累積して、そのつど対応に追われるのが2005年頃からあと10年間(2015)、20年間(2025)の東アジア情勢だと想定できる。

ここで日本の態度が問題になる。
アメリカがハードルを1つずつ越えねばならないごとに、「同盟国=日本はどうしているのだ?」という疑問が世論、議会の中で提起されることは必然である。
これに対応できるかどうかが、現在、一応安定状況に入った日米同盟を21世紀に維持できるかどうかの最大の問題点になるのである。
     ・・・・・
【日本の近代的海空軍戦力は強大である。】
     ・・・・・
極東軍事バランスの最も不思議なところは日本の国内的制約によって、この日本の強大な軍事力がゼロ(=0)に計算されていることである。
計算に入っているのは、今回のガイドライン法案で明確になった極東米軍の後方支援分だけだと言ってよい。

米国の世論が常に気にすることの1つは、米国が行動する場合、国際社会とくに関連地域の諸国が米国の行動を支持し、これと協力するかどうかである。

日本の事情を知っている専門家、官僚は、日本が国内事情で動けないことは知っているし、また、それをどうにかしろということは国内事項干渉になるので、決して言わないが、一般の国民世論は同盟国=日本の全面的な協力を当然のように期待している。
この期待に反した場合、日米同盟の信頼関係がたちまちのうちに失われる危険は常に存在している。
     ・・・・・
21世紀に、日本の存立に関する危機があるとすれば、唯一、最大のものは、極東有事の際に日本が処置を誤って、同盟国=日本に対する信頼が米国世論によって問われる時であろう。
これを切り抜けられるかどうか、そして、望みうべくんば、平時から、有事の際は米国民の期待を裏切らないという保証と信頼感をかち得ているかどうかが、日本が生き延びるカギである。

ここで日本の「集団的自衛権」の行使が問題となる。
     ・・・・・
要は、日本は集団的自衛権を持っていながら、その権利を行使できないという無意味な答弁をやめて、今後は集団的自衛権はあるが、その行使にあたっては憲法の精神上慎重の上にも慎重を期します、と答弁すればよいだけの話である。

【アジアにも半世紀の平和を】
そこでどういうことになるかというと、今までゼロ(=0)だった日本が東アジアの軍事バランスの計算に入ってくるということである。

「台湾海峡の危機」に際して、日本が自動的に参戦することはあり得ない。
その時の状況、米国の世論の動向などを考えて、慎重の上にも慎重に対処することになろう。
おそらくは実際に参戦することはまずないであろう。
それでもそこに、日本の行動についてきわめてアンビグィティ(=Ambiguity、曖昧さ)が生まれるのである。

中国がこのアンビグィティ(=Ambiguity、曖昧さ)を意識せざるを得なくなると、状況はまるで異なってくる。
時と場合によっては、日米同盟と正面から対決する可能性が、いかに小さくても存在するとすれば、それは中国にとっては、真珠湾攻撃と同じような、或いは、冷戦時のソ連の西欧への進撃と同じような存亡を賭した決断を必要とすることになる。

武力による解決があり得ない、という状況ができれば、日中両国の国益の調整、さらに進んでは日中友好関係、協力関係もおのずと進展しよう。
バランス・オブ・パワーの目的は、キッシンジャーの定義によれば、「あらゆる問題について平和的解決以外あり得ないという状況を作ることにある」のである。

現在、東アジアの軍事バランスは2005年前後から徐々に変化すると想定されるが、日米同盟全体を考慮に入れざるを得なくなると、それはもう10年は先延ばしになるであろう。
     ・・・・・
つまり、日本が、集団的自衛権の行使について過去の愚昧な発言を繰り返すのをやめるだけで、日本の政策にはアンビグィティ(=Ambiguity、曖昧さ)が生まれ、アジアの平和は、もうあと半世紀(=50年)保障されるのである。
     ・・・・・
 http://d.hatena.ne.jp/elohihigchan/20140725/1406245855

投稿: 古い奴だとお思いでしょうが…集団的自衛権 | 2015.07.16 21:13

>「集団的自衛権を使いこなせるかどうか」という話も大事だと思います。

 看過してはならない論点ではありますが、私は悲観してはおりません。
 何故なら、社民党が「集団的自衛権が認められたら、日本はアメリカの戦争に巻き込まれ云々」と主張しているからです。
 戦後の日本の安全保障は、大体において旧社会党の主張と真逆の選択を行い、そして結果は正解ばかりでした。今度も、同じ結果ですよ。平和憲法真理教の信徒たちは、「自分たちは憲法9条に帰依したステージの高い優れた存在」と思い上がっており、逆に与党や与党に投票する多数派の一般国民を「ポアされるべき無知蒙昧なる衆愚」と、見下しています。幾ら少数派になっても、頑として考えを変えないのは、こういう信仰的な基盤があるからです。逆に言えば、護憲論とは、その正体においてはカルト宗教に等しいのです。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2015.07.16 21:16

>憲法学者が主張する、集団的自衛権は憲法違反だというのはさっぱり解らない。条文にそれはなく、政府による解釈で「できない」と決めたものなら政府解釈で「できる」と変えることに矛盾はない

憲法学界の通説は「自衛隊自体が違憲」なので何も不思議ではないですね。「条文にないからいい」と解釈したところで「自衛隊自体が違憲」が通説なのだから行使のしようがない。

>選挙時に多数決で判断するまでの話

自民に投票したことが無いのに、このためだけに自民に投票するのでしょうか?自民であれ民主であれ「我々が政権とったということはすべての公約が支持されたということ」とかぬかす議員を支持するんでしょうか?

投稿: | 2015.07.16 21:27

>何故なら、社民党が「集団的自衛権が認められたら、日本はアメリカの戦争に巻き込まれ云々」と主張しているからです。戦後の日本の安全保障は、大体において旧社会党の主張と真逆の選択を行い、そして結果は正解ばかりでした。

イラク戦争

投稿: | 2015.07.16 21:31

 へー、知らなかったなぁ。社民党は、イラク人道復興支援活動派遣を支持していたんだ。そうだったのか。

投稿: 英知の人・エイチマン | 2015.07.16 21:59

>初飛行する頃は、海外デビューはC-2の方が先だと思っていたんですけどね

まだ岐阜基地祭ですら飛んでませんw
昨年の基地祭でサプライズのデモフライトをしようとして不具合でタキシングのみになってしまいましたし・・・

投稿: | 2015.07.16 22:30

「2015/6/27 朝鮮日報 金九の孫に当たる報勲処長官、収賄容疑で逮捕」
http://ameblo.jp/nobody0728/entry-12043845699.html

 すげーな。独立運動家の子孫というだけで、出世できちゃうんだ、韓国では。(クネクネも、親父の人気がなかったら、絶対に大統領に当選しなかった。)そういや、幻の抗日英雄、金佐鎮(青山里の戦闘で日本軍を撃破し、連隊長を戦死させたそうだが、その連隊長はその後もピンピンして陸軍で勤務していた。)の孫も国会議員だそうだが、こういうのを両班というのだろう。
 日本じゃ、維新の元勲の子孫といえど大半は大東亜戦争の頃には(華族の地位はあったとはいえ)、般ピーになっていたのだが。(兵役も免れず、当然兵卒で応召。で、そうした人たちは近衛輜重兵連隊に集められ、馬当番をさせられていたそうである。それを見た平民出身の兵は、「維新の博物館だ」と言っていた。)

投稿: 英知の人・エイチマン | 2015.07.16 23:06

>集団的自衛権

大学の憲法の授業でも、「自衛隊は違憲というのが通説 ∑(`・ω・´)b ! 」と教授が断言してましたよね?
だから、みんなの頭の中には「改憲するか、自衛隊を廃止するしかないよね?」という疑問はあったはず。

投稿: | 2015.07.17 00:57

>全員起立で可決した法案ですよね
二名(川端副議長、無所属議員)が出席して反対

投稿: | 2015.07.17 01:14

>辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫

むしろ、水木しげる翁が、「左手に」なんか、ようかい?とかいう
腕章して座っている方が存在感がありそう。

投稿: | 2015.07.17 06:59

・海兵隊と南沙

世界的な天候変動で、巨大台風が南シナ海の人工造成島を襲い、駐留の人員が洋上の米海軍揚陸艦に避難。とかは
ありえるかも。
 フィリピンは老朽船をサンゴ礁に乗り上げさせて比海兵隊に暮らさせて領有を主張する拠点にしてますが、この船の状態が大変悪く、修繕が必要だそうです。

20世紀の後半の一時期に海中居住が盛んに注目されていたそうですが、その頃は例外として広大な海域で主権を主張する意味は考えさせられます。少なくとも航行の自由を旗印とする大洋国家との摩擦、衝突はほぼ避けられないとはわかってるはずなのに。

北極航路が開かれればそのうち宗谷海峡から北でも似たような動きが生じて、海自も二隻目の砕氷艦を作り、原子力船を整備し、毎年北極観測隊を送り出すようになるんだろうか。

投稿: とん | 2015.07.17 07:15

旧社会党が全面的に正しかったとは言わないけれど、自民党と社会党の対立と妥協の中で戦後日本の進路は決まってきたわけで。もし、社会党という対抗軸がなく、自民党と自民党亜流だけだったら、50年前に憲法は変えられて、ベトナム戦争に派兵させられていたかもしれない。韓国軍のように、何千人もの戦死者を出して、かつ虐殺に関与する羽目に陥ったかもしれない。その後も、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争、、、次々と派兵して、戦死者を出し、かつ、イスラム圏の憎悪を買って、米英のようにイスラム過激派のテロの標的になって、国内でも何百人かの死者を出したかもしれない。もっとも、日本もそういう「普通の国」であるべきだという意見もあるかもしれない。私は御免被りたいけどね。

投稿: | 2015.07.17 07:58

すぐ戦争になると騒ぐ輩は、日本国民が、漢字ができないとかで簡単に民主党などという売国奴に政権を移すくらい浮遊票だということをどう考えているのだろうか?
戦争始めようとしたら即選挙で負けるで。
問題はもう自民党のかわりになる党が存在しないということだが。
日本はもともと戦争が嫌いな国民。 明治から昭和にかけて、自国がアフリカや北米、南米、アジアのように国民ごと滅ぼされるor奴隷にされる等にならないため、国を守り、防衛線を拡大しただけ。
その方式では守り切れないことが明確になったため、軍備はほどほどに、経済等で他国が侵略すると損する状態にして今に至る。
今の日本は、物を落しても盗まれずにだいたいは警察や駅に届けられる。電車で寝ていても鞄をめったに盗まれない。自動販売機の金がめったに盗まれない。世界でも類を見ない平和国家です。

投稿: | 2015.07.17 08:17

>世界でも類を見ない平和国家です。
これからは、帰化韓国人や、韓国男に騙された日本人女性が産んだ混血なんかが増えるから、切れやすい「自分さえ良ければ良い」人間が増えて駄目になっていくと思う。

投稿: | 2015.07.17 08:49

えぇ、「だいたい」「めったに」と書いた理由でもあります。
ごくごく一部の連中が日本を破壊しようとしていますよね。
ネットが炎上するのもそういう少数の連中の仕業ですし。

投稿: | 2015.07.17 09:04

日本人の生活は、ますます苦しくなっている
政権にすり寄る「御用メディア」に騙されるな

http://toyokeizai.net/articles/-/77376?display=b

投稿: | 2015.07.17 09:25

>切れやすい「自分さえ良ければ良い」人間
別に韓国の人関係なく日本人がそうなっていきつつあるんじゃないでしょうか。
赤信号無視する人のなんと多いことか。

投稿: ユニコーンまた読みたい | 2015.07.17 09:42

赤信号無視と「他者のなにかを奪うことに良心の呵責を覚えない」は別だと思います。
他者の財産、心、人間関係等を奪うことに喜びを感じる輩が増えたように思えるのは事実。
ただ、これは日本人の本質ではないような気がしています。
そして、私たちは、財布が落ちていたらラッキーと思うのではなく、困っているだろうと警察や近くの駅、建物の管理者にそのまま届けるという日本人であれば(日本人だけとはいっとらんぞ、そこの人でなし!)、あたりまえの思考を子らに伝えていかねばならないと思うのです。

投稿: | 2015.07.17 09:57

そして、こういった書き込みに「XX人も落ちている財布を警察に届けますよ」と書いて何かを奪ったと勘違いする連中を我々は相手してはいけない、そういうことをする輩を認めないという姿勢を見せなければならないと思うのです。
これは、ここでなんたら弁他に反論したり相手するうかつな人達に言っています。

投稿: | 2015.07.17 10:00

>戦後70年続く“安保闘争”にリアリズムを
 議員の先生方におきましては、もう恥だから辞表を書いてどうぞ。自民は数の暴力で適当に話を進めて、野党は反対こそ正義で聞く耳もたずってのが個人な印象。それにしてもクソコラに野獣先輩が居て(草 外国人の赤ちゃん画像もそうだけど一度ネタとして定着するとテンプレで使われ続けるから、これもデジタルタトゥだよなぁと思ったり。

>解釈改憲という"縄抜け"でしのびよる徴兵の現実味
 この人達は徴兵と言うと鉄砲とかもって人を殺すってイメージしかないのかね?そう考えては居ないかもしれないけどそんな印象を受ける。軍隊にだって直接戦闘しない後方もあるんだし(それでも人殺しに関わるとか言うんだろうな)、流行じゃないから徴兵の代わりに公共のサービスで働くってのもあるんだけどな。韓国の徴兵制に関して言うなら、あそこはまだ戦争継続中だし、上の気まぐれで砲撃されてリアルな被害が出ているんだから寧ろ他のどの国よりも必要じゃないかなと思う。

>空き家、18年後は2千万超に 野村総研、新築制限を提言
 欧州みたいに不便でも築何百年の建屋に住むのは当たり前みたいな感じで耐久性重視の家とかなら許可するのもアリではないでしょうか。それにしても一応新築の高額の固定資産払ってそれなりの義務果たしている人が聞いたら何を思うのかなぁ。

投稿: 愚脳死す | 2015.07.17 11:00

他人のブログで暴れるくらいなら、かわいいもんじゃない。新幹線で他人を焼き殺すより全然マシ。

投稿: | 2015.07.17 11:46

>ベトナム戦争に派兵させられていたかもしれない。韓国軍のように、何千人もの戦死者を出して、かつ虐殺に関与する羽目に陥ったかもしれない。

韓国軍がベトナムに派兵したのは外貨稼ぎのため、自らアメリカに何度も要望したからだよ。
ケネディ大統領の間は断られ続け、彼が暗殺された後に、ようやく許可されてベトナムに韓国軍を派遣した。

派兵させられたというのは、韓国お得意の捏造。被害者ぶるための歴史捏造です。

歴史上、アメリカが他国軍を自らの戦争に巻き込んだ事例は無いよ。

投稿: ほる | 2015.07.17 21:56

> 歴史上、アメリカが他国軍を自らの戦争に巻き込んだ事例は無いよ。

おやおや、ベトナム戦争には韓国軍だけでなく、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、フィリピンも派兵しているわけだが、それも自ら「派兵させろ」と言ったとでも?米軍が他国軍を巻き込んで参戦した例は、他にも朝鮮戦争、グレナダ侵攻、湾岸戦争、アフガン紛争、イラク戦争と、ずいぶんたくさんあるけどね。

投稿: | 2015.07.17 23:54

>投稿: | 2015.07.17 23:54

>、それも自ら「派兵させろ」と言ったとでも?

その通り。

米軍には他国の軍を出動させる権利は無いよ。


>米軍が他国軍を巻き込んで参戦した例は

他国を巻き込んだという証拠を出してくださいな。君があげた戦争はどれも米国が巻き込んだものではなく、各国がそれぞれの判断で参戦を決めたものです。

投稿: ほる | 2015.07.18 00:12

>米軍には他国の軍を出動させる権利は無いよ。

直接的に無理強いする権利はなくとも、有形無形の圧力をかけて、出動させるよう迫ることはできるんじゃない?
湾岸戦争では「ショー・ザ・フラッグ」とか、イラク戦争では「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」とかって言って迫ったんでしょ?
そのとき、憲法の制約がなかったら日本は断りきれたかね?

投稿: | 2015.07.18 10:41

>直接的に無理強いする権利はなくとも、有形無形の圧力をかけて、出動させるよう迫ることはできるんじゃない?

できたという事例を出してくださいな。
事例を出せないなら君の妄想。

>湾岸戦争では「ショー・ザ・フラッグ」とか、イラク戦争では「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」とかって言って迫ったんでしょ?

国連決議の支持を得るために他の国にもそうして迫っていますよ。

そもそも日本政府はことあるごとに侵略行為や大量破壊兵器の使用は許されないと世界に向けてアピールしているのに米国から侵略行為や大量破壊兵器の査察・破壊への協力を要請されて何をびびっているのやら。


>そのとき、憲法の制約がなかったら日本は断りきれたかね?

アメリカの要請ならいままで何度も断っていますが何か?
日本が応じたのは日本にメリットをもたらす場合だけ。
少しは現実の事例を観ろよ。

投稿: ほる | 2015.07.18 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏合の衆:

« アングロサクソン | トップページ | ただの社交辞令 »