« 財務省の深謀遠慮 | トップページ | Google 検索はオワコン »

2021.05.24

スマホでカナ入力

Androidでカナ漢字入力

 これは、Android携帯、スマートフォン、タブレット端末等で外付け、Bluetooth 接続された物理keyboardを接続し、連R漢ではなく、カナ漢字入力をしたい人のための案内です
 スマホに外付けキーボードを接続し、カナ入力する方法です(iPhoneやiPadのことは全く知りません)。

1.経緯。筆者は、以前より Xperia XZ1 を所有し、その頃はカナ漢入力用のアプリを使い、外付けのキーボードを使っていたのですが、最近2021年春、スマホをXperia 10 II SO-41Aに買い換えた所、使えなくなって往生したので、これを、次に私がスマホを買い換える時のため、そして他の悩める人々のために書き残します。ググッても、これというサイトが何一つ出て来なかった。

2.準備する物理キーボード。筆者は、外出用のコンパクト・キーボードを3つ所有しています。二台はパンダクラフの折り畳み式キーボードで、もう一つはぺらぺら巻けるロールキーボードです。ロールキーボードはお勧めしません。平らな床が無いとキーボードを打てないので。普段は、ELECOMのTK-FLP01BKを持ち歩いています。軽いです。これは、マニュアルにも書いてあるように、カナ漢字入力には対応していません。しかしこれはELECOMのせいではなく、そもそもAndroidというOSが、カナ漢字入力に対応していないことに起因します。酷いOSです。つまり、外付けキーボードは、基本的に、カナ漢字入力は出来ないものと考えて下さい。それを裏技的に強引に使えるようにするのが下で紹介するアプリです。

3.さて、それらBluetooth 接続のキーボードが手元にあったら、まず物理キーボードとして、お使いの端末に認識させて下さい。ここまで自力で辿り着けない方は諦めるか、詳しい人にお願いして下さい。

4.次に、Google Playで、以下のアプリを検索してインストールして下さい。

>「日本語フルキーボード-for-tablet」

 ↑これです。残念ながら、私がカナ漢字での動作を確認できたのは、これしかありませんでした。インストールが無事に終わると、「いったん端末を再起動せよ」、とのメッセージが出てくるので、それに従います。

5.再起動後、「設定」-「システム」-「言語と入力」。ここで「言語と入力」画面が出ると、2021年現在のAndroidの最新バージョンでは、下に「物理(Bluetooth 接続の外付け)キーボード」という項目が現れ、今現在オンラインになっている物理キーボードの型番が表示されます。ここで、「未接続」とあると、何をやっても駄目なので、まずは、ここで、自分が繋いだキーボードがきちんと認識されていることを確認しましょう!

6.さて、無事に物理キーボードが繋がれていることが確認出来たら、「画面上のキーボード」をタップします。ここに、「日本語フルキーボード-for-tablet」があれば正解です。無かったらどうしましょう? 解りません。申し訳ありませんが、私も過去にインストールしたはずのアプリが、あるべき所に無かった経験をしたことがあります。
 とまれ、あったという前提で、話を進めます。最下段にある「キーボードを管理」という項目をタップします。ここでまず、「日本語フルキーボード-for-tablet」をオンにします。あるいは、オンになっていることを確認して下さい。そして、これまでに自分で入れた、余計なキーボードをオフにして下さい。たぶん全てをオフにする必要はありません。そして「設定」頁を閉じる。

7.適当なエディタを立ち上げます。ドキュメント・アプリでも良いし、メールの入力画面でも良いでしょう。とにかく、文字を入力できる頁を立ち上げて下さい。しかし、ここではまだカナ漢入力は出来ません

8.画面下に何かのFEPが立ち上がっているはずです。すると右端下に、キーボードのような小さいなアイコンが出ています。これをタップすると、「入力方法の選択」という項目が現れ、たぶんこの項目の中に、日本語フルキーボードがあるはずです。それを選択して閉じます。画面のFEPが日本語フルキーボードに切り替わったことを確認出来るはずです。
 何かの入力画面を立ち上げる度に、この項目をいちいち設定する必要があるかも知れません。その可能性が高いです。あとは、繋いだキーボードで、普通のキーボードのように、ALTキー+半角/全角キーで、カナ漢モードにすれば、カナ漢で入力できるはずです。
 ものによっては、「ろ」のキーが打てなかったりしますが、私は、日本語フルキーボード-for-tablet+ELECOMのTK-FLP01BKで「ろ」が打てることを確認してあります。

※ 普段の操作手順としては、まずキーボードの電源を入れて、スマホやタブレットとの接続を確認し(普通は勝手に繋がる)、何かの入力画面を立ち上げ、FEP画面右下のアイコンをタップし、日本語フルキーボードを選択すれば、カナ漢入力が出来るようになる、はずです。

 では、カナ漢入力の同志が、これで成功することを祈っています。同時に、日本語フルキーボード-for-tabletの開発者に感謝申し上げたいと思います。唯一成功したアプリがこれでした。
 AndroidもOSがバージョンアップされるたびに、仕様や文言がくるくる変わるわけですが、だいたい上の説明で伝わると思います。本来であれば、OS自体が、カナ漢入力をサポートすべきではありますが。
 私はあくまでも素人ですので、この問題で技術的なサポートはできません。よって、この項目のコメント欄は閉じてあります。

|

« 財務省の深謀遠慮 | トップページ | Google 検索はオワコン »