« 2007年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年9月27日 (月)

日垣隆に Twitter で喧嘩を売られたそこの貴方に

  どうも(^_^)/ 日垣隆ヲッチャーの大石ですぅ。 Twitter 上で続いている日垣無双に関しての所感です。

 日垣隆に Twitter 上で喧嘩を売られたけれど、この人がどういう人か解らない、どう対応すれば解らない、というそこの貴方に、このエントリーを捧げます。
 まずは、お気の毒様です、と申し上げます(^_^;)。でも彼は、別に狂犬の類ではありません。ちょっと過激なルポライターです。ルポライターとしては、傑出した才能と向上心と執念の持ち主です。(最近、自己啓発的な本ばかり出しているのは大変残念なことです。業界の厳しい現状が原因とは言え、彼の才能をこの手の貧困ビジネスで消費させるのはジャーナリズムの自殺に等しい)

※ 今回、日垣隆大先生とTBSのプロデューサーさん?が Twitter 上でバトルを繰り広げ、町山さんも参戦してらっしゃるんですか? なんでこんな食えないネタに(^_^;)。
 日垣さんの精神状態というのはたまに Twitter を読む限りでは不安定に感じられるけれど、この人の過去の言動に照らすと、今回の件もそう外れたバトルでも無いんですよね。ああまたやっているなぁ、な話。

 突然喧嘩をふっかけてフェードアウトというのが過去にも山ほどありました。たとえば田中康夫長野県政に絡むだけでも、何度も信毎に喧嘩売ったけれど、事後報告は一度もなかったし、私との件に関しても、いかにもな大嘘扱いて、こちらとしては「なんでそんなヨタ情報に引っかかったのか知らないけれど、事実無根ですから伏して訂正をお願いします」と極力最大、土下座せんばかりに下手に出たのに(^_^;)、無視されたしぃ。盗作事件に関しては、未だにダンマリ。
 自分が持っていたコラムやら何やらが終わったり筆者として交代させられるたびに、砂を掛けるように罵るのも昔からのこと。円満に終わった連載とか果たしてあったんだろうか。
 最近だと、 Twitter に彗星の如く登場してから、通りすがり状態で華々しく喧嘩を売りまくり、相手を草加認定までしたはいいけど、反撃されてフルボッコ状態に陥り、這々の体で逃げ出しながらも、勝手に勝利宣言を繰り返すし。確か長野の八十二銀行相手に、俺の預金が横領された!? だどうのと事実なら信毎の社会面トップを飾りそうなことを Twitter で書いたのもつい先日だったような気がするけれど(その件で早速取材が来ているみたいなことも書いてましたよね)、その顛末の報告はありました? 名指しされた銀行も、事実なら大事件、嘘なら銀行の信用に拘わる名誉毀損な話なのに、いっさい反応しなかった。その理由は何でしょう?

  Twitter 上で突然喧嘩をふっかけられて、な、何なの!? この人は(@_@)、と相手は驚いて反応するんだけど、日垣さんは2ちゃんの名無し状態で、何を否定されても我関せずで、お前のネタを持っている、な脅しを繰り返して、勝手に勝利宣言して去って行く。その繰り返しですよね。このTBSの件に関しても全く同じパターンでしょう。

 精神状態に問題が無ければ、これは何なのか? 昔からこういうキャラクターの人だったということを考えると、私は彼なりに練った新手のパブリシティだろうと思っています。そうやって誰彼無く喧嘩を売って、余所のメディアやブロガーに取り上げさせて、フォロワーを稼いで行く。TBSラジオの件では早速J-CASTが引っかかった。宣伝効果絶大です。
 もうしばらくすれば、 Twitter 上の人間観察というテーマで、連戦連勝を自慢する上から目線の新刊が上梓されますよw。
 今、日垣さんのフォロワーが1万人ですか? 彼の現在の活動レベルに照らすと、このフォロワー数は、ちょっと多いんですよね。その相当数は、今度は誰に噛み付くんだろう、という炎上期待でしょう。
 正直、TBSラジオに関して言えば、TBSはよくこんな人と長いこと続いたなと思いますよ。
 不思議なのは、この人たちは、日垣隆がどういう人間かも知らずに何年も付き合っていたのか? それはほとんどあり得ないでしょう。まずあり得ない。ましてや、彼が書いたものを読み、セミナー等にも出ていれば、普通の業界人センスがあれば気付くでしょう。何かあったら手酷いしっぺ返しをして来る人だということはバカでも解る。
 ということを考えると、何か双方了解の上での話題作りに偽装バトルをやっているんじゃないの? という疑いも持つんですよね。町山さんは、その話を盛り上げるために協力しているんでしょうか? それとも単なる善意の通りすがりなんだろうか?

 そんなわけで、私から貴方へのアドバイスは一つです。ほどほどに相手をして下さい。彼の貴方への批判や、当てこすりや、あるいは、根も葉もない嘘が仮にそこに書かれていたとしても、それが一人歩きする心配は全くありません。
 「そういう事実はありません」、と一言書いて、忘れましょう。それで貴方の信頼や名誉が傷つくことはまずありませんから。
 昔から、大言壮語が多い人でした。ビッグマウス日垣などとおちゃめな愛称で呼ばれていた時期もございました。自分の存在を大きく見せることに異様に執着するお人です。読者からのお便り紹介は、必ずと言ってよいほど、お医者に弁護士に大学教授から始まりますw。 Twitter が持つ魔力のせいなのか、最近とみにその、自分を大きく見せようとする傾向が強くなっています。 Twitter 上では、それに加えてお金の話が増えました。ある種の露悪傾向が加速しています。貴方が、それに引きずられて巻き込まれないことを祈ります。

 もちろん、Twitter なんか全くやっていないのに、わざわざそれを否定するためにアカウントを取らなきゃならないとしたら、私はあなたに深く同情しますが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2010年12月 »